『ハンナ・アーレント』が発信するのは何か?

 巧いな。
 『ハンナ・アーレント』を観て、そう感じた。
 この映画から、ドイツ国民の思慮深さと立ち回りの巧さを改めて思い知らされた。
 それはもちろん、一観客である私が勝手に感じたことであり、作り手の意図は違うところにあるのかもしれない。もしも私が感じたことと作り手の狙いが一致したとしても、作り手がそれを認めることはないだろう。
 だから、ここに書くのは単なる妄言でしかない。まぁ、いつものことだ。

 映画『ハンナ・アーレント』で目を引くのは、ドイツ、ルクセンブルク、フランスの合作でありながら、英語のクレジットが添えられていることだ。
 合作といっても、ドイツ人監督がドイツ人キャストとともに撮った本作は、実質的なドイツ映画である。
 にもかかわらずクレジットに英語を使い、劇中の会話も頻繁に英語に切り替わる。主人公ハンナ・アーレントの米国時代を描いているから、セリフが英語になるのはおかしくはないが、ドイツ系ユダヤ人が集まるシチュエーションでも米国人キャラクターを立ち会わせることでわざわざ英語の会話にしている。

 近頃は映画発祥の地フランスですら、セリフの多くを英語にしている。
 これは、言語別の人口で英語を使う人が世界でもっとも多いからだろう。セリフを英語にするかどうかで、リーチできる人口がまったく異なる。
 ただ、フランスのアクション映画やサスペンス映画で英語を使うのが商圏を拡大させるためだと思われるのに対し、『ハンナ・アーレント』はいくら英語にしても世界で大ヒットするような映画ではない。ドイツ系ユダヤ人の哲学者ハンナ・アーレントが「悪」や「全体主義」について語る本作が動員できる観客には限界がある。
 それでもこの映画が英語にこだわるのは、本作の目的が作り手の創作意欲を満足させたり、ドイツの観客を喜ばせることではなく、国を問わず一人でも多くの人にメッセージを届けることにあるからだろう。とりわけ、世界の動向に一番影響の大きい米国に届けるには、英語での提供が欠かせない。

 先日、ポーランド人監督による『ソハの地下水道』やフランス人監督による『黄色い星の子供たち』を例にとり、ナチス・ドイツの戦争犯罪を非難する映画にドイツが資金提供していること、それが現在のドイツにもたらすメリットについて説明した(こちらの記事を参照)。外国人にこれらの映画を作らせるところに、ドイツの深謀遠慮があるだろう。
 『ハンナ・アーレント』は、さらに遠い先のことを考えて制作された映画である。

 本作が描くのは、ナチス・ドイツの迫害を逃れて米国に移住していたハンナ・アーレントが、1961年に行われた元ナチス親衛隊将校アドルフ・アイヒマンの裁判を傍聴し、その記録[*1]を発表した顛末だ。
 第二次世界大戦当時の戦犯を、ナチス・ドイツの"被害者"であるユダヤ人が裁く。判決はとうぜん死刑。1962年、このドイツ人は異国イスラエルの地で絞首刑になった。
 たとえ映画とはいえ、ホロコーストの残酷さを思い起こさせるアイヒマン裁判は、ドイツ人にとって扱いづらい題材に違いない。
 だが、本作をユダヤ人ハンナ・アーレントの目を通して描くことで、ドイツ人には困難なアプローチが可能になった。

 本作でハンナ・アーレントが主張するのは二つのことだ。
 (1) アイヒマンは悪魔的な人物ではなく、単に職務に忠実な平凡な人間であったこと。[*2]
 (2) ユダヤ人自治組織の指導者がナチス・ドイツのホロコーストに協力していたこと。

 一点目は、アイヒマンのみならず他のドイツ人――これからを生きるドイツ人にかかわる問題だ。1,000万人以上と云われるホロコーストの犠牲者は、アイヒマン一人に殺されたわけではない。官民多くのドイツ人の行動が、これほどの犠牲を出したのだ。
 アイヒマンは悪魔か異常者か変質者か。その評価は他のドイツ人に敷衍されないとも限らない。
 世界の人々がアイヒマンを悪魔のような人物だと考えていた当時、彼を単に職務に忠実な凡人であるとしたハンナ・アーレントの主張は、この世界でのドイツ人全般の立場に関わり、今も関わるのではないだろうか。

 二点目も重要だ。ユダヤ人指導者がナチス・ドイツに協力していたことは、加害者のドイツ人と被害者のユダヤ人という単純な構図を崩すものだ。それによってホロコーストの事実が消えるものではないものの、ドイツ人を一方的に加害者として非難する見方を和らげる材料になるのではないか。

 いずれも、現在及び未来のドイツ人にかかわることであり、ドイツ人にとって重大だ。
 けれども、それをドイツ人の主張として展開しても、誰の賛同も得られないだろう。それどころか、こんなことを主張したら、ユダヤ人をはじめ世界中から袋叩きにされるに違いない。人間は感情で動く生き物だから、事実がどうかは問題じゃないのだ。
 そこでハンナ・アーレントの登場だ。ユダヤ人ハンナ・アーレントの主張として展開するからこそ、世界は耳を傾ける。本作を観てもらえる。

