『おとうと』が最後に行くところ

 【ネタバレ注意】

 予告編やチラシを見て、てっきり姉弟や家族の物語だと思ってしまった。
 なにしろ公式サイトの「山田洋次監督からのメッセージ」には、こんなことが書いてあるのだ。
---
寅さんシリーズが、愚かな兄と賢い妹の滑稽譚だったとすれば、今度の『おとうと』は、賢い姉と愚かな弟の、可笑しくて哀しい物語である。
---

 もちろん姉弟の物語ではあるのだが、ではなぜ、冒頭で昭和の歴史を振り返るのか。
 なぜ主人公・吟子は薬剤師なのか。
 なぜ娘・小春の結婚相手は医師なのか。
 なぜご近所代表も医師なのか。
 なぜ弟・鉄郎は親戚中の鼻つまみ者なのか。
 なぜ鉄郎はホームレスと仲良くなるのか。

 これらの要素を織り交ぜながら、『おとうと』の前半では笑福亭鶴瓶演じる鉄郎の非常識さ、無軌道ぶりを描いて、鉄郎が孤立し身寄りがなくなっていく過程を明らかにする。
 寅さんファンには、寅さんにリリィがいることが1つの救いであったろうが、本作の鉄郎は一緒に暮らした女にも去られ、姉にも絶縁され、寅さんとは比べ物にならないほどの孤独に直面することになる。
 鉄郎の人生とは何なのだろう。

 脚本・助監督を務めた平松恵美子氏によれば、本作の出発点は次のようなことだったという。
---
山田監督から『おとうと』のアイデアについて話を聞いたのは2008年3月のことだった。市川崑監督の訃報に接したとき、こんなことを考えたのだそうだ。「『おとうと』は市川作品の中で最も好きな作品なのだけれど、もしも“弟”が亡くならず、“姉弟”にその後の人生があったらどうだろう。」
---

 鉄郎役に笑福亭鶴瓶さんを配したのは実に巧みである。
 映画では鉄郎を孤独に追い込む必要があるので、親戚縁者すべてから見放される人物として描かなければならない。寅さんのような愛すべき人物、みんなから気にかけてもらえる人物になることは避けている。
 しかし、単なる悪いヤツ、嫌なヤツでは、観客からも嫌われてしまう。鉄郎は映画の主要人物なのだから、観客が行く末を案じるような人物でなければならない。
 山田洋次監督が要求するこの微妙な人物像に、笑福亭鶴瓶さんは見事に応えている。


 『おとうと』の後半は一転、民間のホスピス「みどりのいえ」を舞台に終末期ケアの現場が描かれる。ホスピスしか行き場がない、いや、身寄りのない人にもホスピスという行き場があることが本作の主題となってくる。
 ここに至って、登場人物が医療関係者ばかりであることや、鉄郎に家庭がないという設定が、何を示唆するためなのかが判る。

 そして「みどりのいえ」が終末期ケアの場である以上、スタッフは入居者を看取らなければならない。
 石田ゆり子さん演じるスタッフは、みずからケアした入居者が息を引き取ったとき、そっと声をかける。

 「ご苦労様でした。」

 真面目に真摯に作られたこの映画のなかでも、もっとも重い言葉であった。


 「みどりのいえ」のモデルは、台東区の山谷にある「きぼうのいえ」だそうである。
 施設長の山本雅基氏は、「きぼうのいえ」のサイトにこう書いている。

 「誰でもどこからでもやりなおせる」


おとうと 【Blu-ray】おとうと』  [あ行]
監督・脚本/山田洋次  脚本/平松恵美子
出演/吉永小百合 笑福亭鶴瓶 蒼井優 加瀬亮 小林稔侍 森本レオ 笹野高史 小日向文世 石田ゆり子 加藤治子
日本公開/2010年1月30日
ジャンル/[ドラマ]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 日本映画
【genre : 映画

tag : 山田洋次 吉永小百合 笑福亭鶴瓶 蒼井優 加瀬亮

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示