『鍵泥棒のメソッド』 失くしたのは銭湯の鍵じゃない

 2010年、映画ファンが投票した「2000年~2009年の映画の中からもう一度観たい映画」の第一位に輝いたのが、内田けんじ監督の劇場デビュー作『運命じゃない人』だ。
 池袋の名画座・新文芸坐が、観客に呼びかけて投票を募った結果である。

 一位を記念して行われた上映会とトークショーにおいて、客席から内田けんじ監督に質問が寄せられた。
 「どうしてもっと映画を作らないんですか?」
 それを受けて内田監督が、「私もたくさん作りたいと思ってるんです」と苦笑していたのが印象深い。

 多くの映画ファンが待っていたであろう『鍵泥棒のメソッド』は、前作『アフタースクール』から実に4年ぶりの新作だ。
 そして本作は、4年も待ち続けた甲斐があった。これは何よりも幸せな気持ちになれる映画である。

 たびたび紹介しているけれど、私が敬愛する小津安二郎監督は、こんな言葉を残している。
 「一口でいえば、見終わったときの後味だね。いくらいい話でも、後味の悪いものは御免だ。我慢して見ても、後味のいいものはいい。」(55.6「シナリオ」)
 これぞまさしく本作を表現する言葉だろう。観終わって、こんなに気分良く映画館を後にできることはなかなかない。

 そんな本作は、銭湯でロッカーの鍵を入れ替えたために、人生まで入れ替わる二人の男の物語だ。
 題名の鍵泥棒とは、直接的にはロッカーの鍵をすり替えて他人の持ち物を失敬する主人公・桜井武史のことである。メソッドとは、役柄になりきって演技するメソッド演技法のことだ。

 しかし、もちろん内田けんじ監督はロッカーの鍵ごときを題名にしたわけじゃない。
 本作の英題は『Key of Life』。この Key は、 KFS (Key Factor for Success)の Key でもあろう。KFSとは、ものごとを成功させるためにキーとなる要因のことだ。それを見極めて、きちんと押さえておかなければ、他の何を得たところで満足のいく結果は出ない。
 本作は、人生の扉を開く鍵――もっとも大事な肝になるもの――それを失っていた男たちが、他人に成り代わり、成り済ますうちに、自分にとって大切な人生の鍵に気がついていく物語だ。


 「健康で、努力家の方であれば。」
 劇中で広末涼子さん演じる水嶋香苗が、アルバイト募集の際に提示する条件がこれだ。

 それはまた、彼女が結婚相手に望む条件でもある。
 映画館の客席にいる私たちは、その単純な条件に思わず失笑してしまう。それだけでいいなら、条件に合う人間はいくらでも見つかると、舐めてかかるかもしれない。
 だが私たちは、香川照之さん演じるコンドウの努力家ぶりと、堺雅人さん演じる桜井武史のダメさ加減を見るにつけ、「健康で、努力家」と名乗るのがいかに難しいか実感することになる。

 少なくとも、私は桜井タイプである。
 何かをしようと、まずは参考書を買ってきても、本棚に置いてそれで終わってしまうたちだ。読んでもせいぜい8ページ。
 映画を観ながら、そうか自分は努力家じゃなかったんだと、反省することしきりである。

 皮肉なことに、立場が入れ替わり、持ち物・財産の一切合財を取り替えても、努力家のコンドウが着実に地歩を固める一方、いい加減な桜井はやることなすこと上手くいかない。
 結局のところ、身につけたメソッド(方法論)の違いが効いてくるのだ。

 それでも、メソッドが人生の鍵というわけではない。
 本作には金持ちが何人も出てくるし、貧乏人も出てくる。カネを巡って争いも起こる。
 けれども誰一人として、金があって良かったとか、貧乏だから辛いとは口にしない。
 大事なのは、誰と時間を過ごすか、誰と晩ご飯を食べるかだからだ。


 そんな人間模様を、当代きっての芸達者である堺雅人さん、香川照之さん、広末涼子さんが演じるのだから、面白くないわけがない。

 なのに予告編は、この映画の魅力を正しく伝えていない。予告編にはこんなナレーションが入るのだ。
 「笑いと、ハラハラドキドキ、そこには史上最高に爽快でトキメくラストが待っている。」
 たしかに笑いもあるし、ハラハラドキドキもするし、最高に爽快でトキメくラストも待っている。
 でも、涙するほど感動することも付け加えなければ、本作の魅力を正しく伝えたことにはならないだろう。


鍵泥棒のメソッド [Blu-ray]鍵泥棒のメソッド』  [か行]
監督・脚本/内田けんじ
出演/堺雅人 香川照之 広末涼子 荒川良々 森口瑤子 小山田サユリ 木野花 小野武彦
日本公開/2012年9月15日
ジャンル/[ロマンス] [コメディ]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 日本映画
【genre : 映画

tag : 内田けんじ 堺雅人 香川照之 広末涼子 荒川良々 森口瑤子 小山田サユリ 木野花 小野武彦

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示