『バトル・ロワイアル3D』 刀狩りがなかったら?

 【ネタバレ注意】

 凄い人だな、と思う。深作欣二監督という人は。
 『バトル・ロワイアル』を2000年に公開したとき、この人は70歳である。
 『火宅の人』のような人間ドラマをものした人ならば、もう老成した作品を撮ってもおかしくない。70歳といえば、黒澤明監督が『影武者』を撮った歳なのだから。
 しかし深作監督は、『バトル・ロワイアル』という禍々しくもエネルギッシュな世界に踏み込んでいる。
 多くの人が語ってきたことだろうが、今更ながら深作欣二監督の凄さを感じずにはいられない。


 さて、『バトル・ロワイアル3D』は、孤島に放り出された中学生たち42人が、生き残りをかけて殺し合う凄惨な物語だ。
 彼らはそれぞれ、機関銃から鍋のフタまで、威力がバラバラな武器を渡されている。

 日本では、豊臣秀吉による刀狩り以来、暴力的手段を持つ権利は一部の層に限られてきた
 その層とは、武士階級のような身分であったり、軍・警察のような職業であったりと時代により変遷してはいるものの、誰もが武器を持ったり、何の統制も受けずに暴力を振るったりすることが禁じられてから、4世紀以上が経っている。
 それまでは百姓も僧侶も槍や刀を振り回していたのだが、4世紀以上も経つと、武器を持つのが特殊なことに思えてくる。もちろん武器が溢れる世の中よりも、武器の所持が禁止されている方が平和で良いのだが、それは日本の法制が効力を発揮する範囲においてだ。

 この規制を撤廃した特区を描いたのが、『バトル・ロワイアル』という作品である。
 それがどのような経過をたどるかは、現実の事件からうかがい知ることができる。『東京島』のモデルになった「アナタハンの女王事件」がそれだ。
 絶海の孤島アナタハンに取り残された日本人の男女32人は、国家の法制が届かない地で、銃を帯びるのも射殺するのも自由だった。そこでは争いが収まらず、人々は数年の間に次々と死んでいったという。

 『バトル・ロワイアル』では、数年なんて悠長なことはいわず、幾つかのルールを導入することで事件の展開を加速し、3日間の激闘を描く。

 孤島に放り出された者たちは、その行動から幾つかのパターンに類型化できる。

 ・個人の力のみで現状を打開しようとする場合 →破滅
 ・現状の打開を諦める場合 →破滅
 ・他者との協調を重視するも、協調を破る者を内在する場合 →破滅
 ・他者との協調を重視するも、何らの暴力的手段を持たずに和平を呼びかけるだけの場合 →破滅
 ・他者との協調を重視するも、自衛に充分な暴力的手段を持たない場合 →破滅

 すなわち生き残るためには、他者の暴力に見合うだけの暴力的手段をみずからも保持し、暴力的手段に訴える勢力から自衛できるようにした上で、他者と協調することが必要である。

 なんだ、当たり前のことだ。
 まさに国際社会が、このような姿であろう。
 我々は地球という孤島に、たった193ヶ国余りで放り出された状態である。ここには、刀狩りを行う絶対的な専制君主はいない。誰もが武器を持てるし、武器を使用することができる。各自の武器の量や威力に差があるのも周知の事実。

 さて、我々はどうやって生き延びようか。


バトル・ロワイアル [DVD]バトル・ロワイアル3D』  [は行]
監督/深作欣二  脚本/深作健太
出演/藤原竜也 前田亜季 山本太郎 栗山千明 柴咲コウ 安藤政信 塚本高史 高岡蒼佑 宮村優子 美波 深浦加奈子 ビートたけし 前田愛
日本公開/2010年11月20日 (『バトル・ロワイアル』は2000年12月16日公開)
ジャンル/[アクション] [サスペンス] [学園]

映画ブログ ブログパーツ

【theme : 邦画
【genre : 映画

tag : 深作欣二 深作健太 藤原竜也 前田亜季 栗山千明 柴咲コウ 安藤政信 塚本高史 高岡蒼佑 ビートたけし

⇒comment

No title

こんちは。
なるほどそう来たか、という感じです。
とりあえずBRみたいに最後の一人が生き残らなければならないというルールが国際政治の世界に今のところ、なくってよかった。

今の日本の立場に近いのはあれじゃないですか。
栗山千明と絡む男の子の、「明日は死んじゃうかもしれないけど、とりあえずSEXさせちくれよぉ」って。「SEX」はまんまSEXじゃなくって、ビジネスだったり、旨味だったりする訳ですが。

コメントをいただきました

ふじき78さんからコメントをいただきました。
しかしながら、当方の設定とfc2ブログの機能のために、コメントが弾かれてしまいました。
そこで、ふじき78さんは自ブログ内に当初意図したコメントを書いてくださったので、ご紹介いたします。

