『ゼロ・ダーク・サーティ』 スパイアクションを楽しもう

 ハリウッド映画と聞いて、芸術性の高い作品や難解で思弁的な作品を期待する人は少ないはずだ。たいていの人はハリウッドに、判り易くて面白く、手に汗握ったりワクワクする作品を求めていよう。
 特にアクション映画はハリウッド得意の分野である。
 往年のアクションスターが大集合した『エクスペンダブルズ』はヒットしたし、その続編は一作目を上回るヒットを記録した。『ダイ・ハード』シリーズは遂に五作目『ダイ・ハード/ラスト・デイ』に突入し、そこでは『ゴジラの息子』よろしく主人公の息子までもがアクションに参加している。
 両シリーズに限らず、ハリウッドはこれからも続々とアクション映画を世に送り出すことだろう。

 それはすなわち、昔も今もハリウッド(の一部)にはアクション映画が期待されているということでもある。
 キャスリン・ビグロー監督も、その期待に応えるべく映画作りに取り組んでいる一人だ。
 実話に取材した『ゼロ・ダーク・サーティ』と、筋肉隆々のアクションスターが活躍する『エクスペンダブルズ』や『ダイ・ハード/ラスト・デイ』では、いささかテイストが異なるように思える。
 しかし、物語の骨格は変わらない。
 自国に仇なす敵をやっつけるため、他国に出向いて悪い奴らをバッタバッタとなぎ倒す。現実はともかくとして映画の世界では万能のCIAが陰に日に支援してくれるので、主人公たちは必ず勝利する。観客が求めているのは痛快なアクションだから、深いことは考えない。
 『ゼロ・ダーク・サーティ』と『エクスペンダブルズ』1&2と『ダイ・ハード/ラスト・デイ』の共通点を具体的に挙げてみよう。

・主人公とその仲間は自国人。
・敵は他国にいるので、主人公たちがその国へ乗り込んでいく。
・他国では暴れ放題。他国にも法律はあるのだが、主人公たちが殺人、傷害、器物損壊等の罪に問われることはない。
・敵の描写は薄っぺら。本当はいちいち敵なんか描きたくないのだろうが、敵の強さや残虐さを伝えないと観客が主人公に感情移入できないので、最低限の描写だけ挿入する。敵が名高いテロリストなら、観客に説明の必要がないから好都合だ。
・他国の敵はいくら殺しても構わないけど、自国人に犠牲が出ると悲しむ。
・体制批判はしない。しばしば悪役扱いされるCIAも、ここではおおむねイイ奴。

 共通点というほどのものでもない。これらは桃太郎の鬼退治でも見られる要素であり、昔から人々に喜ばれるお話をなぞっているにすぎない。
 だから、『ダイ・ハード/ラスト・デイ』に対して「殺さずに法の裁きを受けさせろ」とクレームを付けたり、『エクスペンダブルズ』を観て「主権国家体制を損なっている」と目くじらを立ててもしょうがない。作り手も観客も、ほんの2時間退屈せずに済む刺激的な映像を求めているにすぎないのだ。

 これらの要素が『ゼロ・ダーク・サーティ』にも溢れているのは、作品の狙いが同じだからだろう。
 パスカル曰く、人生とは暇潰しである。人生のうちの2時間前後を映画に捧げるのだから、せいぜい気軽に楽しめるのが良い。
 一見すると『ゼロ・ダーク・サーティ』は、『エクスペンダブルズ』や『ダイ・ハード/ラスト・デイ』と違って見えるけれど、そこがキャスリン・ビグロー監督の手腕だろう。
 筋肉隆々のアクションスターを配し、武器弾薬を派手に使って爆発炎上させる代わりに、ビグロー監督が行ったのはリアリズムという味付けである。現実の事件を題材に、CIAに取材して、娯楽映画としてはリアルな作りを目指した(それでも本作が極めて不正確で誤解を与えるとの批判もあるが)。
 前作『ハート・ロッカー』において、戦争アクションに社会派ドラマの装いを施すことで幅広い観客にリーチした経験を活かしたものだろう。

