『セデック・バレ』 これが抗日事件の着地点か!?

 日本一高い山はどこだろう?
 今では誰もが富士山と答えるだろうが、68年前までは新高山(にいたかやま)――現在の玉山(ユイシャン)だった。台湾中央部のこの山は、標高3,952mで富士山の3,776mを凌いでいる。
 日本を云い表すのに、しばしば「四方を海に囲まれた島国」という表現があるけれど、第二次世界大戦が終わるまでは島もあれば大陸の一部もある、複雑な地理の国だった。

 したがって、戦前、戦中、そして戦後しばらくの日本映画を、現在の日本国を念頭に観ると作品の意図を見誤る。
 そう指摘したのが、與那覇潤著『帝国の残影 兵士・小津安二郎の昭和史』だ。この本では、中国戦線への従軍経験を持つ小津安二郎監督が、現在の日本に相当する内地とその他の外地に離ればなれになった家族(あるいは久しぶりに再会した家族)を通して描こうとしたものを解題している。

 ウェイ・ダーション監督もまた、日本との関係の中で捉えた台湾を撮り続けている人だ。
 初監督作『海角七号(かいかくななごう)/君想う、国境の南』(2008年)は、日本人と台湾人の恋を歴史を絡めて描き出し、台湾歴代映画興行成績の第2位を記録するヒットを飛ばした。この映画は甘いラブストーリーで、日本人がこそばゆくなるほど親日感たっぷりだった。

 ところが同監督の新作『セデック・バレ』では、台湾の原住民族のひとつセデック族が1930年に起こした抗日暴動事件を取り上げたという。
 前作とはあまりにもギャップが大きい題材に驚いたが、それ以上に注目したのは、いち早く台湾で鑑賞した福島香織氏の「抗日事件を題材にしながらも反日映画ではなかったと思う。誤解を恐れずに言えば、むしろ親日映画かもしれない。さらに言えば、ひょっとすると反中華映画かもしれない。」という記事だ。
 抗日事件を題材にしながら親日映画とはどういうことか。

 本作が大ヒットした台湾の世相や、本作に対する中国(大陸)メディアの反応については、福島香織氏の記事『日本人を文明人として描きすぎた? 台湾発「セデックバレ」は反日映画か』に詳しい。
 映画を完成させるのは作り手の情熱の大きさだろうが、それがヒットして、あまつさえ多くの映画賞を受賞するのは、社会に受け入れる下地があればこそだ。その政治的な解釈については同記事を参照されたい。


 台湾での公開から1年半、待ちわびていた『セデック・バレ』がようやく日本でも封切られた。
 抗日事件を題材にしながら反日映画でないことは、たしかに冒頭から感じられる。
 映画は清国と日本が下関条約を締結するところからはじまる。台湾が日本に割譲されたこの出来事を描くに当たり、判りやすくストレートな演出が持ち味のウェイ・ダーション監督は、日清戦争の敗者・清をひどく惨めに、勝者・日本を壮麗に描写する。
 その後の日本軍が台湾を制圧するシークエンスでも、日本軍の犠牲となるセデック族らを描くと同時に、伝わってくるのは日本の圧倒的な軍事力と段違いの文明の力だ。残虐な描写もあるものの、日本を卑しめようとする意図は見られない。

 4時間36分に及ぶ映画は二部構成となっており、第一部は日本の圧制に耐えかねたセデック族が蜂起するまで、第二部は日本の警察及び軍隊と激突したセデック族の運命を描いている。
 とうぜん映画が強調するのはセデック族の気高さ、勇猛さなのだが、セデック族が強ければ強いほど、勇敢であればあるほど、そのセデック族ですら倒せない日本の凄さも強調される。
 抗日事件を題材にしながらこんな描き方があるのかと、私はとても驚いた。

