『サイボーグ009 完結編 conclusion GOD'S WAR』 石ノ森章太郎が描こうとしたこと

[草稿]

 1969年から月刊COMに連載された『サイボーグ009』の『神々との闘い』編は、読者に不評で休載に追い込まれてしまった。その難解な物語や前例のない構成に、読者は付いていけなかったのだろう。
 だが、本当はこのときに完結させておくべきだったと思う。

 当時、著者に非難の便りを送ったファン諸氏に、「ここで完結させなかったら、著者は完結できないまま世を去ってしまうのだぞ。それでもいいのか」と迫ったなら、誰もが連載継続を望んだはずだ。
 その意味で、石ノ森章太郎という作家を信じて付き合い続けることができなかった読者諸氏の罪は重い。

 人気作の『サイボーグ009』でありながら、読者の反発により連載を続けられなかったのだから、当の『神々との闘い』を長らく単行本に収録しなかったのもとうぜんだ。はじめて単行本化した朝日ソノラマ刊『サイボーグ009その世界』のあとがきで、「ジョーはいまやアナタのジョーだ」と述べているのは、著者といえども描きたいように描けない心情を表している。
 著者は、「早く完結編を描いてくれ」という読者の声と、描いたのに読者に反発されてしまったという事実の間で、死ぬまで悩んだに違いない。それこそが、長らく再開できなかった理由だろう。


 2012年、残されたご子息・小野寺丈氏と、石森プロの早瀬マサト氏の手により、遂に『サイボーグ009 完結編』のマンガ連載がはじまった。
 2012年は、石ノ森氏が再構想した完結編『Conclusion God's War』の舞台となる年だ。作品化するには、この年がタイムリミットだった。

 連載マンガの序盤の展開を読む限り、それは小野寺丈氏が石ノ森氏の創作ノートに基づいて1巻だけ刊行した小説『2012 009 conclusion GOD'S WAR』と同じ内容のようだ。
 それらを目にして改めて感じるのは、完結編の構想が『天使編』や『神々との闘い』から大きく変わってはいないということだ。


■完結編はどうなるのか?

 『Conclusion God's War』は二部からなり、まずゼロゼロナンバーサイボーグたちが奇妙な事件に遭遇する第一部、そして"超人"すなわちエスパー・サイボーグとして"神々"と闘う第二部から構成されたはずだ。

 そもそも1969年に書かれた『天使編』は、こんな話だった。

 ■天使編

 雪に覆われた山村で、009と007が遭遇する奇妙な事件。
 事件の成り行きを描いた後、サイボーグたちが決戦のために超人になろうとするところ(すなわち第二部に入るところ)で中絶。


 第一部が山村の事件だけからなるシンプルなストーリーで、すぐに第二部に突入してしまうのは少々淋しい。
 そこで『天使編』の4ヶ月後に改めて連載を開始した『神々との闘い』では、第一部のエピソードを増やしている。

 ■神々との闘い

 ゼロゼロナンバーサイボーグたちがそれぞれ事件に遭遇する。009と003は考古学者の死に立ち会い、004はUFOを目撃、002と005は精神を乗っ取られる等々。
 このあと、サイボーグたちが決戦のために超人になろうとするエピソードと、"神々"に迫ろうとするエピソードとが交差しつつ、雪に覆われた山村が出てきて『天使編』の山村事件を示唆して中絶。


 その後、再構想した『Conclusion God's War』は、『神々との闘い』の語り口が読者に受けなかったことを踏まえて、全体的なストーリーはそのままに、エピソードを総とっかえして化粧直しするはずだったのだろう。
 長期にわたる連載のあいだに各キャラクターにファンがついているので、第一部では001から009まで全員に均等にエピソードを割り振り、見せ場を用意する。
 そして第二部では、『サイボーグ009その世界』のあとがきで第二部を「悪魔編」と呼んでいたように、第一部で"神"や"天使"に見えていた存在が悪魔の本性を剥き出して、"超人"たちと戦うのだ。


■何を描こうとしたのか?