 映画『ハンナ・アーレント』が、アーレントの人生を描くものでも、アーレントの主張のすべてを紹介するものでもないことは、アーレントが著作で述べた他のこと、すなわちイスラエル諜報特務庁がアルゼンチンからアイヒマンを連行したことの是非や、イスラエルに裁判する権利があるのかといったことを取り上げない点からも明らかだろう。
 裁判そのものの是非を蒸し返すのは、アイヒマンの擁護にしか見えない。それでは現在及び未来のドイツ人の立場を良くすることには寄与しない。

 もちろん、映画が取り上げた二つの主張に反発する人は存在する。特にユダヤ人の反発は大きいだろう。
 そんな反発を防ぐため、映画は先回りしてハンナ・アーレントに徹底的に反論する。映画は、抗議の電話や手紙が殺到し、ユダヤ人の友人も失ってしまうアーレントを丁寧に描写する。映画に反発しかねない人々も、劇中に自分たちの代弁者を見つけ、非難の嵐に見舞われるアーレントを見れば、溜飲が下がるだろう。
 対立意見をきちんと取り上げることは、本作がアーレントを(通してドイツ人を)擁護する映画ではなく、中立の立場から作られたものであることを演出する。

 加えて、抗議が出版社に及んだり、アーレントが大学教授の職を解かれそうになるエピソードは、観客にホロコーストとは別の問題意識を植え付ける。
 表現の自由である。
 表現の自由を守ろう、という主張に反対する人はいない。特に、米国は人権や自由に敏感な国だ。表現の自由が侵されそうなときは、米国民は必ずや表現者に味方する。ハリウッドのみならず米国社会に少なくないユダヤ系の人々も、表現の自由を守ることには反対できない。
 見事な論理のすり替えだ。ナチス・ドイツの戦争犯罪を取り上げた映画は、一転して表現の自由を守る戦いに変わり、観る者すべてをアーレントの側に付けてしまう。どんなに認めがたい不愉快な意見でも、感情的に反発するのではなく、冷静に受け止めて考えなければならない。そういう思いが観客の胸に残る。


 本作はホロコーストを肯定するものでも、ナチス・ドイツを擁護するものでもない。間違っても過去に郷愁を滲ませたり、戦争犯罪人を人間臭く描いたりはしない。
 他国を不快にする要素は一切排除した上で、現在及び未来のドイツ人が一方的に非難されることを緩和する狙いが、本作にはあると思う。
 どのように立ち回れば子孫の立場を良くしてやれるか、慎重に計算しているのだと思う。

 ドイツと並ぶ戦犯国日本では、残念ながらこのような配慮が希薄だ。
 2013年、日本人も英語中心の戦争映画『終戦のエンペラー』を制作した。英国人を監督に迎え、ハリウッドスターをキャスティングしたこの映画は、空襲で焼け野原になった日本を米国311館のスクリーンに映し出し――334万ドルの興行収入しか上げられなかった。米国人に相手にされなかった。

 とうぜんだろう。
 この映画には米国人が共感する要素がまるでないのだから。日本を焼け野原にしてしまった米国人、石を投げられ嫌われる米国人。その姿を見て、米国人が共感するはずがない。
 ましてや、この映画では大日本帝国と戦後の日本国の区別も、戦犯とそれ以外の者の区別も曖昧だ。
 ドイツ資本で作られる映画が、ナチスを徹底的に悪く描くことで現在のドイツへの矛先をかわす役割を果たしているのに比べ、日本映画はややもすると大日本帝国と現在の日本国が地続きであるかのように描いてしまう。
 実際には地続きだったとしても、それは云わない約束で、すべての罪を大日本帝国と一部の戦犯に帰すことで、他の国民一般を罪から解放する。それが東京裁判と日本国憲法の機能だと思うのだが、その連合国の配慮が肝心の日本人に理解されていないのではあるまいか。

 日本には過去を水に流す習慣がある。日本人は時間が経てばすべてを水に流してしまうが、以前の記事で述べたように他国ではそんなことはしない。当時の人間が死に絶えようが、どれほどの時間が経とうが、非難は残り続ける。
 だからこそ、過去の行為をどのように位置付けるのか、現在の人間が問われるのだ。
 その点、『ハンナ・アーレント』は実に巧みにアーレント(を通してドイツ人)への共感を喚起する。
 作り手の思慮深さと立ち回りの巧さを、この映画から思い知らされる。


[*1] ハンナ・アーレントによるアイヒマン裁判の記録はザ・ニューヨーカー誌に連載され、後に『イェルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報告』として出版された。

[*2] 悪魔のような心の持ち主ではなく、職務に忠実な平凡な人間であっても残虐な行為を行うことは、後年アイヒマン実験(ミルグラム実験)スタンフォード監獄実験で示される


Hannah Arendt [Blu-ray] [Import]ハンナ・アーレント』  [は行]
監督・脚本/マルガレーテ・フォン・トロッタ  脚本/パム・カッツ
出演/バルバラ・スコヴァ アクセル・ミルベルク ジャネット・マクティア ユリア・イェンチ ウルリッヒ・ヌーテン ミヒャエル・デーゲン
日本公開/2013年10月26日
ジャンル/[ドラマ] [伝記] [戦争]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : ヨーロッパ映画
【genre : 映画

tag : マルガレーテ・フォン・トロッタ バルバラ・スコヴァ アクセル・ミルベルク ジャネット・マクティア ユリア・イェンチ ウルリッヒ・ヌーテン ミヒャエル・デーゲン

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示