 この点、時代がビグロー監督に味方したとも云えよう。
 これまでは、リアリズムを追求したスパイアクションは撮れなかったはずだ。なぜならスパイの本分はアクションではないのだから。
 過去のスパイ事件を題材にした映画を観ればよく判る。『フェアウェル さらば、哀しみのスパイ』にも『裏切りのサーカス』にも、アクションシーンなんてありはしない。ときには死者が出るものの、情報機関の活動のほとんどは地味な情報収集と分析であり、派手なアクションの出る幕はない。『007/サンダーボール作戦』や『007は二度死ぬ』のクライマックスなら、戦闘部隊を投入しての大決戦になるが、ああいうことをしたくても情報機関には兵隊がいなかったのだ。
 ところが、911テロ以降CIAの性質が変わってきた。無人機による攻撃等の軍事色の強い作戦を遂行したり、かつて予算を獲り合うライバルだった国防総省と協力するようになったのだ。オバマ米大統領を「秘密戦争の司令官」と呼ぶ菅原出氏は、次のように語る。
---
オバマ大統領は、イラクから米軍部隊を撤退させ、アフガニスタンからも正規軍を撤収させる一方で、無人機を使った暗殺作戦、特殊部隊を使ったテロリスト掃討作戦、そしてサイバー攻撃による敵の重要施設の破壊・妨害工作といった秘密作戦は激化させました。
---
 情報収集と分析をする集団から戦闘集団へと変貌したCIAの指揮の下、海軍特殊部隊ネイビーシールズが実行したウサーマ・ビン・ラーディン殺害こそは、「スパイ」と「アクション」が現実に融合した出来事だ。
 リアルな「スパイアクション」を描き、しかも米国の勝利で締めくくれる。ハリウッドの映画人にとって、これほどおいしい題材はないだろう。

 しかも制作したのは大統領選挙を控えた時期。ウサーマ・ビン・ラーディン殺害を「成果」としてアピールしたいオバマ陣営にとって、本件の映画化はまたとない宣伝になる。
 レオン・パネッタCIA長官やベン・ローズ戦略広報担当大統領副補佐官(いずれも当時の役職)らの全面的な承認と後押しの下で、ビグロー監督や脚本家のマーク・ボールへのブリーフィングが行われ、マイケル・ヴィッカーズ国防次官(インテリジェンス担当)みずからがCIAのオフィサーやシールズの隊員へのインタビューなどもアレンジしてくれたというのだから、まさに至れり尽くせりだ。

 とはいえ、少々やり過ぎたのだろう。キャスリン・ビグロー監督は国家機密にアクセスした疑いで非難され、これを否定する声明を発表しなければならなかった。
 CIAも映画公開直後の2012年12月21日に、マイケル・モレル長官代行の名前で「『ゼロ・ダーク・サーティー』は事実の現実的な描写ではなく、戯曲化されたものだ」との声明を発表せざるを得なかった。
 けれども声明の弱々しい否定ぶりから、菅原出氏はかえって「映画としての脚色はあるものの、実はかなり真実に近い内容になっているのではないか」と睨んでいる。

 いずれにしろ、ハリウッドは「リアルなスパイアクション」という新たな娯楽分野を手に入れた。
 本作は、クルマを破壊しまくるカーチェイスやスター俳優の肉弾戦がなくても、暇潰しに充分なスパイアクションが撮れることを証明している。

 ただ困るのは、他国に乗り込んで大暴れなんて『エクスペンダブルズ』のような真似を、米国政府が本当にやっていることだ。
 ウサーマ・ビン・ラーディン殺害の現場となったパキスタンでは、『ゼロ・ダーク・サーティ』は上映禁止だ。
 当然だろう。他国の部隊が勝手に領内に入り込み、人を殺しまくった挙句に黙って出ていくなんて、当事国として許せるはずがない。そんな映画を上映したら、どんな騒動が起こるかも判らない。
 映画が楽しいのは、あくまでも単に映画でしかないからだ。

参考資料
 国際政治のプロたちは必見といわれるビン・ラディン暗殺映画『ゼロ・ダーク・サーティー』
 CIAが異常なまでに映画制作に協力


 この10年間で一番変わったCIA
 調査集団から戦闘集団へ変貌



ゼロ・ダーク・サーティ(監督:キャスリン・ビグロー 主演:ジェシカ・チャステイン、 ジェイソン・クラーク) [DVD]ゼロ・ダーク・サーティ』  [さ行]
監督・制作/キャスリン・ビグロー
出演/ジェシカ・チャステイン ジェイソン・クラーク ジョエル・エドガートン ジェニファー・イーリー マーク・ストロング カイル・チャンドラー エドガー・ラミレス ジェームズ・ガンドルフィーニ クリス・プラット ハロルド・ペリノー レダ・カテブ
日本公開/2013年2月15日
ジャンル/[サスペンス] [戦争] [アクション]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : アメリカ映画
【genre : 映画

tag : キャスリン・ビグロー ジェシカ・チャステイン ジェイソン・クラーク ジョエル・エドガートン ジェニファー・イーリー マーク・ストロング カイル・チャンドラー エドガー・ラミレス ジェームズ・ガンドルフィーニ クリス・プラット

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示