『牛の鈴音』はリンに似ている

 毎日、野良仕事を欠かさない年老いた父。
 「こき使われてばっかりだ」と愚痴り続ける母。
 『牛の鈴音(すずおと)』は、2人の日常を綴るだけのドキュメンタリーだ。


 父は脚が悪いために自力では歩けない。だから牛に車を引かせて野良に出る。
 毎日、野良仕事を欠かさないのだから、牛も毎日牛車を引く。

 牛ももう40歳。牛の寿命は、大切に育てても20歳程度なので、40歳とは驚くべき高齢だ。
 それだけに、父は自分よりも先に牛が死ぬなんて思っていない。
 口には出さぬまでも、自分と老妻と牛との生活が、死ぬまで続くと思っている。

 母の文句には切りがない。
 「農薬を使えば、苦労して草取りなんかしなくていいのに。」
 「仕事のしすぎで腰も曲がってしまった。」
 「なんでこんな人に嫁いじゃったんだろう。」
 それぞれの愚痴はつじつまが合わない。もう歳なんだから仕事はやめようと云いつつ、貯金がないとこぼし、子どもの世話になって肩身の狭い思いをするのは嫌だと嘆く。

 こうして、母の愚痴を聞き、牛の衰えを目にしながら、父は今日も手を真っ黒にして野良仕事に精を出す。


 野良仕事は過酷だ。
 母は、機械や農薬を使って少しでも楽をしたいと願っている。
 その愚痴は、「エコ」とか「オーガニック」といった言葉の軽さを蹴散らしてしまう。

 しかし父は、足を引きずり地を這って働きながら、将来の展望とか、夢とか野心といったことから隔絶した、ある種の平穏を得ているように見える。
 牛の首につけた鈴は、あたかもリンをリン棒で打つかのごとく澄んだ音色を響かせる。

 2人と、牛にとって、変わることなく繰り返すこれらの日々は幸せなのだろうか?


 夫婦について、白石一文氏がこんなことを語っている。
---
松井秀喜は日本人で初めて大リーグのワールドシリーズでMVPに選ばれました。ほかにもイチローとか、ビル・ゲイツとか、松下幸之助とか、そういう人たちの成功というのは分かりやすいですよね。社会的な成功を収めた人物についてはたくさんの成功本が世間にあふれています。

一方、本当に仲良く添い遂げた夫婦は、社会的には何ら注目されることもなく、偉人伝に描かれることもありません。
---

 2人のことは、観客には窺い知れない。
 英訳題は『OLD PARTNER』。父にとって、牛であり、母である。
 我々は、やがて迎える牛との死別、その喪失感の幾ばくかを、共に感じるばかりである。


牛の鈴音(うしのすずおと) [DVD]牛の鈴音』  [あ行]
監督・脚本・編集/イ・チュンニョル
出演/チェ・ウォンギュン イ・サムスン
日本公開/2009年12月19日
ジャンル/[ドキュメンタリー]

映画ブログ ブログパーツ

【theme : 韓国映画
【genre : 映画

tag : イ・チュンニョル

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示