『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』は時計じかけ?

 東京ドームシティで行われた完成披露試写会は、主要スタッフ・キャストのみならず、ゼブラポリスとゼブラミニスカポリスまでもが白黒のステージに登壇するにぎやかなものだった。全員が、遂に作品が完成したことを喜んでいた。

 2004年に『ゼブラーマン』が公開されてもう6年になるが、脚本の宮藤官九郎氏は4年前から続編の準備をしていたという。
 壇上のキャストを見ながら、宮藤官九郎氏は語った。
 「4年前は、みんな人間じゃなかった。書いてるうちに、この人は人間の方がいいかな、と思って、だんだん人間になっていったんです。」
 4年のあいだに、物語は二転三転したようだ。

               

 作品世界を構築するには世界観のキモとなるものが必要だ、と云ったのは、富野由悠季監督だったろうか。
 その富野監督の『戦闘メカ ザブングル』では、「あらゆる犯罪は三日逃げ切れば全て免罪」という掟がキモだった。
 『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』のキモは、毎日のゼブラタイムだ。
 朝夕5時からの5分間、ゼブラタイムと呼ばれるその時間だけは、警官が民間人を射殺しても良い。医者が患者を傷つけても良い。力を持った者は何をしても良い。
 人々はゼブラタイムに思う存分悪意を発散させることで、普段は規律正しく生活できるのだ。

 この秀逸なアイデアを設けたことで、2025年のゼブラシティは、我々の知る東京とは異なる別世界になった。

 ゼブラタイムを施行したのは、ゼブラシティの知事・相原公蔵だ。
 ガダルカナル・タカさんが演じる相原公蔵は、出番こそ多くないものの『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』のキーマンだ。下まつ毛を強調したメークや、頭にちょこんと乗せた黒い帽子は、『時計じかけのオレンジ』に登場する不良少年アレックスそのものである。
 まさしくゼブラシティは、暴力を好むアレックスが大人になって己が欲望をぶちまけた世界なのだ。


 この特異な世界ゼブラシティで繰り広げられる物語は、第1作の『ゼブラーマン』とはずいぶんテイストが異なる。小さな町を舞台にした前作の、うだつのあがらない主人公のダメ教師ぶりを楽しんだ人には残念かもしれない。
 しかし本作でのスケールの広がりと世界観のエスカレーションは半端ではない。まるで『マッドマックス』シリーズのように、とても同じシリーズとは思えないほどである。

 本来はギャグだったろうシーンも、ゼブラーマンとゼブラクイーンの激しい攻防の前では笑うどころではない。
 たとえば、ゼブラクイーンが車中で所番地を口にするシーン。ツッコミを入れて笑えば良いのだが、悪に染まったゼブラクイーンの演技に勢いがついていて、誰もツッコミを入れられない。

 そもそもゼブラシティは本作で初めて登場したのに、どうして逆襲なのか、なんてタイトルへのツッコミも、観客は忘れてしまうことだろう。

               

 完成披露試写会で三池崇史監督は「前作では今ひとつ白黒ついてなかったかな、と思って始めたんですが」と語りだした。
 「今日は試写会ということでみなさんお金を払ってないので、"金返せ!"と云わないように。脚本に書いてあるからそのとおりに演出せざるを得なくて、役者も脚本のとおり演じるしかなかったんで、文句があったら官九郎に。」

 その宮藤官九郎氏は、早くも次回作について語った。
 2004年公開の第1作では、劇中の設定は2010年だった。
 奇しくも2010年の今年、第2作が公開され、その劇中では2025年という設定だった。
 宮藤官九郎氏は「次にやるとしたら2025年」と云ってくれたので、待ちましょうか、15年。


 ところで、本作で面白かったのは三池崇史氏のクレジット。
 「監督」ではなく「現場監督」というクレジットが印象的だった。


ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲- [Blu-ray]ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』  [さ行]
監督/三池崇史  脚本/宮藤官九郎
出演/哀川翔 仲里依紗 阿部力 井上正大 田中直樹 ガダルカナル・タカ
日本公開/2010年5月1日
ジャンル/[アクション]

映画ブログ ブログパーツ

【theme : 特撮・戦隊・ヒーロー
【genre : 映画

tag : 三池崇史 宮藤官九郎 哀川翔 仲里依紗 阿部力 井上正大

⇒comment

なるほど。

こんにちは。
なるほど、どこかで観た記憶が…
と思ったら、アレックスでしたか!

