『ギャラクティカ』と『クローン・ウォーズ』の葛藤に引き裂かれる人

 【ネタバレ注意】

 望ましい政治家は「葛藤に引き裂かれている人」だ。
 内田樹氏の意見である。
---
政治家といえども人間である。個人的信念があり、価値観があり、審美的好悪がある。これはその人の「私」の部分である。
それに対して、政治家には「民意を代表して、国益を最大化する」という義務がある。
「民意」のうちには政治家個人の信念や価値観や嗜好とあきらかに異質なものが含まれている。
自分自身の政治的信念と背馳するような政治的信念をもっている人間であれ、その人が法制上の「国民」である限り、政治家はそのような人の意向をも代表せねばならない。
この仕事は決して愉快なものではない。
だから、私は統治者というのは「苦虫を噛み潰したような顔」になり、言うことはもごもごと口ごもり、さっぱりクリアーカットにならない、というのが「ふつう」だと思っている。
---

 木村拓哉演じる内閣総理大臣・朝倉啓太の活躍を描いた『CHANGE』は、民放ドラマでは珍しく政界を取り上げた意欲作だったが、葛藤については物足りなかった。
 視聴者としては、「小児科医が足りなくて死にかけている目の前の子供」と「生活のために公共事業投資を求めている見知らぬ人たち」のどちらに配慮するか、その葛藤を見たかったのだが、朝倉総理はためらわずに小児科医対策の予算を増やそうとする。

 これは、池田信夫氏が「古い脳」と呼んだ思考だろう。
---
みのもんたが代表しているのは、感情をつかさどる「古い脳」である。同情は、人類の歴史の99%以上を占める小集団による狩猟社会においては、集団を維持する上できわめて重要なメカニズムだ。感情は小集団に適応しているので、「高金利をとられる人はかわいそうだ」といった少数の個人に対する同情は強いが、規制強化で市場から弾き出される数百万人の被害を感じることはできない。
---

 ドラマの朝倉総理も、「新しい脳」(論理や言語などをつかさどる新皮質)ではなく、進化の早い段階でできた「古い脳」(感情や意欲などをつかさどる辺縁系)で行動してしまう。

 『CHANGE』の脚本家福田靖氏が、同じく脚本を担当した映画『海猿』では、遭難者を救うために、教官が規則を破って潜水士でもない人間を救助に向かわせる。
 これでは救助側も二次遭難するおそれがあるので、本来は遭難者を見捨てるという辛い選択をしなければならない。しかし教官は、遭難者を助けたいという感情に流されてしまうのだ。
 映画は、みんな助かって、めでたしめでたし。教官はおとがめなしだ。

 面白い映画だが、福田靖氏の脚本は、「新しい脳」を無視して「古い脳」だけを刺激する(論理的思考を停止させ、感情だけを揺さぶる)のが特徴と云える。
 福田靖氏の作品に限らず、日本のドラマや映画は、観客の感情に訴えることを重視するものが多い。
 というより、感情に働きかけてこそ評価が高まるようだ。


 この点、米国のドラマ『バトルスター・ギャラクティカ』は違う。
 メアリー・マクドネル演じるローラ・ロズリン大統領は、5万人を救うために、親しい少女が乗っている宇宙船を見捨てる。そういう決断を迫られる場面がしばしば出てくる。

 「大の虫を生かして小の虫を殺す」ということわざがある。
 嫌な権力者がこういうセリフを口にして、でも熱血主人公が"小の虫"を助けに行って無事救出……なんて展開が、日本では歓迎されそうだ。
 しかし『バトルスター・ギャラクティカ』では、決して、あっちもこっちも救えるなんて虫がいい展開にはならない。
 もちろん大統領は苦悩する。苦悩を抱え込んだまま、大統領はまた次の決断を下さねばならない。

 私は『バトルスター・ギャラクティカ』を見て、日米の違いに愕然とした。
 『バトルスター・ギャラクティカ』には、喜怒哀楽といった感情を揺さぶられることがほとんどない。
 泣かせたり笑わせたりではなく、引き裂かれるような葛藤で「新しい脳」を直撃するドラマなのだ。
 その素晴らしさは、もちろんドラマの作り手の功績だが、このドラマに数々の賞を与え、葛藤に付き合い続ける視聴者もたいしたものだ。


 大人向けの『バトルスター・ギャラクティカ』ばかりではない。
 アニメ映画『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』では、主人公アナキンが任務達成のために部下を見殺しにする。
 アナキンはなんとしてでも目の前の部下を救いたいのだが、部下を救っていたら任務を達成できない。任務を達成しなければ、共和国に重大な脅威が生じる。部下の窮地を目にしつつも、同時に将来の脅威の大きさを推論できるから、アナキンは歯を食いしばって「すまない、助けにいけない。」と部下に伝える。
 その葛藤を描くから、アナキンの逞しさが強調される。

