『ガメラ3 邪神<イリス>覚醒』の後はどうなる?

(前々回前回から読む)

ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒 デジタル・リマスター版 [DVD] 【ネタバレ注意】

 平成ガメラ三部作のスタッフの方々が、「ゴジラにフラストレーションが溜まっていた」とおっしゃるのが印象的だった。2016年7月、「平成ガメラ4Kデジタル復元版Blu-ray BOX」の発売を記念して三回にわたり開催されたトークショー[*1]での発言だ。
 三回とも面白い話が満載で楽しませてもらったが、特に印象に残ったのは、スタッフが平成ゴジラシリーズ(vsシリーズ)に関わる中で溜めた不満を平成ガメラへの情熱に転化させていたことだ。

 観客とて同じだろう。多くの観客が平成ガメラ三部作に快哉を叫んだのは、当時のゴジラ映画に多かれ少なかれ不満があったからに違いない。
 平成ゴジラシリーズにも面白いところはあるのだが、私が嫌だったのはゴジラが名所巡りをすることだった。『男はつらいよ』シリーズの寅さんが全国を旅して回り、新作のロケ地がどこになるかで話題作りをしたように、ゴジラも新作のたびに旬の観光スポットに現れた。長寿シリーズの宿命とはいえ、『ゴジラ』第一作ではゴジラがB-29の空襲経路をなぞって歩き、街を炎上させるという意味深い演出がなされていたことを思うと残念だ。

 それはともかく、作る側の人たちもゴジラ映画にフラストレーションを溜めていたとは興味深く、平成ガメラがこれほどのパワーを持ちえた理由の一端が窺えた。
 まず広大なセットを作り上げ、そこで怪獣が戦ったり爆発したりするゴジラ映画に対して、平成ガメラでは絵コンテに基づいてカメラアングルを決め、そのカメラから見て最高の絵になるようにミニチュアを配置して飾り込みをしていく。ゴジラ映画とはまったく違う方法論が先の記事に書いたような驚くべき映像を生み出し、平成ガメラを成功に導いたのだ。[*2]

 予算面ではゴジラ映画よりはるかに厳しい状況だったに違いないが、平成ガメラのスタッフは「大映を騙しながら」(神谷誠特撮助監督(当時))それまでにない映画を作っていった。
 「三部作」という云い方も、ガメラ映画を作るための方便だったのだろう。単に「続編を作りましょう」では三作目をつくれるかどうか未知数だが、「これは三部作なんです」という風に持ち掛ければ三作目をつくれる確度は上がるかもしれない。ジョージ・ルーカスが『スター・ウォーズ』(1977年)のヒット後に「実は三部作の一作目なのだ」(しかも「三つの三部作からなる全九部作なのだ」)と云いはじめ、実際に二作目、三作目を作って大ヒットさせてからというもの、単なる続編ではなく三部作構想をぶち上げるのが映画業界の一つの定番になったように思う。

 インディ・ジョーンズシリーズ(1981年~1989年)や『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ(1985年~1990年)の成功に続けとばかり、三部作にした平成ガメラシリーズだが、では三作目をつくり終えたらどうするか。
 もちろん、四作目をつくるのだ。

 なにしろ『ガメラ3 邪神<イリス>覚醒』が公開された1999年の時点でゴジラシリーズは22作に及んでおり、同年12月には第23作『ゴジラ2000 ミレニアム』の公開が控えていた。それに比べてガメラシリーズは昭和時代の作品を合わせても『ガメラ3 邪神<イリス>覚醒』でやっと11作。過去作品の映像を再編集した『宇宙怪獣ガメラ』を除けば、わずか10作にしかならない。作り手たちは、高い評価を得ている平成ガメラシリーズをたった三作で終わらせるつもりは毛頭なかったはずだ。
 それゆえ、『ガメラ3 邪神<イリス>覚醒』は三部作の完結編としてシリーズの総仕上げをする一方で、四作目に向けた仕掛けを組み込んだ壮大な作品になっている。


ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒 [Blu-ray]■『ガメラ3 邪神<イリス>覚醒』の大博打

 この仕掛けが面白い。「大映を騙しながら」とは云い得て妙で、『ガメラ3 邪神<イリス>覚醒』には罠が仕掛けられている。それは先例にならったものだ。
 『シン・ゴジラ』を作った庵野総監督と樋口監督が、何をお手本にしたか映画の中でちゃんと明かしているように、平成ガメラシリーズの金子修介監督と脚本家・伊藤和典氏も映画の冒頭でこれから何をするつもりか宣言している。

 本作はこんなはじまりだ。
 赤道附近の小さな村。調査に来た鳥類学者・長峰真弓の目の前で、鍬を手にした老婆が駆けだしてくる。痩せこけてよぼよぼの老婆のどこにそんな力があるのか、大声で叫びながら鍬を勢いよく振り下ろす。老婆が打ち据えたのは、村の真ん中に横たわるギャオスの死骸だった。彼女は孫と息子をギャオスに食い殺されたのだ。憎しみに満ちてギャオスを打つ老婆を、茫然と眺めるしかない長峰。

