『17歳の肖像』 もしや日本にないタイプ?

 前回は、アメリカの貧しい少女が直面した選択肢と、その決断について触れた(「『プレシャス』 貧乏人と金持ちを分けるもの」参照)。

 さて、今回は米国でも日本でも、『プレシャス』とほぼ同時期に公開された作品の話である。


 舞台は60年代のイギリス。
 主人公はブレザーの似合う16歳の女子高校生。
 美しい彼女は、歳が倍ほども上の中年男と恋仲になって、なんと結婚しようとする。
 周囲の反対には目もくれず突っ走る彼女だったが、それで幸せになるのだろうか…。

 スーザン・ジョージ主演の『おませなツインキー』(1969年制作)は、こんな物語だ。


 あ、いや、今回はキャリー・マリガン主演の『17歳の肖像』(2009年制作)について書くんだった。
 でも、上に述べたあらすじはおんなじである。
 こちらはジャーナリストであるリン・バーバーの実体験だが。

 もちろんツインキーとの違いはあって、たとえばツインキーはミニスカートで自転車を乗り回す快活な女の子だが、キャリー・マリガン演じるジェニーはチェロを習う優等生である。
 そしてまた、ツインキーは中年男との生活がうまくいかないことに気づき、元の高校生活に戻っていくが、ジェニーは元に戻って終わりではない。

 ジェニーとツインキーの大きな違いは、勉学への取り組みだ。
 ジェニーは親に云われるまま名門オックスフォード大学の英文科を目指していたが、中年男との出会いによって、それがいかに退屈なことかに気づいてしまう。勉強すること、進学することに、何の価値があるのか疑問に思う。
 この後のジェニーと校長先生やスタッブス先生とのやりとりが、本作一番の見どころであろう。

 本作において、ジェニーは中年男やその仲間と過ごすことで、学校では知りえなかった人生の様々なことを学ぶ。たしかにそれらは貴重な経験だ。
 しかし最後には、進学しないこと、勉学をおろそかにすることが、自分の可能性を閉ざしてしまうことを悟るのだ。

 それは『プレシャス』にも通じるものである。
 読み書きもできないプレシャスと、優等生のジェニーとでは、環境も生い立ちもまったく違う。
 けれど2人とも、勉学に励むことこそ将来のために重要だという結論にたどり着く点では同じだ。
 そして、みずから努力しなければならないことを理解する。


 英米でこれらの作品が誕生する一方、日本の作品はどうだろうか?

 小田嶋隆氏がこんなことを書いている。
---
 「池袋ウエストゲートパーク」「ごくせん」「マイボス マイヒーロー」「セーラー服と機関銃」「タイガー&ドラゴン」「クローズZERO」、そして「ルーキーズ」と、この数年、ティーンエイジャー向けにテレビ局が提供してくるドラマは、「ヤンキーもの」だらけになりつつある。「恋空」みたいな、ドラマの背景にヤンキー風俗があるものを含めるなら、さらにその比率は高まる。
(略)
ヤンキードラマは、全体として、「悪いのはキミたちじゃない。世間の方だ」という主張を繰り返している。でなくても、プロットの中でヤンキーを称揚し、慰安し、英雄化している。
(略)
 一方、「優等生」の描かれ方は、ほとんど「差別的」ですらある。

 冷酷で計算高くて型にハマっていて小心者でマザコンで、利己主義でケチくさくて成績にしか興味がない。そのうえ、人間が薄っぺらで、他人を数字でしか評価しない了見の狭さゆえに友だちが少なくて、孤独で、そのくせ傲慢で……と。

 この種のヤンキー賛美&ガリ勉嘲笑哲学は、長らく少年漫画誌の一角で生きながらえるのみで、メジャーなメディアの中で中心ストーリーとして扱われることはなかった。

 それが、いつの間にやら、ヤンキーはテレビの黄金郷になっている。
---

 私は、小田嶋隆氏が例示した作品では『クローズZERO』しか見ていないし、『クローズZERO』には優等生が登場しないので、優等生の描き方がどれほど差別的で、ガリ勉を嘲笑しているのか判らない。
 しかし小田嶋隆氏は次のように続ける。

---
 もしかしてテレビ局は、弱い者の味方をしているつもりなのだろうか? エリートだったり高学歴だったりする人たちではなくて、格差社会の底辺に生きている人々にエールを送ろうとして、この種のドラマを配信しているのであろうか。
 
