『息もできない』 ただ吐き出したかった

 これが長編映画の監督デビュー作だというのだから恐れ入る。
 『息もできない』の素晴らしさは、制作・監督・脚本・編集・主演のヤン・イクチュンに尽きる。
 彼はインタビューでこう語っている。
 「自分は家族との間に問題を抱えていて、自分の中のもどかしさを、ただ吐き出したかったんです。」

 32歳だったヤン・イクチュンが己の内に溜めていたもの、どろどろした熱いものが、この映画に噴き出している。それは火山から流れる溶岩のように、切り刻んだ体から流れる血のように。


 何といっても脚本が良く練れている。
 伏線の張り方、その焦らし方、そして全体の構成に、無理がなく無駄がない。
 そして役者たちの演技は生々しく、怒り、哀しみが観る者に容赦なく迫ってくる。
 全編を通して描かれる家族への暴力、他人への暴力、暴力に対する暴力は、残念ながらいつの時代、どこの国でも普遍的な問題だろう。


 ただ、映画を覆う暴力は圧倒的だ。
 とりわけ興味深いのは、ヤン・イクチュン監督の次の言葉だ。
 「(主人公サンフンが)ことあるごとにヨンジェを殴っていたのはまた別の意味があって、あのように暴力的に接することで、彼はもうひとりの自分、よく似たもう一匹の狼に対して、悪の道に入らないよう諭していたんだと思います」

 たしかに、ヤン・イクチュン演じるサンフンは、手際良く仕事することを教えようとしているのかもしれない。目的を達するために過不足の無い暴力を、知らしめようとしているのかもしれない。いかに暴力を振るうサンフンといえども、人殺しまでは考えていないので、自分と同じようにすれば過剰な暴力に走ることを防げるという意図があったのかもしれない。

 しかし、結局は暴力を振るっているだけだ。
 観客には、サンフンの行為が諭しているようには見えない。
 少なくとも、殴られるヨンジェはそうは受け取らない。
 所詮そこにあるのは、暴力を振るう者と暴力を振るわれた者の関係だけなのだ。


 『息もできない』は、暴力からは暴力しか生まれないということを徹底して描いている。
 それを描くために全編を覆う執拗な暴力シーンは、何を生み出すのだろうか。


息もできない [DVD]息もできない』  [あ行]
制作・監督・脚本・編集/ヤン・イクチュン
出演/ヤン・イクチュン キム・コッピ イ・ファン チョン・マンシク
日本公開/2010年3月20日
ジャンル/[ドラマ] [ロマンス]

映画ブログ ブログパーツ

【theme : 韓国映画
【genre : 映画

tag : ヤン・イクチュン

⇒comment

続きの台詞

 本文で引用したヤン・イクチュン監督のインタビューは、2009年11月に東京フィルメックスのために来日したときのものである。
 2010年1月末に再来日した際のインタビューでは、同じ場面についてさらに詳しく語っている。
---
 映画の中でサンフンがヨンジェ(ヨニの弟)を殴って、「お前は何をぐずぐずしているんだ、ぐずぐずするな!」と言うシーンがあるのですが、シナリオには続きがあって、「お前は何も自分で選びとることができず、ぐずぐずしていると、周囲に被害が及んで人が死ぬかもしれないぞ!」というような台詞がありました。それはまさしく私が言いたかったことです。私自身、自分で選びとることができず、つねにぐずぐずしてきました。私も何かを自分で選択したいという思いを主人公の口を借りて投げかけたわけです。

  -『映画テレビ技術』 №692 -
---

 この台詞があるとサンフンの印象はずいぶん変わる。その粗暴さは薄められ、思慮深さが顔を出す。
 同時に、暴力をベースとした映画の勢いは削がれてしまったことだろう。

 シナリオにあったというサンフンの台詞を削ったのは正解だろうと思う。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

息もできない

父親の暴力で家族が崩壊した境遇の二人、チンピラと女子高生が出会い、二人で泣いている。 とんでもなさそうな展開を予感させる予告編に目を付けていた『息もできない』を観てきました。 ★★★★ 悲しすぎる運命に縛られ、息をする事も辛く苦しい世の中が展開していく。...

息もできない

 韓国映画『息もできない』を渋谷のシネマライズで見ました。  前々から申し上げているように、韓流映画はほとんど受け付けないのですが、予告編から、この映画の出来栄えには素晴らしいものがあるのではと予想されたので、公開されるや期待を込めて出かけてきました。...

『息もできないBreathless』(2008)/韓国

原題:BREATHLESS監督・製作・脚本・編集・出演:ヤン・イクチュン出演:キム・コッピ、イ・ファン、チョン・マンシク、ユン・スンフン、キム・ヒス鑑賞劇場 : シネマライズ公式サイトはこちら。<Story>友人が経営する取り立て屋で働いているサンフン(ヤン・イ...

