『海角七号/君想う、国境の南』 「小島友子」の謎

 劇中、日本企業の要求にさらされる台湾企業では、こんなセリフが飛び交う。
 「日本人は面倒だから」
 「日本が厳しいの知ってるでしょ」

 台湾映画『海角七号(かいかくななごう)/君想う、国境の南』は、ハリウッド映画のようにトンデモな日本が登場するわけではない。
 リー・リンチェイ(ジェット・リー)と金城武が共演した香港映画『冒険王』のように、日本を悪役扱いするのでもない。
 台湾の地方都市を描く中で、普通に日本もかかわってくる映画だ。
 そこで交わされるセリフは、台湾における日本の一般的なイメージを表しているのかも知れない。 


 この作品では、第二次大戦終了直後の台湾で日本人男性が書いたラブレターが鍵となる。
 ラブレターの名宛人は「小島友子」。
 恥ずかしながら私は、それが台湾人女性であると判らずに鑑賞していた。てっきり日本人の名前だと……。
 日本統治時代、多くの台湾人が日本式姓名に改めていたことは、台湾の観客には判りきったことなのだろう。


 判りきったことと云えば、本作に登場するシングルマザーも気になるところだ。
 彼女は激しく日本人を恨むのだが、その理由が詳しく語られることはない。
 しかし、詳しく語られないということは、詳しく語るまでもなく観客には理解できるということだ。

 たとえば、"中国「現地妻」巡る日本人駐在員の受難" という記事がある。
 企業が業績の悪化を受けて駐在員の引き揚げを行い、そのため駐在員と現地女性との「別れる、別れない」のトラブルが頻発したという。

 シングルマザーの背景が映画では詳しく語られないだけに、日本人としてはかえって居心地の悪さがある。


 しかしそれも含めて、本作では日本人と台湾人の3組の男女が描かれる。
 60年前にラブレターを書いた日本人男性と、ラブレターを受け取れなかった台湾人女性。
 シングルマザーとなった台湾人女性と、姿を見せない日本人男性。
 そして主人公の台湾人男性と日本人女性。

 過去の悲恋を描きつつも、焦点は現代の男女がいかに行動するかである。

 ウェイ・ダーション監督は、「小島友子」という名を考えるにあたり、「台湾は小さな島だから小島という名前にしようと思った」と語っている。
 姓が小島=台湾。名は友子。
 台湾人と日本人が、理解を深め結ばれる映画に相応しい名前である。

追記
 ウェイ・ダーション監督の次作『セデック・バレ』で、「小島」の背景が明らかになった。
 日台関係史において小島源治なる人物が実在したのである。
 詳しくは『セデック・バレ』の記事をご覧いただきたい。


海角七号/君想う、国境の南 [DVD]海角七号/君想う、国境の南』  [か行]
監督・脚本/ウェイ・ダーション
出演/ファン・イーチェン 田中千絵 中孝介 リン・ゾンレン マー・ニエンシエン ミンション イン・ウェイミン マイズ
日本公開/2009年12月26日
ジャンル/[ドラマ] [ロマンス] [青春]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 洋画
【genre : 映画

tag : ウェイ・ダーション ファン・イーチェン 田中千絵 中孝介

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示