『テッド2』は踏絵を迫る

テッド2 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray] 待ちに待ってた『テッド2』の公開だ!
 エイプリルフールの記事じゃない。正真正銘、『テッド』の続編である。

 なにしろサム・J・ジョーンズがいきなり登場してくれるのだから、それだけでテンションは最高潮だ。
 『テッド』は1980年の傑作SF映画『フラッシュ・ゴードン』への愛に満ちた作品だった。そしてフラッシュ・ゴードンを演じたサム・J・ジョーンズが、映画と同じく金髪に染めて出演するだけでフラッシュのファンには感涙ものだった。
 同じことはしないだろうな、と覚悟して『テッド2』に臨んだが、セス・マクファーレン監督はやってくれた。冒頭からサム・J・ジョーンズが「FLASH」の刺繍入りローブで登場し、このシリーズに欠かせないキャラクターであることを示してくれた。

 しかも、『テッド』のときはジョンの妄想の中だけでサム・J・ジョーンズがフラッシュ・ゴードンに扮したのに、本作ではリアルなサムがフラッシュ・ゴードンのコスチュームを着て大暴れしてくれる。
 マクファーレン監督の前作『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』も、表面的には『フラッシュ・ゴードン』の「フ」の字も見せないながら、その実、『フラッシュ・ゴードン』をほぼそのまま西部劇に移植した内容で、『フラッシュ・ゴードン』ファンがニヤリとせずにはいられない映画だった。
 さすがセス・マクファーレン監督、どこまでいっても期待を裏切らない。

 相変わらずの映画ネタの数々に、私ごときはほとんどついていけないけれど、『フラッシュ・ゴードン』だけじゃなく、『スター・ウォーズ』のダース・ベイダーやオビ=ワン・ケノービやストーム・トルーパーや『新スタートレック』のピカードやウォーフやボーグや『フィフス・エレメント』のリー・ルーや『チャイルド・プレイ』のチャッキーや『ミュータント・タートルズ』のラファエロや、超サイヤ人やゴジラ等々が入り乱れての展開には茫然自失だ。ゆゆゆ夢のような賑やかさだ。
 サム・J・ジョーンズが本人役で出たように、ウォーフのコスプレをウォーフ役のマイケル・ドーン本人にやらせたり、マクファーレン監督の悪ノリには際限がない。

 クイーンの楽曲の使用料が高かったのか、本作に『フラッシュ・ゴードン』のサントラが流れないのは寂しいが、溢れんばかりのパロディやオマージュシーンでここぞとばかりに本物の楽曲を使うのはさすがである。
 ジョンとテッドが一面のマリファナ畑に感動するシーンは、『ジュラシック・パーク』でアラン・グラント博士とエリー・サトラー博士が恐竜の群れに感動するシーンの忠実な再現だ。ここですかさずジョン・ウィリアムズ作曲のテーマ曲が流れるのだからたまらない。自然と科学が生み出す驚異に心を奪われる『ジュラシック・パーク』の名シーンも、マクファーレン監督にかかれば不良中年と不良テディベアの欲望丸出しのシーンになってしまう。よくもまぁこんな捻じ曲げ方をするものだと笑いが止まらない。


 アカデミー賞授賞式の品のない司会で酷評と高視聴率の両方を手にしたセス・マクファーレンの下品で傍若無人なネタも、ますます磨きがかかったようだ。
 9・11テロの悲劇や名優ロビン・ウィリアムズの死を芸人イジメのネタにするなんて、そうそうできるものではない。ちなみにセス・マクファーレン監督とジョン役のマーク・ウォールバーグは、偶然にも9・11テロ(2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件)の犠牲になった四機の旅客機の一つ、ワールドトレードセンターの北棟に激突したアメリカン航空11便に搭乗する予定だった。マーク・ウォールバーグは直前に予定を変え、セス・マクファーレンは二日酔いで乗り遅れたために難を逃れたという。

