『リンカーン弁護士』 感心した2つのこと

 『リンカーン弁護士』は、娯楽性、テーマ性そして今日性に優れた映画である。
 とりわけ二つの点で感心した。

 第一は「カネ」の描き方だ。
 本作の主人公ミック・ハラーは、事務所代わりに高級車リンカーン・コンチネンタルを乗り回す弁護士だ。カネの臭いに敏感で、ときには依頼人に吹っかけたりする。

 カネは信用の証だ。
 数字を印刷した紙切れを差し出されただけで、私たちは相手に品物を渡したり、労力を提供してしまう。相手が見知らぬ他人でも、その紙切れを発行した人に会ったことがなくても、印刷された数字に見合うものを渡してしまう。これは世の中全体に信用が行き渡ってなければできない。
 だからカネには、人と人を結びつける働きがあると云えよう。そのカネをたくさん集めるのは、必ずしも間違ったことではない。

 また世の中には、カネの他にも人と人を結びつけるものがある。それが愛情、友情、そして同情だ。これらは家族や友人等の親しい間柄で機能する。同情は家族や友人ほど親しくない相手にも生じるが、ある程度境遇を理解し、共感を覚えた人だけが対象である。

 カネも愛情も、人と人を結びつけることでは似たようなもの。
 ただし、やっかいなのが使い分けだ。
 愛情や友情で結びついた間柄にカネを持ち込むと、見知らぬ他人として扱ったも同然で、人間関係を壊すおそれがある。一方、見知らぬ他人に家族同然の対応を求めたら、図々しいと思われるだろう。
 カネと愛情は、時と場所と相手により使い分けるべきだろうが、使い分けの境界線が明確に決まっているわけではない。人に接するときどちらを使うのか、その判断が食い違うと、自分も相手も不愉快な思いをしかねない。

 本作はその兼ね合いが上手い。
 まず主人公の稼ぎっぷりを描写して、カネが基本の男であると思わせる。その後に別れた妻や子供を登場させ、愛情ベースの人間関係もあることを示す。しかも元妻は検事であり、ビジネス上は敵対する相手。この元妻が、愛情ベースの世界とカネが基本の世界の両方に出没することで、人と人との距離のあり方を考えさせる。
 本作は主人公のカネの稼ぎ方と愛情と信念を通して、人間の多面性を自然に描き出している。


 第二は「法」との関係だ。
 法に従うことと、善なる行いは同じではない。また、みんなが賛成することが、法がなすべき正義であるとは限らない。前者は『レ・ミゼラブル』で、後者は『声をかくす人』で見られる葛藤だ。

 本作では、弁護士たる主人公が法に従って職務をまっとうすると、悪人を利してしまう、という葛藤が描かれる。
 ならばルールを破ってでも自分のポリシーを貫こう、と考えるのが『踊る大捜査線』の青島刑事だが、そのような行動がカッコよく見えるのはドラマの中のことで、一般社会では独善、独裁と批難を浴びるかもしれないし、不正や誤謬の温床にもなりかねない。

 本作で感心するのは、たとえ悪人を利することになろうとも、主人公はあくまで法に従って職務をまっとうすることだ。義憤に駆られたり情にほだされたりして、法を捻じ曲げ、逸脱したら、最終的に損なわれるのは社会の信頼と秩序である。主人公はそのことをよく判っている。
 もちろん、ルールを守ったために悪人を見逃すことになっては困る。
 本作の上手いのは、法に従って職務をまっとうしつつ、悪人にはきちんと裁きを受けさせる点だ。一筋縄ではいかない葛藤に正面からぶつかって、娯楽作らしい決着をつけるのが本作の醍醐味である。


 なお、本作の邦題はとても素直に付けられている。本作の原題も『The Lincoln Lawyer』だし、小説も『リンカーン弁護士』の題で2009年に訳出されている(小説の原題も『The Lincoln Lawyer』)。
 だが、2012~2013年は日本でもリンカーン大統領にちなむ映画が続々と公開されており、リンカーン大統領暗殺事件を扱う弁護士の映画もあったくらいだ。本作の題名から、第16代アメリカ合衆国大統領を連想する人もいただろう(私は連想した)。
 クルマを事務所代わりにする主人公は、機動力に長けているのだから、邦題は『機動弁護士ミッキー』とでもすれば良かった(良くないか)。

 原作はシリーズ化されており、映画も続編制作テレビシリーズ化の構想があるようだ。
 ぜひ実現して欲しいものである。


リンカーン弁護士 [DVD]リンカーン弁護士』  [ら行]
監督/ブラッド・ファーマン
出演/マシュー・マコノヒー マリサ・トメイ ライアン・フィリップ ジョシュ・ルーカス ジョン・レグイザモ マイケル・ペーニャ フランシス・フィッシャー ボブ・ガントン ブライアン・クランストン ウィリアム・H・メイシー
日本公開/2012年7月14日
ジャンル/[サスペンス] [ドラマ] [ミステリー]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : サスペンス・ミステリー
【genre : 映画

tag : ブラッド・ファーマン マシュー・マコノヒー マリサ・トメイ ライアン・フィリップ ジョシュ・ルーカス ジョン・レグイザモ マイケル・ペーニャ フランシス・フィッシャー ボブ・ガントン ブライアン・クランストン

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示