『孤高のメス』 腹の中まで見てください

 医療を扱った映画で、手術シーンは珍しくない。
 『白い巨塔』の冒頭でも手術シーンがあり、スクリーンに臓器が映し出された。

 私は小心物なので、傷口や血を見ると、震え上がってしまう。
 『孤高のメス』は地方の病院に務める外科医を主人公にしており、冒頭から手術シーンが続き、画面を見るのが辛かった。
 何しろ痛そうだし、うごめく臓器は見ていて気持の良いものではない。


 『孤高のメス』が他の映画と異なるのは、手術シーンの多さだ。
 カメラは切り開いた腹の中まで克明に捉え、クーパー(ハサミ)の先にある臓器を大写しにする。頻繁に登場する手術シーンは、臓器のアップと医師の扱う手術器具のアップの連続だ。
 いくら医療を扱った映画とはいえ、これほど手術シーンが多く、臓器のカットが多い映画は珍しいだろう。
 本来、ストーリーの進行を追うだけなら、臓器を大写しにしなくても済むはずだからだ。

 しかしこの映画は違う。
 この映画では、医師や看護師の苦悩と決断を観客に判らせる必要がある。
 観客が、劇中の医師や看護師と、共に悩み、共に苦しみ、同じ気持ちを体験してこそ、その決断に至る心情を共有することができる。
 そのために、成島出監督は、医師や看護師が目にしているすべてのものを、観客にも見せることにしたのだ。観客に手術を追体験させることにしたのだ。
 手術を克明に描くからこそ、主人公・当麻鉄彦のやったこと、やろうとしていることに観客も納得する。

 不思議なことに、当初は見たくなかった臓器のアップも、医師と同じ目線を共有するうちに、真剣に見つめるようになる。
 そして、病んで黒ずんだ臓器には痛ましさを感じ、まだピンク色で健康な臓器には美しさを感じようになる。
 小心者の私ですら、精緻な臓器に魅せられるようになっていく。


 本作は『孤高のメス』と題しているが、孤高とは決して孤独のことではない。
 本作で描かれるのは、患者のため、命のため、それを第一に考える当麻医師の気高さと、その気高さが人々に伝播する様子だ。そして伝播した人々によって、今度は孤高のメスが支えられていくのだ。


 とはいえ、こんなスーパードクターはフィクションの中だけだと思っていたが、公式サイトにある原作者・大鐘稔彦氏のプロフィールを読んで驚いた。
---
早くより癌の告知問題に取り組み「癌患者のゆりかごから墓場まで」をモットーに、ホスピスを備えた病院を創設、患者の家族に対して手術内容を公開するなど、先駆的医療を心がけている。「エホバの証人」の無輸血手術をはじめ、手がけた手術は約6000件という膨大な手術経験を持つ。現在は淡路島の診療所で僻地医療に従事している。
---

 いやはや頭が下がります。

 腹を裂いて中の臓器をいじくり回す。
 初めは目を背けたい光景だったが、それを実践する人がいて、私たちは命を救われているのだ。
 いま改めてそれを思う。


孤高のメス [DVD]孤高のメス』  [か行]
監督/成島出  原作/大鐘稔彦
出演/堤真一 夏川結衣 吉沢悠 中越典子 松重豊 成宮寛貴 余貴美子 生瀬勝久 柄本明
日本公開/2010年6月5日
ジャンル/[ドラマ]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 日本映画
【genre : 映画

tag : 成島出 堤真一 夏川結衣 吉沢悠 中越典子 成宮寛貴 生瀬勝久 柄本明

⇒comment

TBありがとうございます。

私見ですが、、、。

私も手術シーンは、どちらかというと苦手な方ですが、
この映画ではそれほど気にならなかったというか、うまく見せているなという気がしました。

特に皮膚を切るシーンが映し出されなかったのが大きかったと思います。

肌にメスが食い込んで、皮膚が裂け、血が流れ、内臓が見える。
考えただけでもゾクゾクっとなってしまいますが、
その部分を割愛したことが、受け入れやすかったように思います。

KGRさん、こんにちは。
それはゾクゾクっとしますね。私には充分スプラッターです:-)
技術的な制約のためかもしれませんが、そこまでしなくて助かりました。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

孤高のメス

自身も医師である大鐘稔彦の同名ベストセラー小説の映画化。脳死肝移植というタブーに挑んだ一人の外科医を描いた社会派医療ドラマだ。主演は『クライマーズ・ハイ』の堤真一。共演に夏川結衣、吉沢悠、中越典子、成宮寛貴、余貴美子、生瀬勝久、柄本明など若手・中堅・ベ...