 2008年3月28日にBS2で放映した「とことん!石ノ森章太郎 第六夜 未完の大作・サイボーグ009」では、劇場版第1作と、三つのテレビシリーズからセレクトした8話を取り上げた。

 その一つ、テレビ版第1シリーズの第2話「Xの挑戦」は名作の誉れ高い。
 戦うために改造されたサイボーグX(エックス)ことナックが、恋人ミッチィに告げるセリフは、原作にも通じる悲哀に満ちている。
 「判ったかい、僕はこの機械の一部なんだ。君と楽しくバラを育てていた、あのころの僕ではない。」
 30分のオリジナルストーリーながら、アクションありテーマ性ありで、見ごたえ充分の作品だ。
 これはやはり、脚本の辻真先氏の功績が大きいだろう。

 ただ、気になったのは、「天国で幸せになろう」とか「魂が救われる」というセリフだ。
 石ノ森章太郎氏のマンガには、「天国」や「魂」という言葉はあまり出てこない。永井豪氏や石川賢氏とは対照的に、石ノ森章太郎氏は「天国」「地獄」「魂」といったオカルト的なもの(目で見たり、触れて感じたりできないもの)を、ほとんど扱わないのだ。
 石ノ森章太郎氏の膨大な作品群を見渡しても、オカルト的なものは、わずかに『ブルーゾーン』ぐらいだろうか。その『ブルーゾーン』ですら、エクトプラズム(生命)の力に機械で対抗する話だ。

 それよりも石ノ森作品に頻繁に登場するキーワードは「精神」だ。そしてその延長としての超能力モノならば、山ほど執筆している。
 しかし石ノ森章太郎氏の描く「精神」は、オカルト的なものではなく、

 「充分に発達した科学技術は、魔法と見分けが付かない。」(クラークの第三法則)

という領域で捉えるべきだろう。
 すなわち、それは脳科学等の進歩によっていずれ解明されるべきもの、理論的な説明がつけられるはずのものなのだ。
 石ノ森章太郎氏の作品には、しばしばオーパーツ(場違いな加工品)が登場するが、心霊現象はほとんど取り上げない。オカルト雑誌ならどちらも扱うところだが、石ノ森章太郎氏にとっては全く別物なのだろう。


 一方、辻真先氏は、後年、桂真佐喜の名で『聖魔伝』の原作を書いている。辻真先・石川賢版『デビルマン』ともいうべきこのマンガには、神や悪魔、天上界や魔界が登場する。
 『サイボーグ009』の『天使編』『神々との闘い』にも、神や天使が登場するが、決定的に異なるのは、石ノ森章太郎氏が描く神や天使は、単に異星人だということだ。人間が勝手に「神」と呼ぶのであり、彼ら自身はみずからを「神」とは称さない(「造物主」であるとは云うが、これは科学技術を用いて人間の進化の過程に関与したという意味に過ぎない)。
 永井豪氏や石川賢氏(や辻真先氏)の幾多の作品では、神や悪魔と称する存在が超常的な力でハルマゲドンを戦っている。
 しかし、石ノ森章太郎氏の『神々との闘い』がそんな方向に行くことはない。「神」というキーワードこそ同じでも、石ノ森章太郎氏はそれを科学で解明できるもの(異星人)として扱うのだから。

 こう考えてみれば、平井和正氏と石ノ森章太郎氏の共作『幻魔大戦』がうまくいかなかったのも、とうぜんと云えるだろう。
 人智を超えた存在を表現しようとする平井和正氏に対し、石ノ森章太郎氏は宇宙意識体フロイですら超能力を持った犬として描いてしまう。二人は水と油なのだ。容易にはオカルトに飛び込もうとしない石ノ森氏を、平井和正氏はスケールの大きいものを描けないヤツと思ったかもしれない。
 だが、そもそも人智を超えた世界を描く気があるかどうか、そこで二人の志向は違っていたのだ。


 ゲーテは、『ファウスト』の中で次のように述べている。

   すべて移ろい行くものは、
   永遠なるものの比喩に過ぎず、
   かつて満たされざりしもの、
   今ここに満たさる。

 永井豪氏や石川賢氏や辻真先氏や平井和正氏といった作家たちは、短命な人間の肉体を超える、永遠なるものを描こうとした。手塚治虫氏も、「転生」を大きなテーマに据えている点において、ゲーテの系譜に連なろう。

 ゲーテに対して、ニーチェは次のように書いた。

   過ぎ行かざるもの、
   これは汝の比喩に過ぎぬ!
   神、このいかがわしきものは、
   詩人が不正にも拵え上げたもの…

 移ろい行くもの、過ぎ行くもの、つまり短命な肉体の方こそ実態であり、永遠なる魂や神は創作者の空想の産物だ。
 石ノ森章太郎氏の立ち位置は、このニーチェの言葉に近いのではないだろうか。

 石ノ森章太郎氏は『サイボーグ009その世界』のあとがきにて、いずれ発表する『神々との闘い』では「00ナンバーたちが"超人"へ脱皮し…"超人"たちと"神々"との闘いになる」と述べていた。
 これすなわち、「神は死んだ」と叫び、超人たることを説く、ニーチェの『ツァラトゥストラかく語りき』に通じよう。


