『アイガー北壁』 なぜ2年後ではダメなのか?

 【ネタバレ注意】

 「西部アルプスに残された最後の難所」であるアイガー北壁。
 1936年、ドイツのアンドレアス・ヒンターシュトイサーとトニー・クルツ、オーストリアのエディー・ライナーとヴィリー・アンゲラーの4人が、その登頂に挑んだ実話を映画化したのが、『アイガー北壁』である。

 結論から云ってしまおう。
 アイガー北壁は、1938年にドイツ人隊とオーストリア人隊が協力し、初登頂に成功した。
 つまり、映画が描く1936年の挑戦は失敗に終わるのである。

 2年後を舞台にすれば成功譚を描けるのに、この映画はなぜわざわざ失敗例を取り上げるのだろう?

 映画最後の字幕によれば、1938年の快挙は、ドイツ・オーストリア併合の象徴とされたそうだ。
 一方、1936年は、ベルリン・オリンピックを間近に控えた時期であり、アイガー北壁に登頂した者には金メダルの授与が約束されていた。国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)政権としては、1936年にドイツ人による偉業を打ち立て、国威発揚に結び付けたかったのだ。
 しかしこの試みは失敗した。ナチス及びドイツの人々を失望させる出来事だった。

 つまり、初登頂成功がナチスの宣伝に利用され、国威発揚に結び付けられるものだったからこそ、『アイガー北壁』の作り手は、その対極にある登頂失敗を取り上げ、国威発揚の陰にある悲劇を描いたのだ。
 『アイガー北壁』は反戦映画なのである。


 映画は、声高に反戦を唱えたり、ナチスを糾弾したりはしない。
 登場するのは、幼なじみがナチスの腕章を付けた姿や、礼儀正しく「ハイル・ヒトラー」と敬礼する兵士や、アーリア人種の優秀さを説く新聞記者である。一人ひとりは、さして悪意があるわけではない。
 しかし、ドイツ人の偉業を誇りたい人々や、愛する者の勇姿を見たい恋人や、そして自分の力を信じる当人たちが、アイガー北壁に登らざるを得ない状況を作り上げていく。

 それは、いまでも、日本でも、しばしば見られる光景だ。
 「すぐやる、必ずやる、出来るまでやる」という経営者がいる。
 「無理を1週間続ければ、無理じゃなくなる」という経営者もいる。
 日本代表のスポーツ選手に人々が声援を送るのも、人並み外れた成果を期待しているからだ。
 それは必ずしも間違いではない。やらなければ成果は出ないし、大きな期待が大きな成果をもたらすのも、ままあることだ。

 しかし、組織が、国家が、人々が、誇りと成果を無理強いするとき、しばしば悲劇を招く。


 映画の最後に、新聞記者は云う。
 「祖国は彼らを忘れない。」

 本当に?
 本当にそうだろうか?


アイガー北壁 [DVD]『アイガー北壁』  [あ行]
監督・脚本/フィリップ・シュテルツェル
脚本/クリストフ・ジルバー、ルーペルト・ヘニング、ヨハネス・ナーバー
出演/ベンノ・フユルマン ヨハンナ・ヴォカレク フロリアン・ルーカス ウルリッヒ・トゥクール ジーモン・シュヴァルツ ゲオルク・フリードリヒ
日本公開/2010年3月20日
ジャンル/[ドラマ] [アドベンチャー] [戦争]

映画ブログ ブログパーツ

【theme : 洋画
【genre : 映画

tag : フィリップ・シュテルツェル ベンノ・フユルマン

⇒comment

No title

この映画は、登山が政治に利用された悲劇を描いたのだと思います。
そして、スポーツが政治に利用される姿は今も続いています。
かつての東側諸国がどれだけスポーツを国威発揚に利用したか。
現代でも、あまりに多くの国がスポーツを国威発揚に利用しています。

Re: No title

asaさん、こんにちは。
コメント&TBありがとうございます。
スポーツの政治利用、おっしゃるとおりですね。
そしてそこには、国威発揚に乗ってしまう国民がいるということですね。

