『砂の惑星』を体験する

 かつて雑誌のアンケートで好きなSF映画3つを問われ、SF作家の荒巻義雄氏は次の作品を挙げていた。
  『砂の惑星
  『バーバレラ
  『フラッシュ・ゴードン

 他のSF作家や翻訳家が『2001年宇宙の旅』や『スター・ウォーズ』等を挙げる中で、異彩を放つ回答だった。
 この1点をもって、私は荒巻義雄ファンである(ビッグウォーズシリーズの続きを書いてください)。

 氏の名前を知らしめたものとして、多数の架空戦記小説がある。

 歴史にifは禁物だが、もしもデヴィッド・リンチが『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』のオファーを断らずに監督していたら、と想像することがある。
 ダークサイドの描写は暗くグロテスクになり、ルークは月や手が迫る不気味なイメージに苦しんだことだろう。
 もっとも、『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』の撮影時、毎日ジョージ・ルーカスが現場に来て指示を出したそうだから、リンチはリチャード・マーカンドのようには折り合えなかったかも知れない。

 いやいや怪物映画の『エレファント・マン』をヒューマンドラマに見せかけて日本中を感動で揺さぶったデヴィッド・リンチなら、スター・ウォーズ サーガの衣を被ってもリンチらしい映画を作ったはずだ。
 映画『砂の惑星』も、小説『デューン/砂の惑星』のストーリーをきちんと踏襲しているにもかかわらず、リンチの悪夢のようなイマジネーションに満ち溢れた作品だ。

 公開当時、『エレファント・マン』をヒューマンドラマだと思い込んでいた諸氏は、『砂の惑星』に期待を裏切られ、競うように酷評した。
 『エレファント・マン』の前に作った『イレイザーヘッド』を観ていたなら、デヴィッド・リンチの悪趣味は判ったはずなのに。


 原作者フランク・ハードートは、スターログ誌のインタビューで「画面を切り取って、額に入れて飾っておきたい」と語っている。
 それほどまでに、デヴィッド・リンチが作り上げた映画空間は圧倒的だ。

 何しろ狭苦しい。
 王宮の低い天井や異様に細長い集会場などが、苦しいほどの圧迫感を与える。
 惑星規模、いや惑星間の出来事を描いているのに、『イレイザーヘッド』の狭いアパートの一室や、『エレファント・マン』の牢獄のような居室に閉じ込められているかのごとく。

 そして、画面はあくまで薄暗い。
 分厚い雲に覆われ雨が降り続ける惑星カラダン。空が真っ黒な煤煙に覆われている惑星ギエディ・プライム。そして砂漠の星アラキスは、開放的な空が広がるはずなのに、物語は暗く狭い地下で進行する。

 暗い画面が延々続き、瞳孔が大きく開いてしまった頃、闇の中に閃光がひらめく!
 ハルコンネン男爵軍の襲撃である。
 映画館の暗闇の中、目を凝らさねば見えないような暗い画面に慣れきっていたので、爆発の光が眩しくてしょうがない。

 そして音についても強烈なものがある。
 サンド・ウォームを呼ぶために用いるサンパー。サンパーが出す不快な音に劇中の人物は耳をふさぐ。
 私はこの映画を丸の内ピカデリーで観たが、広い場内に耳を圧するサンパーの音が満ち、耳をふさぎたいほどの不快さだった。


 この映画はストーリーを楽しむようなものではない。
 カタルシスを覚えたり、感動にむせび泣くものでもない。
 音を、光を、圧迫感を、体験するものなのだ。


 原作『デューン/砂の惑星』をもっと明るく映像化した作品を楽しみたいなら、『風の谷のナウシカ』を観れば良い。ウォームの恐ろしさも、救世主物語も堪能できる。
 オーニソプター(羽ばたき式飛行機)は、『天空の城ラピュタ』で楽しめる。

 そもそも原作小説が、『アラビアのロレンス』にドラッグ文化を配合した内容だ。
 晴天の下で砂漠の民が戦う姿は、デヴィッド・リーンが1962年に映画にしてくれている。


 残念ながら映画『砂の惑星』は、興行的には失敗した。
 そこでデヴィッド・リンチは、次にこじんまりと判りやすい『ブルーベルベット』を作った。
 酷評された『砂の惑星』とはうってかわって、全米批評家協会賞をはじめ多くの賞に輝いた。

 そのためだろう、ウィキペディアには「低予算では非常にできの良い作品を作るのに、『砂の惑星』に代表されるように製作費が大きくなると駄作を作る」と書かれているが、これは誤りである。
 リンチは、自分のイマジネーションをそのままスクリーンに映し出しても誰もついてこないことを『砂の惑星』で学んだのだ。『ブルーベルベット』は悪趣味とイマジネーションを抑え気味にしたから、傑作であることが観客にも判ったのだ。
 遠慮なしに異形の世界を作り上げた成果は、『砂の惑星』にこそある。


 あっぱれなのは、ディノ・デ・ラウレンティスだ。
 『砂の惑星』でデヴィッド・リンチの好き勝手にさせて、興行的に失敗したにもかかわらず、見放さずに『ブルーベルベット』を監督させる。
 『天国の門』で大失敗したマイケル・チミノに『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』を作らせたり、いやはや、たいしたプロデューサーである。


デューン 砂の惑星 【HDリマスター版】 [DVD]砂の惑星』  [さ行]
監督・脚本/デヴィッド・リンチ
製作: ラファエラ・デ・ラウレンティス 製作総指揮: ディノ・デ・ラウレンティス
音楽/ブライアン・イーノ、TOTO
出演/カイル・マクラクラン ショーン・ヤング ホセ・ファーラー ポール・スミス スティング マックス・フォン・シドー
日本公開/1985年3月
ジャンル/[SF]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 特撮・SF・ファンタジー映画
【genre : 映画

tag : デヴィッド・リンチ ディノ・デ・ラウレンティス カイル・マクラクラン ショーン・ヤング ホセ・ファーラー ポール・スミス スティング マックス・フォン・シドー

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示