『プレーンズ2/ファイアー&レスキュー』 友情、努力、勝利の先にあるもの

Planes: Fire & Rescue 【ネタバレ注意】

 なぜレスキュー隊なのか?
 その苦い味付けに驚いた。

 飛行機レースを描いた前作から一転して、『プレーンズ2/ファイアー&レスキュー』ではレスキュー隊の訓練生となったダスティが森林火災の猛威に立ち向かう。
 冒頭のレースシーンのスピード感、中盤から繰り広げられるレスキューシーンの大スペクタクル。どこをとっても迫力ある映像は前作『プレーンズ』を凌ぐほどで、本当に面白い。
 劇場を出た小さな子供が父親に「怖かった」と話していたが、たしかに火に囲まれて絶体絶命の危機に見舞われるスリルは半端ではない。もちろんその子も、怖くて嫌だとかもう観たくないというわけじゃないだろう。それほど凄い体験だったのだ。
 子供向けと思われそうな本作だが、老若男女だれが観ても楽しめる立派な娯楽作である。
 それどころか、派手なレスキューシーンの陰で語られるほろ苦い物語は、大人にこそジンと来るのではないだろうか。

 前作は、農薬散布機でありながら世界一周レースに挑むダスティを通して、少年ジャンプのような「友情、努力、勝利」が通用しないシビアな現実を描いていた(詳しくは前作の記事「『プレーンズ』は友情、努力、勝利を超えた」を参照されたい)。
 そのスタンスは本作にも受け継がれている。
 レースに出れば連戦連勝、いまや押しも押されぬチャンピオンのダスティ。世界中にファンがいる彼は故郷プロップウォッシュ・ジャンクションでも人気者であり、まさに幸せの絶頂にいた。
 けれども本作は彼が手にした「勝利」の先を描く。

 彼を待ち受けていたのは残酷な「挫折」だった。
 ギアボックスを損傷した彼は、レッドゾーンいっぱいまで出力を上げることができなくなってしまう。出力を上げられないなんて、レーサーには致命的だ。
 直すには部品の交換が必要だが、彼の部品は久しく以前に製造中止になっている。複雑すぎて手作りできるものでもない。
 開巻早々、ダスティはレーサー生命の危機に瀕してしまう。

 それからのストーリーは、いわば「友情、努力、勝利」の否定だ。
 故郷にはダスティの友人がたくさんいる。彼らはダスティのためなら苦労も厭わない。
 みんなは八方手を尽くして交換部品を探してくれるけれど、どこの工場にも倉庫にも見つからない。彼らの友情はダスティの気持ちを和らげてはくれるが、事態の解決には役立たないのだ。
 また、ダスティの故障は努力とは関係ない。努力が足りないから故障したわけではないし、努力すれば故障が克服できるものでもない。あえて云うなら、練習に打ち込み過ぎたことが部品の劣化を速めたのかもしれない。

 ダスティが消防士に志願するのは挫折の結果だ。
 火事騒ぎを起こしてしまった彼は、町のみんなのために消防士になろうとするが、同時にそれはレーサーを続けられない自分の居場所を探す行為でもある。
 ダスティばかりではなく、彼が入隊したピストンピークのレスキュー隊も転身してきた者ばかりだった。最初から消防士を目指した者はいやしない。前職は貨物運送だったり、軍用機だったり、スター俳優だったりと、そこには様々な経歴の者が集まっていた。彼らはそれぞれの過去を抱え、このレスキュー隊にやってきたのだ。
 格納庫の壁には、かつて所属した隊員の写真が飾られているが、そこに飾られる条件はただ一つ。墜落すること。
 レスキュー隊は勝利の栄光にはほど遠い世界だった。


 映画館は親と一緒に来た小さい子供でいっぱいだった。
 本作のメインターゲットは、就学前の子供や小学校低学年くらいだろう。
 「友情、努力、勝利」の物語で盛り上げれば、それはそれで喜ぶはずだ。
 ところが本作は、ユーモアとスリルとスペクタクルで楽しませながら、ほろ苦い挫折の物語を織り込んできた。
 そこに作り手の哲学がある。
 プロデューサーのフェレル・バロンはこう語る。
---
誰もが人生で何らかの喪失を経験したと思います。時代の変化に直面したり、失恋したり、キャリアを損なったり。多くの人がやり直さなければなりませんでした。本作で、ダスティは農薬散布機には戻れません。彼はそこにとどまらず、前進しなければならないのです。
---