 この描写に既視感を覚えた人も多いだろう。これは黒澤明監督の『七人の侍』の有名な場面の再現だ。野武士軍団に息子を殺された婆様が、一人だけ捕らわれてがんじがらめに縛り上げられ村の真ん中に転がされた野武士を殺そうと、鍬を持って出てくる場面である。
 この婆様を演じた老婆は本職の俳優ではなく、B-29の空襲で家族を亡くした素人だという。そういう人を連れてきて、恨みに凝り固まった婆様を演じさせたのだから、凄まじい迫力を発するのもうなずける。

 この強烈な場面をいきなり再現することで、本作の作り手は二つのことを宣言している。
 一つは、復讐のためなら手出ししてこない相手を傷つけてもいいのかというテーマ。
 そしてもう一つは、黒澤明がやったのと同じ仕掛けに取り組むということだ。黒澤明が『七人の侍』で仕掛けた罠と同じことをするつもりだと。

 1954年公開の『七人の侍』は、題名のとおり七人の侍たちが農村を守って野武士軍団と戦う物語だ。
 脚本の執筆がはじまったのは1952年、翌1953年に撮影が開始されたが、完璧を目指す黒澤明の映画作りは予算とスケジュールの大幅な超過を招いてしまった。いつまで経っても終わらない撮影に業を煮やした映画会社は、遂に撮影中止を宣告するに至ったという。
 ともあれ、すでに膨大な予算を注ぎ込んでいたから、できてるところだけでも公開したい。撮影が済んだフィルムを繋いで、東宝の重役らを集めた試写が行われた。

Seven Samurai - The Criterion Collection (七人の侍 クライテリオン版 Blu-ray 北米版) 『七人の侍』は野武士たちが馬を駆る光景からはじまる。農村を見下ろし、襲撃を企てる野武士たち。
 野武士の集団に襲われることを知った村人たちは、侍を雇って野武士に対抗しようとする。どうにか腕の立つ侍を見つけて村に連れてくるが、村人たちと侍たちはうまくいかない。侍たちは村を守るために来たというのに、村人たちは警戒して、出迎えにも出てこない。村人にとっては雇った侍も野武士たちも変わりないのだ。いずれもいつなんどき乱暴狼藉を働くか判らない、恐ろしい存在に見える。
 現実には、戦国の頃の百姓は積極的に武器をとり、土地や用水をめぐって近隣の村と殺し合いをしていたそうだから、たった七人の侍を恐れて身を隠すような意気地なしではなかったかもしれないが、ともあれ映画では侍たちを超人集団、農民たちを哀れな大衆に描き分けている。

 『七人の侍』が延々と描写するのは、侍たちと村人の不信と対立だ。村人は隠しごとをしたり、和を乱したり、憎しみを侍に向けたりする。侍と村人が争っている場合ではないというのに。
 悲しい犠牲を出しながら、村人と侍たちがようやく結束できたと思ったそのとき、遂に野武士軍団が姿を現す。地を埋めるほどの軍勢が村に押し寄せてくる。

 『七人の侍』を振り返ると、驚くほど『ガメラ3 邪神<イリス>覚醒』と似ていることに気づく。
 『ガメラ3 邪神<イリス>覚醒』では、序盤で早くもガメラとギャオスたちの戦いが描かれる。ギャオスはシリーズ第一作『ガメラ 大怪獣空中決戦』以来の仇敵だ。それが大量発生しているのだから、本作の敵がギャオスたちであることが判る。
 ところが舞台は山間の村に移ってしまい、ガメラを憎む少女の話が延々と続く。ガメラは、人間を含む地球生物みんなの守護者だというのに。少女だけではない。人間たちは乱暴すぎるガメラを恐れ、自衛隊機でガメラ攻撃に打って出る。守ろうとしている人間に恐れられ、憎まれるガメラ。

 さらに少女の憎しみは怪獣イリスに宿り、ガメラと「少女+イリス」の争いにまで発展する。本作ではガメラを恐ろしい存在に見せるため、ガメラ役のスーツアクターを第一作の真鍋尚晃氏や第二作の大橋明氏のような小柄な人ではなく、巨漢の福沢博文氏に交代させている。トークショーで勢ぞろいした三人を見ると、福沢博文氏が群を抜いて大きいことがよく判る。第二作でガメラだった大橋明氏は本作ではイリスを演じ、イリスが華奢な体つきであることを強調している。
 運命の巡りあわせか、少女綾奈、少女を守ろうとする少年龍成(たつなり)、長峰、浅黄、大迫元警部補、政府機関の朝倉、天才プログラマー倉田の七人が一堂に会し、犠牲を出しながらもようやく結束できたそのとき、遂にギャオスの群れが姿を現す。空を覆うほどの大群が日本に押し寄せてくる。


