『くちづけ』 エンドクレジットが短すぎる!

 エンドクレジットが短すぎる!
 どんなに泣いても今どきの延々と続くクレジットなら場内が明るくなる頃には泣き止むのに、本作はまだ泣いてるうちに映画が終わってしまう。どうりで前回の観客が泣きながら出てきたわけだ。
 丸の内TOEIは上映が終了してもしばらく明かりを点けずにいてくれたけど、それでも『くちづけ』には短すぎた。トイレに行くと誰も彼もが頬を拭っている。

 帰宅してからインターネットで『くちづけ』の予告編を見たら、また涙がこぼれてきた。よせばいいのに『くちづけ』の主題歌「グッド・バイ・マイ・ラブ」を聴くと、もう涙が止まらない。
 映画の基になった東京セレソンデラックスの舞台は観てないけれど、なるほど「舞台史上一番泣ける」と話題になるのももっともだ。
 かつて『歌姫』に号泣した私は、同じ宅間孝行作だから『くちづけ』にも泣いてしまうだろうと覚悟していたが、それでもこんなに涙が溢れるとは思わなかった。
 
 舞台『くちづけ』が韓国で上演されたのもよく判る。
 日本人はシャイなのか、あざとく泣かそうとはしない。日本にもこれでもかと泣かせようとする作品はあるものの、韓国映画のあの手この手の泣かせ方にはなかなか叶わない。
 でも『くちづけ』ならば、そんな韓国においても一歩も引けを取らないだろう。

 だからこそ、堤幸彦監督がオファーされたに違いない。
 堤幸彦監督はヒットメーカーとして知られるけれど、私が一番感心するのは徹底して素材を活かしていることだ。マンガが原作ならマンガらしく、実話の映画化ならあくまでリアルに、元ネタに合わせて変幻自在にタッチを変える。だから、どんな素材でも取り組むことができるのだろう。
 公式サイトによれば、映画『くちづけ』ではできるだけ舞台に近く撮ろうとしたという。もちろん土砂降りの雨が降ったり、カメラが動き回ったりと、映画ならではのことも盛り込んでるが、けっして作品世界を壊してはいない。
 堤監督は2010年の東京セレソンデラックスの公演を観ていたそうだし、舞台版の作・演出を務めた宅間孝行氏も「監督が作品を本当に愛してくれていたので根本的な方向性は同じでした」と語っている。

 登場人物が劇中で口ずさむ主題歌も、舞台版と同じ「グッド・バイ・マイ・ラブ」だ。
 なかにし礼作詞、平尾昌晃作曲のこの歌は、1974年にアン・ルイスさんが歌ってヒットした。以来、どれだけの歌手がカバーしたことだろう。
 本作では舞台版ののあのわに代わり熊谷育美さんがカバーしている。

  忘れないわ あなたの声
  優しい仕草 手のぬくもり
  忘れないわ くちづけの時
  そうよあなたの あなたの名前

  もちろんあなたの あなたの名前

 本作の題を含んだこの歌詞は、劇場を後にする観客の耳にいつまでも響き続けることだろう。
 この哀しい物語が現実の新聞記事に基いて創られたということに、胸が締めつけられる。


くちづけ [Blu-ray]くちづけ』  [か行]
監督/堤幸彦  原作・脚本/宅間孝行
出演/貫地谷しほり 竹中直人 宅間孝行 田畑智子 橋本愛 麻生祐未 平田満 嶋田久作 岡本麗 伊藤高史 谷川功 屋良学 尾畑美依奈 宮根誠司 万田祐介
日本公開/2013年5月25日
ジャンル/[ロマンス] [ドラマ]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : ★おすすめ映画★
【genre : 映画

tag : 堤幸彦 貫地谷しほり 竹中直人 宅間孝行 田畑智子 橋本愛 麻生祐未 平田満 嶋田久作 岡本麗

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示