 私が本作に驚いたのはそこだった。
 まだ挫折したことのない子供たちに――時代の変化に直面したり、失恋したり、キャリアを損なったりしたことのない子供たちに――先回りして挫折の経験を説くとは、なんという配慮だろう。

 考えてみればとうぜんのことなのだ。
 挫折してから――たとえば挫折して荒れた生活に堕ちたり、挫折に耐え切れず自殺してから――挫折への対処を説く物語を提示するのでは遅い。まだ挫折を味わう前に、挫折しても人生はやり直しがきくのだと伝えなければならないのだ。
 「挫折を味わう前」がいつなら良いのかは難しいところだけれど、少なくとも本作を観に来た子供たちに遅すぎることはないだろう。挫折を乗り越えるダスティや、様々な過去を持ちながら苦難に立ち向かう隊員たちの姿を、いつか挫折を味わったときに思い起こすに違いない。

 そう、本作が描くのは勝利の先にある挫折と再起なのだ。
 チャンピオンのダスティですら挫折する。ましてや、多くの人はチャンピオンにもなれない。
 それでもピストンピークの隊員たちは消防士として活躍している。
 
 第一生命が日本の幼児・児童を対象に実施した「大人になったらなりたいもの」アンケート調査でも消防士の人気は高いが、911の災禍を経験した米国では消防士が憧れの職業として不動の地位を確立しているという。
 そんな消防士を、本作では消防士一筋に頑張ってきた者としては描かない。それではかっこいいエリートの物語になってしまうからだ。
 挫折を経験した人でも、消防士にまで這い上がれる。
 消防士が憧れの職業だからこそ、そのメッセージが効いてくる。


 加えて本作が強調するのは、専門家の技術力だ。
 交換部品が手に入らず、修理をあきらめざるを得なかったダスティは、メカニックのマルーのおかげで無事に回復する。
 これは安易な展開だろうか。
 そうではあるまい。マルーが回復させたことで、本作は何を否定しているのか。それを考えれば、この展開は必然的だ。

 友人たちの努力は結局のところ実を結ばなかった。
 事態を解決したのは、マルーのメカニックとしての技術力だ。郷里のドッティには直せなかったダスティのギアボックスを、マルーは見事に直してしまった。
 では、ドッティの技術力が劣っていたのか。
 残念ながらそうなのだ。優れた成果を出すには、高い技術が要求される。
 友情篤いみんなが苦労したのにどうにもならないことでも、技術力のあるベテランなら解決できるのだ。ドッティの名誉のために付け加えるなら、農薬散布機等の修理をしてきたドッティと、過酷な災害現場で働くレスキュー隊を修理してきたマルーとでは、求められる技術が違っていたのかもしれないが。

 レスキュー隊のリーダーであるブレード・レンジャーが繰り返しダスティに説くのもそのことだ。
 全力で最高の仕事をしなければ成果は出ない。成果を出すには、全力で最高の仕事ができるようにならねばならない。
 本作は挫折と再起の物語だが、のほほんとしていて再起はできない。技を磨き、能力を高めて、はじめてプロフェッショナルとしてやっていけるのだ。

 農薬散布機からレーサーを目指す前作にしろ、消防士を目指す本作にしろ、転職することには肯定的だ。
 だが、それが必ずしも華麗なる転身なんかじゃないことに本シリーズの特徴がある。
 どんな仕事だって甘くない。
 子供も大人も、本作を通してそのことを噛みしめるだろう。


Planes: Fire & Rescueプレーンズ2/ファイアー&レスキュー』  [は行]
監督/ボブス・ガナウェイ  製作総指揮/ジョン・ラセター
脚本/ジェフリー・M・ハワード
出演/デイン・クック エド・ハリス ジュリー・ボーウェン コリー・イングリッシュ レジーナ・キング ブライアン・カレン ダニー・パルド マット・ジョーンズ カーティス・アームストロング
日本語吹替版の出演/瑛太 近藤春菜 箕輪はるか 金尾哲夫
日本公開/2014年7月19日
ジャンル/[アドベンチャー] [コメディ] [ファンタジー]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : ディズニー映画
【genre : 映画

tag : ボブス・ガナウェイ ジョン・ラセター デイン・クック エド・ハリス ジュリー・ボーウェン コリー・イングリッシュ 瑛太 近藤春菜 箕輪はるか 金尾哲夫

