『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』 そのいくつもの意味

 なんて楽しい映画なのだろう。
 ややオーバーアクション気味に豊かな表情を見せる役者たち、色鮮やかな街並みや衣裳の数々、恋人たちの背後に流れるオールディーズの歌声。いずれも映画の楽しさをいや増し、上映中は場内のあちらこちらでひっきりなしに笑いが起こっていた。

 『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』の舞台は1960年代前半のアメリカ南部、ミシシッピ州ジャクソン市。そこは、奴隷解放とは言葉ばかりで、黒人と白人との隔離が当たり前のように行われている土地だ。
 黒人の子と白人の子は教科書の貸し借りもできないし、黒人が白人と同じトイレを使うだけでも怒られる。黒人女性がなれる職業といえば、ヘルプ(お手伝いさん)として白人にかしずくことだけ。
 そんな中、黒人メイドたちが白人の前では決して語れない本音を描くこの映画は、とてつもなく重いテーマを抱えている。
 にもかかわらず、全編のトーンは明るく楽しい。
 それは、登場する女性たちが前向きで積極的に生きているからだろう。

 この映画の女性たちが魅力的な理由のひとつに、登場人物の役割が男女で分担されていることがあろう。
 本作の男性は、誰も彼もが後ろ向きで消極的だ。そしてストーリーには深く関わらず引っ込んでしまう。対して女性は(ことの善し悪しは別として)誰もが積極的であり、何ごとにもへこたれない。男性嫌悪映画とすら云われた『プレシャス』にも負けないほど、女性中心の映画なのだ。

 だから出演する女優たちはみんな輝いて見える。
 それはアカデミー賞とゴールデン・グローブ賞と英国アカデミー賞と放送映画批評家協会賞の主演女優賞にヴィオラ・デイヴィスがノミネートされ、助演女優賞にオクタヴィア・スペンサーとジェシカ・チャステインがノミネートされたことからも明らかだ(そしてオクタヴィア・スペンサーはそれらすべてを受賞し、ヴィオラ・デイヴィスも放送映画批評家協会賞の主演女優賞を受賞した)。さらに本作は放送映画批評家協会賞のアンサンブル演技賞まで受賞している。

 もちろん、彼女たちの魅力を引き出したのは、テイト・テイラー監督の手腕である。
 監督は、映画がシリアスになり過ぎないように、役者たちに少々オーバーな演技を要求している。それに応えてオクタヴィア・スペンサーが演じるミニーはしょっちゅう目をむいたり唇を歪ませたりしている。ジェシカ・チャステインは、おつむの弱いブロンド美人の典型としてシーリアを演じ、『ツリー・オブ・ライフ』の物静かな母親像とはうって変わったコミカルな演技を披露する。
 中でも楽しいのが、ブライス・ダラス・ハワードが演じる意地悪なヒリーである。プライドが高く、黒人を徹底的に差別するヒリーは、本作一番の悪役だ。その高慢そうな表情や、悔しいときの大袈裟なリアクションは、本作がコメディかと思うほど愉快な演技である。


 そしてまた、裾の広がったスカートをまとった彼女たちは、人形のように可愛らしい。
 画面は明るい色に満ちており、いじめも反撃も陰湿には見えない。
 映画のこのような“ルック”について、公式サイトで撮影監督のスティーヴン・ゴールドブラットが語っている。
 「過去の時代をお決まりの懐古趣味やくすんだ色調で見せるのは好きじゃない。30年、40年前の生活を今の時代より劣っていたと考えるのはナンセンスだよ。ケネディの時代なんだから、あらゆるものがカラフルに輝いていた。アメリカがアメリカらしかった、活気に満ちた色のある時代なんだ」

 ところが、白人女性の多くが華やかな衣裳に身を包んでいるのに、エマ・ストーンの演じるスキーターだけは活動しやすいアッサリした服装だ。女は何よりも結婚して子供を産むものとされる南部にあって、職業婦人を目指す彼女の他者との違いが際立っている。
 女性中心の映画だけあって、そんなファッションを見るのも楽しい。
 

 このように明るく楽しく作られた映画ではあるが、中身はあくまで痛烈だ。
 とりわけ傑作なのは、地元の白人女性たちが開催する慈善パーティーだろう。彼女らはコートや焼き菓子をオークションに出して、その収益をアフリカの恵まれない子供たちのために役立てようとする。同時に、屋外に黒人専用のトイレを設けて、屋内ではトイレすら使わせないイニシアティブ(住民発案)を推し進めようとしている。
 実に傑作な偽善者ぶりだが、彼らの誰一人として自分たちが偽善者だなんて思っていない。こんなダブルスタンダードは、私たちの周りにも溢れていよう。
 とうぜん、この慈善パーティーが平和裏に成功したら面白くないわけで、本作は観客が溜飲を下げられるようになっている。

 でも、世の中の差別や偏見は、映画の中でちょっと溜飲を下げただけで解決するものではない。
 そのことを作り手も充分に理解している。
 だから私たちは、本作を観て、楽しい146分だったと晴れやかに劇場を後にするわけにはいかない。それだけでは済ませられないものを、本作は突きつける。
 そしてまた、世の中を良くするのも悪くするのも、市井の一人ひとりでしかないことをも明らかにする。
 それは、どこかの権力者や、何かの偉い人に任せておけば良いものではないのだ。
 聞くべき耳を持てば、周りに「ヘルプ」と叫んでいる人はいるのである。


ヘルプ~心がつなぐストーリー~ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』  [は行]
監督・脚本/テイト・テイラー  原作/キャスリン・ストケット
出演/エマ・ストーン ヴィオラ・デイヴィス オクタヴィア・スペンサー ブライス・ダラス・ハワード ジェシカ・チャステイン アリソン・ジャネイ シシー・スペイセク シシリー・タイソン メアリー・スティーンバージェン
日本公開/2012年3月31日
ジャンル/[ドラマ]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : アメリカ映画
【genre : 映画

tag : テイト・テイラー エマ・ストーン ヴィオラ・デイヴィス オクタヴィア・スペンサー ブライス・ダラス・ハワード ジェシカ・チャステイン アリソン・ジャネイ シシー・スペイセク シシリー・タイソン メアリー・スティーンバージェン

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示