 違う。

 単に視聴者に媚びているだけだと思う。要するに、顧客がヤンキー化しつつある、と、そういうことだ。
(略)
 私が言おうとしているのは、テレビの提供する娯楽が、今後、数ある娯楽のうちの、最底辺に位置することになるだろうということだ。娯楽の底辺を為す、質の低い、影響力の小さい娯楽、つまり、テレビの奈落ということです。

 ともあれ、テレビは、いずれの方向に向いているのであれ「偏見を助長するタイプの安易な娯楽」(田舎者蔑視、非モテ系揶揄、暴力肯定、マッチョ思想伝播、拝金主義、セレブ賛美、役人呪詛、ガリ勉いじめなどなど)を志向しはじめている。
---

 なるほど、小田嶋隆氏が云うように、テレビは数ある娯楽のうちの、最底辺に位置するのかも知れない。
 しかし、底辺だから影響力が小さいとは限らない。
 底辺があるからには、その上には何らかの形があるはずだが、それはどんなものなのか。
 切り餅のような直方体か、ピラミッドのような四角錐か、その形状により、底辺の占める割合も変わってくる。

 小田嶋隆氏があげた作品には、劇場公開された映画も含まれている。
 なかでも『ROOKIES -卒業-』は85.5億円を稼いで、2009年度の興行収入第1位である。『ごくせん THE MOVIE』は34.8億円で邦画の7位、『クローズZERO II』は30.2億円で邦画の10位だ。
 これだけの成績を収めていることからすると、小田嶋隆氏が云うところの「底辺娯楽」は、直方体の底辺でも、ピラミッドの底辺でもなく、文鎮の底辺ではないかという気がしてくる。
 すなわち、思いのほか多くの人が底辺に含まれているのではないかと。


 先に述べた、勉学に励むのが将来のために重要だなんてことは、すでに言い古された、当たり前といえば当たり前の結論である。
 1986年の『スタンド・バイ・ミー』だって、そんな話だった。
 そして今も、イギリスの映画もアメリカの映画も、優等生もそうでない者も、その当たり前のことを実践すべしと訴えている。

 なのに、日本で同様のことを訴える作品はあるのだろうか。
 私にはとんと思い浮かばない。


17歳の肖像 [Blu-ray]17歳の肖像』  [さ行]
監督/ロネ・シェルフィグ  脚本/ニック・ホーンビィ  原作/リン・バーバー
出演/キャリー・マリガン ピーター・サースガード ドミニク・クーパー ロザムンド・パイク アルフレッド・モリナ エマ・トンプソン オリヴィア・ウィリアムズ
日本公開/2010年4月17日
ジャンル/[ドラマ] [ロマンス] [青春]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : イギリス映画
【genre : 映画

tag : ロネ・シェルフィグ キャリー・マリガン ピーター・サースガード ドミニク・クーパー ロザムンド・パイク アルフレッド・モリナ エマ・トンプソン

⇒comment

才媛

 本作で面白いのは、ロザムンド・パイクが演じるヘレンだ。
 ヘレンは美しい成人女性で、うぶなジェニーより経験豊かに見える。
 しかし教養がないために、優等生のジェニーとは、ときどき会話が噛み合わない。ジェニーがお洒落なつもりで口にするフランス語も、ヘレンにはチンプンカンプンだ。

 実はヘレンを演じたロザムンド・パイクは、オックスフォード大学の英文科の卒業だ。ウィキペディアによれば、フランス語もドイツ語も堪能だし、ピアノとチェロもたしなむそうなので、ジェニー以上の才媛である。

No title

TBどうもです。

優等生は不良を許容できるけど、不良にそれが出来ないということもあるのかもしれません。

No title

TB ありがとうございます。

不良の賛美映画 ドラマはたしかに最近多いですね
作り物とはいえ 少し考えものかも・・・

映画に関しては やはりキャリー・マリガンが良かったですね

はじめまして!!