[映画『孤高のメス』を観た]

☆忙しいので短信ですまん。  月並みな話ではあるが、力強く描かれた力作だった。  類まれな外科手術の技術を持つ医師が、「目の前の患者に全力を尽くし、救う」と言う確固たる意思のもと、設備の伴わない市民病院で、当時、法律で是非があいまいであった脳死肝移植に...

孤高のメス

5月7日(金)@ヤクルトホールで鑑賞。 この日もよせばいいのに夕方から雨が降った。 合羽着て自転車を漕ぎ、新橋まで出かける。 最近は暑くなったり寒くなったり寒暖の差が大きく、雨も多い。 冬の間は降水量少ないのに今年は本当に雨が良く降った。 毎日自転車を...

孤高のメス/堤真一、夏川結衣

現代社会の医療問題に鋭く斬り込んだ大鐘稔彦さんの原作小説を映画化した作品です。医療ドラマは映画でもTVでも作品の方向性の違いはありながらも良作の目立つジャンルだけにこの作品に対する期待値も自然に大きくなってしまいます。主演は堤真一さん、監督は『フライ,ダ

「孤高のメス」

 観賞後の印象は限りなく薄い。これはキャラクター設定の不調に起因している。茨城県北部の地方都市にある市民病院を舞台に、物的・人的資源の不足や頑迷な病院当局に対して果敢に取り組む外科医の活躍を描く本作、何よりこの人物像に深く切り込む余地がないのが痛い。 ...

孤高のメス

原作は大鐘稔彦の同名小説、 医療問題を追求した物語。 監督は成島出。 舞台は大学病院に頼り切っている さざなみ病院という、 ある地方の市民病院。 そこに赴任してきた外科医が、 様々な困難に立ち向かい、 自分の意志を貫く姿を描きながら、 臓器移植ということに関...

孤高のメス

いまや、日本映画に欠かせないおばちゃんになってしまった余さんがすごい!

「孤高のメス」

                                 「孤高のメス」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 原作・成島出 監督・大鐘稔彦 静かで深い感動でした。 「慣例だから、諦めるんですか?」 この一言に涙が止まりませんでした。 自分も含めて、世の

「孤高のメス」試写会、感想。

こちらの、堤真一は映画「クライマーズ・ハイ」のような、熱い熱血漢って、そんな役所ではないです。 しず~かに、しず~かに、淡々と手術の執刀する、まぁ、そのシーンに演歌が掛...

試写会「孤高のメス」

2010/5/13。新橋ヤクルトホール。 久しぶり、かな。 1階の男子トイレが女子トイレにされていて、男子トイレは2階のみになっていた。 いつも女性の方は混んでますから、それはそれで正解でしょうけど、今回は空いてました。 またスポンサーからの食品が1/5の

孤高のメス

2010/06/05公開 日本 126分監督:成島出出演:堤真一、夏川結衣、吉沢悠、中越典子、松重豊、成宮寛貴、矢島健一、平田満、余貴美子、生瀬勝久、柄本明1989年のある地方の市民病院に赴任した外科医の当麻は病院の体制に不満を感じながらも医師としてやるべき仕事にまい進

孤高のメス

アメリカのピッツバーグ大学医学部に留学した医師が、北関東の市民病院にやってきて脳死肝移植に成功するまでを描いている。地味で静かな映画だが、患者の命を救うことだけに集中する情熱が熱い。堤真一の演技が見事な秀作だ。

映画「孤高のメス」を観ました!!(2010-7)

映画「孤高のメス」を観ました!!

映画「孤高のメス」@よみうりホール

 当日は完成披露試写会と言うことで出演者の堤真一、夏川結衣、吉沢悠、中越典子、平田満、成島出監督、原作者・大鐘稔彦氏、イメージソングを歌った馬場俊英さんの舞台挨拶があり...