平成ガメラ4Kデジタル復元版Blu-ray BOX■終わらない未来を

 試写を観た東宝の重役らは唖然としただろう。侍たちと村人が結束して、さあこれから合戦というところでフィルムは終わってしまうのだ。黒澤はこの後を撮っていなかったのだ。
 ここまで盛り上げておきながら後が見られないなんてあんまりだ。東宝は撮影中止を撤回。黒澤の目論見どおり追加予算が認められ、『七人の侍』は大決戦のシークエンスを加えて無事完成する。

 この先例を踏まえ、平成ガメラの作り手たちは大博打に出たに違いない。『七人の侍』の試写版のような構成にして、同じように大決戦の直前でぶった切る。唖然とした観客の耳に響くのは、主題歌の「もういちど出来るなら……終わらない未来を」という歌声だ。
 このラストは圧巻だ。とても勝ち目のない敵の群れを前に、それでも戦いを挑むガメラと、観客動員数でも配給収入でも平成ゴジラの三分の一しかない中、それでもシリーズを続けようと戦いを挑む作り手たちがオーバーラップする。

 残念ながら、平成ガメラはこの大博打に勝てなかった。『ガメラ3 邪神<イリス>覚醒』は大ヒットとはいかず、大映は続編の予算を認めなかった。

 だが、本作が『七人の侍』の試写版を意識していたとすれば、この続きがどのような展開になったか察しがつくというものだ。

 それは、これまでの登場人物が総結集しての大決戦だ。かつて対立していた者たちも、手を携えて共通の敵に立ち向かう。
 ガメラは四神の一つ、北の守護神玄武に当たり、イリスは南の朱雀に当たることが示されていたから、『ガメラ3 邪神<イリス>覚醒』では言及のなかった残りの二神、青虎も戦線に加わるかもしれない(成とその妹・美が本作で出番が多いわりに活躍しないのは、彼らの見せ場が次回作に予定されていたからかもしれない)。東西南北を護る四神に加え、中央を護る大地の神・龍も出現するかもしれない。ガメラの巫女としての役目を終えた浅が、新たな役割を果たすかもしれない。
 結束した仲間たちはギャオスの大群を前によく戦うが、やはり多勢に無勢、一人、二人と犠牲になっていく。一人の独断が仲間を危機に陥らせもする。そして


[*1] 「平成ガメラ4Kデジタル復元版Blu-ray BOX」の発売を記念して、週替わりで4K版三作の上映とトークショーが行われた。
 登壇者は以下のとおり。文中のトークショーの内容は記憶を頼りに書いているので、思い違いがあったらご容赦願いたい。

 2016年7月6日 主演女優&監督トークショー
  金子修介監督、中山忍さん

 2016年7月13日 スーツアクタートークショー
  第一作ガメラの真鍋尚晃氏、第二作ガメラと第三作イリスの大橋明氏、第三作ガメラの福沢博文氏
  特撮助監督でギニョリストも務めた神谷誠氏

 2016年7月19日 「ガメラ時代と現在~特撮表現の移り変わり~
  撮影の村川聡氏、視覚効果の松本肇氏
  平成ガメラ三部作公開時は中高生だったという田口清隆氏(『ラブ&ピース』特技監督、『劇場版 ウルトラマンX』監督)

[*2] vsシリーズの特技監督を務めた川北紘一氏は、平成ガメラと違ってゴジラ映画は視点(カメラアングル)の統一よりもドラマを優先させたと述べている。
 「『ガメラ』は、あくまでもリアルに撮ろうとしていたんじゃないかな。リトルゴジラの可愛さを出すためには視点の統一を崩してもいいんだというのが東宝特撮で、ある意味でリアルな表現をするために視点を統一することはないと思っている。」
 ―― 冠木新市 企画・構成 (1998) 『ゴジラ・デイズ―ゴジラ映画クロニクル 1954~1998』 集英社文庫

平成ガメラ4Kデジタル復元版Blu-ray BOXガメラ3 邪神<イリス>覚醒』  [か行]
監督/金子修介  脚本/伊藤和典、金子修介  特技監督/樋口真嗣
出演/中山忍 前田愛 藤谷文子 螢雪次朗 山咲千里 手塚とおる 小山優 安藤希 堀江慶 八嶋智人 渡辺裕之 上川隆也 石丸謙二郎 津川雅彦 清川虹子
日本公開/1999年3月6日
ジャンル/[SF] [特撮]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 特撮・SF・ファンタジー映画
【genre : 映画

tag : 金子修介 樋口真嗣 中山忍 前田愛 藤谷文子 螢雪次朗 山咲千里 手塚とおる 小山優 安藤希

『ガメラ2 レギオン襲来』が最高峰なわけ

(前回「『ガメラ 大怪獣空中決戦』の衝撃とゴジラシリーズ」から読む)