 この映画を実現するために10年以上を費やしたウェイ・ダーション監督は、事件の描き方にずいぶん悩んだそうだ。パンフレット掲載のインタビューで、その苦労を吐露している。
---
これは絶対映画にしなくてはと脚本に取りかかりましたが、そこで台湾と日本の歴史の中で誰が善人で誰が悪人なのか、分からなくなってしまいました。(略)自分の立場はどこなのか、どう描いていいか悩んでしまった。そして、広い視野でこの霧社事件を捉えようと決めました。それは文化と信仰の衝突という描き方です。太陽と虹をそれぞれ信仰する者たちが山の中でぶつかったという描き方ならできると思いました。
---

 映画の第一部と第二部には、それぞれ『太陽旗』と『虹の橋』という副題が付いている。
 太陽旗とはすなわち日章旗や旭日旗のことであり、太陽神アマテラスを信仰した日本人を表す。
 他方、虹の橋はセデック族の信仰を表す。彼らは虹の橋の向こうに祖先が待っていると信じており、死後は勇者として虹の橋を渡ることを夢見ている。

 ダーション監督は両者の衝突を描くべく、セデック側、日本側ともに多数の人物を配置し、きめ細かいエピソードを織り込みながら重層的にドラマを展開した。
 劇中には、原住民族を蔑視する日本人や卑しい日本人が登場する一方で、友好に努めようとする日本人もいる。原住民族も一枚岩ではないし、その殺戮は日本人に劣らず残虐だ。
 4時間36分という長尺は、映画が一面的にならないためにどうしても必要な時間だったのだろう。

 この歴史ドラマのため、セデック族のキャストに実際の原住民族を起用し、日本側にも多数の日本人俳優を配しているのも特徴だ。本当にそれぞれの文化を背負った人が演じているから、その言動に嘘がない。少なくとも、こんな日本人いるもんかと思うことはない。

 日本人のキャラクターで特に印象的なのが、安藤政信さん演じる小島源治巡査だ。
 『海角七号/君想う、国境の南』の「小島」なる人物があまりにも抒情的に表現されていたので、日台関係史の重要な位置に「小島」という人が実在したのだろうかと気になっていたが、本作でその疑問が氷解した。
 多くの日本人が原住民族を蔑視する中、小島源治巡査は担当域の原住民族と良好な関係を築き、抗日暴動事件では原住民族を味方に付けた。
 『海角七号/君想う、国境の南』の制作前から本作の完成に向けて努力していたウェイ・ダーション監督にとって、日台交流を象徴する人物に「小島」と名付けるのはごく自然なことだったに違いない。


 面白いのは、日本側の登場人物だけでなく、セデック族の登場人物にも私たち日本人が大いに感情移入できることだろう。
 もちろん、どこの国の映画を観たって、主人公には感情移入できるものだ。
 だが本作では、異なる文化と信仰の衝突が題材と云いながら、セデック族の文化や信仰が日本のそれとよく似ているのだ。
 一見すると、日本とセデックの習俗は違って見えるのだが、セデック族の祖先崇拝や、掟を重視する「動機オーライ主義」や、すぐに集団自決すること、入れ墨や首狩りの風習等が、まるで日本人のようなのだ。

 祖先崇拝については説明するまでもないだろう。
 日本人は、寺にお参りに行ったりして仏教徒の真似をしているが、家では仏像よりも肉親や祖父母の位牌を目立つように置き、うら盆だの彼岸だの仏教用語を口にしながら祖先の霊を祀っている。最高神アマテラスだって、皇室の祖先という位置付けだ。
 セデック族の「祖先に恥じないように」というセリフは、日本人が「死んだお祖母ちゃんが見ているぞ」と云うのと何ら変わることがない。

 そして、勝ち目がなくても立ち上がるセデック族の戦いは、まさに「動機オーライ主義」だろう。
 動機がピュアであるならば結果の成否を問わない「動機オーライ主義」は、日本人を第二次世界大戦へと突っ走らせ、悲惨な結果をもたらした。その源流を陽明学に求める説があるけれど、陽明学を知るよしもないセデック族が古くからの掟を重視して無謀な戦いに飛び込んでいく姿を見ると、東アジアに広がる「動機オーライ主義」の根深さを感じずにはいられない。

