『東のエデン』 私たちは何と戦っているのか?

 いやはや脱帽である。

 作品の作り手は、1人でも多くの人に見てもらうために、受け手を引っかけるフックをたくさん用意する。
 「ハチミツとクローバー」で人気の羽海野チカ氏によるキャラクター、Oasisschool food punishment の主題歌、精緻に再現された実在の場所と建物ポール・ニコルソン氏によるロゴデザイン、ノブレス携帯に代表されるギミックの数々。
 どのようなフックにするかが、作り手の個性であり、作品のカラーなのだが、『東のエデン』のフックはあまりにも鋭く、受け手も無傷ではいられない。

 たとえば、物語後半で登場する、未来を予測する「世間コンピューター」。
 「世間」なんてしょぼい名前は一見ギャグのようだが、日本世間学会が掲げる「日本には世間は存在しても『社会』は存在しない。」という言葉を思い起こすとき、「世間」を見据えることこそが、ハリ・セルダンの心理歴史学をも凌駕する我が国独自の方法論であることが判る。
 こんなことを作中では説明せずにサラリと流してしまうので、受け手はドギマギしてしまう。

 さらには、テレビシリーズ第7話のサブタイトル『ブラックスワン舞う』。
 『ブラック・スワン―不確実性とリスクの本質』の訳本が出版されたのは2009年6月。第7話の放映は5月であり、とうぜん制作はもっと前だ。原著の出版は2007年だが、翻訳時期もはっきりしないうちに「白鳥・ダイアナ・黒羽」なんて名のキャラクターを創造し、作中にブラックスワンというキーワードを取り入れるとは驚きだ。

 また、2011年を舞台にした劇場版に登場する相続税の増税問題。
 鳩山政権が「税制改正大綱」で2011年に相続税を増税する方向を打ち出したのは、2009年12月22日である。
 にもかかわらず、2009年11月28日公開の劇場版Iですでにこの問題に触れているとは、『東のエデン』の作り手の問題意識の高さと読みの鋭さが判ろう。


 テレビシリーズ11話と劇場映画2本からなる『東のエデン』は、その名のとおり、東の果てにあるニッポンが、楽園たるかを問う作品だ。

 そこに用意されたフックのうち、まず目につくのは、10代、20代の若者向けのものだ。
 際限ない就活内定者に対する嫌がらせ、ひきこもり、ニート、起業しようともがく青年たち。
 そして、日本が破綻する前に逃げ切れると思っているオッサンたちを敵とみなすことで、現在進行中の世代間戦争を真っ向から取り上げる。

 そこで主人公・滝沢朗がぶち上げる戦略は愉快だ。
 すなわち、何もしないこと。
 ニートになって、ひきこもることで、この国の経済・社会を停滞させ、オッサンたちが逃げ切れない状況に追い込むというのだ。

 神山健治監督は本作について語る。
---
新しい世界を享受している若者(ニート)たちと、新しい文化や価値観の登場を脅威に感じながらも、社会的なアドバンテージを生かしてそれらを阻害している存在(オッサン)の戦いです。

具体的には、ニートたちはオッサンたちには見えない透明な存在になって、オッサンたちの作ったインフラはフルに使うけれど金を落とさないという戦いを始めたわけです。
---


 そして本作は、テレビアニメの主要な客層である若者だけではなく、ロスジェネ世代の非正社員や、勝ち組を驀進中の官僚に資産家等、あらゆる世代・階層の代表を登場させ、誰もがフックに引っかかるように計算してある。
 同時に、2年もひきこもっているヤツは親が裕福だからひきこもっていられることが示されたり、職場の若者たちが遅刻はするは夜勤は嫌がるは給与には不満を垂れるはの困り者であることが示されたりと、どの世代にも一方的な肩入れはしない。

 現代日本の問題をすくい取りつつ、適切な距離感も堅持しているのは、さすがである。


 石井朋彦プロデューサーによれば、本作のきっかけは神山監督との「今、この時代に何と戦う映画を作るべきなんだろうか」という会話だそうだ。
---
その中で神山監督が口にした、「今、戦うべきは日本をおおっている、漠然とした空気なのではないか」という発言が作品のきっかけになりました。
---