 芸人イジメのシーンには私も笑っていられたのだが、ジョギングする人に屋上から果物を投げつけるのはあんまりだと思った。ジョンもテッドも新ヒロインのサマンサも、転ぶ人を見て楽しんでいる。私はちっとも笑えなかった。
 総じてジョンとテッドの悪ふざけは第一作を上回っている。第一作ではヒロインのロリーが常識人だったから、ジョンとテッドの良心(ジミニー)として歯止めになってくれたけれど、本作のサマンサはジョンやテッドと一緒になって悪ふざけするので、もうどうにも止まらない。初期の構想ではロリーも登場するばすだったが、予定していたストーリー――ジョンとテッドが国境をまたいでマリファナを密輸しようとする珍道中モノ――とそっくりな映画『なんちゃって家族』が他社から公開されたので、構想の練り直しを迫られたという。

 新たに構想する過程で、テッドの悪行はよりエスカレーションしたに違いない。
 それがひどすぎるのは、劇中でモーガン・フリーマン演じる弁護士にも指摘される。自分の権利を主張するなら、もっと世のため人のために貢献しなさいと諭される。
 観客も、これはもっともな指摘だと感じるのではないだろうか。テッドとジョンは無茶苦茶だ。救いの手を期待するなら、相応に立派な行いをするべきだ。因果応報というではないか。
 一瞬でもそう思ったなら、あなたはセス・マクファーレン監督の手玉に取られている。私は弁護士が云うことにも一理あると少しだけ思ってしまった。悔しい。これはセス・マクファーレンが突き付ける踏絵なのだ。


テッド&テッド2 ブルーレイ・パック(初回生産限定) [Blu-ray] 『テッド2』の下敷きになっているのは「ドレッド・スコット対サンドフォード事件」である。
 『なんちゃって家族』とネタが被って再構想に迫られたマクファーレン監督は、ジョン・ジェイクスの小説にインスピレーションを得たという。
 私にとってジョン・ジェイクスはマイナーなSF作家のイメージで、60年代のスペースオペラ再ブームの頃に書かれた第二銀河系シリーズくらいしか読んでいないのだが、アメリカ本国では歴史小説の書き手として知られるらしい。マクファーレン監督が読んでいたのもジョン・ジェイクスが80年代に書いた『The North and South trilogy(南北戦争物語)』だ。

 ドレッド・スコットは1790年代の米国に生まれた奴隷である(生年には諸説ある)。彼の所有者ピーター・ブロウは農場経営に失敗し、軍医ジョン・エマーソンに彼を売り払った。ジョン・エマーソンは従軍して米国各地を転々とし、滞在先にはイリノイ州やウィスコンシン準州のような自由州(奴隷制を禁止した州)もあった。ウィスコンシン準州に住んでいた頃、ドレッド・スコットは奴隷のハリエット・ロビンソンと結婚した。ジョン・エマーソンの死後はその未亡人がドレッド・スコットを所有した。ドレッド・スコットは自由を求めて訴えを起こしたが、州最高裁判所は彼の訴えを認めなかった。やがて未亡人の兄弟ジョン・サンフォードがドレッド・スコットの所有者となり、ドレッドの自由を求める戦いは連邦最高裁判所に持ち込まれた。
 1857年、ロジャー・トーニー裁判長は次の判決を下した。

 ・自由州に住んだことがあるからといって、ドレッドが自由人になったわけではない。
 ・誰であれ黒人は合衆国の市民とは言えず、裁判所に訴訟を起こす資格を持たない。

 判決は各方面から非難を浴びた。ドレッド・スコットが奴隷だとすれば、彼には結婚(法的な契約関係を結ぶこと)をする権利すらないことになる。
 この判決は奴隷制の賛否を巡る対立を激化させ、1861年の南北戦争へと繋がった。

 ジョン・ジェイクスの本を読んだセス・マクファーレン監督は、高校の歴史の授業で学んだドレッド・スコットのことを思い出し、テッドの権利と地位の物語を考えついたという。
 本作は、一見するとクマのぬいぐるみの人権問題だ。ぬいぐるみに人権があるかどうかを議論するなんて、コメディには打ってつけに思える。
 しかし、その本質はテッドが何者かということではない。人間的と感じられるかどうか、その極めて主観的な判断と、人間として扱うか否か、人権を認めるか否かを混同する恐ろしさだ。