『孤高のメス』

命を繋ぐ。想いを繋ぐ。それが移植手術の本当の姿であり、医療に携わる者の本来あるべき純粋な姿。 当初は全く興味のない映画でしたが、原作者であり現役医師でもある大鐘稔彦先生が淡路島の方だと聞き、同じ選挙区の映画好きとしては是非見なければと思い映画館に足を運...

?Υ?

? 2010? ? 126? ?? ? б ?//?/ŵ/?//?/?/?// ??ΰ?ο????Ť...

どこの世界にも共通する事。『孤高のメス』

地方の市民病院を舞台に外科医療に携わる人たちの姿を描いた作品です。

命をつなぐ~『孤高のメス』

 急死した看護師の母の葬儀のため、新米医師の弘平(成宮寛貴)は寂れた漁 師町に帰って来る。母の遺品を整理するうち、彼は「1989」と書か...

孤高のメス

評価:★★★★【4点】 緊張感あるリアルな手術シーンは本作の見どころ!

【10-058】孤高のメス ★★★★★

初日から1日遅れで孤高のメスを鑑賞。 1989年、ある地の市民病院に外科医・当麻鉄彦(堤)が赴任する。 見栄と体裁を気にかけ、簡単な外科手術ひとつまともに行われないその腐敗した病院で、次々と困難なオペを成功させる当麻。彼の「目の前の患者を救いたい」と...

「孤高のメス」レビュー

映画「孤高のメス」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:堤真一、夏川結衣、吉沢悠、中越典子、松重豊、成宮寛貴、矢島健一、平田満、余貴美子、生瀬勝久、柄本明、他 *監督:成島出 *原作:大鐘稔彦 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・...

映画:「孤高のメス」♪。

平成22年6月11日(金)。 映画:「孤高のメス」レポ。 監 督:成島出 脚 本:加藤正人 原 作:大鐘稔彦 キャスト:堤真一、夏川結衣、吉沢悠、中越典子、生瀬勝久、柄本明 余貴美子、成宮寛貴、松重豊 【ストーリー】 医師の派遣に始ま...

孤高のメス

医療制度の深部を鋭く描いたベストセラー小説「孤高のメス」が衝撃の完全映画化。“患者を救う”という当たり前の行為の前に立ちはだかる諸問題――医師不足、手術ミス、地域医療、臓器移植……。医療のあるべき姿とは?病院とは?そして、命とは?そこに真摯に向き合う一...

『孤高のメス』

※ネタバレではありませんが、映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----これって、もしかして流行りの医療サスペンス? 「う~ん。サスペンスというのとは違うね。 真摯に医療問題と取り組んでいる、...

「孤高のメス」 実に真っ当な傑作

監督 成島出少しあらすじ1989年、ある地方都市。市民病院に赴任した外科医の当麻(堤真一)は次々と困難なオペを成功させる。病院のずさんな医療に失望していた看護師の中村(夏川...

「孤高のメス」

手術シーンの堤真一ほか俳優たちの手つきがいちいちびっくりするくらいリアル。 ヒューマニズムや理想主義を振りかざすのではなく、手術というのはとにかく「編み物を編むように」ひとつひとつの工程をえんえんと丹念に疎漏なく積み重ねていく気が遠くなるような感じがよ

「孤高のメス」:森下五丁目バス停付近の会話

{/kaeru_en4/}きょうもまた、救急車が町を走っていく・・・。 {/hiyo_en2/}無事に治療を受けられるといいわね。 {/kaeru_en4/}しかし、医療現場には大きな問題が山積しているからな。 {/hiyo_en2/}うん。「孤高のメス」なんか観ちゃうといっそう強く感じちゃう。 {/kaeru_...

孤高のメス

2010年6月20日(日) 20:35~ チネ2 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:700円(買っていない) 『孤高のメス』公式サイト 冴えないタイトルの医療小説が原作。タイトルは、アレで、現役の医者の文章なので、何とも堅苦しいのだが、話は面白い。全6巻...

『孤高のメス』(2010)/日本

監督:成島出原作:大鐘稔彦出演:堤真一、夏川結衣、吉沢悠、中越典子、矢島健一、成宮寛貴、平田満、松重豊、余貴美子、生瀬勝久、柄本明試写会場 : よみうりホール公式サイト...

