『うまれる』の平仮名 『玄牝』の読めない漢字

 あまりドキュメンタリーを観たことがないので、正直なところ『うまれる』には面食らった。
 CGによるイメージシーンや、アニメーションのキャラクターたちはもとより、まるで天国のような光に溢れたインタビュー場所や、場面を盛り上げる歌声等、とても作り込んだ作品で、「ドキュメンタリー」という言葉から私が思い浮かべるものとは異なっていた。
 少なくとも、『玄牝(げんぴん)』のような、音楽もナレーションも排して素材を活かした作品とは、ずいぶんと違う。

 しかし、人が産まれる、人を産むということを、知らない人はいない。正確を期さないと、誤って受け取られるものでもない。
 それよりも本作は、「うまれる」ことを巡る男女たちの想いを大切にしており、その想いを伝える上ではイメージシーン等も必要だ。そう判断しての作り込みだろう。


 奇しくも公開日が重なった『うまれる』と『玄牝(げんぴん)』だが、どちらも人が産まれることを取り上げたドキュメンタリーでありながら、アプローチがまったく異なるのは興味深い。
 『うまれる』が生命の誕生を巡る人々の想い全般を描くのに対し、『玄牝(げんぴん)』は出産に焦点を絞り、そこから関係者の人生をあぶり出す。
 『うまれる』が立場の異なる人々のインタビューで構成するのに対し、『玄牝(げんぴん)』はただ一つの病院を撮り続ける。

 先に挙げた作り込みの有無もあり、まったくタイプの異なる二作だが、私がもっとも興味を惹かれたのは出産シーンの編集の仕方であった。
 『うまれる』では、女性が陣痛に顔を歪めるところや、陣痛をこらえながらクルマで運ばれるところ、そして産院に着いてからも痛さに絶叫するところなどが描かれる。その痛みは、男性には未知のものだ。出産を経験することのない男性は、陣痛を経験せざるを得ない女性に、畏敬の念を抱くとともに恐縮する。豪田トモ監督は、出産を見守るしかない男性を代表して、妊婦の痛みを余すところなく伝えようとする。男性にはできない、これほどたいへんなことをしてくれている、その想いを観客にもしっかり伝える。
 これに対して『玄牝(げんぴん)』の河直美監督は、自身が出産を経験済みなこともあろうが、陣痛なんて重視しない。それよりも、出産の喜びや素晴らしさを描くことに集中する。出産シーンでは、痛みや辛さを感じるカットはほとんどなく、子供がツルツルと出てくるように見える。
 男性には、こうは撮れない。出産時の痛みや辛さを省略するなんて、不遜に感じてしまうだろう。当の女性の想いはともかく。

 『うまれる』が男性から見た出産なら、『玄牝(げんぴん)』は女性が語る経験である。 


 「生れてすみません」と詩に書いたのは寺内寿太郎だが、『うまれる』に登場する親たちは、子供に対して「来てくれて、ありがとう」「私たちを選んでくれて、ありがとう」と感謝する。
 『玄牝(げんぴん)』においても、女性たちが子を産んだ直後に「ありがとう」と口にするのが印象的だ。
 そこには、私ごときが論評する余地はない。

 ただ一つ、気になる会話があった。

 『うまれる』に登場した夫は、出産の際に妻のそばにいたいと思った。
 しかし彼の仕事は、毎日のように外出や出張が続いており、休みを取れそうにない。
 思い悩んだ彼は、上司に相談する。
 上司の返答は次のようなものであった。

 「子供を産んで売上が伸びるの?伸びるんだったらいいよ、どんどん産んでもらって。違うでしょ?だったらどうすればいいか、考えれば判るでしょ。」

 なんとも淋しいことである。


うまれる かけがえのない、あなたへうまれる』  [あ行]
監督・企画・撮影/豪田トモ
ナレーション/つるの剛士
日本公開/2010年11月6日
ジャンル/[ドキュメンタリー]

玄牝(げんぴん)』  [か行]
監督・撮影・構成/河直美
日本公開/2010年11月6日
ジャンル/[ドキュメンタリー]


映画ブログ ブログパーツ

【theme : ドキュメンタリー映画
【genre : 映画

tag : 豪田トモ つるの剛士 河直美

⇒comment

ぴんぴん

「玄牝」観た。
自然なことかもしれないけど、野生に戻る女性の姿には畏敬と軽い恐怖を持った。

Re: ぴんぴん

ふじき78さん、こんにちは。
『玄牝』を見ると、世界は女性でできているように感じますね。
まともに存在が描かれている男性は吉村医師だけで、その吉村医師も出産の場では見てるだけですし。
見事なくらいに男性の影が薄い映画でした。

No title

昔はみんな、家での出産でした。
そこには手を伸ばせば助けてくれる人が沢山いて、出産を見守ってくれていたにちがいありません。

でも、今は違う。

誰も立ち会ってくれない時の出産は、忙しく動き回り、時々顔をのぞかせるスタッフがいるだけ。
骨や肉を押し広げて、赤ちゃんが外へ出てこようとするその痛みを、たった一人で耐えないといけないとしたら、どんなに辛いでしょう。

確かに出産をとりあげた映像では、男性は陰が薄く感じてしまいますよね。
でも、映像に映ることだけが真実ではないと思います。
夫がいたから、あの痛みを乗り越えられた、と語るお母さん方は多くいます。

自分の子供を産もうとしてくれている女性の側に居て、
女性が出産をしやすいようにサポートしようと奮闘している男性は輝いています。
出産する女性を『主役』とするなら、そうゆう男性は『名脇役』です。