 1857年の判決の頃、奴隷制を肯定する人にとってドレッド・スコットは所有物でしかなかった。黒人を人間扱いする必要はなかったのだ。
 同様に、女なんかに参政権は必要ないと思われた時期もあった。今も女に教育は必要ないと云う人がいる。
 これらはすべて、主観的な判断で権利の有無を決めるものだ。黒人であること、女性であること、それらが権利を制限する根拠になると思っている。

 西洋化が進んだ国ならば、それではいけないということを多くの人が理解しているはずだ。
 西洋で発明された「人権」という概念はその適用範囲をどんどん広げ、いまや人種、民族、性別、その他なにものによっても差別してはいけないことになっている。誰もが平等ということは、その人が善良か否か、社会に貢献したか否かは関係ないということだ。
 なのに私は、テッドの素行が悪すぎると思ってしまった。こんなに悪ふざけするクマは、愛想を尽かされるのもとうぜんだと思ってしまった。素行が悪いなら、戒めたり改めさせたりするべきなのに、人権を認めないことと混同してしまった。セス・マクファーレン監督に人権意識の薄っぺらさを見透かされたようだった。

 社会に貢献しないことが、人間的に立派じゃないことが、少しでも人権に影響すると思うなら、それは人種や民族が違うから権利を制限していいと考えるに等しい。そこに本当の正義はない。
 本作は観る者の正義を試す踏絵なのだ。


テッド2 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]テッド2』  [た行]
監督・制作・脚本/セス・マクファーレン
脚本/アレック・サルキン、ウェルズリー・ワイルド
ナレーション/パトリック・スチュワート
出演/マーク・ウォールバーグ アマンダ・セイフライド セス・マクファーレン ジョヴァンニ・リビシ サム・J・ジョーンズ ジョン・スラッテリー モーガン・フリーマン ジェシカ・バース リーアム・ニーソン
日本公開/2015年8月28日
ジャンル/[コメディ]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : コメディ映画
【genre : 映画

tag : セス・マクファーレン マーク・ウォールバーグ アマンダ・セイフライド ジョヴァンニ・リビシ サム・J・ジョーンズ ジョン・スラッテリー モーガン・フリーマン ジェシカ・バース リーアム・ニーソン

『テッド』 『フラッシュ・ゴードン』を継ぐ者

 「サム・ジョーンズがウチに来てるぞ!」
 その電話に私は耳を疑った。スクリーンの中でも主人公ジョンが目を丸くしている。
 電話の向こうでテッドがまくし立てた。「早く来いよ。サム・ジョーンズは俺たちの導師だろ。」

 それを聞いたら断れるはずがない。ジョンが何もかも放り出してクルマを走らせるのは当然だ。ジョンの頭の中では、映画『フラッシュ・ゴードン』の主題歌のB面にもなった「フットボール・ファイト」が鳴り響き、サム・J・ジョーンズの登場シーンが駆け巡る。
 客席でスクリーンを見つめる私も、あまりのことにドキドキした。クマの縫いぐるみが動き出すという触れ込みのコメディ『テッド』に、本物のサム・J・ジョーンズが出演するなんてことがあるんだろうか。

 映画『テッド』の舞台は1985年からはじまる。当時8歳だったジョンは、不思議なクマの縫いぐるみテッドを友人として『フラッシュ・ゴードン』のビデオを見て成長してきた。
 『フラッシュ・ゴードン』が米国で公開されたのは1980年だから、ジョンが3歳で『フラッシュ・ゴードン』ファンになったとは考えられない。彼の親が『フラッシュ・ゴードン』ファンでビデオを買っていたか、子供のために買い与えたのだろう。
 そしてジョンとテッドの『フラッシュ・ゴードン』漬けの日々は、2012年の今も変わらない。