足跡から来ました。

これってやっぱ、日本人にとって「画一的」であるのが標準で、その枠から抜け出すというのが非常に難しいことであり、でもだからこそ型にはまりたくない、って言うのがアウトローである(と思われる)「ヤンキー賛美」になっちゃうっていう側面もあるんじゃないかしら。

Re: No title

菱沼さん、コメント&TBありがとうございます。
なるほど、それもあるかも知れませんね。
色々な作品があって良いのでしょうが、英米の映画で勉学に励む姿を立て続けに見たら(『しあわせの隠れ場所』でも進学を目指していましたね)、日本でこんな姿は見かけないなぁと気になりました。

サッパリ勉強しない私が云っても仕様がないですが(^^ゞ

Re: No title

リバーさん、こんにちは。
「ヤンキーもの」だから悪い、とは思いませんけどね。『クローズZERO』はとても面白かったし。
ただ、他国の映画で、「ヤンキー」や「やくざ」を肯定的に描いたり、真面目に勉学に勤しむ人を嘲笑したりという作品は見かけないですね(私が見てないだけ?)。
それはやっぱり、作り手の見識とか責任感の違いなんでしょうか。

キャリー・マリガンは本当に高校生のようでした。さすがe-257

Re: はじめまして!!

チュチュ姫さん、こんにちは。
はじめまして、ではないですe-257

さすがですね、小田嶋隆氏もまさしくその点を衝いていて、リンク先のコラムでは「ヤンキーを称揚するドラマの背景には、『個性』をめぐる妄執がある」と述べています。

また、作り手側では、たとえば岡村天斎監督が次のように述べています。
---
今のアニメファンは、キャラクターを類型化するというんですかね。「これは○○系」みたいに、この人物はこういう系統の人、という属性みたいなものを割り振らないと気が済まないという。本当は、そんなに属性がはっきりした人間はいないだろうと思うんだけど、でもそうじゃないと食い付いてこないみたいなんですよね、若い人たちは。その辺がちょっと課題だな、どうしようかなと。
---
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20100426/214158/?top

ヤンキーがずっとヤンキーであり続けるとは限らないし、ガリ勉がずっとガリ勉であり続けるとも限らないわけで、一人の人間でもとても大きな振幅があったりすると思うのですが、そういう描写は作り手にとっても受け手にとっても難しいのでしょうか。

TBありがとうございます。

>すなわち、思いのほか多くの人が底辺に含まれているのではないかと。

そうかも知れませんし、そうでないかも知れません(笑)。
ただ、今の邦画のほとんどについて、TV局+代理店がその製作に関わっているという事実はあります。
中でも大作と呼ばれるものは、大手映画会社自体はもっぱら配給しているだけと言っていい状態ですね。
つまり映画自体がTV化していて、多くはTV局+代理店がスポンサー収入の減少を補填するための事業収入の目玉のひとつにしているということです。
お台場や汐留でイベントをしたり、通販で物販するのと同じ位置づけですね。
ですから扱われる題材が、TVドラマの続編だったり類似品だったりするのは当然のなりゆきだろうなあ、とも思います。
もっとも、大作が観客を集めるのは今も昔も変わりませんから、問題はその内容にどんな変化が起きているのか、ということじゃないでしょうか。

Re: TBありがとうございます。

きぐるまんさん、コメントありがとうございます。
おっしゃるとおりですね。
『のだめカンタービレ』に関する記事でも書いたのですが、私は映画の題材がTVドラマの続編だったり類似品だったりするのは全然構わないと思います。むしろそれで映画興行が活性化されるのであれば、どんどんやってもらいたいと思います。

ただ注目したいのは、その内容にどんな変化が起きているのかということと、国ごとの変化の違いです。
『月に囚われた男』の記事で書いたように、日本は世界から相手にされなくなっています。

おそらく、『プレシャス』の作り手も『17歳の肖像』の作り手も、主人公が勉学に励むという結論を、奇想天外なこととも驚天動地のこととも思っていないでしょう。受け手も、特段の抵抗なく受け止めるでしょうし、だからこそ各国で高評価なのだと思います。
でも近年の日本で、こういう結論を送り出したり、受け止めたりしているでしょうか?
あるいは、英米の作品とは異なる結論を送り出したり、受け止めたりしているのでしょうか?