 『東のエデン』のオフィシャルブログには、次のように書かれている。

 「この国の“空気”に戦いを挑んだ、ひとりの男の子と、彼を見守った女の子の、たった11日間の物語。」

 この曖昧な、何と戦っているのか見当もつかないコピーが、まさしくこんにちの日本に生きる我々を表現している。


 原作、脚本、監督を務めた神山健治氏は、1966年3月生まれ。
 世代的には、逃げ切れないオッサンである。
 学生時代こそバブルに向かって調子が良かったものの、社会に出たとたんにバブルは崩壊。はしごを外された世代とも云える。
 しかし、神山健治監督は自分たちは恵まれていたと語る。
---
僕らの世代は、この日本という国に生きてきて、間違いなく恵まれていたと思うんですよ。日本という国の歴史だけではなく、世界的に見ても、こんなに恵まれている状況が形成されたことはないんじゃないかなと思うぐらい、恵まれていたと思います。しかし、次の世代は、日本の本当に厳しい時代を生きなければならないかもしれない。
---

 上がりを決め込んだオッサンたちと、ニートたちのあいだで、両方に目配りできるからだろう、神山監督は、全共闘時代の遺産を目にしたニートの板津に「こういうものを受け継いでいかなきゃいけなかったんじゃないか」と語らせている。
 それは何もいまさら全共闘のような運動をしようということではない。
 前の世代が何らかの形で世の中にかかわろうとしたことを学び、自分たちも世の中にかかわらなければならない、ということである。


 だから神山監督は、老若男女の分け隔てなく12人を救世主として選び、この国を正しき方向へ導く義務を課した。
 作品中では「この国を正しき方向へ導くゲームに巻き込まれた」という描き方だが、本来この義務はこの国に住む全員が負っている。つい失念しがちだが。

 救世主のうち若者の代表が、本作の主人公・滝沢朗である。
 救世主に選ばれるだけあって、国を良くする意思を持った者である。
 では、滝沢朗のような人物は、どのように育ってきたのだろう?
 作中、滝沢朗の生い立ちについて詳しい描写はないが、キーになるのは「お金」である。

 そこでヒントになるのは、堀江貴文氏の「お金の教育」という記事だ。
 日本人が子どもに教えるのは、無駄遣いしないことや、ちゃんと貯金することだが、ガイジンはお金を稼ぐことを学ばせるそうだ。そうすることで「お金」に関するきちんとしたリテラシーを身に付けさせるという。

 日本でこそ滝沢朗は主人公として際立ったキャラクターだが、世界に目を向ければ、もしかしたら普通の若者なのではないか。
 普通の若者が際立ってしまう日本とは何なのか。


 本作に散りばめられた多くのフックは、同時に多くのヒントでもある。
 「ブラックスワン」や「世間」等のキーワードからでも、丁寧に紐解けば学べることがたくさんある。
 アニメーションが青少年に及ぼす影響の大きさを考えるとき、かつて『宇宙戦艦ヤマト』や『機動戦士ガンダム』に熱中した少年たちが科学技術への興味を募らせたように、『東のエデン』の観客が世の中や経済への関心を強め、かかわるようになれば、本作は成功なのだろう。


 神山健治監督は、本作でニートとオッサンの戦いを描きながらこう語る。
---
ニートたちはオッサンたちには見えない透明な存在になって、オッサンたちの作ったインフラはフルに使うけれど金を落とさないという戦いを始めたわけです。でも、それだけでは勝利にはならない。結局、その対立を解決する方法は何か、その答えを見付けていこうというところで映画は終わっていると思います。
---