 『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』は、激しいアクションや愉快な会話で「古い脳」を楽しませつつ、「新しい脳」にもしっかり刺激を与えているのだ。


 「大の虫を生かして小の虫を殺す」という言葉には、一方を殺しても他方は痛みを感じないかのようなニュアンスがある。そこには、なんだか大小二種類の虫のどちらを生かすか選択の自由があるかのように思える。さらに、頑張れば両方救えるという甘さが忍び込みかねない。

 しかし該当する英語のことわざは、"Lose a leg rather than a life."
 "命が惜しくば足を切れ"
 選択の余地なんかないのである。


GALACTICA/ギャラクティカ シーズン1 ブルーレイBOX [Blu-ray]ギャラクティカ』  [か行][テレビ]
制作総指揮・企画・脚本/ロナルド・D・ムーア  制作総指揮/デヴィッド・エイック
監督/マイケル・ライマー  撮影/ジョエル・ランサム  音楽/リチャード・ギブス、ベア・マクレアリー
出演/エドワード・ジェームズ・オルモス メアリー・マクドネル ジェイミー・バンバー ジェームズ・キャリス ケイティー・サッコフ グレイス・パーク マイケル・ホーガン
日本公開/2008年1月9日
ジャンル/[SF] [アドベンチャー]

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』  [さ行]
監督/デイヴ・フィローニ  制作総指揮・原案/ジョージ・ルーカス
出演/マット・ランター ジェームズ・アーノルド・テイラー アンソニー・ダニエルズ クリストファー・リー
日本公開/2008年8月23日
ジャンル/[SF] [アクション] [アドベンチャー]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 海外ドラマ
【genre : テレビ・ラジオ

tag : ロナルド・D・ムーア エドワード・ジェームズ・オルモス メアリー・マクドネル ジョージ・ルーカス デイヴ・フィローニ クリストファー・リー

⇒comment

別次元

ナドレックさんこんにちは。
いつもながら深い見識のレビュー読ませていただきました。
古い脳と新しい脳、感情に訴える作品と理性に訴える作品。
見る側の趣向にも依存しますから、どちらかに優劣をつけるべきでないとは思いますが、ロジックの視点としとて大いに参考になりました。
私自身、これからの鑑賞眼の一助になると思います。

Re: 別次元

たんたんたぬきさん、コメントありがとうございます。
しばしば「感動できない」「突き動かされるものがない」という言葉が、作品をけなす意味で使われることがあります。
しかしその作品が、古い脳と新しい脳のいずれに訴えようとしているかを見極めなければ、論評を誤るおそれがあります。

おっしゃるとおり、どちらかに優劣をつけるものではありませんが、作り手も混乱している例を見ると残念です。
往々にして見かけるのが、「新しい脳」に訴えるような問題提起で観客の目を引いておきながら、途中から感情を揺さぶって「古い脳」にカタルシスを感じさせて良しとしてしまう作品です。あるいは、「古い脳」が感動に震えているところに、本来「新しい脳」で処理すべき問題を滑り込ませてしまう…。

とりわけ、ヒットしているのに賛否が分かれている作品などは、評者もこれらの点が未整理だったりするようです。

今後、視聴覚の刺激と脳の働きに関する研究等も踏まえながら、記事を書いていきたいと思います。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画:スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ 観てきました

 封切りされたらすぐに見に行くつもりだったのに、気がつけばもうすぐ終了・・・。最近のシネコンはあっという間に上映終了になっちゃいますよね~。と言うわけで、やっと、スター・ウォーズ/クローン・ウォーズを観てきました。

スターウォーズ/クローン・ウォーズ

「隊長,変なのが来ます! ブリキにタコにナメクジです」 「やれやれ・・・」  

BATTLESTAR GALACTICA/SEASON 2.0

ちょっと前に購入したDVD。 海外TVドラマ「BATTLESTAR GALACTICA」の第2シーズン(その1)。 Battlestar Galactica (2004): Season 2.0 (3pc・輸入盤DVD)このアイテムの詳細を見る この作品は、1978年に放映されたTVドラマ「宇宙空母ギャラクティカ」のリメイク作...

『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』('08初鑑賞106・劇場)

☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 8月16日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター3にて 16:30の回を鑑賞。先行上映です。

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ

監督: デイヴ・フィローニ 製作総指揮・原案: ジョージ・ルーカス 【ストーリー】 銀河系の支配を企んでいるパルパティーン、ドゥークー伯爵、グリーバス将軍らが率いる敵の軍隊が迫りくる中、宇宙の運命はアナキン・スカイウォーカーをはじめ、オビ=ワン・ケノー...

