『ルート・アイリッシュ』 なぜ2007年なのか?

 【ネタバレ注意】

 2007年、『ルート・アイリッシュ』がこの年を舞台とすることに、ピンと来る人も多いだろう。
 菅原出氏によれば、それは2007年9月16日のお昼前のことだったという。場所はイラクのバグダッド西部、ニソール広場。非常に交通量の多いところである。
 ここで米国民間企業の従業員が1台のクルマに発砲をはじめた。同僚たちも発砲に加わり、運転手と同乗していた彼の母親は死亡。銃を乱射する者もいたため多くの市民が巻き添えになり、17人が死亡、24人が負傷する大惨事になった。

 事件を起こしたのはブラックウォーター社――PMSCsすなわち民間軍事会社(Private Military and Security Companies)の最大手であり、発砲したのはコントラクターと呼ばれる民間兵だ。
 菅原出氏は、このニソール広場の事件の他にも、ブラックウォーター社が起こした数々の「不祥事」を紹介している。
---
「2005年5月14日:米軍部隊はブラックウォーターの身辺警護部隊(PSD)が民間人の車両に発砲し、乗車していた父親を殺害、その妻と娘を負傷させた。

 2006年5月2日:路肩爆弾が爆発した地点に向かっていたイラク救急車両の運転手は、ブラックウォーター社武装警備員の“コントロールの効かなくなった小銃乱射”によって殺害されたと目撃者は語った。

 2006年8月16日:南方方面の高速道路レーンで路肩爆弾が爆発した後、北方方面のレーンを通行中の民間車両にブラックウォーター社の社員が発砲し、イラク人一人が死亡。キルクーク市とヒラ市の少なくとも2カ所で、デモに参加していた民間人がブラックウォーター社警備員により殺害された。

 2006年8月22日:路肩爆弾が爆発した直後、ブラックウォーター社の社員が現場で無差別に乱射していたのが目撃された。」
---
 さすがに2007年の事件でブラックウォーターの悪名が世界にとどろいたためか、同社はその後たびたび社名を変え、2012年4月現在は平凡なイメージを狙ってACADEMI社と名乗って活動を続けている。

 映画『ルート・アイリッシュ』が描くのは、まさしくこの民間軍事会社の忌むべき実態である。


 それにしても、なぜ彼らはイラクでこれほど傍若無人な振る舞いができるのだろうか?
 それは2004年に連合国暫定当局が発行したOrder17の効力により、民間軍事会社はイラクの法律に従う必要が無く、あらゆる免責特権が認められていたためである。
 劇中でコントラクター(民間兵)たちの会話に「日常茶飯事」という言葉が繰り返し出てくるのも、Order17で守られていたからだろう。
 映画では、民間兵がイラン人の家に踏み込んで乱暴したり、イランの民衆を射殺したりと、恐るべき振る舞いが語られるたびに、「そんなの日常茶飯事だ」というセリフが飛び出してくる。
 オフィシャル・サイトによれば、脚本家のポール・ラヴァーティはイラク戦争に参加した多くの兵士にインタビューを重ね、また戦争の後遺症に悩む元兵士たちをケアする慈善団体コンバット・ストレスを取材したというから、彼らの言葉の中に「日常茶飯事」も出てきたのかもしれない。
 ちなみに、本作においてイラク戦争で失明したクレイグを演じるクレイグ・ランドバーグ自身もまた、イラク勤務中の戦闘で失明した英軍兵士である。

 そもそもイラク戦争の現場に民間軍事会社が深く食い込むことになったのは、この戦争が必要に駆られて行ったものではなく、他の政策オプションがあったにもかかわらず、あえて戦争というオプションを選択したからだという。
 菅原出氏は次のように説明する。
---
 あえて「選択」した政策オプションであるから、当時のブッシュ政権としてはなるべく低コストで済ませたい。なぜならばそんなに高いコストや犠牲があるのであれば、なぜわざわざそのオプションを「選択」するのか、と有権者から責められると困るからである。

