『春との旅』 手帳の住所は正しいか?

 【ネタバレ注意】

 観客の年齢層は高かった。
 老人が自分の居場所を探す『春との旅』について、読売新聞では「頑固老人と家族の絆」と題して、「現代の姨捨(おばすて)物語、小林政広監督版「楢山節考」」と評している。

 孫娘・春と祖父・忠男の旅を綴ったこのロードムービーは、たしかに幾人もの老人が登場する。観客に高齢者が多いのも、本作が高齢化社会を取り上げた作品だと目されたからかも知れない。

 しかし本作は、老人や家族を話の中心に置きながら、何よりも人生を描いている。


 年老いた祖父が兄弟を訪ねて回る様子は、『東京物語』を彷彿とさせる。

 『東京物語』では、老いた父母が、今は独立している子供たちを訪ねて回る。子供たちは一応父母を受け入れるものの、内心は迷惑している。
 しかし『春との旅』では内心どころか最初から受け付けない。兄弟たちはみな、忠男にとっとと帰ってもらいたいのだ。
 この点で、本作は『東京物語』から更に進んだ状況を描いている。
 血の繋がった家族といえども、大人の甘えは許されない。みんな自己責任でどうにかこうにか暮らしているのであり、忠男が兄弟を頼らざるを得ない境遇に陥ったのも、自己責任であると喝破される。

 兄弟たちが歓迎してくれるとは期待していなかった忠男だが、ここまで邪険にされるとも思わなかったろう。
 そして兄弟に逢うたびに、彼らが精神的・金銭的な余裕を持ち合わせない姿を見て、自分も彼らのことを何も判っていなかったことを知る。

 「過ちって、一生償えないのかな…。」
 春が泣きながら漏らす言葉である。


 忠男が、住所を書いた手帳を頼りに訪ね歩く様は、あたかもジュリアン・デュヴィヴィエ監督の『舞踏会の手帖』である。
 『舞踏会の手帖』では、踊りの相手を20年ぶりに訪ね歩いた女性が、男性たちの意外なその後に打ちのめされる。
 『春との旅』でも、はじめこそ観客の関心は忠男に向けられているものの、やがて兄弟たちの知られざる人生模様に固唾を呑むことになる。

 「ひとんちのことに口を出さないでくれ。」
 自殺した娘を責める兄に対して、忠男は云い返す。
 だが忠男が反論するのと同じ様に、どの家にも当事者にしか判らないことがあるのだ。
 何年も会っておらず、他人も同然に疎遠になっていた者が、それぞれの家の事情を垣間見るのは辛い。

 そして、自分の居場所を探していた忠男は、いつしか遠くを探したって居場所なんか見つからないことを悟る。
 さながら、青い鳥が、本当は近くにいたように。

 だが、方々を探し歩いたからこそ、青い鳥が近くにいることに気づけるのだ。
 人はしばしば、青い鳥を見つけることなく、人生を終えてしまうのかもしれないが。


春との旅【DVD】春との旅』  [は行]
監督・原作・脚本・アソシエイトプロデューサー/小林政広  撮影/高間賢治
出演/仲代達矢 徳永えり 大滝秀治 菅井きん 小林薫 田中裕子 淡島千景 柄本明 美保純 戸田菜穂 香川照之
日本公開/2010年5月22日
ジャンル/[ドラマ]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 日本映画
【genre : 映画

tag : 小林政広 仲代達矢 徳永えり 大滝秀治 菅井きん 小林薫 田中裕子 淡島千景 柄本明 美保純

⇒comment

No title

ぼくも『舞踏会の手帖』を思い出しました。
この共通項に触れていられる方を
あまり見かけなかったこともあり、
思わずコメントさせていただきました。

Re: No title

えいさん、コメントありがとうございます。
思い出しますよね、『舞踏会の手帖』。
特に、遠方まで訪ねて会った人々には哀しい想いをさせられるだけで、近くにいた若者に救われるところが、相似だなと思いました。

TBありがとうございました。

ナドレックさん同様、真っ先に想起したのは『東京物語』でした。
で、祖父と孫娘の思いのすれ違いぐあいは『晩春』でもあるかな、と。
もう一度観ると、また違った風景が見えてくるかも知れません(笑)。

Re: TBありがとうございました。

きぐるまんさん、コメントありがとうございます。
やっぱり思い出しますよね:-)
ただ、小津映画が繰り返し家族の物語を描いたのに比べて、本作は必ずしも家族が主題ではないと思います。もちろん重大な要素ではありますが、家族というよりも、親しかった人と数年~数十年ぶりに会うことで、過去の自分(己が人生)に対峙する、ということに焦点があるのかなと。
そんな風に思っています。

『晩春』、また見たいです;-)
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

春との旅

小林政広監督は、これまでにカンヌ国際映画祭への4度の出品や、『愛の予感』で第60回ロカルノ国際映画祭金豹賞(グランプリ)を含む4賞を受賞するなど、世界的に注目される才能の持ち主です。今回、初めて本格的な「家族ドラマ」に視点を据え、全国一斉公開の大作として、...