【孤高のメス】医師であり続ける事

孤高のメス 監督: 成島出    出演: 堤真一、夏川結衣、成宮寛貴、吉沢悠、余貴美子、生瀬勝久      公開: 2010年6月 こんな...

『孤高のメス』

  □作品オフィシャルサイト 「孤高のメス」□監督 成島 出 □原作 大鐘稔彦 □脚本 加藤正人□キャスト 堤 真一、夏川結衣、余 貴美子、柄本 明、吉沢 悠、中越典子、松重 豊、成宮寛貴、平田 満、生瀬勝久■鑑賞日 6月13日(日)■劇場 チネチッタ■cya...

孤高のメス

あなたといっしょに仕事がしたい。 現職医師・大鐘稔彦によるベストセラー小説を映画化、ひとりの医師の真摯な姿を通して現代医療の問題...

孤高のメス☆独り言

堤さん主演かぁ~っと思ってましたが、実際は夏川結衣が主演だったような気がします。物語は彼女の死と、彼女の日記をみつけた息子がそれを読みふけっていくという回想で進みます。平成元年前後の追憶・・・今から20年以上前の田舎の市民病院で脳死患者からの肝臓移植が執刀

孤高のメス (堤真一さん)

映画『孤高のメス』は、実際に医療に携わる大鐘稔彦氏の同名小説を映画化した作品です。 堤真一さんは、主人公の外科医・当麻鉄彦 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想

孤高のメス

大学病院から出向している医師が幅を利かせ、手を抜いた手術が問題になっている地方の市民病院。そこに新たに赴任した医師・当麻はそんな病院の体制を意に介さず、患者第一の姿勢で困難なオペを次々成功させていく。そんな中、当麻は日本では違法とされている脳死肝移植に...

「孤高のメス」 命を繋ぐ、志を繋ぐ

ルールというのは難しい。 なぜならばルールを定めた時に、どうしてもどこかに線が引

孤高のメス

昨日は、TOHOシネマズ 市川コルトンプラザに映画観に行ってきた~。 1本目に観たのは「孤高のメス」。 話としては、とある田舎の市民病院。外科手術はとりあえずやってみるものの、難しい手術は処置せずそのまま大学病

映画「孤高のメス」素晴らしい出会いが自分を豊かにする

「孤高のメス」★★★☆ 堤真一、夏川結衣、吉沢悠出演 成島出監督、126分、2010年6月5日公開、2009,日本,東映 (原題:孤高のメス)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気

『孤高のメス』お薦め映画

本作は20年前の臓器移植手術がテーマだが、先駆者たちが抱える危険と信念を真摯に描いたタイムリーな題材。臓器移植の他にも、医師不足、手術ミス、地域医療など、20年前にあった問題は今も解決できていないことがわかる。

『孤高のメス』を渋谷TOEI?で観た男ふじき

ずるいぞ、余貴美子。   そんな演技をしたら貰い泣きしないと人非人みたいじゃないか。 ってぐらい、余貴美子さんが素晴らしい演技をかまします。 あ、息子が太賀だ。こっちもそっといい演技してます。   「リアル鬼ごっこ」で谷村美月の乳を揉む医者役だった柄本...

【映画評】孤高のメス

天才的な技術を持ったさすらい医師が地方の市立病院を意識改革していくヒューマンドラマ。

「孤高のメス」試写会

5/7 「孤高のメス」の試写会に行ってきた。相方さんがちょっと遅刻したから最初の数分を見逃したけど、大勢に影響はなかった模様。よかった、入れてもらえて(^_^);。 1989年頃が舞台...

孤高のメス

堤真一主演の硬派な医療モノ。 気になりますね。 看護師の母・浪子の葬式を終えた新米医師の息子・弘平は、 整理していた母の遺品から一冊の古い日記帳を見つける。 1989年。 浪子が勤めるさざなみ市民病院は、大学病院に依存し、 外科手術ひとつまともにできない...

孤高のメス(テレビ録画)

2011年09月18日22時54分00秒テレビ朝日日曜洋画劇場特別企画「孤高のメス」 時間は録画終了時間 原作は読んでいません。 時は1989年。 ある市民病院に外科医の当麻鉄彦が赴任してくる。 この市民病院...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示