ガメラ2 レギオン襲来 大映特撮 THE BEST [DVD] 2016年7月13日、1996年の『ガメラ2 レギオン襲来』封切からちょうど20年目のこの日に、関係者の方々のお話[*]を伺うとともにこの映画を鑑賞できたのは無上の喜びだ。
 『ガメラ2 レギオン襲来』の完成度の高さといったらない。乏しい映画体験でこんなことを書くのは恐縮だが、これぞ日本SF映画の最高峰、怪獣映画の金字塔だと思う。

 全体的な作りはミステリーに近い。小松左京著『継ぐのは誰か?』やアイザック・アシモフ著『永遠の終わり』を持ち出すまでもなく、ミステリーとSFは相性が良い。だが、ミステリーの枠組みを活かし、なおかつSFで実写映画でとなると、これほど成功した例は珍しいのではないか。

 ここでいうミステリーの枠組みとは、島田荘司氏が提唱したものを指している。
 まず、物語の冒頭で(幻想的な)謎が提示されること。謎は不可解で突拍子もないほど魅力的だ。そして結末において、謎は徹底して合理的、論理的に解決される。
 氏はミステリーをこのようなものと考え、みずからその実践として『奇想、天を動かす』を執筆した。

 この要件はSFに通じるものがある。SFでは、現実の世界にはありえないような事象、現象が提示されて、受け手を魅了する。けれどもそれら事象の背景には(作中世界の)科学的、論理的な説明がある。科学的な説明の程度や濃淡によっては、ファンタジー寄りになったりオカルト寄りになったりするし、そこに明確な線引きがあるわけではないが、不思議な出来事でも合理的に説明し得る(可能性を残す)ところにSFの醍醐味があろう。

 『ガメラ2 レギオン襲来』でも様々な怪現象が発生する。落下したはずなのに消えた隕石、高緯度地帯でもないのに発生する緑のオーロラ、原因不明の通信障害、ビール瓶を食べる怪物等々。

 怪現象の映像で、視覚的に観客を驚かす映画は多い。たいていの場合は、怪物とか異星人のせいにして終わりだ。個々の現象について、その発生メカニズムや必然性が解き明かされ、合理的に説明されることは少ない。
 怪物とか異星人は人類に理解不能なほど異質で深遠なのだ、というのも一つの説明だが、作り手が皆そんな哲学を掘り下げているとも思えない。

 本作が素晴らしいのは、数々の怪現象でただ観客を脅かすだけでなく、その裏にちゃんと理論理屈があって、怪現象に見えたものが何だったのか、その原因は何なのかが、劇中できれいに説明されていくからだ。あたかもパズルのピースがピタリとはまるように、実に気持ちがいい。その爽快な気分は、本格ミステリーの読後感にも等しい。

 敵の正体が判っても、事件が解決しても、なぜ奇怪な現象が起きたのか納得できずにモヤモヤしたまま劇場を去る――そんな経験が多いだけに、本作には感激した。


 本作を傑作SFたらしめているのは、新怪獣レギオンの設定そのものによる。
 本作はガメラとレギオンの戦いを描いているが、映画の大半はレギオンとは何かを解明することに費やされる。レギオンとは一匹の怪獣の名前ではなく、働きバチのような小型レギオンたちと女王バチのような巨大レギオンと彼らが共生関係にある草体(そうたい)をひとくくりにした生態系そのものの呼び名だ。
 宇宙から生態系がまるごと移動してきた怪獣というのは珍しい設定だが、よく考えれば私たち人類も同じようなものかもしれない。一人の宇宙飛行士が異星に降り立ったとしよう。異星生物の目に映る人間は、37兆個もの細胞が寄り集まり、多くのウイルスが遺伝子に入り込み、腸の中や体のあちこちに数百兆の細菌が棲みつき、ミトコンドリアのように体の一部と化してしまった生物も宿す、集合体のような生き物だ。毎日ヨーグルトを食べて、ビフィズス菌の補充に努めている人も多いだろう。私たちが繁殖できるのも、遠い昔に体内に入ったウイルスの力が働いているからだ。
 怪獣映画には珍しい奇妙な生物に見えるレギオンは、人間を含めた生物全般の誇張に過ぎない。

ガメラ2 レギオン襲来 [Blu-ray] 巨大レギオンと小型レギオンは、やや虫に似た形をしている。
 『宇宙の戦士』(映画『スターシップ・トゥルーパーズ』の原作)でも敵は虫型の異星生物だった。意志の疎通ができない虫が相手なら、殲滅戦を繰り広げても良心の呵責を覚えなくていいからだろう。
 しかし、虫と心を通わす姫を主人公にした『風の谷のナウシカ』の登場は、虫だってむやみに殺してはいけないことに気づかせた。それでも殲滅戦を描く映画は、戦争相手のことを殺されても仕方がないほど残酷な者として描写するか、そもそも作り手の思慮が足りないかだ。