 中断したCOM版『神々との闘い』において、サイボーグたちは語り合う。

 004「からだなんてモノは考え方ひとつなんだ。肉体なんて血と肉でできていようが、プラスチックと鉄でできていようがおなじなんだ! 精神(こころ)の入れモノに過ぎない!」

 008「そ…そうだろうか。
    そうだろうか!?」

 ニーチェは書いている。

「わたしは誓って言う、友よ」とツァラトゥストラは言った。「あなたが言っているようなものは何もかも存在しない。悪魔もなければ、地獄もない。肉体よりもあなたの魂の方が、はやく死ぬだろう。もう何も恐れることはない!」

(本稿中絶)

サイボーグ009 ~Conclusion God’s War~序章~ [DVD]『サイボーグ009』 [本]
作/石ノ森章太郎
初出/1964年~1992年
ジャンル/[SF] [アドベンチャー] [スーパーヒーロー]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 (document.title)+'&u='+encodeURIComponent(location.href)+'&ei=UTF-8','_blank','width=550,height=480,left=100,top=50,scrollbars=1,resizable=1',0);">Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 漫画
【genre : アニメ・コミック

tag : 石ノ森章太郎 永井豪 石川賢 辻真先 平井和正 手塚治虫

『サイボーグ009 移民編』 作家の良心

サイボーグ009 (第8巻) (Sunday comics―大長編SFコミックス) 【ネタバレ注意】

 石ノ森章太郎氏が1998年に没して10年以上になるが、いま改めて氏は偉大なマンガ家だったと感じている。
 いっとき、私は氏の作家としての姿勢に疑問を抱いた。
 しかし今は、自分の不明を恥じるばかりである。

 氏の作品で私がたびたび思い返すのは、その代表作『サイボーグ009』の『移民編』だ。
 まずは、今では読むことのできない『移民編』のあらすじを紹介しよう。

---
 009の仲間たちは、ふとしたことから事故に遭った男女を助ける。
 ところが男女は救急車も待たずに姿を消してしまう。残ったのは、事故の際に男の腕からちぎれた精巧な義手だった。
 現代科学を凌駕する義手のメカニズムに、男女の正体をいぶかしむ009たち。
 やがて義手を取り戻しにきた女を捕まえた009たちは、女の背後に謎の組織があることを知る。
 その組織の者たちは、一見、人間のような姿だが、それは義手や義足で取りつくろったものであり、実際には触手が生えていたり足がなかったりして、とても人類とは思えないのだった。
 009たちとの攻防の末、彼らは空飛ぶ円盤で消えてしまう。

 残った女の口を割らせたところ、彼らは私たちの子孫であることが判明する。
 近い将来、核戦争が勃発し、地球上に放射性物質がまき散らされる。その影響で、23世紀の彼らの時代には、人間も動植物も突然変異を重ね、現代の生物とは似ても似つかない奇形ばかりの世界になってしまう。ようやく生まれた赤ちゃんは、下半身が蛇のようにのたくっていたりする。
 009と戦った者たちに触手が生えていたり足がなかったのも突然変異のためであり、彼らも人類の一員だったのだ。
 そして彼ら未来人は、環境が激変した地球に住み続けることをあきらめ、核戦争が起こる前の地球に侵略して移り住もうと企んでいた。彼らの科学技術では300年くらいまでしかタイムトラベルできない。そのため、私たちの"現代"が狙われたのだ。
 009たちは子孫の境遇に同情しながらも、侵略という乱暴な手段を許すことができず、彼らの基地に乗り込んでいった……。

 とうとう009たちと未来人たちが雌雄を決せざるを得なくなったそのとき、未来人の科学陣は超大なタイムトラベルに成功した。何十万年でも、何百万年でも、望みの過去へ移動できるようになったのだ。
 そこで未来人は"現代"への侵攻を止め、有史以前へ、人類が発生した遥かな過去へ旅立ち、自分たちが人類の祖先となることにした。私たちの子孫が先祖となり、先祖は子孫だったのだ。
 遥かな過去へ去った未来人たちを見送って、004はつぶやいた。
 「これで…いまだにときどきカタワの子どもがうまれることの説明がつく」
---

 これが『移民編』のストーリーだった。それまで黒い幽霊団と戦ってきた009たちが、はじめて他の敵と本格的に対決した作品であり、なかなか上手くまとまった中編であった。