春との旅/仲代達矢、徳永えり

『フラガール』での好演がとても印象的だった徳永えりさん。彼女はいつかきっと舞台中央のスポットライトに照らされる日がくるんじゃないかなと思ってなにげに注目していたんですけど、もしかしたらこの作品がついにその日になるんじゃないかと楽しみにしてました。主演の...

「春との旅」

孫とここ五年間ずっと面倒みてもらっていた老人が、孫が給食係を勤めていた小学校が廃校になり職を失ったのをきっかけに、世話してもらえる相手を探して兄弟の間を渡り歩く。 「東京物語」か、その元ネタである「明日は来らず」を思わせるような話だが、子供の世代をあた

『春との旅』

  □作品オフィシャルサイト 「春との旅」□監督・原作・脚本 小林政広 □キャスト 仲代達矢、徳永えり、大滝秀治、菅井きん、小林 薫、田中裕子、淡島千景、柄本 明、美保 純、戸田菜穂、香川照之■鑑賞日 5月29日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ...

春との旅 試写会にいく

 メルマガで応募した「春との旅」に当選して銀座の東映本社の試写室にいきました。映画会社だけあって、エレベーター付近には自社作品のポスターなどいっぱい。 作品は仲代達矢氏...

「春との旅」試写会、感想。

原作、脚本、監督の三つの作業を手掛けた、小林政広監督へ終映後にティーチインの場を設けて頂いた今回の試写会、やはり、映画制作の中心に携わった方の話には、凄く説得力がありま...

春との旅(’10)

一昨日、虎ノ門ニッショーホールでの「春との旅」試写会に、「いい加減な・・・」ブログのいい加減人さん(Yamatoさん)に誘って頂き、丁度都合も良く行ってきました。これまで小林政広監督作品は8作品見て、最新は昨年の「白夜」。これは、昨年中唯一感想を書き損...

春との旅

<<ストーリー>>足の不自由な元漁師の忠男(仲代達矢)と仕事を失った18歳の孫娘・春(徳永えり)は、忠男の生活の面倒を見てもらおうと...

??ι

?????Τ? ??? ??äġ ? 2009? ? 134? б ã/...

??ι

??http://www.haru-tabi.com/ ?????ŻΤ??ä??...

試写会「春との旅」

新宿明治安田生命ホールで「春との旅」の試写会を観てきました“家族を見つめ、生きることの素晴らしさを探る人間賛歌の傑作”ということで、かなり大きな期待を持って観させてもら...

No560???ι?ιβ????Ĥ???

Ĥκ?? ã???? ??ε?ä??? ??ν?μ?? ???ïä???ä??? ±äã??? ???...

『春との旅』

 体が不自由になってひとりでは暮らしていけない老人が 一緒に暮らしていた孫と自分を引き取って欲しいと頼むためにあまり交流のない兄弟たちの元を訪れることになります。  その孫との4泊5日の旅を淡々と描いていきます。  19歳の春は北海道の海辺の町で祖父と

【映画評】春との旅

老いた元漁師が孫娘・春と共に人生最後の居場所を求めて親類縁者を訊ね巡る、人生を見つめる旅路。

春との旅・・・・・評価額1700円

頑固爺さんと孫娘の旅を描くロードムービー。 終の棲家を探す淡々とした描写の中に、人間たちの絆と、社会全体の老いという日本社会にのしか...

『春との旅』

----これって3年連続カンヌ国際映画祭の快挙を果たした 小林政広監督の大作だよね。 「そう。実はぼくは『殺し』がDVDリリースされるとき、 ライナーノーツを書いたことがあって、 そのときに、いろいろ調べたんだけど、 彼は、かつてフォーク歌手としてアルバムも出して

『春との旅』(2010)/日本

監督・原作・脚本:小林政広出演:仲代達矢、徳永えり、大滝秀治、菅井きん、小林薫、田中裕子、淡島千景、柄本明、美保純、戸田菜穂、香川照之鑑賞劇場 : CINECITTA公式サイトはこ...