 ところが『ガメラ2 レギオン襲来』では、明確な理由の下に殲滅戦が繰り広げられる。その理由こそ、レギオンの設定でもっとも面白く、強烈な特徴である。
 レギオンの生態系は、地球の生物と相容れないのだ。レギオンは増殖の過程で大量の酸素を発生させる。そんな高濃度の酸素の中では、人間をはじめ地球上の多くの生物が生きられない。一方、レギオンは酸素を発生させなければ増殖できずに死滅する。
 ここには、良心だの理解し合うだのといった、人間が好きな概念の入る余地はない。生きる上で必要な環境が異なるのだから、共存は不可能なのだ。

 怪獣怪人と戦う映画や特撮ドラマには、ときに「怪獣だって生きているんだ」とか「戦うことしかできないのか」という問いかけが投げかけられる。作品づくりに真摯であれば、どこかでその問いに向き合わざるを得ない。
 しかし本作は、そんな問いかけさえできない世界を描いて衝撃的だ。異種の生態系が出会うとき、一方は滅びざるを得ないのだ。

 地球の歴史で最大級の環境破壊は、27億年前頃からシアノバクテリアがはじめた酸素の生成だ。
 地球に生命が誕生したのは40億年前といわれる。それから長いあいだ、大量の二酸化炭素に包まれた地球で多くの生物が栄えてきた。ところが光合成を行うシアノバクテリアが出現して、大事な二酸化炭素を減少させ、せっせと酸素を吐き出した。
 本作の科学考察を担当した鹿野司氏はパンフレットに次のように書いている。
---
この地球環境の激変は、それ以前に地球で繁栄してきた生物にとっては大打撃となった。それ以前の生物は嫌気性で、酸素は猛毒になる。つまり彼らは、猛毒を巻き散らし環境を破壊する新種の生物によって、10億年の繁栄の歴史の舞台から引きずり降ろされてしまったわけだ。
---

 やがて酸素は大気の約20%を占めるまでに増えてしまった。地球は酸素に汚染されたのである。
 しかも酸素に覆われた地球には、酸素を呼吸する生物なんてものまで誕生した。彼らは今も我が物顔で地球を歩き回っている。

 20億年以上前に酸素に耐え切れず死滅した大量の生物たちには悪いが、人間も酸素呼吸生物の一員だから、酸素のない地球に戻してあげるわけにはいかない。一方で、酸素が増えすぎると人間もその毒に耐えられないから、酸素は大気の20%程度にとどまっていてほしい。
 塩分濃度が3%程度の海に住む生物は濃度が30%の死海では生きられないが、その死海を好んで棲む生物もいる。同様に、酸素の濃度が高まればそれを好む生物が繁栄するだろうが、そのとき私たちは死に絶えている。
 わがままなようだが、20%程度の酸素濃度に最適化してしまった私たちは、融通を利かせられないのだ。

 レギオンとの戦いは、酸素濃度の上昇を食い止めることでもある。前作『ガメラ 大怪獣空中決戦』では森林伐採や二酸化炭素の増加を危惧するセリフがあったけれど、本作では逆に酸素の増加を心配することで、私たちがいかに微妙なバランスの上に生きているかをあぶり出す。
 私が本作を日本SF映画の最高峰だと思うゆえんだ。
 映像技術はこれからも進歩するだろうし、驚くべき映像で観客を沸かせる映画が公開されていくだろう。だが、人類と地球上の生物を、地球外生物と効果的に対比することでキッチリと描き出し、地球の環境についてこれほど深く考えさせる映画はまたとあるまい。


平成ガメラ4Kデジタル復元版Blu-ray BOX また、本作は新怪獣の生態の描写を中心にしたことで、怪獣映画としても特筆すべき作品になった。
 前回も触れたように、私は怪獣映画を次のような分類で考えている。
 1. タイトル・ロールの怪獣が中心の映画:『ゴジラ』『キング・コング』『大怪獣ガメラ』等
 2. スター怪獣同士が対戦するもの:『キングコング対ゴジラ』等
 3. スター怪獣が他の怪獣をやっつけるもの:二作目以降の昭和ガメラシリーズやゴジラvsシリーズ等

 すべての怪獣映画がこの三つに分類できるわけではないし、中間に位置するものもあるが、大雑把にくくればこんなところだと思う。人気シリーズは三番目のパターンになりがちで、敵怪獣に新味を出すことでしかアピールできなくなってしまうことが多い。
 それも仕方がないとは思うけれど、『ガメラ2 レギオン襲来』が凄いのは、一見すると三番目のパターンのようでありながら、実質は一番目のパターンで作られていることだ。
 本作の登場人物たちは、ガメラなんかそっちのけだ。レギオンの正体を暴き、その被害を少なくすることにかかりきりだ。この映画が描くのは異なる生態系のぶつかり合いだから、それはレギオン対地球生物全体の戦いなのだ。自衛隊も民間人もそしてガメラも、レギオンを食い止めようとする一員に過ぎない。

