『彼女が消えた浜辺』 あなたは何を知っているのか?

 面白い映画は、最初から面白い。
 大きな事件が起こったり、派手な見せ場があったりということではない。
 面白い映画では、画面にみなぎる緊張感や、研ぎ澄まされた会話などが、最初から観客を魅了する。

 『彼女が消えた浜辺』は、クルマから身を乗り出し、狂ったように叫ぶ男女の姿で幕を開ける。
 交わされる会話から、同乗者の一人が他のメンバーには内緒で来ているらしいことが知れる。
 目的地に着いても、予約を入れたはずの宿には手違いのために泊まれない。
 映し出される一つひとつはたいしたことではないけれど、少々意外な行動や、予想外の展開が続き、何やら胸騒ぎを覚えて画面から目が離せない。

 本作はオカルトでもミステリーでもない。起こるのは日常的な出来事ばかりだ。
 数組の家族がバカンスを楽しむために旅行する。ただ、それだけのことだ。
 ところが、計算違いのことが少しずつ積み重なっていく。

 そして、一人の女性の姿が見えなくなる。
 彼女の荷物はどこだ?
 彼女の携帯電話は?

 彼らのあいだに疑問が生じる。
 彼女はどこへ行った?
 彼女に何が起こった?
 彼女は何者だったのだ?


 本作は、黒澤明監督の『羅生門』を薄味にしたような味わいである。
 薄味といっても、決して悪い意味ではない。
 映画『羅生門』を、芥川龍之介の原作どおり『藪の中』と『羅生門』に分解し、盗賊や人殺しなどの非日常的な要素を排して、誰の日常にでも起こり得る些細な出来事に置き換えてみたら、この作品のようになるのではないだろうか。

 本作では、普通の人たちが普通のことをしているだけだ。
 ただ、困ったときに、その場しのぎのことを云ってしまう。
 保身のために、本当のことは口にしない。
 とっさにウソでごまかしてしまう。
 それら、小心者たちの悪気のない行動が、事態を謎めいた不可解なものにしてしまう。

 みんなで楽しくゲームに興じた前夜のことが嘘のように、人間関係が変容していく。

 そして、その場にいない人が悪者にされるのも、よくある話だ。
 誰だって、他人のせいにしたいのだ。
 真実は、みるみるうちに藪の中に隠れていく。


 やがて、人々のウソやごまかしの果てに、一つの質問が浮上する。
 それは、イエスかノーかで答えられる、ごく単純な質問だ。
 しかし、その質問でさえも、ほんの少しタイミングが違うだけで、答えが変わってくる。
 人によっては、その答えを一生かみしめることになるというのに。それほど重要なことだというのに。
 イエスになるもノーになるも、偶然の産物でしかない。
 いったい、私たちが真実だと思って掴みとっているものは何なのか。


 『彼女が消えた浜辺』は、そんなやり切れなさを残す映画だ。
 砂に車輪をとられたクルマのように、容易には抜け出せない。


彼女が消えた浜辺 [DVD]彼女が消えた浜辺』  [か行]
監督・脚本/アスガー・ファルハディ
出演/ゴルシフテ・ファラハニ タラネ・アリシュスティ シャハブ・ホセイニ メリッラ・ザレイ
日本公開/2010年9月11日
ジャンル/[ドラマ] [ミステリー]

映画ブログ ブログパーツ

【theme : 洋画
【genre : 映画

tag : アスガー・ファルハディ ゴルシフテ・ファラハニ

⇒comment

No title

TB ありがとうございます。

緊迫感ある 面白い映画でした
ちょっとした出来事で こんな事件にはならなかったのかも・・・

イラン文化も垣間見えますね

Re: No title

リバーさん、コメントありがとうございます。

> イラン文化も垣間見えますね

そうですね。
各人が勝手に気を回しすぎてしまうのが、興味深いです。
日本に負けずに、中東もかなりハイ・コンテクストですね。

ムスリムでない我々の期待に反して、「コーランに誓って」という言葉が意外に軽く使われていたのも驚きでした。

また、男女間の関係にたいへん厳しいのが物語の核となりますが、日本でも『君の名は』の真知子が「結婚したからもう会えない」と泣いたのはまだ半世紀前のことなんですよね。
他文化の作品に接することで、日本を振り返るのも面白いと思います。

No title

映画の予告編がイイトコドリだったw。でも予告編だけで全て把握できる『アバター』『悪人』に比べりゃ「この先どうなっちゃうの?どきどき」という期待を持たせるので。ある意味、CMの勝利でしたねww。映画は可もなく不可もなくという感じでした。
予告編がイイトコドリなだけあって間延びしていた感じがしましたね。設定としては面白いのだけどなぁ。