あの住所番地は、
ぼくもツッコミを忘れてました。

前作より遥かにオモシロかったです。

Re: なるほど。

えいさん、こんにちは!
暴力と服従のあいだを行き来するアレックスは、白黒つけざるを得ないゼブラーマンに通じるものが
ありますね。
前作と今作では、キャスティングの方向性がまったく違うのも面白いです。
前作は、鈴木京香さん、渡部篤郎さん、大杉漣さんを中心に、人間ドラマを演じられるベテランを配していましたが、今作はノリと勢いのある人をキャスティングしていますね。
なかなか興味深いです。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ゼブラーマン2 ゼブラシティの逆襲』

----今日は苦手の三池崇史作品。 しかも、あの映画の続編。 ちゃんと最後まで観ることできたの? 「あっ。これが意外と言ってはなんだけど、 けっこうオモシロかったね。 ある種、管理化された未来社会で 人殺しもOK!ってところに、 『リアル鬼ごっこ』を思い出さないで

ゼブラーマン2ゼブラシティの逆襲☆独り言

試写会あるけど同行しない?っと誘われたので行く!って即答して帰宅したら、猫もこの試写会当たってました(爆)まぁこんなこともあるものと、自分の分は友人に譲りました。そしたら、友人からも楽しかった~~っと感想いただきました。エイリアンの侵略から世界を救ったゼ

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

白黒いうより、黒の魅力勝ち 【Story】 教師の市川新市(哀川翔)が目覚めると、東京の街はゼブラシティなる都市に変貌していた。警官に発...

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

★★ ゼブラクイーン>ドロンジョ 『ヤッターマン』で味を占めた三池崇史が、より露出の多いコスプレを撮影したかっただけの作品。 ...

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

メチャクチャすぎて面白い!  

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

ばかばかしい研究所や愉快な宇宙人の描き方など、まじめに見る映画ではない。ニタニタ笑いながら、ポップコーン片手に何も考えずに見るのがちょうどいい。ゼブラクイーンを演じた仲里依紗が、光っていた。

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

2010/05/01公開 日本 106分監督:三池崇史出演:哀川翔、仲里依紗、阿部力、井上正大、田中直樹、ガダルカナル・タカStory:教師の市川新市(哀川翔)が目覚めると、東京の街はゼブラシティなる都市に変ぼうしていた。警官に発砲され意識を失った新市が再び目を覚ますと...

「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」:豊洲四丁目バス停付近の会話

{/kaeru_en4/}黒土?白土はないのか。 {/hiyo_en2/}何で?植物でも育てたいの? {/kaeru_en4/}白黒はっきりつけたいんだよ。 {/hiyo_en2/}「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」みたいに? {/kaeru_en4/}あれは、白黒はっきりつけない話だろ。 {/hiyo_en2/}だって哀川翔が...

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

冴えない小学校教師が憧れのヒーローに変身し、エイリアンから地球を守った『ゼブラーマン』の続編。今回は2025年、ゼブラシティと名を変えた東京が舞台だ。監督の三池崇史、脚本の宮藤官九郎、主演の哀川翔といったオリジナルメンバーが結集。セクシーなライバル・ゼ...

映画 「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」

映画 「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」

映画3本:「運命のボタン The Box」「RAILWAYS」「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」

これまで観た映画でイマイチのものは、よっぽど書きたいことが無い限り、切り捨てて何も書かないようにしてきた。 のだけれど、最近3本続けてそういうことがあったので、なるべくベタバレしないようにしつつ、3本まとめてアップ(笑) 1.まずは、もうすぐ公開「運命

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

2010年5月1日(土) 21:25~ TOHOシネマズ川崎7 料金:1000円(映画サービスデイ) パンフレット:700円(買っていない) 『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』公式サイト 三池崇史にしては、とっつき易い作品だった「ゼブラーマン」。翔兄貴の情けない中年役が板

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲/哀川翔、仲里依紗

哀川翔さんの主演100本記念作として2004年に劇場公開された『ゼブラーマン』の続編です。前作の公開はたしかこのブログを始めた頃でして私は翌年にDVDで鑑賞したんですけど、これがものスゴク面白くてお気に入りの作品でした。本作は哀川翔さんのデビュー25周年を記念して...

『ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-』 ゼブラーマンの待望の続編は…ここまでスゴいことに!

ブログネタ:GWに行こうと思っている映画・舞台・美術館 参加中 『ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-』 (C) 2010「ゼブラーマン2 ゼブラシティの逆襲」製作委員会 にほんブログ村 丸の内TOEIの、初日舞台挨拶の回を観てきました

[????? ????ε????]

ζ?????Τ?û?? ľ??Υ????ä Ĥλ? ??ε??δФΰ???Τ??ФΡ????????

『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』・・・白と黒の逆襲

シリーズのテーマとも言える“白と黒”。第二弾となる本作ではこれをとことん突き詰め発展させて、より壮大な三池ワールドに仕上げたという感じだ。白黒の定義が前作を超えたとでも言おうか、まさに前作からの“逆襲”であった。

◆□『ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-』□◆ ※ネタバレ有

2010年:日本映画、三池崇史監督、宮藤官九郎脚本、哀川翔、仲里依紗、阿部力、井上正大、田中直樹、ガダルカナル・タカ出演。

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

2015年。東京はゼブラシティと化し、5分間だけあらゆる犯罪が許される「ゼブラタイム」の恐怖に人々は怯えていた。かつて世界を救った男、ゼブラーマンこと市川新市は、記憶を失った状態で突然目を覚ました。市川は記憶を取り戻し、再び世界を救う事が出来るのか。 ...

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

【監督】三池崇史 【出演】哀川翔/仲里依紗/阿部力/井上正大/田中直樹/ガダルカナル・タカ/永野芽郁/中野英雄/他 【公開日】2010/5.1...