 前作『ガメラ 大怪獣空中決戦』がシリーズ第一作なのに二番目のパターンだったことには驚いたが、その続編となるシリーズ第二作に一番目のパターンを持ってきたのも驚きだ。通常は単発の映画(続編が作られて、結果的にシリーズ第一作になることはある)で行うものだろう。
 こんなことができたのも、レギオンの設定が緻密で、工夫が凝らされていたからだ。単に宇宙から来た怪獣というだけではこうはいかない。その生態や共生関係や、地球に来たら起こるだろう現象の考察と、ストーリーとテーマとがしっかり噛み合い、精緻に構想されたからこそ、この大胆な作劇が可能となったのだ。

 前作はダイナミックな面白さに秀でていたが、本作は完成度の高さで他の追随を許さない。
 封切から20年を経て、その思いをますます強くした。

(次回「『ガメラ3 邪神<イリス>覚醒』の後はどうなる?」につづく)


[*] 「平成ガメラ4Kデジタル復元版Blu-ray BOX」の発売を記念して、週替わりで4K版三作の上映とトークショーが行われた。
 登壇者は以下のとおり。文中のトークショーの内容は記憶を頼りに書いているので、思い違いがあったらご容赦願いたい。

 2016年7月6日 主演女優&監督トークショー
  金子修介監督、中山忍さん

 2016年7月13日 スーツアクタートークショー
  第一作ガメラの真鍋尚晃氏、第二作ガメラと第三作イリスの大橋明氏、第三作ガメラの福沢博文氏
  特撮助監督でギニョリストも務めた神谷誠氏

 2016年7月19日 「ガメラ時代と現在~特撮表現の移り変わり~
  撮影の村川聡氏、視覚効果の松本肇氏
  平成ガメラ三部作公開時は中高生だったという田口清隆氏(『ラブ&ピース』特技監督、『劇場版 ウルトラマンX』監督)

平成ガメラ4Kデジタル復元版Blu-ray BOXガメラ2 レギオン襲来』  [か行]
監督/金子修介  脚本/伊藤和典  特撮監督/樋口真嗣
出演/永島敏行 水野美紀 吹越満 石橋保 藤谷文子 川津祐介 沖田浩之 螢雪次朗 長谷川初範 渡辺裕之 ラサール石井 田口トモロヲ 小林昭二
日本公開/1996年7月13日
ジャンル/[SF] [特撮]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 特撮・SF・ファンタジー映画
【genre : 映画

tag : 金子修介 樋口真嗣 永島敏行 水野美紀 吹越満 石橋保 藤谷文子 川津祐介 沖田浩之 螢雪次朗

『ガメラ 大怪獣空中決戦』の衝撃とゴジラシリーズ

ガメラ 大怪獣空中決戦 大映特撮 THE BEST [DVD] 怪獣映画を観ると心が洗われる。いい映画を観ると、ではない。怪獣映画ならではの効能と云うか、怪獣映画を観たあとの清しさには一種独特のものがある。
 それをとりわけ強く感じるのが『ガメラ 大怪獣空中決戦』だ。この映画の持つ力強さ、感動、カタルシスは、ちょっと他では味わえない。

 この映画の魅力はたくさんあるが、公開時に一番驚いたのは仰ぎ見る映像の多さだった。怪獣は見上げるほど大きい存在なのに、それまでの怪獣映画ではスタジオに作ったミニチュアのセットをのしのし歩くパターンが多く、天井が映り込んでしまうためかカメラが上に向けられることはほとんどない……と思っていたら、この映画は見上げるショットの連発だった。ギャオスもガメラも人間の目の高さから見上げる映像ばかり。しかも視界(スクリーン)からはみ出す大きさだ。ガメラが天高く昇っていく映像なんて、ひっくり返るほど驚いた。

 「(特技監督の)樋口さんは絵コンテを描いてた人なんで」本作の特撮助監督だった神谷誠氏はトークショー[*]で口にした。「なんで絵コンテどおりに撮らないんだ、と云っていて。『こんなの撮れない』と云われて、じゃあって自分でやりはじめた人だから。」
 今ならクリーチャーも背景もCGIにすればどんなアングルでも撮れるのかもしれないが、当時は見たこともなかった構図の連続にたまげたものだ。そんな「怪獣映画じゃ無理だよね」という思い込みを蹴散らしてくれたのが、『ガメラ 大怪獣空中決戦』の凄さだった。


 豪勢なストーリーにも痺れてしまう。
 とうぜんベースは1967年公開の『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』であり、ギャオスが光に弱いことや足をちぎって逃げるところなど多くの要素が本作に受け継がれている。だが、プロットの大枠はゴジラ映画史上(日本怪獣映画史上)最大のヒット作『キングコング対ゴジラ』(1962年)をなぞったものだろう。
 一見、関係なさそうな謎の環礁(ガメラ側)の話と怪鳥(ギャオス側)の話が交互に映し出され、遂に福岡ドームで両者が激突。戦いは一度では決着がつかず、次のラウンドへ持ち越される……という流れは、キングコングとゴジラの戦いそのままだ。
 他ならぬ『キングコング対ゴジラ』を下敷きにするとは、まったく感心してしまう。