 ということは、ジョンは新しいメディアが出るたびに『フラッシュ・ゴードン』を買ってきたのだろう。まずビデオテープを、次にレーザーディスクを買い、さらにDVDも買ったはずだ。私のように。
 それでもジョンは米国でリリースされた『フラッシュ・ゴードン』を買うだけで済むが、日本では米国ほどタイムリーに発売されなかったから、日本在住の私はまず米国版を買い、日本での発売を待って日本版も買っていた。ジャケットの絵が変わったり、特典が変わればまた買うので、同じメディアでも複数の『フラッシュ・ゴードン』を持つことになる。
 『テッド』に夏のシーンはないけれど、夏になればジョンは白地に赤文字で「FLASH」と書かれたTシャツ――『フラッシュ・ゴードン』の劇中で主人公が来ていたシャツ――を着て過ごしたはずだ。私のように。

 このように人々が夢中になる宇宙最高のSF映画『フラッシュ・ゴードン』は、クイーンがオープニングで歌うように決して挫けない不屈の男の物語だ。人々に友愛を説き、勇気をもって困難に立ち向かう、それがフラッシュ・ゴードンだ。
 その偉大なタイトルロールを演じた役者こそ、他ならぬサム・J・ジョーンズである。「人気作は30年目に復活する法則」のとおり、1980年に公開された『フラッシュ・ゴードン』は(2年遅れたけど)『テッド』の中で復活した。

 『テッド』の最大の山場は、もちろんサム・J・ジョーンズ本人の登場だ。彼が『フラッシュ・ゴードン』のプロモーションで来日した際、本当は黒髪だと知ったファンは驚いたものだが、本作ではちゃんとフラッシュらしく金髪に染めて、フラッシュの衣裳まで着てくれる。
 本物のサム・J・ジョーンズを前にしたジョンは妄想が止まらなくなり、なんとスクリーンには、惑星モンゴ上空でフラッシュとジョンがロケットサイクルを二人乗りするシーンが映し出される。『フラッシュ・ゴードン』の映像に、ジョンを演じるマーク・ウォールバーグと現在のサム・J・ジョーンズを重ね合わせて、フラッシュとの二人乗りという夢のような情景を作り上げているのだ。
 これほど『フラッシュ・ゴードン』ファンのハートを揺さぶる映画を作るとは、監督・原案・脚本・制作・出演のセス・マクファーレンはたいした男だ。

 さらには、本人役のサム・J・ジョーンズが『フラッシュ・ゴードン』内のセリフを叫んだり、ミン皇帝ならぬ中国人ミンと戦ったりと、本作はやりたい放題だ。
 それは『テッド』の掟破りの面白さのためでもあろうが、『フラッシュ・ゴードン』そのものがコメディ要素に満ちた作品であることも忘れてはならないだろう。当時の他のSF映画――『スター・ウォーズ』なり『スーパーマン』なり『エイリアン』なりが、わりと真面目な作品だったのに対し、『フラッシュ・ゴードン』は大予算を投じてヒーローの活躍を描きながら、他の映画のもじりやオマージュでいっぱいのセルフパロディの面があり、観客を大いに笑わせてくれる映画だった。ラテン各国でバカ受けしたのも、そのあっけらかんとした楽しさゆえだろう。
 『テッド』はその路線を悪ノリさせた作品であるとも云えるわけで、方向性からして『フラッシュ・ゴードン』と相性がいいのだ。

 『テッド』が取り上げた作品は『フラッシュ・ゴードン』に限らない。階段の手すりを滑り降りるシーンでレイダースマーチが流れたり、ジョンが求愛のために歌う曲が『007/オクトパシー』の主題歌「オール・タイム・ハイ」だったりと枚挙にいとまがない(詳しくはこちら)。
 ロジャー・ムーア主演の007映画にはけっこうトホホな作品がある中で、『007/オクトパシー』は映画も面白いし主題歌も名曲だしで、ジョン(というかセス・マクファーレン監督)のセンスの良さがうかがわれる。