『プレーンズ』は友情、努力、勝利を超えた

 【ネタバレ注意】

 友情、努力、勝利。
 少年ジャンプの作品ならこれらがキーワードになるところだが、『プレーンズ』はちょっと違う。出発点は似ているのに、到達点が異なるのだ。

 主人公ダスティは冴えない農薬散布用飛行機。畑に農薬を撒いて毎日を過ごしながら、いつか世界一周レースで活躍することを夢見ている。
 けれども、農薬散布用飛行機がレース用の飛行機と競うなんて無理。ましてやダスティは飛行機のくせに高所恐怖症だった。高高度を飛行し、ヒマラヤ山脈も飛び越えねばならない世界一周レースに出ようだなんて、誰もが呆れ、反対した。
 だが、ダスティは諦めない。友人たちの協力を得てトレーニングに精を出し、いよいよ予選の日を迎える……。

 こんな調子で紹介すると、ますます少年ジャンプ風だ。
 友情もある。努力もある。もちろん勝利するはずだ。きっとそう思われることだろう。
 たしかに、本作には友情と努力と勝利の三拍子が揃っている。
 けれども、それだけではない。本作は実によく考えられており、奥が深い。

 長年の夢だったレースに参加したダスティは、イギリス代表ブルドッグを危機から救ったり、メキシコ代表エル・チュパカブラの恋路に協力したり、インド代表の美女イシャーニとお近づきになったりしながら、着々と順位を上げていく。
 しかし、高所恐怖症のダスティは嵐が来ても雲上に出られなくて、遂に遭難。機体のあちこちが損傷してしまう。
 もはやレースは続行不可能。リタイアするしかないと思われた。

 そんなときにダスティを支えてくれたのが、彼に恩義を感じていたエル・チュパカブラやブルドッグだった。彼らだけではない。ダスティの行動を観ていた多くの飛行機たちが、彼のために部品を持って集まってくれる。エル・チュパカブラからは翼を、イシャーニからはプロペラを、その他ダスティが装着したこともないような素晴らしい部品の数々が寄せられ、ダスティはレースに復帰する。

 私はこの展開に感心した。
 みんながダスティのために来てくれたのは、彼との友情からではない。
 しばしば行動をともにしたエル・チュパカブラとのあいだには友情があるかもしれないが、他の飛行機とは友だちと云えるほどの関係ではない。ブルドッグやイシャーニを除けば知り合いですらなく、多くの者はダスティの行動を遠くから見て、彼を助ける気になったのだ。

 ここにあるのは「友情」ではなく「評価」だった。ダスティは周囲の評価が高いから、親切にされたのだ。

 きっかけは、ダスティがトラブルに見舞われたブルドッグを助けたことだ。
 それまでブルドッグは農薬散布用飛行機のダスティなんか相手にせず、レーサーは助け合ったりしないもんだと主張して、ダスティに冷たく当たっていた。
 ところがダスティはそんなブルドッグを助けてあげる。友だちだから助けたのではない。相手がまったく交流のない赤の他人でも、ためらわずに助けるのが彼にとっては自然なことなのだ。

 ヒトには強い利他性がある。
 ヒトは日常生活で困っている他人を見ると、たとえそれが自分の知らない人であっても助けてあげたい衝動にかられ、多くの場合何らかの親切を行う性質を持つという。[*1]
 他人に親切にすると脳内でオキシトシンが分泌され、他人に対する信頼感や誠実さ、寛大さが高まり、ストレスが緩和される。同時に副交感神経が刺激され、血圧が下がって脳卒中や脳血管性の認知症のリスクが減るし、免疫力が高まってガンになる率も低くなる。[*2]
 だから、人に親切にすると気分がいいし、健康にもいい。道端で困っている人に声もかけずに通り過ぎてしまうのは、せっかくの気持ち良くなるチャンスをみすみす失うことだ。

 行動経済学ポジティブ心理学の研究でも、他人に親切にすると幸福感が増すことが明らかになっている。

 他人への親切は、自分の気持ちや健康に良いだけではない。
 親切な人には親切にしたくなるのも人間の特徴だ。親切にしてくれた人に対して、された人がお返しするという意味ではない。他人に親切にした人を目にすると、自分が親切を受けたわけでもないのにその人には親切にしたくなるのだ。
 大阪大学の研究グループが5~6歳の幼児を観察したところ、他人に親切にした幼児は、それを見ていた別の幼児から親和行動(仲良くしたいときや、好意を抱いているときに起こる行動)や利他行動(他者に親切にする行動)を受けることが判った。幼児は第三者間のやり取りを観察し、他者の親切さを評価している。その結果、親切を行う幼児は周りの児から親切を受けやすく、自分が親切にした分を周りの児から返してもらえるのだ。[*1]
 ことわざに「情けは人の為ならず」とあるように、他人に情けをかけると巡り巡って自分の利益になる仕組みが人間には本能的に備わっているのだ(これを社会間接互恵性という)。