 だから滝沢朗は、Mr.OUTSIDEと同様の手段に出る。

 ノブレス・オブリージュ。この国に住むすべての人が、この国の救世主たらんことを。


【Amazon.co.jp限定】『東のエデン』 Blu-ray 東のエデン』  [は行][テレビ]
東のエデン 劇場版 I The King of Eden
東のエデン 劇場版 II Paradise Lost
原作・脚本・監督/神山健治  キャラクター原案/羽海野チカ
出演/木村良平 早見沙織 五十嵐麗 玉川紗己子
日本公開/テレビシリーズ 2009年4月9日~2009年6月18日
     劇場版 I:2009年11月28日
     劇場版II:2010年 3月13日
ジャンル/[SF] [サスペンス] [アドベンチャー] [ミステリー]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : アニメ
【genre : 映画

tag : 神山健治

⇒comment

No title

トラックバック頂きまして、どうもありがとうございます。
「アニメの目」管理人のあまのりです。

こちらのブログは初めて拝見したのですが、ナドレックさんのレビューで『東のエデン』の含む幅広いテーマを再認識しました。

今の日本に蔓延しているという「空気」はある特定のものから出ているものではなく、あらゆるものがその「空気」を生み出しているのだと思います。

だからこそ、たった11日間の物語にしてここまでの広がりを見せ、様々な問題に言及していたのでしょう。

ヤマトやガンダムが科学技術への関心を深めたように、東のエデンが世の中や経済への感心につながれば成功、という言葉には目から鱗の気分です。

この東のエデンという仕掛けが、一国民にして一救世主である神山監督の、アニメーション監督ならではの「テロ活動」だったのかもしれないですね。


アニメに限らず映画は好きなので、また何か映画を観た際はお邪魔させていただきます。では。

Re: No title

むかいあまのりさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

神山監督はアニメギガに出演した際に、『東のエデン』では大学生を描いたので次はもっと若い人を描いてみたい、と語っています。
作品を通して人々に語りかけるのであれば、より若い人に語りかけた方が与えるインパクトも大きいですから、もっともな考えだと思います。
たとえば、金儲けを考える少年なんて日本ではなんだか倫理から外れてるように見られそうですが、神山監督なら面白い作品にしてくれるかも知れません。
楽しみですね。

当ブログへもまたおいでください。

No title

はじめまして。

こんな素敵な感想を書かれる方からトラックバック頂き光栄です。
言葉にできなかった様々な想いに決着をつけていただいたような感覚です。

「東のエデン」のように、多くの人が少しでも考えていけるきっかけになれば・・・
といった内容のアニメやドラマ、映画が今後も制作されていくことを願っていますv-22

今日はおもしろいブログを見つけられてラッキーです。

映画大好きなので、また来ますv-266

Re: No title

阿綺羅さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
地上波のテレビ局で、これほど問題意識の高い作品が放映されるとは驚きです。
神山監督の今後の作品が楽しみですね!

今後もよろしくお願いしますe-257

No title

初訪問です。
観たくなりました
魅力がパッと浮き彫りになる感想で、とても魅力的な映画だと感じました!

ワタクシはブログ初心者ですが、とても参考になりましたv-20

勝手ながらリンクに追加しました >w<

Re: No title

ドドンガさん、こんにちは。
初訪問ありがとうございます!
本作を見ているときは、毎回「え~!ここで終わりかよ!!」と思ったものでした。
もしもお時間があれば、テレビシリーズと劇場版Iを急いでDVDで見て、劇場版IIを豊洲のシネコンでご覧になることをオススメします。映画を観たあとに、映画の舞台となった豊洲を歩くと、現実とアニメの境が失われるような不思議な感じがします。

今後もよろしくお願いしますe-466

はじめまして

TBをありがとうございました。

深い洞察と関連情報、興味深く拝読しました。

親世代を勝ち組、
若者を負け組、
としてしまった今の時代の空気が
ひりひり突き刺さる
「現代版The Catcher in the Rye 」でしたね。

神山監督は、今期ノイタミナではじまった
『四畳半神話大系』の原作者、
森見登美彦氏とコンタクトをとられているようです。
新しい動きにも注目したいですね。

Re: はじめまして

NALさん、コメントありがとうございます!
テレビアニメを全話見るのは、四半世紀ぶりなのですが、この作品に出会い、結末まで追いかけることができて良かったと思います。
神山監督の今後の動きにも注目ですね!!