 ところが80年代からだろうか、出版や放送の世界で過去の作品が改変されるようになった。いわゆる言葉狩りである。
 それまで日常的に使われていた言葉が、実は差別用語だと云われ出し、出版社や放送局は販売や再放送の際にこれらの言葉を差し替えたりマスキングするようになった。テレビアニメの再放送ではセリフの一部が無音になり、登場人物が何を話しているのか判らなくなった。
 『ちびくろサンボ』の出版が控えられ、筒井康隆氏が断筆宣言したのもこの頃である。

 当時、私は出版社や放送局の姿勢に懐疑的だった。
 差別を助長する意図などなく、かつてはごく普通に使っていた言葉を、後世の人間が差別用語よばわりして作品から削っていくのは、作品に対する冒涜だと感じた。差別的だと云うのなら、発表当時の社会情勢とその後の変遷を含めて検証するべきであり、表面的に単語だけを隠しても作品を損なうばかりで何も得るものがない、と考えたのだ。
 だから、出版社や放送局の仕打ちに、とうぜん作り手たる作家やマンガ家や脚本家たちは怒っているだろうと思っていた。

 そして『サイボーグ009』においても、いつのまにか『移民編』のセリフが変えられているのに気づいて、ひどいことをすると思った。
 『移民編』[*]は次のように変わったのである。

---
 009たちが、事故に遭った男女を助けることはオリジナルと同じだ。基本的な筋立ては、オリジナルを踏襲して進む。
 ところが、子孫の設定が違うのだ。
 核戦争が勃発しても、人間に奇形は生まれない。ただ、他の生物――動植物等は怪物化して人間を襲うようになる。そのため子孫たちにはケガが絶えず、義手や義足が欠かせない。新しい病にも悩まされる。
 そんな彼らは、核戦争が起こる前の、動植物が穏やかだった時代の地球に移り住もうと企むのだった……。
 そのあとの顛末はオリジナルと同じである。
 遥かな過去へ去った未来人たちを見送って、004はつぶやく。
 「これで…いまだにときどきかわった子どもが生まれることの説明がつく」
---

 新しい『移民編』はセリフを改変しただけで、絵はほとんど変えていないから、ストーリー全体に大きな違いはない。
 だが、それだけに不自然さが目立つ。ケガをしたからって触手が生えたりしないだろう。下半身が蛇のような赤ちゃんも生まれない。
 子孫の女性が自分の特徴を見せる場面では、オリジナルだと足の指が6本生えていたのに、改変版では噛み傷の痕が残ったことにしている。この足の絵は描き変えている。

 これは改悪だ、と私は思った。
 人間離れした奇形の姿の絵と、動植物に襲われたというセリフが全然合っていないのだから、ひどい改悪だ。

 ところが、この改変を作者石ノ森章太郎氏がみずからの意思で行ったと知って驚いた。
 作者が自分で自作を改悪するなんて、にわかには信じられなかった。片や言葉狩りに抵抗を示す作家もいるというのに。
 石ノ森章太郎は何を考えているのだろう。石ノ森章太郎に作者としての矜持があればこんなことはしないはずだ。――私はそう思った。
 そして、これからは『サイボーグ009』の改悪版しか流通しないのが残念だった。


サイボーグ009 (第9巻) (Sunday comics―大長編SFコミックス) 1945年に行われた初の核実験以降、フィクションの世界では放射線の影響で突然変異を起こす設定が多用された。
 放射線についてはショウジョウバエでの実験が知られていたが、フィクションの世界で取り上げるようになったのは、各国が盛んに原水爆実験を行ってからだろう。
 スパイダーマンやハルクのように、普通に生まれた人間が放射線を浴びて(スパイディの場合は正確には放射線を浴びたクモに噛まれて)超人的なパワーを得るマンガもあるし、SF小説ペリー・ローダンシリーズには広島・長崎の原爆の影響で生まれた日本人ミュータントたちが登場する。『GODZILLA』(1998年)でも、イグアナが原水爆実験の影響でゴジラに変化したことが示唆されている。
 放射線は、怪獣や超能力者を登場させる格好の言い訳になり、世界中の創作者がこれに飛びついた。
 石ノ森章太郎氏も『移民編』に限らず、たとえば『時間局員(タイムパトロール)R』では原水爆の影響で生まれた超能力者がもっと超能力者を増やそうと核戦争を誘発する話を描いている。

 けれども、日本人はこのことにもっと敏感であるべきだろう。
 なにしろ、現実には広島にも長崎にも超能力者はいないのだから。それどころか、怪獣の一匹すら出現しなかった。腕の代わりに触手が生えた人間も誕生しないし、下半身が蛇のようにのたくる人間も誕生しない。
 戦後、長年にわたって被爆者や子供についての調査が行われているが、出生時障害の増加も染色体異常の増加も認められないのだ。
 世界の誰よりも、日本人はこのことを知っておく必要がある。
 結局のところ、世界中で創作されたおびただしいマンガや映画や小説は、行き過ぎた空想の産物だったのだ。愛好家には面白くもない結論だが、超能力者も怪物も生まれないのだ。
 なのに私たちの前には、まるで被爆者を怪物視するかのような後味の悪い作品が積み上がっている。