日本人がどこを向いているのかが気になります。

No title

一人の人間にものすごい振れ幅がある、というのをズバッと描き出してなおかつ納得させられる映画ってのがすごい映画なんだと思います。少なくとも私はそういうの観ると「おお~!」って思っちゃいます。でも多分、見せ方を間違えるとうそ臭くなっちゃうんじゃないかしら。

Re: No title

チュチュ姫さん、そうですね。
だから『17歳の肖像』のジェニーのように、優等生だけどタバコ吸ってる、親の云うことをよく聞くけど彼氏とグルになって騙してる、といった「ごく普通のこと」を、サラリと描いているのはたいしたものです。

No title

こんちは。

ちなみに、「勉強が大事」というより「勉強する事により大事な物が見えてくる」という映画では、日本では『受験のシンデレラ』という佳作がありますよ。まあ、マイナーですけど。

Re: No title

ふじき78さん、こんにちは。
『受験のシンデレラ』、面白そうですね。
未見だったので、機会があれば見てみたいと思います。
ご教示ありがとうございます。

なんでしょうねえ

ぴんとこなかったのですが、すでにジェニーは答えを見つけていて、何かで劇的に変わったように見せて、そうではなかったように私は感じたのでした。
やっぱ母目線と、教師目線で見ると、ぴんとこなかったのかもです。

優等生自体が学校で肩身が狭い世の中では、物語では市民権を得られないのかもしれません。それでも優等生は、揺るがないです。そういう生徒を山のように見てきました。
彼らは半端ない強さを持ってます。そこは大丈夫だと思う。ただ、映画にしたら単に面白くないのかもですね。

日本の大作は、頭抱えてしまいますが、小品だときらりと光るのが多いと思います。

Re: なんでしょうねえ

sakuraiさん、こんにちは。
優等生は揺るがない、ですか! なるほど。
自分の高校時代の学友を思い起こしても、そうだったかも知れません。
優等生は揺るがない……力強くて、なんだかワクワクしてくるフレーズですね。
日本の閉塞感とかなんとか云ってる場合じゃないな。
良い言葉を教えてもらいました。ありがとうございます。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

17Фξ

??An Education) ???褫ä? ?Ķ ??Ф? ??2?ä?ä餤 ----?áĤ...

「17歳の肖像」大人でもない、子供でもない…。

[キャリー・マリガン] ブログ村キーワード  “アカデミー賞・主要3部門(作品賞・主演女優賞・脚色賞)ノミネート”をはじめ、世界で数々の映画賞を受賞した本作。「17歳の肖像」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。1960年代のイギリスを舞台に、多感な少女...

『17歳の肖像』(2009)/イギリス

原題:ANEDUCATION監督:ロネ・シェルフィグ出演:キャリー・マリガン、ピーター・サースガード、エマ・トンプソン、アルフレッド・モリーナ、ロザムンド・パイク、オリヴィア・ウィリ...

17歳の肖像 【紫煙纏う 大人の香りに 酔いたくて】

『17歳の肖像』 AN EDUCATION 2009年・イギリス 英国の辛口ジャーナリスト―リン・バーバーの回想録を元に映画化。  英国でもっとも面白く、且...

「17歳の肖像」

 2008年/イギリス  監督/ロネ・シェルフィグ  出演/キャリー・マリガン     ピーター・サースガード  本年度のアカデミー賞主要3部門(作品賞、主演女優賞、脚色賞)にノミネートされた作品。特にキャリー・マリガンの演技が絶賛されてますね。  19...

AN EDUCATION (2009)(UK)

アカデミー賞で、ベスト・ピクチャー、ベスト・アクトレス、ベスト・スクリーンプレイにノミネートされた映画『An Education』...

明日行く?今日行く?   『17歳の肖像』

  で、ロードショーでは、どうでしょう? 第134回。 「なんか最近面白い映画観た?」 「ああ、観た観た。ここんトコで、面白かったのは・・・」 『17歳の肖像』 1960年初頭のイギリスの田舎の街を舞台にした、女子高校生の成長譚。 『アバ

17歳の肖像/ An Education

{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click アカデミー賞で作品賞、主演女優賞、脚色賞3部門にノミネートされた注目作。 監督は「幸せになるためのイタリア語講座」のデンマーク人女性、ロネ・シャルウ

「17歳の肖像」

JUGEMテーマ:映画  みずみずしくて、危なかしくて、痛々しくも輝いている17歳。アカデミーで主演女優部門にノミネートされていたキャリー・マリガンの圧倒的な存在感に打ちのめされました。時代は1961年から62年にかけて。16歳から17歳へ。主人公ジェニーの

17歳の肖像/キャリー・マリガン、ピーター・サースガード

英国の女性ジャーナリスト、リン・バーバーの回想録「An Education」を映画化した作品です。劇場予告編を一度しか観ていませんがそれが印象的でずっと気になっていました。多感な年頃の少女が大人の男性との恋に落ちていく青春と成長の姿を描いていくラブストーリーです。...