 とはいえ、これでもかとブチ込まれる映画ネタには、付いていけない人もいるだろう。でも、観客に判るかどうかなんてそっちのけでネタをブチ込む姿勢こそ、『フラッシュ・ゴードン』ゆずりと云えよう。
 たとえば『テッド』の結婚式のシーンから『フラッシュ・ゴードン』のミン皇帝の結婚式を思い出す人も多いだろうが、『フラッシュ・ゴードン』のそれは『カリギュラ』(1979年)の皇帝の結婚式のもじりである。楽しいスペースオペラの『フラッシュ・ゴードン』と成人向けの『カリギュラ』では客層がまったく異なるから、観客は元ネタがあることに気づかないんじゃないかと心配になるけれど、そんなことを気にしないのが『フラッシュ・ゴードン』だ。
 70年代後半から80年代の作品を中心に取り上げている『テッド』は、まだ判りやすいかもしれない。


 一応『テッド』には、まともな成長物語らしいプロットもある。35歳にもなって、子供の頃と同様に映画漬けの生活でいいのか、という問いかけがある。
 けれども本作を観れば、セス・マクファーレン監督自身が、映画好きの子供がそのまま大きくなったような人物であることが伝わってくる。だから、子供っぽいジョンに反省を促すシークエンスはあるものの、これまでの自分から卒業しろとまでは云わない。

 それよりもジョンが直面するのは、ジョンと同じ様に子供じみた思いを胸に抱いたまま大きくなった男だ。男は他人の迷惑もかえりみず、息子のためと称して自分が子供の頃にやりたかったことを実現しようとする。
 これは一歩間違えればジョンが歩んだかもしれない道だ。クマの縫いぐるみに執着する二人の男が対決することで、同じところから出発しても、いい大人にもダメな大人にもなり得ることが示される。
 ジョンはその対決を乗り越えることで、テッドも『フラッシュ・ゴードン』も好きなままで、明るく健全に成長していく。

 そんな本作を締めくくるのが、なんと、なんと、フラッシュ・ジャンプだ!
 テッドが「ここはやっぱりフラッシュ・ジャンプだろ」と云うのを聞いたとき、私は本当に驚いた。まさか、『テッド』でサム・J・ジョーンズのジャンプが見られるのか!?
 映画『フラッシュ・ゴードン』の中でも、ジャンプは編集のマルコム・クックの腕が冴えた名シーンだ。
 期待に震える私が凝視する中、『フラッシュ・ゴードン』さながらに白地に「FLASH」の文字を刺繍したローブを着たサムは、カメラに向かってジャンプした!
 「Yeah!」
 これぞフラッシュ・ジャンプ! あまりにも完璧なリスペクトに、私は感極まった。

 思えば先日公開されたベン・アフレック監督の『アルゴ』でも、劇中劇の形で『フラッシュ・ゴードン』のミン皇帝とオーラ姫が登場していた(バック・ロジャースやチューバッカと一緒に)。そして『テッド』ではサム・J・ジョーンズ本人の登場だ。
 少年時代にインパクトを与えた映画は、こうして受け継がれていくのだろう。


テッド 俺のモコモコ スペシャルBOX  Blu-ray&DVD (限定生産商品)テッド』  [た行]
監督・制作・原案・脚本/セス・マクファーレン
脚本/アレック・サルキン、ウェルズリー・ワイルド
ナレーション/パトリック・スチュワート
出演/マーク・ウォールバーグ ミラ・クニス セス・マクファーレン ジョエル・マクヘイル ジョヴァンニ・リビシ サム・J・ジョーンズ ノラ・ジョーンズ トム・スケリット ライアン・レイノルズ
日本公開/2013年1月18日
ジャンル/[コメディ]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : コメディ映画
【genre : 映画

tag : セス・マクファーレン マーク・ウォールバーグ ミラ・クニス ジョエル・マクヘイル ジョヴァンニ・リビシ サム・J・ジョーンズ ノラ・ジョーンズ トム・スケリット ライアン・レイノルズ パトリック・スチュワート

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示