プロパガンダ

ナドレックさんはじめまして。
拙き映画感想文など書いているたんたんたぬきと申します。
TBありがとうございます。ナドレックさんの深い洞察に基づくレビューに感嘆しました。
その流れは、旧東欧へと続いていたのでしょうか。
これからもよろしくお願いいたします。

Re: プロパガンダ

たんたんたぬきさん、こんにちは!
過分なお言葉ありがとうございます。
流れは東欧へ、全世界へと続いていると思います。
今後もよろしくお願いします。

No title

むごたらしく終わる最後は、やり切れないものを感じましたが、国家のエゴが表されていたわけですね。
山登りは、私が理解できないものの一つですが、何より大事なのは帰り道と、引き返す勇気というのも、国の歩む道に通じるものがあるような気がします。

Re: No title

sakuraiさん、コメントありがとうございます。

>何より大事なのは帰り道と、引き返す勇気

おっしゃるとおりですね。
行政は、細かな規程類に基づいて業務を行いますが、そこには帰り方、引き返し方の規定がありません。帰ることや引き返すことを想定していないからです。
我々の身の回りも同様かもしれませんね。

今時の爺さん達よ・・・・

世界最高峰に近い(難易度からしたら)
アイガー北壁に
なんちゅ~~装備やねんと突っ込みたくなる
装備で登頂を目指していたのに驚きました

登山の歴史は遭難の歴史でもある

日本の爺婆山ガール達よ
メディアに踊らされて
安全対策を怠りすぎ
プロでも雪崩とかまず助からない悲劇に
襲われることはあるが。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■『アイガー北壁』■

2008年:ドイツ+オーストリア+スイス合作映画、フィリップ・シュテルツェル監督&脚本、ベンノ・フュルマン、フロリアン・ルーカス、ヨハンナ・ヴォカレク、ウルリッヒ・トゥクール、ジーモン・シュヴァルツ、ゲオルク・フリードリヒ出演。

アイガー北壁

3月10日(水)@九段会館 最近は観たい映画が少ない。 映画業界も不況の影響が大きいのか試写会も少ない。 そんな中、数少ない観たい映画のひとつがこの作品。 一所懸命応募して、虎の子の一枚をゲット。 そんな日に限って、遠出の予定がはいる。 夕方までわりと...

「アイガー北壁」

 (原題:NORDWAND)圧倒される映画だ。ベルリン五輪直前の1936年、ナチス・ドイツは国威発揚のため、前人未到のアルプスの難所であるアイガー北壁の初登頂に成功したドイツ人に金メダルを与えると発表。若き登山家のトニーとアンディは各国のクライマーと共に、この...

アイガー北壁/ベンノ・フユルマン、ヨハンナ・ヴォカレク

山岳映画というだけで観てみたくなったのですが、それだけではちょっと不安なので一応下調べしてみると、アルプス登攀史上最大の悲劇と言われる実話に基づいて描かれた作品だそうです。1936年のナチス政権下で国家の威信を背負って前人未到のアルプス名峰アイガー北壁に挑...

アイガー北壁 【人と人 ザイルに繋ぐ 命の灯】

『アイガー北壁』 NORDWAND 2008年・ドイツ=オーストリア=スイス 1920~30年代に次々と登攀された中でも唯一残された難所アイガー北壁に挑む登...

映画「アイガー北壁」@よみうりホール

 試写会の主権はテレビ朝日さんとアウトドアブランドのモンベルさんだ。映画上映前にモンベル会長・辰野勇氏と久保田直子アナが、アイガーに関する冬山登山のトークショーが行われ...

「アイガー北壁」

「アイガー北壁」試写会 よみうりホールで観賞 上映前に日本人で初めてアイガー北壁登頂に成功したという方と、TV朝日の女子アナとのトークショーがありました。 話声が心地よく眠ってしまい、気がついた時には上映が始まっていました。 そんなわけで前半見逃して...

ドイツ映画祭2008...「ノース・フェイス アイガー北壁」

「Nordwand」2008 ドイツ/スイス/オーストリア アルプス、アイガー北壁舞台の山岳映画。 登山家トーニに「プリンセス・アンド・ウォリアー/2000」「美しき家、わたしのイタリア/2003」「戦場のアリア/2006」のベンノ・フュルマン。 同じくアンディに「ワン・...