 そもそも『キング・コング』(1933年)にしろ『ゴジラ』(1954年)にしろ、キングコング自身、ゴジラ自身が驚異的な存在なのだから、対戦相手なんて必要なかった。大暴れするモンスターを描けば映画になった。『キングコング』には恐竜が、『ゴジラの逆襲』(1955年)にはアンギラスが登場して戦ったが、彼らは時代劇で云えば斬られ役。あっさり負けてコングやゴジラを引き立てるだけだった。『空の大怪獣 ラドン』(1956年)にしろ『モスラ』(1961年)にしろ、映画の中心はラドンやモスラの出現そのものだった。

キングコング対ゴジラ 【60周年記念版】 [Blu-ray] そこに打ち出された新機軸が対戦ものだ。米国モンスターの代表キングコングと日本のモンスター代表ゴジラが、なんと同じ映画で共演してどちらが強いか競うというのだから、飛び抜けて豪華な企画だ。今では29本あるゴジラ映画の第三作とされる『キングコング対ゴジラ』だが、制作当時はシリーズの枠を超えた破天荒な企画だったに違いない。
 その大ヒットに気を良くしたか、東宝はこれまた主役級のモスラをゴジラと対戦させる『モスラ対ゴジラ』(1964年)を作り、対戦ものの量産時代に突入していく。
 かつて大スターの共演を意味した対戦ものも、『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』や『ゴジラ対メガロ』に至ると、主役のゴジラが斬られ役をなぎ倒すような映画になってしまった。それは第二作『ゴジラの逆襲』と同じ「ゴジラ一強時代」に戻ったことを意味する。

 そんな風にゴジラシリーズを眺めていた私にとって、平成にガメラ映画を復活させるその*第一作*に『キングコング対ゴジラ』のプロットを持ってくるとは驚きだった。『キングコング対ゴジラ』は第一作用の話じゃないのだから。それは勝新太郎と三船敏郎が共演した『座頭市と用心棒』のような、アラン・ドロンとジャン=ポール・ベルモンドが共演した『ボルサリーノ』のような、すでに名のある二大スターのどちらの顔も立てるためのプロットなのだ。

 『ガメラ 大怪獣空中決戦』の作り手がひとひねりしたのは、ガメラとギャオスのどちらも無名の状態からはじめたことだ。ゴジラシリーズが何度リブートしても1954年の第一作だけは無視できない(平成ゴジラシリーズ(vsシリーズ)もミレニアムシリーズも第一作の続きとしてはじまった)のとは大違いだ。ガメラもギャオスも長年にわたり愛されてきた人気怪獣だが、過去はなかったことにして、本作では人知れぬ謎の環礁と正体不明の怪鳥から説き起こしている。ストーリーが進むにつれて、両者はスターとしての存在感を身につけていき、クライマックスではともに貫禄たっぷりになって対峙する。
 観客の興味が一方に偏らないように配慮したバランス感覚が素晴らしい。

 そうはいっても、主役がガメラであることは誰もが知っている。その分を割り引くためか、本作では、ガメラがややぞんざいにいきなり巨大な姿を現すのに対して、ギャオスのほうは幼体時からじっくり丁寧に成長過程を描写する。さらにガメラを巡ってはアトランティスだのオリハルコンだのルーン文字だのとファンタジー等の定番と云える(現実味のない)用語を散りばめていながら、ギャオスに関しては遺伝子の型や繁殖方法に迫ることでリアルな存在として描き出す。
 この異なるアプローチにより、ギャオスにも主役のガメラに対抗できるほどの存在感が備わり、クライマックスの対決シーンが盛り上がる。

大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス 大映特撮 THE BEST [DVD] しかも、幼いギャオスはガメラに襲われたらひとたまりもないので、映画の作り手はギャオスが互角に戦えるようになるまでハンデを与えている。政府がギャオスを希少動物として保護する一方、ガメラを脅威として攻撃することにしたため、ガメラは自衛隊とも戦わねばならないのだ。「ガメラ」対「ギャオス+自衛隊」という構図ができ上がり、ガメラはギャオス退治を阻まれたまま、遂にはギャオスの成長を許してしまう。政府が判断の誤りに気づくのは、ギャオスが成長しきって手に負えなくなってからだ。
 実に巧い展開だ。計算されつくした脚本に頭が下がる。


 もちろん、いくらガメラとギャオスが互角といっても、これはガメラ映画なのだから、ガメラは特別な存在として観客に受け入れられなければならない。
 そこで本作では、藤谷文子さんがガメラと心を通わしてガメラとシンクロする少女浅黄(あさぎ)を演じる。観客は浅黄に感情移入しながら、間接的にガメラにも感情移入する。ガメラが傷つけば浅黄も傷つき、痛々しい少女の姿は観客の心を揺さぶってくる。