「春との旅」:亀沢四丁目バス停付近の会話

{/kaeru_en4/}家庭センターかあ。一緒に暮らすことを兄弟に拒否された老人の相談にも乗ってくれるのかなあ。 {/hiyo_en2/}ここは、子どもに関する相談に乗るところみたいよ。 {/kaeru_en4/}じゃあ、「春との旅」に出てくるような老人は、身の振り方をどこに相談すればいん...

春との旅

 『春との旅』を吉祥寺バウスシアターで見てきました。  実は、公開直後に同じ映画館に出向いたのですが、同時に「爆音映画祭」を開催していて音漏れがありますなどと言われてしまったので、見るのを遅らせたものです。  実際のところも、実に静かでしっとりとした作

【映画】春との旅

▼動機 キャストと予告編を見て ▼感想 今年になって初めて映画を観たと思った ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ 足の不自由な元漁師の忠男(仲代達矢)と仕事を失った18歳の孫娘・春(徳永えり)は、忠男の生活の面倒を見てもらおうと疎遠だった親

「春との旅」

予告編の印象で懸念した事が増幅されたような気分.いかにも感動させようという音楽の使い方があざとい。それで騙された気分になって逆に損してる。老人が足に障害があるのに歩く速度が速い。後の方に耳が悪い人も出てくるが、そんな、障害という要素まで必要以上に散らさ

『春との旅』お薦め映画

さすがの俳優陣。親子、家族、老後の問題を、静かに鋭すぎる切り口で描いた社会派ホームドラマ。老いた身の哀しさ、寂しさ、もどかしさ、生への執着を捨てきれない情けなさが痛いほど伝わってくる。

映画「春との旅」感想

 小林正広監督のオリジナルストーリーを映画化した「春との旅」を観に行って来ました。その感想です。ネタバレはなるべく無しで。

「春との旅」~気高きライオンが選んだ道は?

 週に2度ほど整骨院で右膝の治療を受けているが、ここ数日、院内は普段以上にかまびすしい。中学生から後期高齢者まで、患者たちはW杯に夢中になっている。今日(18日)はアルゼンチンに粉砕された韓国、辛うじて生き残ったギリシャがメーンテーマになるはずだ。  俺...

『春との旅』をパルコ調布キネマで観る男ふじき(ネタバレ気味だけど苦しゅうない)

この"春"との500日間にわたる旅を終えた仲代達矢は "夏"との500日間にわたる人生最後の恋愛を経験する事になる。 それが『500日のサマー』だ、ってのっけから嘘かい! そうそう、恋なんてしない。 次は、春とサマーズのおっかけを500日間に渡って行なう 『500日の

『春との旅』 (映画)

本当は映画を観る事がメインではなかったのですが、時間があったので観るか~という感じになりまして。 のだめとどっちを観ようか迷って、こっちにしました。

春との旅

北海道で漁業を営んでいた忠男は、引退したあと孫娘の春と二人で暮らしていた。春は勤め先が廃業になったのをきっかけに東京へ上京する事を決意し、忠男に兄弟の家に厄介になるよう勧める。こうして、忠男の面倒を見てくれる家族を探す、春との旅が始まった。 日本を代表...

春との旅(2009)

試写会に誘っていただきました。 5月22日公開。 ■allcinema 「プレミア試写会プレゼント(監督、出演者による舞台挨拶を予定)」 29日〆切 監督、原作、脚本は小林政広。 EXILE眞木大輔、吉瀬美智子「白夜」、北村一輝、荻野目慶子「完全なる飼育 女理髪師の恋」など過...

春との旅

祖父(仲代達矢)と孫娘(徳永えり)が生活に困って北海道の海辺の小屋を捨てて、祖父の姉兄弟を頼って旅をする。孫娘は一人でも生きていけるのだが、祖父には無理だ。無鉄砲な生き方をしてきた祖父は、旅を続けるうちに人生を振り返り安息を得ることができた。ラストシーン

春と忠男と運転士

「RAILWAYS(レイルウェイズ)」 「春との旅」 

mini review 11521「春との旅」★★★★★★★☆☆☆

足が不自由な元漁師の祖父と仕事を失った18歳の孫娘が、疎遠だった親族を訪ね歩く旅に出る姿を描いたヒューマンドラマ。『愛の予感』などで国際的にも高い評価を受ける小林政広監督の8年越しの企画となる作品で、高齢者問題を切り口に生きることの意味を問いかける。主演...

『春との旅』'10・日

あらすじある日、突然、ひとりの老人が家を捨てた。孫娘、春があとを追った・・・。解説ロカルノ国際映画祭4冠の『愛の予感』や『歩く、人』の小林政広が監督脚本を務め、毎日映画...

『春との旅』'10・日

あらすじある日、突然、ひとりの老人が家を捨てた。孫娘、春があとを追った・・・。解
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示