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ

【STAR WARS: THE CLONE WARS】2008/08/23公開(08/16先行にて鑑賞)製作国:アメリカ監督:デイヴ・フィローニ製作総指揮・原案:ジョージ・ルーカス声の出演:マット・ランター、ジェームズ・アーノルド・テイラー、アシュリー・エクスタイン、トム・ケイン、キャサリン...

『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』

スター・ウォーズの初アニメ映画、『クローン・ウォーズ』観て来ました。 物語の舞台はエピソードIIとエピソードIIIの間で、これまで深く描かれることのなかった伝説の“クローン大戦”を中心に描かれた、米のTVアニメで放映されていたアニメの3Dアニメ映画化作品です...

231「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」(アメリカ)

遠い昔、遥か銀河の彼方で  銀河系では邪悪な分離主義者と共和国とのフォースをめぐる戦いが繰り広げられていた。ジェダイの騎士・オビ=ワン・ケノービとヨーダはその先頭に立ち、クローン軍を率いて激しい戦いを繰り広げていた。一方若き騎士・アナキン・スカイウォー...

★「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」

今週の週末レイトショウは、先行上映のアニメを。 スター・ウォーズシリーズの「エピソード2」と「エピソード3」の間の時期を描いたものね。 これって、テレビ用に短編アニメが二本作られてたハズだけど、 奇麗に劇場用に作り直したのかなっ・・・さすが、ジョージ・...

「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」

「スター・ウォーズ」の実写シリーズでは、あまり触れられていなかったクローン戦争。 そのなかの1つのエピソードを、アニメーションで見せ...

バトルスター・ギャラクティカ 「序章」 前・後編

これはドラマなのだろうか。米エンタテイメント情報誌“Entertainment Weekly”やアメリカ最大のTV誌“TV Guide”などで絶賛されているというが、いや~本当に物凄い!!これはスターウォーズに匹敵するくらいの映画のよう。SFファンだけが楽しむのは勿体ない。序章の再放...

スター・ウオーズ:クローン・ウオーズ

水曜日は定時退社日、109シネマズのポイントも貯まっていたので、19時過ぎの上映で鑑賞。レディースディ、ということでチケット売り場には長蛇の列でしたが、そのほとんどが『...

『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』

なかなか面白かったです。『スター・ウォーズ』は、世界観がすごくしっかり出来ていて、しかも、面白いので、こういう風に、番外編や外伝がいろいろ作流ことの出来るシリーズだと思...

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ

フルCGで描くSW EP2とEP3の間のストーリー『スター・ウォーズ クローン・ウォーズ』を観てきました。 ★★ とりあえず予告編を観る限りは面白そうだったのでチェックしてみたんだけど、面白いとかというのとは違った印象。 『スター・ウォーズ』の世界観に傾倒している

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ

「スター・ウォーズ」シリーズの劇場用長編アニメーション。 「エピソード2」と「エピソード3」の間の時期に当たる クローン戦争をフルCGアニメで描く。銀河系では依然、分離主義勢力と共和国との戦争が続いていた。 ジェダイ騎士ヨーダは若きジェダイ騎士アナキンの

『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』

  エピソード?、?をつなぐ伝説が、今ここに明かされる!   ■勇敢なジェダイ・マスター”アナキン・スカイウォーカー”に仕える女パダワン”アソーカ・タノ”。トグルーダ出身の彼女はまだ若くあどけなさされ残っているが、知性に富みライトセーバーの扱いや宇宙船

【映画】スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ…果たしてファンはこの作品を待っていたのか?

北部九州は凄く天気良い日です{/kaeru_fine/} 今日{/kaeru_fine/}は夕方から夜勤です。 例によって月曜日の出勤前は体力的にも余裕がありますので、こうやってブログ更新をしております{/face_nika/} 夜勤なのにそんなことをしたり、先ほどまではWBC{/baseball/}の準決

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ

遠い昔、遥か彼方の銀河系で・・・全銀河を揺るがすクローン戦争が勃発。二人のジェダイ、アナキンとオビ=ワンも最前戦で戦いを続けていたが、そんな二人にジェダイ評議会から新たな命令が下る。それは、タトゥーインの犯罪王ジャバ・ザ・ハットの誘拐された息子を救出す...

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ’08:米◆原題:STAR WARS: THE CLONE WARS ◆監督: デイブ・フィローニ◆声の出演: マット・ランター/ジェームズ・アーノルド・テイラー/アシュリー・エクスタイン/キャサリン・タバー/トム・ケイン◆STORY◆銀河系の支配...

スターウォーズ・クローンウォーズ

7/17~22にBShiでスター・ウォーズをエピソードに毎夜放送してた 全部観ようと視聴予約しておいたが 結局、クローン・ウォーズとEP3しかみれなかった でもクローン・ウォーズは観たことがなかったので観れてよかった で、気になったのはやっぱり 「EP3以降、ア...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示