 そのことに、石ノ森章太郎氏は気がついたのだ。
 核戦争の影響で突然変異が生まれる作品を描くことで、反戦の主張を込めたつもりだった石ノ森章太郎氏は、単に自分が事実無根の物語を世に広め、被爆者への偏見を助長するような行為をしてしまったことに気づいたのだ。
 ましてや、未来人たちが人類の祖先になったから「ときどきカタワの子が生まれる」なんてセリフがあると、放射線による障害が世代を超えて遺伝するかのように思わせてしまう。けれど原爆投下から数十年を経ても、それが原因の「カタワの子」なんて生まれていない。このセリフは広島や長崎の人たちをひどく侮辱していることになる。

 だから、石ノ森氏はみずから作品を改めることにしたのだ。『サイボーグ009』のように長く読み継がれる人気作に、読者に誤解を与える描写を織り込んだままにしてはいけないと考えたのだ。
 たとえ、一度は世に送り出した作品でも、間違いに気づいたらキチンと正す。それが石ノ森章太郎の矜持だったのだ。

 さらに石ノ森章太郎氏は、『サイボーグ009』シリーズでは珍しく、『移民編』を補う続編『時空間漂流民編』を描いている。
 『移民編』は核戦争の恐怖を強く打ち出した作品だったが、遥かな過去へ旅立った未来人のその後の冒険を描き、タイムトラベル物としての色合いを濃くすることで、『移民編』の位置付けも変えている。
 石ノ森氏は『移民編』の大幅な変更はしなかったものの、突然変異だのカタワだのが出てこない『時空間漂流民編』の前編として『移民編』を定義し直すことで、作品世界を再構築しようとしたのだ。

 これらの石ノ森章太郎氏の意図に、私は今まで思い至らなかった。
 子供の頃に好きだった『移民編』を改変されてしまい、楽しい思い出を傷つけられたように感じていた。
 石ノ森章太郎氏が表現者としてどれほど考えて作品に手を入れたか、察することができなかったのだ。
 恥ずかしい限りである。


 残念なことに、広島・長崎への原爆投下から65年以上を経ても、いまだに放射線の影響で突然変異が……なんて作品は作られている。
 2011年に公開された映画『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』では、石ノ森章太郎氏の『時間局員(タイムパトロール)R』によく似た陰謀が巡らされる。敵のミュータントは、核戦争を起こして人類を死滅させ、ミュータントの世界を作ろうとしている。しかし、よく考えれば、核戦争なんか起こしたらミュータントだって吹き飛んでしまいかねない。劇中ではあまり詳しい説明がないが、この作品は放射線の影響でミュータントが大量に誕生することを前提にしているのだ。

 また石ノ森章太郎氏が改変した『移民編』も、中途半端であることは否めない。人間の奇形についての記述は削ったものの、人間を襲う動植物は怪物的な描写のままだ。
 これは、ほとんどの絵を描き変えずに、セリフの差し替えだけで対応したことの限界だろう。「核兵器のまきちらした放射能が、生き物たちを凶暴にしてしまった!」なんて説明を書いて、身体的な変化とも気質の変化とも取れるウヤムヤな表現にしているが、作品がピンぼけになっただけである。
 「カタワの子」というセリフを「変わった子供」に差し替えて、子供の障害を指すのか気質を指すのかも曖昧にしたけれど、改変後にはじめて接する読者には意味不明だろう。

 とはいえ、すでに流通している作品を隠すのではなく、跡形もないほど変えてしまうのでもなくできることとしては、これが氏にとっての落としどころだったのかもしれない。

 あとは私たち読者が、大量に生み出されてしまった作品群をどう受け止めるかである。


[*] メディアファクトリー刊 Shotaro World 『サイボーグ009』9巻 1999年4月1日初版第1刷、同10巻 1999年6月1日初版第1刷より。
 『サイボーグ009』は出版社、出版時期により様々に手を入れられている。

サイボーグ009 (第8巻) (Sunday comics―大長編SFコミックス)サイボーグ009』 [本]
作/石ノ森章太郎
初出/1964年~1992年
ジャンル/[SF] [アドベンチャー] [スーパーヒーロー]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加

【theme : 漫画
【genre : アニメ・コミック

tag : 石ノ森章太郎

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
最近のアクセス数
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示