 そこで当時のラムズフェルド国防長官は、イラクに派遣する兵隊の数を極限まで少なくし、戦争を安上がりにしようとした。そして小規模な軍隊しか派遣しなかったために、戦後治安維持にまわす兵隊の数が足りなくなり、治安が悪化した。治安が悪化したので、米政府職員や民間企業はブラックウォーター社のような民間軍事会社を雇った。そしてこうした民間軍事会社の蛮行が、さらにイラク国民の反米感情を煽り、治安悪化に拍車をかけた。
---

 まさに蛮行が蛮行を生み、愚行が愚行を生み出すのだ。
 それはイラクだけにとどまらない。
 たとえば悪名高い民間軍事会社ブラックウォーター社の警備員だったレイモンド・デービスなる人物は、2011年1月27日にパキスタンの街中で発砲事件を起こして、複数のパキスタン人を殺害している。デービスはブラックウォーター社を辞めた後、本作の主人公ファーガスのように自前の会社を立ち上げ、CIAと契約してパキスタンでの活動に従事していたという。
 この事件もまた、パキスタンでの反米感情を上昇させた。


 もちろん、ケン・ローチ監督が本作を撮った意図は、反米感情を焚きつけることではない。
 イギリスもイラクに軍を派遣していたし、イギリスの民間軍事会社もイラクでビジネスをしていた。だから本作に登場するのはあくまでイギリス人である。
 オフィシャル・サイトには、ケン・ローチ監督のコメントが掲載されている。「この戦争の最大の犠牲者はイラク人であることも忘れてはいけないと思う。私はアメリカ人の兵士こそが最大の犠牲者であるかのような描き方をしたアメリカ映画にはうんざりしている。彼らだって苦しんできたが、イラク人の苦しみもけっして忘れるべきではない」

 本作は正義漢が悪漢を倒すような、胸のすく物語ではない。
 主人公も、彼に敵対する者たちも、コントラクターもしくは元コントラクターであり、いずれもイラク人の犠牲の上にこんにちがあるのだ。
 そのため、ケン・ローチ監督も脚本家のポール・ラヴァーティも、本作が後味の良い、スッキリした作品になってはいけないことを理解している。
 映画を観た客たちは、重く固いものを抱えながら劇場を後にすることだろう。


 なお、オフィシャル・サイトには、題名となったルート・アイリッシュのなんたるかを説明している。
---
それはイラクのバグダッド空港と市内の米軍管轄区域グリーンゾーンを結ぶ12キロに及ぶ道路のことで、03年の米軍によるイラク侵攻後、テロ攻撃の第一目的とされる“世界一、危険な道路”として知られていた。
---

 本来、国民の活動の基盤となり、活気に溢れるはずの道路が、通行困難な危険な場所になってしまったのだ。劇中の事件もこの道路で起こる。


 2007年9月16日の17人が射殺された事件を受けて、イラク政府は2009年1月1日にOrder17の無効を宣言し、民間軍事会社から免責特権を剥奪したという。


Route Irish [Blu-ray] [Import]ルート・アイリッシュ』  [ら行]
監督/ケン・ローチ
出演/マーク・ウォーマック アンドレア・ロウ ジョン・ビショップ トレヴァー・ウィリアムズ ジェフ・ベル タリブ・ラスール クレイグ・ランドバーグ ジャック・フォーチュン ナイワ・ニムリ
日本公開/2012年3月31日
ジャンル/[ドラマ] [戦争] [サスペンス]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : ヨーロッパ映画
【genre : 映画

tag : ケン・ローチ マーク・ウォーマック アンドレア・ロウ ジョン・ビショップ トレヴァー・ウィリアムズ ジェフ・ベル タリブ・ラスール クレイグ・ランドバーグ ジャック・フォーチュン ナイワ・ニムリ

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示