「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」ゼブラクィーンとの対決の先にみた白黒合体したゼブラーマンの戦い

5月1日公開の映画「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」を観賞した。 この映画は2004年に公開されたゼブラーマンの続編で 時は2025年の東京、そこはゼブラシティと化した街で 午前、午後5時にゼブラタイムが導入され、 人殺しをしてもよいという法令が適用...

No.219 ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

前作のような、展開が好きだった・・・ これが見終わった感想だった。 前作では、小学校の学年主任がうだつのあがらない 毎日を過ごし、生徒や家族との会話も成立せず・・・ むなしい日々だったけど、唯一、自分の居場所となる ゼブラーマンのコスプレにより哀愁漂う...

『ゼブラーマン2 ゼブラシティの逆襲』 ('10初鑑賞66・劇場)

☆☆--- (10段階評価で 4) 5月1日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター2にて 13:00の回を鑑賞。

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲■ゼブラ...

あの前作からどのような続編が出来るのかと思ったら、見事な発想で生まれた!縞馬の白と黒とを「善:白」と「悪:黒」と読み替えての展開であり、今回の悪役のゼブラクィーンの誕生...

「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」え~い!遊びすぎやわ!!

[ゼブラーマン2] ブログ村キーワード  “主演・哀川 翔×脚本・宮藤官九郎×監督・三池崇史”前作「ゼブラーマン」から6年。ムチャな大人が、奇跡の再結集!「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」(東映)。前作は“哀川 翔 主演100本目記念作品”でしたが、今回は“哀川 ...

『ゼブラーマンゼブラシティの逆襲』(2010)/日本

監督:三池崇史脚本:宮藤官九郎出演:哀川翔、仲里依紗、阿部力、井上正大、田中直樹、ガダルカナル・タカ公式サイトはこちら。<Story>小学校教師の市川新市(哀川翔)が目...

「ゼブラーマン-ゼブラシティの逆襲-」感想

 前作から6年、哀川翔×三池崇史×宮藤官九郎が再びトリオを組んだ待望の続編。2025年、無法地帯と化したかつての東京「ゼブラシティ」を舞台に、記憶と力を失ったゼブラーマ...

「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」

ゴールデンウィークは娯楽が大事。 初っ端が映画サービスデーということもあり早速観る。 封切日に映画を観るなんて、多分初めて・・・しかも、朝一番の回。 最近の活躍が目覚ましい仲里依紗のゼブラクイーン目当てであることは言うまでも無い。 「ゼブラーマン ゼブ...

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

哀川翔主演100本記念作品となった異色ヒーロー・アクション 『ゼブラーマン』の続編。 前作から15年後の“ゼブラシティ”と名を変えた東京を舞台に、15年間の 記憶をなくした主人公・市川新市が記憶を取り戻すとともに悪の野望の 阻止に立ち向かう姿を描く。 前作同様、..

ゼブラーマン

 『ゼブラーマン―ゼブラシティの逆襲―』を渋谷TOEIで見ました。  主演の哀川翔の映画デビュー25周年にあたる年に制作された記念すべき映画ということで、5月2日の記事で申しあげたように、この映画をジャンプだとして、『誘拐ラプソディ』をホップ、『昆虫探偵ヨシダ...

「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」

 ゼブラクイーンに扮する仲里依紗を見る映画だ。それ以外には何の存在価値もない。近年台頭著しい我が国の若手女優陣は、大半が“ピュア系”である。2,30年前の若い女優達のように(誰のことだ? ^^;)、下品さや禍々しさを売り物にしてはいない。仲里依紗だってこれ...

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

[ゼブラーマン2] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:末吉 2010年35本目(33作品)です。 【あらすじ】 小学校教師の市川新市が(哀川翔)がふと目覚めると、東京はゼブラシティと呼ばれる街に様変わり。 午前午後の5分間だけ

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 (2010日本)

普通のヒーローアクション映画を期待して見に行くと、思わず「金返せー!」と猛抗議したくなる映画だ。仲里依紗扮するゼブラクイーンの圧倒的な存在感が、内在するメリハリの無さを一蹴している。

【映画評】ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

ゼブラクイーンこと仲里依紗の熱演が目を見張る、監督・三池崇史&脚本・宮藤官九郎&主演・哀川翔トリオによるマスクド・ヒーロー・コメディ『ゼブラーマン』、6年ぶりの続編。

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

ゼブラーマンの続編。 一応パート1は録画で途中まで見た。(あまりの痛さに挫折) 2025年が舞台。 白ゼブラと黒ゼブラの関係はああ、なる...

映画:ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-

 主演の哀川翔は好きな俳優じゃないむしろどちらかというとキライな俳優。三池崇史監督の作品は観ている間に寝てしまうこともあり、相性が良くない。宮藤官九郎は好きな作品もあるけど、どちらかというと嫌いな作品の方が多い。そして前作のゼブラーマンはどんな話だか知...

『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』

ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲 2025年 新生都制では”ゼブラタイム”なる 無法者のやりたい放題の時間帯が設けられていた... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 前作から6年ぶりの続編
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示