?????

27Τ??17Фξ???? 1961?Υ??Ĺ? ???Υ?????? ????? ???Τ Ĺ?...

17歳の肖像

手痛い教育 【Story】 成績優秀で親の願うオックスフォード大学を目指す16歳のジェニー(キャリー・マリガン)はある日、デイヴィッド(ピ...

『17歳の肖像』-色んな意味で大人になってしまうのね

An Education 作品賞、主演女優賞、脚色賞にノミネートされていたので是非是非観たかったのですが、どんどん劇場から消えて行って「うう~、オ...

10-105「17歳の肖像」(イギリス)

退屈な人生なんていらない!  1961年、ロンドン郊外。16歳の少女ジェニーは、両親が期待するオックスフォード大を目指して勉強に励む優等生。しかし、本心ではパリに憧れ、退屈な毎日にうんざりしていた。  そんなある日、彼女は倍以上も年の離れた男性デイヴィッドか...

「17歳の肖像」 AN EDUCATION

・ 舞台はビートルズもまだデビューしていない1961年、ロンドン郊外の町トゥイッケナム。 聡明で美貌にも恵まれ、保守的な両親の元オックスフォード大を目指す16歳の少女がふとしたことから35歳の男と知り合いやがて恋に落ちることで知ることとなる「大人」の世界。 普段

17歳の肖像

1961年。 ロンドン。 オックスフォード大学の英文学を目指す、17歳間近のジェニー(キャリー・ミリガン)。

「17歳の肖像」

「17歳の肖像」ブロガー試写会 SONY PICTURES試写室で観賞 英国大使館より ご招待 原題”AN EDUCATION”これ、実に見事につけてあるとあると思いました。 その時ふと山口百恵「ひと夏の経験」思い出したんですけど、「あなたが思うなら 私何をされ

『17歳の肖像』

あの頃だけのときめきと、今だからわかること。とびっきりの教育的女子映画。 1961年、ロンドン郊外で両親と暮らす16歳のジェニーは、オックスフォード大学入学を目指して勉強に励んでいたある日、デイヴィッドという大人の男性と出会い、音楽会や食事に誘われる。 イ...

◇『17歳の肖像』◇ ※ネタバレ有

2009年:イギリス映画、ロネ・シェルフィグ監督、キャリー・マリガン、ピーター・サースガード、エマ・トンプソン、アルフレッド・モリーナ、ロザムンド・パイク、オリヴィア・ウィリアムズ、ドミニク・クーパー出演。

17歳の肖像

1961年、ロンドン郊外。 16歳のジェニー(キャリー・マリガン)は、両親が期待するオックスフォード大を目指して勉学に励む優等生だが、全て...

『17歳の肖像』は女の子向け童貞映画だよ。

 大人になって味覚が変わってきたのか、なんだかより甘ったるいモノを好むようになってきました。先日のドクターペッパーしかり。  で...

17歳の肖像

女性ジャーナリスト、リン・バーバーの回顧録を基に、60年代初頭 のロンドンで暮らす16歳の少女の恋と挫折と成長を描いた青春映画。 多感で好奇心旺盛でパリにあこがれる16歳の少女がひょんなことから出会った 30代の男性と恋に落ち、進学するための勉強しかしてこなかった..

17歳の肖像

原題「AN EDUCATION」という言葉からわかるようになんのために勉強するのかという根本的な人間のあり方に、真正面から答えを示してくれた傑作だ。すべての方に自信を持ってお勧めする。

17歳の肖像

原題は『An Education』、教育とういうことで、誰でもが何時かは通る道というように解釈していいのでしょうか。邦題「17歳の肖像」というには、ちょっとシリアス展開であり、後味もなかなかビターな味わいです。イギリスらしく階層性の厳しい社会事情も垣間...

『17歳の肖像』

<知性>と<音楽>と<ムード>に惹かれて。 思いがけず手に入れた“大人の世界”への招待状。 現れた紳士にいざなわれ、未知なる愉しみに心奪われ。 『17歳の肖像』 AN EDUCATION 2008年/イギリス/100min 監督:ロネ・シェルフィグ 出演:キャリー・マリガ...

ある教育~『17歳の肖像』

 AN EDUCATION  1961年、ビートルズ登場以前の英国、ロンドン郊外。女子高生ジェニー(キャ リー・マリガン)は、オックスフォード大を目...