 これはテレビアニメ『マジンガーZ』と同じ手法だ。本来、機械でしかないマジンガーZは壊れようが停止しようが視聴者に関係ないはずだ。しかし、搭乗者の兜甲児が絶叫したり苦しんだりすることで、マジンガーZのダメージが兜甲児のダメージとして感じられ、視聴者は兜甲児を介してマジンガーZの"痛み"を知る。
 同じように、本作の観客は浅黄を通してガメラの痛みを共有する。そしてガメラとギャオスの存在感が同等でも、やっぱりガメラを応援したくなる。
 こうして書いていると、改めてこの映画の素晴らしさに圧倒される。

 『ガメラ 大怪獣空中決戦』の公開時は知る由もなかったが、続く第二作、第三作で浅黄がガメラと精神感応できなくなり、徐々にガメラとの距離が開いていくのも、シリーズを俯瞰すると泣かせる展開だ。


 こんな緻密な脚本を前にしたら、削ったりできるものじゃない。
 2016年7月6日のトークショー[*]で、金子修介監督はプロデューサーから「脚本が長い」と云われたことを明かした。「プロデューサーとは必ずそう云うものですが」と断りながら、金子監督は脚本を削りたくないので、できるだけ短く撮って95分に収めたと語った。
 云われてみればセリフのテンポが速いし、ショットはすぐに切り替わる。95分にこんなに詰め込むなんて普通じゃない。
 まるで黒澤明の『椿三十郎』だ。黒澤版『椿三十郎』は、登場人物がみんな(聞き取れないくらい)早口でまくし立て、ポンポン場面が飛んで、盛りだくさんの内容なのに98分で終わってしまう。同じ脚本でも、森田芳光監督のリメイク版は119分だ。あの内容なら119分になるのはもったもだと思うけれど、面白いのは断然黒澤版。『ガメラ 大怪獣空中決戦』もそんな勢いのある映画だった。

               

平成ガメラ4Kデジタル復元版Blu-ray BOX 『ガメラ 大怪獣空中決戦』は怪獣映画史上に燦然と輝く作品だと思うが、あえて細かいことを云わせてもらえば、プルトニウムの説明はしっくり来なかった。伊原剛志さん演じる米森良成(よねもり よしなり)は映画冒頭でプルトニウムが人体に有害であると述べ、また後半ではプルトニウム239の半減期が2万4千年であることを説明する。

 半減期とは、ざっくり云えば、ある物質が崩壊して(放射線を出して)、その半分が別の物質に変わるまでの期間だ。このように崩壊する物質(放射線を出す物質)を放射性物質と呼ぶ。放射性物質には様々な種類があり、私たちが日常的に接しているものもある(人体にも含まれている)。
 半減期が長いということは、崩壊しにくい(放射線を出しにくい)わけだ。火にたとえれば、半減期が長いのは弱火でチョロチョロといつまでも燃えてるようなものだろう。半減期が短いのは、一気に焼き尽くす大火にたとえられるかもしれない。どちらをどの程度危険視するかは、火を扱う状況によろう。劇中の説明は、まるで永遠に続く大火のようだった。
 2万4千年どころか何億年経っても人体に有害な物質だってあるのに、ことさらプルトニウムに注目するのはバランスが悪いように感じられた。

 そんな細かいことを気にしていた私が驚かされたのが『ガメラ2 レギオン襲来』だった。

(次回「『ガメラ2 レギオン襲来』が最高峰なわけ」につづく)


[*] 「平成ガメラ4Kデジタル復元版Blu-ray BOX」の発売を記念して、週替わりで4K版三作の上映とトークショーが行われた。
 登壇者は以下のとおり。文中のトークショーの内容は記憶を頼りに書いているので、思い違いがあったらご容赦願いたい。

 2016年7月6日 主演女優&監督トークショー
  金子修介監督、中山忍さん

 2016年7月13日 スーツアクタートークショー
  第一作ガメラの真鍋尚晃氏、第二作ガメラと第三作イリスの大橋明氏、第三作ガメラの福沢博文氏
  特撮助監督でギニョリストも務めた神谷誠氏

 2016年7月19日 「ガメラ時代と現在~特撮表現の移り変わり~
  撮影の村川聡氏、視覚効果の松本肇氏
  平成ガメラ三部作公開時は中高生だったという田口清隆氏(『ラブ&ピース』特技監督、『劇場版 ウルトラマンX』監督)

平成ガメラ4Kデジタル復元版Blu-ray BOXガメラ 大怪獣空中決戦』  [か行]
監督/金子修介  脚本/伊藤和典  特撮監督/樋口真嗣
出演/中山忍 伊原剛志 藤谷文子 本田博太郎 螢雪次朗 小野寺昭 長谷川初範 本郷功次郎 久保明 渡辺裕之 松尾貴史 袴田吉彦 風吹ジュン 石井トミコ 渡辺哲
日本公開/1995年3月11日
ジャンル/[SF] [特撮]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 特撮・SF・ファンタジー映画
【genre : 映画

tag : 金子修介 樋口真嗣 中山忍 伊原剛志 藤谷文子 本田博太郎 螢雪次朗 小野寺昭 長谷川初範 本郷功次郎

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示