『ライアーゲーム -再生-』 遂に出てきた現実解

 【ネタバレ注意】

 映画第二弾の『ライアーゲーム -再生-』は、これまで以上にゲームの面白さが前面に出た作品だ。
 テレビシリーズ映画前作でお馴染みの、鈴木浩介さん演じるキノコこと福永ユウジや、鈴木一真さん演じる横谷ノリヒコ等が顔を出すものの、それはあくまでファンサービス。彼らの活躍はBS日本映画専門チャンネルのスピンオフドラマ『フクナガVSヨコヤ』の方で存分に楽しめる(後にDVDの特典映像として収録された)。

 彼らがほとんどストーリーにかかわらない本作は、これまでのシリーズに比べて二つの特徴を有している。

(1) ゲームのプレイヤーがヒロインを含めて一新されたことで、お馴染みの(行動を読める)キャラクターはいなくなり、誰が味方になるのか敵対するのか観客にはまったく判らない。プレイヤーの人となりの説明もできるだけ排されて、個人的な特殊事情が入り込むこともない。おかげでゲームによってあぶりだされる人間心理が際立ってくる。

(2) 前作にあったゲーム事務局との対決色を薄めることで、正体不明の黒幕と戦う陰謀論的な展開は影を潜めた。そのためゲームの進行に応じて合従連衡を繰り返す人間模様に重心が置かれている。

 このような状況下で、プレイヤーはゲームの勝敗を競うことになる。

 ・ゲーム参加者には特典として1億円がプレゼントされる。
 ・ゲームの賞金は20億円
 ・けれども参加者は全員2億円を払わなければならない。

 かように、ゲームに勝ちさえすれば大金を得られるが、負ければ差し引き負債のほうが大きい。ゲーム参加者は必死である。


 ところが、このゲームは実のところ誰も損しないし得もしない。数学の試験問題を解いていくと答えが1になるように、とても単純な構造なのだ。
 ゲーム事務局の立場で見てみれば判りやすい。

 ・20人の参加者に特典として1億円ずつ、計20億円を配る。
 ・ゲーム終了時に賞金20億円を支払う。
 ・20人の参加者から2億円ずつ、計40億円を回収する。

 つまり、40億円を提供して、40億円回収するので、まったく損得がない。
 ゲーム事務局に損得がないということは、参加者にも損得がないということだ。事務局に払うべき2億円のうち、1億円は参加特典を充てれば良い。残り1億円は、賞金の20億円を1人1億円ずつ分ければ充当できる。
 誰一人損しない。

 しかし、これができないのだ。私たちの社会のように。
 たとえば、国際連合世界食糧計画(WFP)によれば、世界にはすべての人に行き渡るだけの充分な食糧があるという。それなのに、現在、世界ではおよそ7人に1人、計9億2,500万人が飢餓に苦しんでいる。
 それは食糧が偏在しているからだ。9億2,500万人が飢餓に苦しむ一方で、日本では食品の腐敗を防ぐ努力もそこそこに年間約1,900万トンの食品が廃棄されている。
 まさしく、ライアーゲームの世界だ。


 では、どうすれば良いのだろう。
 前作のヒロイン神崎直は、全プレイヤーで協力しようと呼びかけた。他者を出し抜いて自分だけ賞金を獲得しようなんてせず、みんなで協力しあえば、一人の脱落者も出さずに済むと考えた。
 しかしその主張がなかなか他のプレイヤーに受け入れられないのは、「『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』が避けた百年戦争」に書いたとおりである。

 そこで本作は、より現実に根ざした展開となる。
 それがクニ取り合戦だ。
 本作ではプレイヤーが集まっていくつかのクニを作る。前作のようにプレイヤーが単独で行動するのではなく、事務局に勝手にチーム分けされるのでもなく、プレイヤーが任意に集まってグループになるのだ。このクニが意味するものを、国家と捉えるか、地域と捉えるか、はたまた企業、同族、派閥等、なんの比喩と捉えるかは観客次第である。 

 それぞれのクニの中では人々が協力し合い、クニ同士は対抗して争いを繰り広げる。
 また、クニのメンバーは必ずしも固い絆で結ばれているわけではなく、ときとしてクニの中でも他者を出し抜こうとする者が出るし、他のクニに移る者もいる。

 なるほど、これは利己主義のみならず利他主義を考察するモデルなのだ。私は設定の妙に舌を巻いた。
 池田信夫氏は、人類が小集団で戦争を繰り返した氷河期から私たちの遺伝子はほとんど変わっておらず、戦闘のための感情が遺伝的に備わっているのだと述べる。
---
一つの部族の中では利己的な個体が利他的な個体に勝つが、部族間の競争では利他的な個体からなる部族の団結力が強いので戦争に勝つ。したがって利己主義と並んで、それを抑制する利他主義が遺伝的に備わっていると思われる。経済学の想定しているようなエゴイストだけからなる部族は、戦争に敗れて淘汰されてしまうので合理的ではない。
---

 人間は集団を形作って、他の集団に勝とうとする生き物なのだ。
 だからクニ同士は激しく争うものの、クニの中では協力し、自分たちのクニが優位に立てば我がことのように喜ぶ。ときにはエゴイストも出現するが、エゴイストは集団の結束を危うくするので、集団から追放される。
 本作の観客は、同じクニの仲間同士が意外にあっさり協力するので、拍子抜けするかもしれないが、私たちはそういう生き物なのだ。何万年もかけてそういう生物に進化してきたのだ。本作は現実社会の縮図であるにとどまらず、人類史の縮図である。

 前作の、全員が一致して協力しようと呼びかけることにいささか無理があったのに対して、本作の、いくつかの集団に分かれることは認めた上で、集団間のバランスを取るにはどうしたら良いかを考えるのは、まことに現実的だ。
 まさに、私たちの社会がそうであるように。


 さらに、本作の肝になるのは、社会の脱落者たちである。勝ち残っている者たちだけで、すべてが決するわけではない。
 社会の脱落者といえども選挙権を持っていて、彼らの票はときとして力になる。いや、彼らの票をまとめることこそが、勝った者同士で椅子を争うよりも大切なのだ。
 勝ち残ったつもりの者たちには、彼らが脱落者に見えるだろう。しかし、彼らは実は脱落者なんかじゃないのだ。立派な社会の構成員なのだ。
 それに気づいて、彼らをきちんと遇した者がゲームを制する。

 私たちの社会には、退場者なんていないのだから。


ライアーゲーム -再生- プレミアム・エディションBD [Blu-ray]フクナガVSヨコヤ』  [は行]
演出/森脇智延
出演/鈴木浩介 鈴木一真 芦田愛菜 江角マキコ
日本公開/2012年2月24日
ジャンル/[サスペンス] [ミステリー]

ライアーゲーム -再生-』  [ら行]
監督/松山博昭  原作/甲斐谷忍  音楽/中田ヤスタカ
出演/松田翔太 多部未華子 船越英一郎 小池栄子 新井浩文 野波麻帆 池田鉄洋 芦田愛菜 鈴木浩介 濱田マリ 要潤 高橋ジョージ 渡辺いっけい 春海四方 江角マキコ 鈴木一真 斎藤陽子 川村陽介 竜星涼 大野拓朗 前田健 青木忠宏 上原敏郎 上野なつひ 桝木亜子
日本公開/2012年3月3日
ジャンル/[サスペンス] [ミステリー]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 映画ライアーゲーム※ネタバレ
【genre : 映画

tag : 松山博昭 松田翔太 多部未華子 船越英一郎 小池栄子 新井浩文 野波麻帆 池田鉄洋 芦田愛菜 鈴木浩介

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示