 いかにセデック族が勇猛で機略に富んでいても、300人の戦士では日本軍に敵わないことは火を見るよりも明らかだ。
 本作で凄惨なのは、勝ち目のないセデック族が次々と集団自決するところだろう。
 集団自決は、バンザイクリフや沖縄や樺太で日本人も経験してきた。セデック族が自決する心情は、日本人にもよく判るのではないか。

 また、戦いで敵を倒したセデック族が勇者として入れ墨をするシーンにも、日本人は親近感を抱くだろう。
 縄文時代の土偶の全身が文様で覆われていることや、『魏志倭人伝』に倭人は入れ墨していると書かれていることからも判るように、古来から入れ墨は日本人に馴染み深いものである。
 今でこそ入れ墨は暴力団員の特徴のようにみなされているが、桜吹雪を彫った遠山の金さんはいまだ庶民のヒーローだ。
 セデック族が敵の首を狩るシーンも、時代劇で首実検やさらし首を見慣れている日本人にとっては野蛮でも何でもない。


 かように日本人によく似た文化・習俗を持つセデック族と対峙して、河原さぶさんが演じる鎌田陸軍少将は、日本人が100年前に忘れた武士道をセデック族の中に見出す。
 現実に鎌田少将が武士道のことを口にしたかどうかは判らないが、これはウェイ・ダーション監督からセデック族への、そして日本人への賛辞であろう。

 『Bushido: The Soul of Japan(武士道)』は、米国在住の新渡戸稲造が日本にも西洋の騎士道に対比できるものがあると欧米人に説明するために、1900年に英語で刊行した本だ。新渡戸稲造は農学者のキリスト教徒であり、武士でも何でもなかったが、新興国日本への関心が高まっていた当時、この本は各国でベストセラーになった。ここから「武士道」は世界の知るところになる。[*]

 武士道の実態はいざ知らず、日本人の精神性を表すものとして知られる武士道のことを本作で語らせたのは、セデック族が繰り返し口にする「セデック・バレ(真の人)」を観客に判りやすく伝えるためだろう。新渡戸稲造が騎士道になぞらえて武士道を説明したように、ウェイ・ダーション監督は武士道になぞらえてセデック・バレを説明したのだ。
 日本人がセデック族を武士道に例えて称賛するのは、両者が同じ精神性を有することの表明に他ならない。それは称えられたセデック族のみならず、称えた日本人をも尊重することになるだろう。

 これが抗日暴動事件を描いた映画の着地点かと、私は驚くとともに感銘を受けた。
 なるほどこれは親日映画と云っても過言ではない。
 この映画を完成させたウェイ・ダーション監督以下スタッフ・キャストの努力に応えるためにも、本作の日本でのヒットを切に願う。


 なお、早くもウェイ・ダーション監督は次回作の制作を進めているという。
 新作『KANO』は、1931年の夏の甲子園を舞台に、日本人、漢族、原住民族からなる台湾の農林学校野球部の大活躍を描くという。
 今から完成が楽しみだ。


[*] 「武士」像や「日本人論」の成立と普及については、次の文献を参照されたい。
   橘玲 (2012) 『(日本人)』 幻冬舎


セデック・バレ 第一部:太陽旗/第二部:虹の橋【豪華版 3枚組】[Blu-ray]セデック・バレ』  [さ行]
監督・脚本/ウェイ・ダーション
出演/リン・チンタイ ダー・チン 安藤政信 ビビアン・スー シュー・イーファン 田中千絵 木村祐一 河原さぶ 春田純一 マー・ジーシアン ルオ・メイリン ランディ・ウェン ティエン・ジュン リン・ユアンジエ スー・ダー
日本公開/2013年4月20日
ジャンル/[ドラマ] [アクション] [歴史劇]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 台湾映画
【genre : 映画

tag : ウェイ・ダーション リン・チンタイ ダー・チン 安藤政信 ビビアン・スー シュー・イーファン 田中千絵 木村祐一 河原さぶ 春田純一

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示