息もできない Breathless

<<ストーリー>>ストーリー:母と妹の死の原因を作った父親に対して強い憎しみを持っている借金取りのサンフン(ヤン・イクチュン)は、...

息もできない / BREATHLESS

{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 父への怒りと憎しみを抱いて社会の底辺で生きるしか術のなかった男サンフンと、 傷付いた心を隠し勝気に振る舞う女子高生ヨニ。 家庭内暴力によって家庭がば

*息もできない* 

{{{   ***STORY***               2008年  韓国 逃れられないしがらみの中で生きてきた二人。社会の底辺で怒りと憎しみを抱いて生きるしか術のなかったサンフンと、傷ついた心を隠した勝気な女子高生ヨニ。二人の切ない魂の求め合いを、

映画 「息もできない」

映画 「息もできない」

息もできない(試写会)

韓国に俊英が、またひとり現れた。これまでは俳優だったヤン・イクチュンが製作・監督・脚本・編集・主演を務めた長編初監督作で世界中の映画祭でたくさんの賞を受賞している。日本...

『息もできない』

(英題:Breathless) ----あらら、スゴく興奮しているようだけど…。 「いやあ、まいったまいった。 とんでもない映画に出会った。 恐るべし、韓国。 こんな才能がまだ隠れていたとは…」 ----と言っても、この作品、東京フィルメックスでは 映画祭初の最優秀作品賞と

『息もできない Breathless』・・・ ※ネタバレ有

2008年:韓国映画、ヤン・イクチュン製作&監督&脚本&編集&主演、キム・コッピ、イ・ファン出演。

血と暴力~『息もできない』

 BREATHLESS  借金の取り立て屋として社会の底辺で生きるサンフン(ヤン・イクチュン)は、 暴力衝動を抑えられない孤独な男。ある日...

息もできない☆独り言

韓国映画の『息もできない』が凄いよっと教えてくれたのはblogのお友達のえいさんから。そして東京に遊びに行ったその日の友達との会話で今、観たい映画は?って質問にこれ!っという返事。名古屋の公開は4月になってからだし、せっかくだからと東京2日目の朝シネマライズに

息もできない・・・・・評価額1750円

韓国映画界からまた驚くべき才能が現れた。 その名は、ヤン・イクチュン、34歳。 彼が製作・監督・脚本・編集・主演を兼ねた「息もできない...

「息もできない」

                                 「息もできない」 渋谷CINEMA RISEにて。 監督・脚本・主演・ヤン・イクチュン 以前からずっと観たかった本作を、やっと観て参りました。 ヤン・イクチュンの演出、演技、脚本、そして息をのむよう

暴力の中心で愛も叫べない『息もできない』

今日はシネマライズに『息もできない』を見に行ってきた。 「製作・監督・脚本・編集・主演ヤン・イクチュン」というすごい作品なんだけど、なんとフィルメックスで最優秀作品賞と観客賞を受賞している。 とはいえ、そこまで期待していなかった。 会場に行ったら後ろ...

ヤン・イクチェン監督・脚本・主演の「息もできない」を観た!

なにしろこの映画、製作・監督・脚本・編集・主演をヤン・イクチュンが一人でやってのけたというのだから、これは凄いことです。しかも弱冠34歳、初めての長編作品だというから、その才能には驚きです。ヤン・イクチュンは製作費を調達するために家までも売り払い、親に借

「息もできない」:IHI前バス停付近の会話

{/kaeru_en4/}IHIって、何の略か知ってるか。 {/hiyo_en2/}以前も聞かれたような気がするけど、IHIねえ・・・。イヒ? {/kaeru_en4/}そんなわけないだろ。 {/hiyo_en2/}イヒじゃあないのか。イヒではない・・・イヒもできない・・・息もできない。 {/kaeru_en4/}っ

「息もできない」

BREATHLESS 2008年/韓国/130分/R15+ at:シネマート心斎橋監督・製作・脚本・撮影・編集: ヤン・イクチュン 音楽: ジ・インヴィジブル・フィッシュ 出演: ヤン・イクチュン/キム・コッピ/イ・ファン/チョン・マンシク/ユン・スンフン/キム・ヒス/パク・チョンス

「息もできない」

「息もできない」試写会 サイエンスホールで観賞 昨年12月のフィルメックスの上映でもかなり話題になっており、かなり気になっていた作品です。 原題は???(糞蝿) って、文字にしてしまいましたが、日本だったら絶対に題名にさえならないできないような単語。 そ

息もできない

現在公開中の韓国映画「息もできない」(監督:ヤン・イクチュン)です。渋谷シネマライズで鑑賞しました。 うーん、疲れる映画でした。しかし「ハート・ロッカー」の疲れとは明らかに異質の、ちょっと残念な疲れでした…。この映画、暴力シーンはなかなか凄いです。...

映画「息もできない」圧倒的な暴力でも打ち破れないもの

「息もできない」★★★★★満点 ヤン・イクチュン、キム・コッビ、イ・ファン 主演 ヤン・イクチュン 監督、130分 、 2010年3月20日公開、2008,韓国,ビターズ・エンド (原題:Breathless/똥파리クソ蠅 )                   ...