Re: No title

ブリさん、こんにちは。
予告編には、映画がかなり進行してからのカットも使われていましたね。
私は、ストーリーが転がりだす後半よりも、前半部分の方が面白いと思いました。
予想外の出来事が少しずつ蓄積されていくところや、みんなに悪気はないにもかかわらずエリが孤立感を深めていくところとか。ベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞したのも納得の演出です。

『アバター』も『悪人』もストーリーで引っ張る映画ではないですね。映像あるいは演出やセリフの妙を楽しむ作品だと思います。
ストーリーを知っていても、シェイクスピア作品を観てしまうようなものでしょうか。

イランの宗教観

「ペルセポリス」はご覧になりましたか?
指導者層は原理的なイスラームを押しつけているようですが、市民はあまりイスラームを厳格には信仰していない感じでした。
もともとゾロアスター教の国で、イスラームは強制させられていて、根本からの信仰心はあまりない・・・といったことを聞いたことがあります。
その辺があるのかどうか、イランの話って、あまり抹香臭くないなあと思います。

映画は結構ないらいら感を味あわせてもらいました。
それがこの映画の持ち味なんだろうな、と思ってきましたが、さりげない日常の、市井の人々の悪気のない行動が思いもかけない方向に行ってしまう・・・。
にしては、あまりに考えなしの行動で。。。
その考えなしがなければ、新たな展開はないのでしょうが、かなりいらいらさせられました。

Re: イランの宗教観

sakuraiさん、コメントありがとうございます。
残念ながら『ペルセポリス』は未見ですが、古来からの風習・習慣として定着したものは、指導者層の考えに係らず変えようがないですよね。イランでは今もミトラ教のお祭りをするそうですし。
映画では、たしかに「ここで何もそんな言動を取らなくても」と思わせるところがありましたね。
でも、私はそこが興味深く感じました。日本人は頭のどこかで「(腹を割って)話せば判る」と思っていますが、それはとても稀有な考え方かもしれないなぁ、と…。

No title

あんなに大勢、登場人物を出しておいて、みんなキャラが薄いので混乱しました。

Re: No title

ふじき78さん、こんにちは。
私なんか、どれが"彼女"だか判らなくて、何が何やら。
でも、みんなキャラが薄いのがリアルなのかもしれません:-)
良く考えたら「類は友を呼ぶ」というのに、なぜのび太の友だちがスネ夫やジャイアンなんでしょう。
リアルを追求したら、みんなのび太みたいなヤツで混乱するかも。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

彼女が消えた浜辺

カスピ海沿岸の避暑地にバカンスに来た8人の男女。その中の一人の女性が 突如失踪してしまうことから、彼女が失踪した原因と行方を巡って遺された 7人が不安や焦燥にかられ次第に本音やエゴをむきだしにしていく様を描いた イラン発のヒューマンミステリー。 2009年の…

~『彼女が消えた浜辺』~ ※ネタバレ有

2009年:イラン映画、アスガー・ファルハディ監督&脚本、ゴルシフテェ・ファラハニー、タラネ・アリシュスティ出演。

彼女が消えた浜辺

 『ペルシャ猫を誰も知らない』を見たばかりであり、もう一つ公開されたイラン映画もと思って、『彼女が消えた浜辺』をヒューマントラストシネマ有楽町で見てきました。 (1)物語は、カスピ海沿岸のリゾート地で起きた出来事を巡って展開されます。  主人公の女性(セピ...

「彼女が消えた浜辺」

「彼女が消えた浜辺」  (2009年 イラン映画 監督アスガー・ファルハディ)  セピデーと夫は、友人の2家族と離婚したアーマド、独身のエリと一緒に、テヘランからカスピ海沿岸の避暑地へやってくる。セピデーには、アーマドにエリを紹介するという目的があった。...

彼女が消えた浜辺

ロースクールの同級生たちが、車に分乗してバカンスに繰り出した。アミールとセビデー(ゴルシフテェ・ファラファニー)、アヌチュールとナジー、ペイマンとショーレの3組の夫婦と子供たち、ドイツで離婚した男ア-マド、彼に引き合わせようとセラビーが連れてきたエリ(タ..

映画:「彼女が消えた浜辺」 その国「独自」あるいは「普遍的に共通」な感性を発見できるのが醍醐味。

「瞳の奥の秘密」(2010-08-05 )の時も書いた. 通常触れられない世界の映画をみると、ハリウッド映画や日本映画にない生活の「その国」独自な「感性」を発見できるのが面白い。 でいうと、今回は「イラン映画」 なのだけれど、普遍的にうなづける部分と、そうでない部分を...

彼女が消えた浜辺

■ 試写会にて鑑賞彼女が消えた浜辺/DARBAREYE ELLY 2009年/イラン/116分 監督: アスガー・ファルハディ 出演: ゴルシフテ・ファラハニ/タラ...

なぜ消えたのか?

30日のことですが、映画「彼女が消えた浜辺」を鑑賞しました。 浜辺にバカンスに来た仲間たち 子どもが海に溺れる事件が、そしてエリも姿を消していて・・・ イラン映画であります 心理サスペンス、ドラマですね 最初は 淡々とバカン...