 ふじき78さんのブログ
 http://blog.livedoor.jp/fjk78dead/archives/1385195.html

当方の設定は少々見直しましたが、もしもふじき78さんと同様にコメントが入力できない方がいらっしゃれば、当ブログのサイドバーに設置したメールフォームからお知らせください。
よろしくお願いいたします。

ナドレックさん、トラックバック賜りましてどうもありがとうございます!嬉しいです!!
バトルロワイヤル、強烈でした。
極限状態の前では友情はなんと脆い事か思い知らされます。
深作監督はもう男女とも体当たりの演技を要求するのですね。(その勢いでキタノを襲撃しに行く生徒がいてもいいのですが…。)
今回の映画で監督は原作と設定を大分変えたようですが、その工夫が良かったのですね。
70歳の作品ですか!!40歳くらいのエネルギーです。深作監督はすごい方ですね…。
鑑賞時間の倍以上は観た気分になります。
ところで、キタノのチョーク投げならぬナイフ投げが眉間に命中するシーンはかなりウケました!因みに私が学生の頃は残念ながらチョーク投げの技を見たことがありません。(笑)
またまたしょうもない事を書いてすみません。
ではでは

Re: タイトルなし

愛知女子さん、こんにちは。
こちらこそ、トラックバックありがとうございます。初めて当ブログにコメントをいただいたときは、まだブログを始めていらっしゃらない頃でしたが、遂にここまで来ましたね!

『バトル・ロワイヤル』は、近年の「何人かの男女が勝ち残りをかけて闘う」映画群の嚆矢とも云うべき作品でしょうが、さすがにたいへんな爆発力ですね。
チョーク投げといえば、韓国映画の『火山高』が印象的です。『バトル・ロワイヤル』とは全然趣向の違う映画ですが、チョーク投げには力が入ってました:-)

コメントを掲載できました

コメントの順番について解説します。
1番目のふじき78さんによる2010年11月23日のコメントは、当初スパム扱いされてブログに反映されませんでした。
そのため私が2番目の2010年11月24日のコメントを記述しました。

遅まきながら、このたびスパム扱いされたコメントを反映させられることが判ったので、2010年11月23日のコメントを改めて反映させました。そのため、1番目→2番目の順に読むと意味が判りませんが、実際のブログへの反映は2番目→1番目の順に行われています。
ふじき78さんにはご面倒をおかけしました<(__)>

他にもスパム扱いされてブログに反映されていないコメント(もちろん内容はスパムではない)がありましたので、まとめて反映させました。おいおいお返事させていただきます。
コメントを入力できなくて諦めていたみなさん、申し訳ございませんでした。

いたれりつくせり

何から何までありがとう。

これからも頑張るぜっ!(いや、スパムをじゃないよ)

Re: いたれりつくせり

ふじき78さん、こんにちは。
これからもよろしくお願いします(いや、スパムじゃなくて)。

Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バトル・ロワイアル3D

かつてない激論を巻き起こし社会現象となったバイオレンス映画『バトル・ロワイアル』。中学生が殺し合いをするという、過激な内容に大きな批判もあったが、“自分だったらどうするか?”という共感を呼び、記録的な大ヒットとなった...

『バトル・ロワイアル3D』を渋谷東映?で観て、3Dはともかく、ああオモロイなふじき☆☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆☆面白いのだ】    なんちゃって3D。 なので2Dでやってもらっても充分だったけど、 興行形態として3Dにしないと上映不可能だったなら全然OK。 血飛沫がスクリーンにかかった時と、 死亡者の名前が最も前側に浮かんでる時だけ3Dだ...

スパム野郎ふじきが、ナドレックさんのBR3Dにコメントが付けられない対策としてのトラックバック記事

ナドレックさんの「BR3D」にコメント付けようとしたら、 認証のための4桁数字入れるところで何回も弾かれた。 最初は「半角で入れてください」 次が「前の投稿と重複してます」 でも、ナドレックさんにツイッター経由で お伺いを立てたらコメントは預かって...

DVD鑑賞【バトルロワイヤル】深作欣二監督(初めて鑑賞しました。)

こちらは、最近また3Dで上映があったようですが、時期が合わず行けませんでした。(ToT) レンタルを試みて3年以上。やっと、奇跡的に空きました! 1枚しか置いていない店なので倍率高いんです!! 原作未読...

バトルロワイアル3D

オリジナルの公開時に観れず、その後も観る機会がなかったので、いい機会だと思ってみてきました。2000年頃は前の会社で地方工場への出張が多くて、映画は年に10本行かなかったな・・...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示