『パイレーツ・ロック』 ゴキゲンなもの、それは…

 こいつはゴキゲンな映画だ。
 楽しいし、笑えるし、ハッピーになれて、ロックンロールに合わせて踊りたくなる。
 ロックとポップス専門の海賊ラジオ局を描いた『パイレーツ・ロック』には、面白い映画の要素がテンコ盛りだ。


 この映画はコメディだ。『Mr.ビーン』の脚本家であるリチャード・カーティス監督は、笑いのセンスも抜群である。

 この映画は青春物だ。高校を退学になったカールの成長を描くだけでなく、羽目を外しまくりのオジサンたちもまだまだ若い。

 この映画はミュージカルだ。ラジオのDJがロックを流すだけではない。歌に合わせて物語が進み、登場人物も歌っている。

 この映画は犯罪物だ。当局に睨まれながらも、法の抜け穴を利用して海賊ラジオを続ける確信犯たちのしたたかさ。

 この映画はスパイ物だ。さすが007の国、女王陛下のためなら潜入捜査もお手のもの。

 この映画はダンス物だ。インド映画のような群舞はもちろん、ラジオのリスナーもDJも、いつも誰かが踊ってる。

 この映画は感動ドラマだ。そうなのだ、ラジオのDJは人と人との"つながり"の結節点なのだ。

 そしてもちろん、これは音楽映画だ。上映時間135分、活きのいいロックとポップスに身をゆだねよう!


 舞台は1966年のイギリス。
 なのにバックに流れるデヴィッド・ボウイの『レッツ・ダンス』は1983年の発売だ、なんて堅いことはいいっこなし。
 楽しくてお洒落でカッコいい曲なら、何でもアリだ。

 ひとつ確実に云えるのは、『パイレーツ・ロック』のサウンドトラックを買わなきゃいけないってこと。
 サントラ収録のロック、ポップスには、すでに持ってる曲も多いんだけど、この映画のノリに合った選曲、いやこの映画のノリを生み出した選曲を味わいたい。


パイレーツ・ロック [DVD]パイレーツ・ロック』  [は行]
監督・脚本・製作総指揮/リチャード・カーティス
出演/フィリップ・シーモア・ホフマン トム・スターリッジ ビル・ナイ ウィル・アダムズデイル トム・ブルック リス・ダービー ニック・フロスト クリス・オダウド アイク・ハミルトン ケネス・ブラナー ジャック・ダヴェンポート リス・エヴァンス
日本公開/2009年10月24日
ジャンル/[ドラマ] [青春] [音楽]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 洋画
【genre : 映画

tag : リチャード・カーティス フィリップ・シーモア・ホフマン トム・スターリッジ ビル・ナイ

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示