何もできない、なんて言わないでください。
男性が出産に畏れを抱くように、女性も本当は怖いのです。
でも、やるしかないから、やる。


不安や心細さは痛みを増強させます。
一緒にその過程を歩んでくれるだけで、女性はもっと安心して出産に望めるのではないでしょうか。

Re: No title

Star-Bearさん、こんにちは。
何もできない、ということはないですよね。
『玄牝』では男性の影が薄いですが、『うまれる』では男性も男性なりに参加していました。
『うまれる』に登場した産婆さんが、「ダンナさんがいる方が、妊婦さんが安定している」とおっしゃっていたのが印象的です。

一方、『玄牝』は、女性が出産に対して抱く恐れを和らげようとする映画でした。
痛がるところや苦しむところを映さないのもそのためでしょう。
そして、たぶん男性の影を薄くしたのも。
『玄牝』に登場する女性の中には、夫が行方不明の人もいましたから。男性がいることによる効果を強調してしまうと、そういう人には救いにならない。
様々なことに配慮した映画だったと思います。

だんなのありがたさ

ははは!「ああぁ、そばにいて!」と思ったのは、最初の出産の時でしたねえ。
あとは、とにかく自分でなんとかするから、上の子の面倒見てて!でしたよ。
「玄牝」これからなんで、なんとも言えませんが、河瀬監督の前作の「垂乳女」で、ご本人の出産シーンがあったのではなかったかと。
結構痛がってたような覚えが。。。

時代もありますよね。
長女を産んだ20数年前は、立会なんて、めったにないことだったし、ラマーズ法で一緒に講習。。。を受ける人たちは、ほとんどいなかったです。
先日、お見舞いで病院に行ったら、これから産みますよ!っていう若い夫婦がツアーで病院内を見学。荷物はみんな、旦那が持ってました。
同じ年代のあたしたち、こっち側で見てて、「いいことだねええ」と遠い目で見てました。

Re: だんなのありがたさ

sakuraiさん、こんにちは。
上の子の面倒見てて、ですか!
やっぱり女性の出産という行為には畏敬の念を抱きます。
荷物をみんな旦那が持ってるのは、時代なんでしょうね。地域差もあるでしょうが。いいことだと思います。

河瀬監督

彼女の作品って、どれも濃くて粘っこいんですよね。
あまり好きじゃない。。ってか、トリアー監督の撮り方と、相通ずるものがあるかも。
なんだろなあ。
彼女は、断固たる自分の意志があるんで、見ててなんだかんだ言えないってか、突き放されてる気がしました。
でも、出産とかはあまり人に見せるもんじゃないなぁ。。って思いましたわ。

Re: 河瀬監督

sakuraiさん、こんにちは。
なるほど、河瀬監督とトリアー監督ですか。
両者ともに、ちょっと孤高な感じでしょうか。無理に付いて来なくてもいいよ、とでもいうような。
ただ、どちらも映像がべらぼーに上手いのは確かですね。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

玄牝 (げんぴん)

玄牝(げんぴん)とは?『谷神不死。是謂玄牝』谷神(こくしん)は死せず。これを玄牝という。タイトルの「玄牝」とは、老子の『道徳経』第6章にあることば。大河の源流にある谷神は、とめどなく生命を生み出しながらも絶えることはない。谷神同様、女性(器)もまた万物

玄牝-げんぴん-

愛知県岡崎市にある産婦人科、吉村医院に併設するかやぶきの古民家。ここには、妊婦たちが集まってきます。吉村医院の院長である吉村正医師は、半世紀にわたり自然なお産に取り組んできました。その方針に賛同し、ここでの出産を願う妊婦は後を絶ちません。大きなお腹の妊...

玄牝 -げんぴん-

やっぱり自分は河瀬監督のカメラが好きだ。木々の葉っぱが重なり合って、少しずつ異なる緑の濃さの違いがわかる光の加減が絶妙で、淡い自然の色彩を鮮やかに切り取っている。トマト...

玄牝 -げんぴん-

『殯の森』の河瀬直美監督がお産をテーマに送るドキュメンターリー。愛知県岡崎市にある産婦人科「吉村医院」とそこに集う妊婦たちに密着している。出演するのは昔ながらの自然な出産を推進する吉村正院長と病院の助産婦さん、そして多くの妊婦たち。カメラは彼女たちの生...

『玄牝』をユーロスペース1で観て、そっと恐怖する男ふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆強烈ではあるが短いのに長く感じる】    予告観て、凄い題名だと思った。 「玄牝(ゲンピン)」。 「くろうとのメス」=「プロフェッショナルなメス」=「産む機械」みたいなもんか。 「老子」の中の一節「♪げんげんぴんぴんげんぴんぴん」...

映画『うまれる』劇場鑑賞。

映画>せっかくお金を出すのだから ひと時、違う世界観を味わいたい。 笑ったり、泣いたり、見た事のない景色を見るのも楽しみ

「玄牝-げんぴん-」:感銘とほろ苦さ

河瀬直美監督によるドキュメンタリー映画『玄牝-げんぴん-』は、なかなかに興味深い

『玄牝 -げんぴん-』

 12月はラストスパート、たくさん映画を観に行くつもりですので、更新もサクサクしていかないと追いつきません。予告編の時点で既に退屈なゴダールの新作『ソシアリスム』などが待ち構えておりまして、...

玄牝(げんぴん)

愛知県岡崎市にある産婦人科「吉村医院」のドキュメンタリー映画。 テーマは「お産」 この吉村さんのお産に関する考え方にちょっと驚いたけど、なるほどと。 正直に書くがなんか安心してしまい途中で...

うまれる

どっちかというと、男性諸氏に見ていただきたい。。。かも。

玄牝-げんぴん-

いろんな人がいて、いろんなお産があって、いいんだと思う。
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示