『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』 これはパスティーシュ?

 【ネタバレ注意】

 公開前に何度も予告編を観ていたけれど、予告編はわざと劇中の時系列をぼかしていたので、てっきり銀行強盗と警察官が対決する話だと思ってしまった。まずは物語の構造が判らないように予告編を編集してくれたことに感謝したい。『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』は構造こそが一番面白いところだから。

 ここではアッサリ書いてしまうが、本作は親子二世代の歴史を描いた年代記になっている。141分の上映時間はやや長尺だが、内実は主人公が三人いるトリロジーなのでダレることはない。

 というか、私は本作をパロディあるいはパスティーシュとして大いに楽しんだ。
 表向きは犯罪を扱ったシリアスなドラマである。そう観ても充分に優れた作品だが、同時にスター・ウォーズ・シリーズのパロディとしても面白いのだ。
 デレク・シアンフランス監督は、随所にスター・ウォーズっぽさを散りばめている。ライアン・ゴズリング演じる主人公の名前は「ルーク」だし、ジェイソン少年が黒人の養父に実父のことを尋ねる場面では、養父がダース・ベイダーの口まねをして「私がお前の父親だ」と告げる。これは『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』のダース・ベイダーのセリフだ。

 こんなとこにも監督のスター・ウォーズ好きな面がうかがえるし、何よりも本作のストーリーがスター・ウォーズ・シリーズを下敷きにしたとしか思えない。
 本作最初の主人公は、天才ライダーのルーク。銀行強盗の素質を持つ彼は、ベン・メンデルソーン演じるロビンに師事して凄腕の銀行強盗に成長していく。銀行強盗は犯罪だが、ここでは金融帝国に挑む自由の騎士だと解釈しよう。
 連戦連勝のルークを阻むのが、次の主人公エイヴリーだ。新米警察官エイヴリーはルークを殺して称賛される。そして15年後、エイヴリーは強大な権力を握るようになる。
 年代記の最後は、ルークの息子ジェイソンがエイヴリーを討つ話だ。何も知らずに養父に育てられたジェイソンは、実父の師だったロビンに会って過去の事件を知り、父の仇エイヴリーとの戦いに赴く。

 こうしてみれば、本作の人間関係がスター・ウォーズ・シリーズに符合することが判るだろう。
 天才ライダー・ルークは、スター・ウォーズ エピソード1~3の主人公アナキン・スカイウォーカー。
 彼を導くロビンは、ジェダイの騎士オビ=ワン・ケノービ。
 ルークを殺すエイヴリーはシスの暗黒卿ダース・ベイダー、もしくはダース・ベイダーの後ろにいる銀河帝国皇帝パルパティーンだ。
 父の仇討ちに臨む息子ジェイソンは、アナキンの子ルーク・スカイウォーカーに当たる。何も知らずに養父に育てられたルーク・スカイウォーカーは、ジェダイの騎士オビ=ワン・ケノービと出会って過去の出来事を知り、銀河帝国との戦いに参加する。

 ちょっと待って、アナキン・スカイウォーカーは殺されたわけじゃなく、暗黒面に堕ちてダース・ベイダーになったんでしょ、とのご指摘もあろうが、アナキン・スカイウォーカーとダース・ベイダーが同一人物というのは後付けの設定と云われる。『スター・ウォーズ』一作目(『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』)の頃は、オビ=ワン・ケノービの口からアナキンを殺したのはダース・ベイダーだと説明されていた。
 だから、息子が父の仇を討ちに行く本作は、もしかしたらあり得たかもしれないもう一つのスター・ウォーズ・シリーズを思わせる。

 デレク・シアンフランス監督は、本作を父と子の話だと述べている。
 米国の父子の物語のお手本が、いまやスター・ウォーズ・シリーズとは面白い。
 ただ、スター・ウォーズ・シリーズは父子のことばかりを描いたわけではない。主人公たちはフォースの均衡を取ったり、分離主義勢力や銀河帝国との戦いで忙しかった。だから父子の情愛に充分な時間を割いてはいない。
 その点、本作の主人公たちは、子供への思いあるいは父への思いから行動しており、スター・ウォーズ・シリーズに不足するものを補っている。しかも善悪の立場を相対化することで、暗黒面への誘惑が身近にあることも描いている。
 そんな符合を楽しみながら観ると、本作はますます面白い。


プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命 [Blu-ray]プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』  [は行]
監督・原案・脚本/デレク・シアンフランス
原案・脚本/ベン・コッチオ  脚本/ダリウス・マーダー
出演/ライアン・ゴズリング ブラッドリー・クーパー エヴァ・メンデス レイ・リオッタ ベン・メンデルソーン マハーシャラ・アリ デイン・デハーン エモリー・コーエン
日本公開/2013年5月25日
ジャンル/[サスペンス] [ドラマ] [犯罪]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : アメリカ映画
【genre : 映画

tag : デレク・シアンフランス ブラッドリー・クーパー エヴァ・メンデス レイ・リオッタ ベン・メンデルソーン マハーシャラ・アリ デイン・デハーン エモリー・コーエン

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示