No title

はじめまして。
とても興味深く読ませていただきました。

このアニメ、結構すごい着眼点と思考を持っているな、とは思っていましたが、色んなフックが隠されていたんですね。

世代間闘争をここまで鋭く、しかし独特の軽快さで描いたのは、制作側が世代そのものを巧く捉えているからだと思っています。

神山氏のインタビューを引用してくださり、また深い分析を加えて頂いている素敵な内容ですね。

とても参考になりました。

またお邪魔致します。

No title

はじめまして。
とても参考になる内容でした。
一度コメント入れたつもりだったのですが消えたかもしれないので
再ポストさせて頂きます。

Re: No title

lafieさん、コメント&TBありがとうございます。

引用ついでに、本作のパンフレットに掲載されていた氷川竜介氏によるインタビューから、神山監督のメッセージを。
---
出ていくことも捨ててしまうこともできない、これは僕たち自身の日本という国の話です。書き終えてみて、改めてこの国が「楽園=エデン」なんだと思いました。
---

本作が魅力に溢れているのは、神山監督が多くの問題意識を抱えながらも、ポジティブに考えているからだと思います。
もちろん、すでにこの国が楽園だということではなく、いつかこの国を楽園にできるはず、という意味で。

No title


タイトルに込められた意味も今になってわかるような気がしますね。
またこんな作品に出会えれば良いなと思います。

それではまたお邪魔致します。

Re: No title

> またこんな作品に出会えれば良いなと思います。

 まずは神山監督の次回作に期待、でしょうかe-257
 待ち遠しいです。

付記

 ところで、滝沢朗やその母の云う
 ・お金さえ持っていれば誰でも同じように買い物ができる。
 ・多くの人が、サービスの提供者としてではなく、お客様として社会に参加している。
ということに関しては、内田樹著『下流志向──学ばない子どもたち、働かない若者たち』が参考になるかもしれません。

No title

そして数年がたち全共闘みたいな古臭い若者がマスコミに共産党や煽られてるのをみると・・・
閉塞的な空気をつくってるのは、俗にいう「世間」ではないのだろうな

Re: No title

未記入さん、こんにちは。
さてさて、どちらがどちらを煽っているのやら煽られているのやら、一筋縄ではいかない昨今のように感じます。

かつては「20歳までに左翼に傾倒しない者は情熱が足りない。20歳を過ぎて左翼に傾倒している者は知能が足りない。」と云われたものです。その真偽はともかく、若者が様々な考えに接して、様々な活動に取り組んでみるのは必ずしも悪いことではないと思います。気をつけるべきは、一面的な考えに接して、硬直してしまうことかと。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東のエデン 劇場版 II Paradise Lost 【日本中 希望の種を 蒔きましょう】

『東のエデン 劇場版 II Paradise Lost』 2010年・日本 TVアニメの劇場版2部作、完結。ノブレス・オブリージュ!  テレビ放送全11話+劇場版2作と...

劇場版「東のエデンI TheKingofEden」鑑賞

滝沢くんちことユナイテッドシネマ豊洲で鑑賞☆今回も朝イチでしたが、先週の「マクロスF」よりも混んでました!!さすが滝沢くんの地元です(笑)フロアにはTV版のOPやEDが流れてい...

東のエデン劇場版II~ParadiseLost~その2

遅くなりました。1の続きです~!!ジュイスを強奪した滝沢。調度その時、海ほたるへ向かっていた平澤たちと合流。そしてパーキングエリアに停車した隙に、なんと1番のトレーラー...

東のエデン 劇場版? Paradise Lost

{/hiyo_oro/}食物連鎖! 昨日、豊洲まで行って参りました! ずるずると遅れましたが、やっと観て来ました {/m_0060/} その疲れと強風の為の寝不足でぐだぐだですが、 ネタバレ全開で行きますよ~ {/m_0216/} 『東のエデン 劇場版? Paradise Lost 』 2010年日本制作...