「彼女が消えた浜辺」

「About Elly」 2009 イラン セピデーに「ワールド・オブ・ライズ/2008」のゴルシフテ・ファラハニ。 エリにタラネ・アリシュスティ。 アーマドにシャハブ・ホセイニ。 監督、脚本はアスガー・ファルハディ。 テヘランからカスピ海沿岸の避暑地にバカンスに来た...

彼女が消えた浜辺・・・・・評価額1750円

ミステリーの様に宣伝されているが、基本的にそっち系の作品ではないと思う。 第59回ベルリン国際映画祭で銀熊賞に輝いた話題作、「彼女が消...

『彼女が消えた浜辺』

(原題:Darbareye Elly) ※『オカンの嫁入り』『君が踊る、夏』『おにいちゃんのハナビ』の核に触れる部分もあります。 それらを鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----これって、 「この夏の外国映画のベスト」と言っていた作品だ...

『彼女が消えた浜辺』

注・何をどう書いてもネタバレになってしまう、まったく予備知識無し、プロットも読まずに観ることをオススメします。でも、ここ読むと「そういう話し」だと思ってみてしまう「この矛盾」。『彼女が消えた浜辺』。監

『彼女が消えた浜辺』

一人の若い女性が、リゾート地の海辺で忽然と姿を消した。 テヘランからカスピ海沿岸へ、ささやかな週末を楽しむために、大学時代の同級生たちが3泊の予定...

映画『彼女が消えた浜辺』

 ようやく秋めいてきましたね。今日はイラン映画『彼女が消えた浜辺』を、テアトル梅田で鑑賞してきました。第59回ベルリン国際映画祭の最優秀監督賞作品。今年の30本目です。 Story テヘランからほど近いカスピ海沿岸のリゾート地。セピデーは大学時代の友人たちに声を…

『彼女が消えた浜辺』:彼女について知らない二、三の事柄 @ロードショウ・ミニシアター

久しぶりのイラン映画です。 イラン映画といえば、アッバス・キアロスタミ、モフセン・マフマルバフ、マジッド・マジディなどの監督の諸作からも判るとおり、静かで独特なリズムがあります。 ですが、この映画は、これまでのイラン映画の趣とは、かなり異なります。

彼女が消えた浜辺/ABOUT ELLY

ランキングクリックしてね

彼女が消えた浜辺

アルゼンチン映画に続き、イラン映画です。 イラン映画で思い出すのは1997年製作の「運動靴と赤い金魚」。 アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされるも、受賞はなりませんでした。 私にとって謎の国イランの日常を垣間見、靴をめぐり幼い兄・妹の兄弟愛と...

『彼女が消えた浜辺』はデタラメ嘘つき映画だよ。

 今週の『天装戦隊ゴセイジャー』は護とゴセイナイトの友情エピソード。護の画力が小学生のレベルを軽く凌駕していて、まるで手塚治虫先...

記事のタイトルを入力してください(必須)

アスガー・ファルハディ監督「彼女の消えた浜辺」(★★★★★) 監督・脚本 アスガー・ファルハディ 出演 ゴルシフテェ・ファラハニー、タラネ・アリシュスティ  イラン映画といえば、アッバス・キアロスタミが有名である。映像が非常に美しい。アッバ...

彼女が消えた浜辺☆独り言

名演小劇場で『彼女が消えた浜辺』観に行ってきました。この劇場、結構駅から遠いのよね。到着するまでに歩き疲れるケースが^^;;;って体力落ちまくってるなぁ、、、浜辺の別荘に遊びに来た3組の夫婦と3人の子ども、そしてカップルではない男と女。バカンスを企画したセ

『彼女が消えた浜辺』

砂にとられたタイヤのように、 抜け出せなくなってしまったエゴの罠。 彼女が消えた浜辺には、あとに何が残されたのか。 『彼女が消えた浜辺』 2009年/イラン/119min 監督・脚本:アスガー・ファルハディ 出演:ゴルシフテェ・ファラハニー 、 タラネ

彼女が消えた浜辺 【印象度:70】

2009年のイラン映画。ヒューマントラストシネマ有楽町で見てきました。 同年イランで2番目に興行収入が大きかった作品だそうです。 夫婦3組くらいに、独身の男女1人ずつを加えたグループで、 独身男女をくっつけるための企画として、 リゾート地への泊りがけの旅行...

彼女が消えた浜辺

いろんな意味でいらいらがつのったのですが、それが狙い?

『彼女が消えた浜辺』をギンレイホールで観て、ふーんふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆うまく作ってあるけどそんなにズバンと来ない感じ】 ほんのちょっとしたボタンのかけ違いがひどい事に発展していく様子を観客が登場人物と一緒にハラハラド ...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示