アイガー北壁 / Nordwand

事実に基づく映画です。 1936年夏。ドイツは既にナチス施政下で、ベルリンオリンピック直前の時期。ドイツの優位性を示すため、ナチスはドイツ人によるアイガー北壁の初登頂を望んでいた。これは、それに際して発生した、登山家達の悲劇。ドイツ=オーストリア=スイス合...

アイガー北壁(2008) NORDWAND

 生きて、還るーーー 久々のドイツ映画は、壮大なスケール作品でした。自然を相手にどこまで闘えるのかしら?なんて思ったけど。。。やっぱり自然ほど怖いものはない、と改めてまた痛感しましたよ(汗)伝説の登山家トニー・クルツの死闘は、こんなに凄かったんだと...

『アイガー北壁』(2008)/ドイツ・オーストリア...

原題:NORDWAND監督・脚本:フィリップ・シュテルツェル出演:ベンノ・フュルマン、フロリアン・ルーカス、ヨハンナ・ヴォカレク、ウルリッヒ・トゥクール、ジーモン・シュヴァルツ、...

「アイガー北壁」:枝川一丁目バス停付近の会話

{/kaeru_en4/}そそり立つようだなあ、この団地。 {/hiyo_en2/}アイガー北壁みたいって言いたいんでしょ? {/kaeru_en4/}お、どうしてわかった? {/hiyo_en2/}わかるわよ、さっき観てきたばかりじゃない、ドイツ映画の「アイガー北壁」。 {/kaeru_en4/}難攻不落とされるア

悪魔的なすごみと美しさ~映画「アイガー北壁」

悪魔的なすごみと美しさ~映画「アイガー北壁」?  1936年のベルリン・オリンピック直前、ナチスが国威発揚をかけたアイガー北壁登頂競争を仕掛けた。登り切ったものには五輪の金メダルを与えるという。前年には「死のビバーク」で2人が命を落としたばかりだ。ドイツの若...

アイガー北壁 ◆ Nordwand

未登攀の岸壁、アイガーに挑んだ先鋭クライマー達に起きた悲劇の実話。壮大なスケールの自然、緊迫感に満ちたスリリングな描写が魅力。深みのある人間ドラマも絡め、見応え十分の充実した作品だ。

映画批評「アイガー北壁」

2010.4.1 映画批評 公開中の「アイガー北壁」。 監督:フィリップ・シュテ...

おじさんシネマ(アイガー北壁)

凄い。 見終わると同時にどっと疲れる。 それは、その映像のすごさ。 リアルな。 そして、この映画に登場する人間たちのドラマに。 緊張・・・・・。 悲劇も・・・・。 複雑な背景もありながら。 人間ドラマとしてもすごい映画。 アイガー北壁 実話を映像化。 ...

映画「アイガー北壁」の試写会に行ってきました♪

===== 映画「アイガー北壁」の試写会に行ってきました♪ ===== {{{ 【題名】  「アイガー北壁」Nordwand    【出演者】ベンノ・フユルマン:トニー・クルツ、ヨハンナ・ヴォカレク:ルイーゼ・フェルトナー、フロリアン・ルーカス:アンディ・ヒンターシュトイサ

アイガー北壁

なぜに映画を撮るために、ここまですごいことをしてしまうのだ!!

ペルシャ北壁

「アイガー北壁」 「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」 

映画「アイガー北壁 」そこに山があるからって簡単には言えない

「アイガー北壁 」★★★☆WOWOW鑑賞 ベンノ・フュルマン、ヨハンナ・ヴォカレク、 フロリアン・ルーカス、ウルリッヒ・トゥクール出演 フィリップ・シュテルツェル監督 127分、2010年3月20日公開, 2008,ドイツ、オーストリア、スイス,ティ・ジョイ (原作:原題:NORDWA...

喪中映画評「アイガー北壁」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年ドイツ=オーストリア=スイス映画 ネタバレあり
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示