東のエデン 劇場版 II Paradise Lost

あらすじ ニューヨークから帰国した滝沢朗は、“東のエデン”のメンバーと合流。セレソンゲームに決着をつけるため、内閣総理大臣...

「東のエデン 劇場版? Paradise Lost」

昨晩は強風の音で夜中に複数回、目が覚めてしまいました。 普段の私は眠りが深い方で、雷が鳴ろうと地震がこようとほとんど気がつかないほう...

東のエデン 劇場版? Paradise Lost

監督・原作・脚本:神山健治  キャラクター原案:羽海野チカ  総作画監督:中村悟  音楽:川井憲次 声の出演:木村良平/早見沙織/玉川紗己子 公開年:2010年  製作国:日本  上映時間:92分 2010年30本目 ******************** テアトル新...

社会ドラマ的展開の東のエデン劇場版-?

東のエデン劇場版-?は前作のテンポよい展開からがらりと変わり、社会ドラマ風の展開となった。日本の未来を憂うがために、100億円×11人で打開策を見つけるというミスターアウトサイドの発想はけっこうシリアスな展開となった。

東のエデン 劇場版? Paradise Lost

13日から始まった劇場版?。 さっそく見てきました。 平日の朝一ですが、前回に続き人が結構多かった。 オープニングは相変わらずいいです...

東のエデン 劇場版 II Paradise Lost

彼が選んだ選択に答えはない。 けれど残せた事実からは、必ず見える変化に繋がる。

東のエデン劇場版II~ParadiseLost~その1

先週末レイトショーに行ってきました(^^)ようやくこれで自分の中でも「東のエデン」が完結したなぁという感じです。途中はちょっと分かりにくい面もありましたが、オチがよくて...

東のエデン 劇場版? Paradise Lost / 神山健治

鑑賞時期 : 2010年4月24日 カテゴリ : 映画 場所 : ユナイテッド・シネマ豊洲 タイトル : 東のエデン 劇場版? Paradise Lost 原作・脚本...

【映画】東のエデン 劇場版I The King of Eden…oasis不在は残念。

{/kaeru_rain/} 今週は福岡まで出張しなくてはいけないのですが…割と大荷物を持って{/ase/}、高速道路を自分の運転で{/ase/}…大雨とかにならない事を祈っているピロEKです{/hiyo_please/} この同じ仕事は何故か毎年(?)梅雨時期になっちゃうんですよね{/hiyo_shock...

【東のエデン 劇場版?・?】 

■『東のエデン 劇場版?・?』予告編(Youtube) 【ネタバレありです】 ボクのメインフィールドが聖地 豊洲ユナイテッド・シネマということもありTVに小説にと追っかけてきた本作。にもかかわらず劇場版二作は結局豊洲では観られずDVDでの鑑賞となったが、TVから数...

【映画】東のエデン 劇場版I The King of Eden…oasis不在は残念。

今週は福岡まで出張しなくてはいけないのですが…割と大荷物を持って、高速道路を自分の運転で…大雨とかにならない事を祈っているピロEKです この同じ仕事は何故か毎年(?)梅雨時期になっちゃうんですよね{/...

【映画】東のエデン 劇場版II Paradise Lost…ちゃんと着地したけど、やはりoasis不在は残念。

三連休でしたね。 なのに今朝起きた時、会社行かなきゃと一瞬だけ焦りました 三連休の過ごし方ですが…いつものように無意義に過ごしております (昨日は娘の合格祈願に大宰府天満宮まで行きま...

東のエデン劇場版? The King Of Eden

■「東のエデン劇場版? The King Of Eden」(2009年・日本) 監督=神山健治 声の出演=木村良平 早見沙織 江口拓也 五十嵐麗  フジテレビの深夜枠で放送されたアニメーションである「東のエデン」。突飛だけど魅力的な設定と、物語に込められた社会に対するも...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示