■映画『17歳の肖像』

16歳の少女が、ある年上の男性と出会い、恋をしながら大人になって行く姿を描く映画『17歳の肖像』。 17歳まではバージンを守ると決めていた彼女、17歳になって以降は本格的な“大人の恋”に突き進みます。 でも、大人の恋に潜むリスクを見ぬけるほど、17歳はオト...

17歳の肖像

★★★ オヤジの肖像 「学校では教えてくれないこと」を経験したいの。 親や先生への反発と少しの好奇心から大人の世界を覗いた少女...

『ウディ・アレンの夢と犯罪』『17歳の肖像』をギンレイホールで観る男ふじき

■『ウディ・アレンの夢と犯罪』 えーと、何だ。『嫁と犯罪』。 なんかウディ・アレンが撮りそうな題名だね。 いや『夢と犯罪』か。 思った以上に青臭い題材だね。 それなのに、若々しさが全くなく、年をとって円熟の技量で ただただ安定した映画を撮るとこうな...

映画「17歳の肖像」教育と教養の深い深い溝

「17歳の肖像」★★★☆DVD鑑賞 キャリー・マリガン、ピーター・サースガード、アルフレッド・モリーナ、ロザムンド・パイク 出演 ロネ・シェルフィグ監督、100分、2010年8月7日公開、2008,フランス、ベルギー、ドイツ,アルシネテラン (原題:AN EDUCATION )  

『17歳の肖像』

デイヴィッドはとんでもないものを盗みました。ジェニーの心です。 そしてキャリー・マリガンもとんでもないものを盗みました。我々映画ファンの心です。 17歳の女子高生ジェニーのほんのり苦い青春と、本当の意味で大人になるとはどういうことかをイギリスの雰囲気を巧...

17歳の肖像

評価:★★★★【4点】 危ういなー!背伸びする少女の行きつく先は・・・。

17歳の肖像

あまりのあほ娘に目が点・・。

17歳の肖像

年上男性に導かれて、大人の世界に足を踏み入れた少女の恋と成長を描く青春映画。本年度アカデミー賞主要三部門(作品、主演女優、脚色賞)候補作品。ヒロインを演じるのは、イギリスの新星ケアリー・マリガン。共演は「エスター」のピーター・サースガード。彼女を取り巻...

17歳の肖像/An Education(映画/DVD)

[17歳の肖像] ブログ村キーワード17歳の肖像(原題:An Education)キャッチコピー:あの頃に戻っても、私は私を止めたりしない。 製作国:イギリス製作年:2009年配給:ソニー・ピクチャー....

mini review 10497「17歳の肖像」★★★★★★★☆☆☆

イギリスの人気記者リン・バーバーの回想録を基に、ベストセラー作家のニック・ホーンビィが脚本を手掛けた注目の青春ムービー。年上の男性と劇的な恋に落ち、それまでの人生が一転する少女の変化と...

「17歳の肖像」(AN EDUCATION)

デンマーク出身の女性監督で、「幸せになるためのイタリア語講座」で知られるロネ・シェルフィグがメガホンを執った青春ラブ・ロマンス「17歳の肖像」(09年、英、100分、BBCフィルム)。この映画は、英国女性ジャーナリストの回顧録を基にしており、60年代初...

『17歳の肖像』 映画レビュー

『 17歳の肖像 』 (2009)  監  督 :ロネ・シェルフィグキャ スト :キャリー・マリガン、ピーター・サースガード、ドミニク・クーパー、ロザムンド・ パイク、エマ・トンプソン、アルフレッド・モ...

『17歳の肖像』'09・英

あらすじオックスフォード大学を目指す16歳のジェニーはある雨の日、高級車に乗った30代デイヴィッドに話しかけられ・・・。感想好きなんだもの私は今生きている♪森高千里って...

17歳の肖像

17歳の肖像 ★★★★☆(★4つ) 思春期の少女の危うさを描いている作品。 古典的、典型的な話なのに、繊細で簡単に溶けてなくなる角砂糖のよう。 オックスフォードを目指す受験生ジェニーは、年上のデイビットに出会い、未知の華やかな世界を知り・・・。 いるよね...

17歳の肖像

キャリー・マリガン主演。なんとも可愛らしくてとても初々しい。 1961年、ジェ二ーはオックスフォード大学を目指す16歳。苦手なラテン語もチェロの練習も進学のために頑張り、味気な
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示