 人間が進化する過程でこのメカニズムを身につけたのは、それが生存競争に役立ったからだろう。
 他者に親切にしない人は、孤立して、誰の助けも得られないために、生き延びる率が低いはずだ。過酷な環境でも生き残ってこられたのは、親切を広く交換できる人々だけに違いない。
 こうしてヒトの利他的な行動は促進されてきた。
 「親切なヤツ」と評価されたダスティが、みんなから部品を融通してもらえたのは、自然な流れだったのだ。


 本作のさらなる特徴は、勝利が「努力」の結果ではないことだ。
 とうぜん努力はする。努力もなしに勝利できるはずがない。
 けれどもそれだけじゃないのだ。
 頑張ってもできないものはできないことを示した『モンスターズ・ユニバーシティ』のように、ダスティは猛練習にもかかわらず戦績が芳しくない。
 そこでダスティは、重くてかさ張る農薬タンクを外すことにした。遭難後には、みんなが持ってきてくれた部品に換装し、見違えるようにパワフルになった。レース用飛行機たちと伍して戦えるほどのアップグレードだ。
 でも、これではもはや農薬散布用飛行機ではない。
 観客はダスティの変貌ぶりに驚くだろう。物語が進むにつれて、ダスティからはのんびりした田舎の農薬散布用飛行機の面影が消えていき、すっかりレース用飛行機と化してしまう。

 農薬散布用飛行機だって、努力すれば報われる。――これはそんな物語ではない。
 勝つためだったらこれまでの自分だろうがなんだろうがドブに捨てる覚悟がなかったら勝てるわけがない。本作はそういう話なのだ。

 しかも本人だけじゃなく、チームが連携しながらライバルに関するデータを収集し、分析し、強みと弱みを把握して、知略の限りを尽くすことで、ようやく勝利を手に入れる。
 まかり間違っても、机上の計算で勝てる見込が立たないのに頑張れば意外にも勝利する、なんてことにはならない。
 本作は、勝利をもたらす要因を冷静に考えた上で組み立てられているのだ。

 もちろん、努力や気の持ちようの重要性をアピールすることも怠らない。
 本作のクライマックスは、ダスティがレースに勝つことではない。彼の弱点である高所恐怖症を克服するのが最大の山場だ。
 そこに、飛べない飛行機スキッパーが再び空を舞うようになることを重ね合わせて、より強調している。

 加えて本作は、これまた『モンスターズ・ユニバーシティ』と同様に、頑張ってもできない人は別のことに適性があるかもしれないと説く。
 農薬散布を心の底から楽しんでいる同僚レッドボトムに比べて、農薬散布に興味が湧かないダスティはこの仕事に向いてないのかもしれない。
 そして、決められた仕事以外のこともできるんだと証明したいダスティの許に、志を同じくするクルマや飛行機たちが集まってくる。彼らはダスティを応援するために来てくれたのだ。
 そこには、決められた仕事だけで評価しないでくれという悲痛な叫びが込められている。

 今の仕事は楽しくないかもしれず、たいして成果を出せないかもしれない。
 そんな人でも、別のことには適性があるのではないか。
 だったら挑戦してみよう、別のことに。探ってみよう、可能性を。

 私を一つの評価軸だけで測らないでくれ。ダスティを取り巻く者たちは、そう訴えている。


[*1] 大阪大学大学院人間科学研究科 行動生態学講座 比較発達心理学研究分野 2013年8月8日リリース
  「情けは人の為ならず」を科学的に実証 ―親切が広く交換される仕組みを幼児の日常生活で初めて確認―

[*2] セロトニンとオキシトシンで毎日が変わる  鎌田實氏が語る「今、日本に必要な新・脳内革命」


プレーンズ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]プレーンズ』  [は行]
監督・原案/クレイ・ホール  製作総指揮・原案/ジョン・ラセター
脚本・原案/ジェフリー・M・ハワード
出演/デイン・クック ステイシー・キーチ ブラッド・ギャレット ヴァル・キルマー テリー・ハッチャー ダニー・マン アンソニー・エドワーズ
日本語吹替版の出演/瑛太 石田太郎 井上芳雄 仲里依紗
日本公開/2013年12月2日
ジャンル/[アドベンチャー] [コメディ] [ファンタジー]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : ディズニー映画
【genre : 映画

tag : クレイ・ホール ジョン・ラセター デイン・クック ステイシー・キーチ ブラッド・ギャレット ヴァル・キルマー 瑛太 石田太郎 井上芳雄 仲里依紗

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示