息もできない / Breathless

80点/100点満点中 ヤン・イクチュンが監督・製作・脚本・編集・主演の5役をこなした2008年の韓国映画。2010年公開作品。 ************************************ 借金の取り立て屋をしているサンフンは父親に対する激しい怒

息もできない

2010年6月6日(日) 12:50~ ヒューマントラストシネマ有楽町2 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:600円(買っていない) 『息もできない』公式サイト 所謂韓流と対極にある、韓国得意のバイオレンス炸裂。 主人公の大暴れを見ていると、自分の頭もガ

息もできない

息もできない・・・主人公サンフンにおけるこの映画中の立ち居地は、「息もできない、ながら・・・」ということなんだろうか?内面に篭ったモヤモヤを暴力や汚い言葉で出すしかないように見えながら優しい面があることと、サンフン演じる主演・監督・製作・脚本・編集のヤ...

「息もできない」暴力の連鎖を止めるもの

韓国のなんでもない坂道が、どうしてこんなに傑作を生むのだろうか。それはこの坂道にへばりつくように生きている人々が、その「恨(ハン)」を解くために日々血のにじむような想い...

『息もできない』

こんなに暴力的なのに、こんなにも優しい。 こんなに傷だらけなのに、こんなにも愛しい。 彼らのその魂が、美しい。 『息もできない』 Breathless 2008年/韓国/130min 監督・製作・脚本・編集・主演:ヤン・イクチュン  吐き出している。剥き出してい...

息もできない

息もできない’08:韓国◆原題:BREATHLESS◆監督・編集:ヤン・イクチュン◆出演:キム・コッピ、イ・ファン、チョン・マンシク、ユン・スンフン、キム・ヒス◆STORY◆友人が経営する取り立て屋で働いているサンフン。その容赦ない取り立てと暴力は時には仲間にも向

力強い名作 『糞バエ(息もできない)』 -韓国映画-

 バイプレーヤー俳優として主に活動してきたヤン・イクチュンの初長編監督作品でインディーズ映画として製作された。本作品はロッテルダム国際映画祭他、国際的に高い評価を得た作品だが、それも納得の名作と言える。

mini review 10513「息もできない」★★★★★★★★☆☆

冷徹で粗暴な借金取りの男が、勝気で男勝りの女子高生と運命的に出会い、互いに過去のトラウマから解放されていく姿を描く純愛ストーリー。俳優としてキャリアを重ねたヤン・イクチュンが、若手注目株のキム・コッ...

息もできない/BREATHLESS(映画/DVD)

[韓国映画] ブログ村キーワード二人でいる時だけ、泣けた。息もできない(英題:BREATHLESS)製作国:韓国製作年:2008年配給:ビターズ・エンドジャンル:ドラマ/ロマンス上映時間:13 ...

映画:息もできない 「暴力の連鎖」を独自の方法論で鋭くあぶり出す傑作。

映画の年間ベスト10をここ数年やっている。 それを書く明確な理由。 =他のブログと比べることで、1年間で自分の出会わなかった「名作かも」に出会うチャンスを与えてくれるから! そうして出会ったのが、この「息もできない」 で、一言。 「いやあ~驚いたよ!」 ...

『息もできない』'08・韓

あらすじ父への怒りと憎しみを抱いて社会の底辺で生きる男サンフンと、傷ついた心をかくした勝気な女子高生ヨニは、ある日、偶然出会い・・・。感想息もできないくらいねぇ 君が好...

『息もできない』'08・韓

谷村美月かと思った もっと読む[E:down] 虎党 団塊ジュニア の 日常 グ

息もできない

私がいつも参考にしている映画紹介のサイトでベタぼめ。 インディーズにもかかわらず、 沢山の賞を取っているそうですね。 いろいろな人のレビューを読むと絶賛の嵐。 でも、観た友人に聞くと、 「それほどでも。。。(^_^;)」という答えが返ってきました。( ^ _ ^...

息もできない

家族という血のつながりから逃れられない二人の境遇、漢江の岸辺で涙する二人の姿には心が痛くなった… 暴力しか知らないサンフン、傷ついた心を隠しているヨニ。改めて暴力は何も生まないよなと感じた。暴力の連鎖が妹と母を殺した事実、どうしようもない弟と病気の父親...

息もできない (2010/6/6)

TOHOシネマズ二条に行った次の日に今度は京都シネマへ。 韓国映画「息もできない」に駆けつける。 二日続けての強行軍だ、さすがにしんどい。 でも、この映画はその期待を裏切らなかった。 おそらく、今までに観た上映作品の中でも屈指の一作になるだろうと思う。 借金取り立て屋のチンピラ、サンフン。 何かにつけて乱暴な言葉を吐いては殴る蹴るの暴行におよび、手下にも女にさえも見境...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示