『マイウェイ 12,000キロの真実』 たったひとつ残念なこと

 素晴らしい!
 そう素直に感嘆した。
 人々の対立と葛藤、壊れる友情と生まれる友情、そして彼らを取り巻く数奇な運命。物語は波乱に富んで飽きさせないし、喜怒哀楽すべての感情を揺さぶるエピソードに満ちている。私は『マイウェイ 12,000キロの真実』を観て良かったと大満足で映画館を後にした。

 何よりも舌を巻いたのは、この韓国映画の思慮深さだ。
 映画は日中戦争前の時代から説き起こし、ノモンハン事件以降の出来事をたどりながら、第二次世界大戦後までを舞台にしている。この、取り上げ方の難しい時代を背景に、日本人と朝鮮人(当時まだ大韓民国という国はなかった)と中国人のドラマを描くのだ。日本でも韓国でも中国でも受け入れられる映画にするのは至難の業だ。
 けれども、作品を作るからには外国市場も狙うのが韓国映画だ。国内の観客だけが満足するような狭量な作品とはせず、ちゃんと韓中日三ヶ国にアピールするように作られている。これが実に上手い。


 まず、韓国の観客が感情移入しやすいように、朝鮮人は善人、日本人は悪人という構図で映画ははじまる。しかも、観客から「オレたちが受けた仕打ちはこんなもんじゃない」と云われないように、日本人はまったくもって悪辣卑劣で、朝鮮人はあくまで被害者であると強調している。

 その最たるものが、本作の二人の主人公、長谷川辰雄とキム・ジュンシクだ。オダギリジョー演じる長谷川辰雄はコチコチの軍国少年だ。尊敬する人は憲兵隊司令官の祖父。口癖は「大日本帝国万歳!」:-)
 他方、チャン・ドンゴン演じるキム・ジュンシクは絵に描いたような善人だ。彼のすることは誰でも共感する。どんな境遇に陥ってもコツコツ努力することを忘れない、実に立派な人間だ。

 もちろん、これでは日本の観客にソッポを向かれてしまうから、映画には良識を持った日本人も登場する。それが長谷川辰雄の父親だ。医者である父は、辰雄に「国よりも、まず人のことを考えなさい」と説く。このような人物を配することで、日本の観客も感情移入する対象を見出す。
 他国では、今でも日本は戦前と変わらぬ軍国主義だと思われているようだが、現代の日本人からすれば、辰雄こそ偏向していて理解不能な人間だ。

 さらに、巨大マーケットである中国の観客も取り込むために、中国人少女も登場する。ファン・ビンビン演じる少女は、日本人に陵辱され、日本人に復讐することだけを考えている。ここで中国人はぜんぜん悪くないから、中国の観客にも受けるに違いない。

 これら東アジアの人々がユーラシア大陸を横断する12,000キロメートルの旅は、スケールの大きなドラマとして、各国で受け入れられるだろう。


 けれども、これだけでは物足りない。
 キム・ジュンシクが日本軍に徴用されたのちは、辰雄の父の出番もなくなり、辰雄の横暴さばかりが目立ってくるからだ。日本の観客には居心地が悪かろう。
 しかし、オダギリジョーとチャン・ドンゴンが競演した本作の、真の主人公はやはりオダギリジョーだった。
 「ふたりの王女」のうち、温かな光の王女よりも、屈折した闇の王女の方が観客にアピールするのと同じである。あくまで善人のキム・ジュンシクはたいへん判りやすい人物だが、観客が魅了されるのは軍国少年だった長谷川辰雄だ。決して通り一遍の人間ではない、その心の変遷を、オダギリジョーが熱演している。

 そして映画は、日本兵の中にも温かみのある者や本当のクズなどさまざまな人間がいることを描く。同時に、朝鮮人にも卑劣な奴、横暴な奴がいることを描き、「朝鮮人は善人、日本人は悪人」という構図をみずから壊してみせる。
 はじめは朝鮮人と日本人との対立が取り上げられていたけれど、大陸を旅してソ連やドイツが舞台となるうちに、朝鮮人とか日本人ということからドンドン意味がなくなっていく。
 そこには、戦争で浮き彫りにされた一人ひとりの人間の生き様があるだけなのだ。

 私ははらはらと涙をこぼしながら、彼らの運命の行きつく先を見つめていた。


 脚本・制作・監督を務めたカン・ジェギュは、公式サイトのインタビューにおいて、この映画で伝えたいのは「人間に対する理解」だと述べている。
---
この作品は戦争の悲劇を描いている訳ではなくて、人間が希望を探す映画だと思っています。過酷な状況の中、国籍も境遇も異なる人間を理解し、好きになる、そして失っていた夢を取り戻す。私がここで伝えたい希望とは、「人間に対する理解」だったり「夢」だと思っています。それがあればどんな辛い状況でも生きていけると思っています。
(略)
戦争を通じて人間の本質を確認する――、そんな映画にしたいと考えています。
もちろんこの映画も、戦争の加害者と被害者を主人公に物語が出発します。しかし、物語が進むにつれて、それは何も意味がないことだと分かってくると思います。
この映画の中に私の戦争への見解はありません。両国どちらかの見解で描くのではなく、それ以上にもっと成熟した映画にしなければならないと考えているからです。
---

 ドイツ兵の中に東洋人が交じっている1枚の写真から、カン・ジェギュ監督はこの壮大なファンタジーを紡ぎ出した。そこにカン・ジェギュが込めた願いや夢は、多くの観客の胸に響くだろう。

 ひとつ残念なことがあるとすれば、このような素晴らしい企画が日本から生まれなかったことである。


マイウェイ 12,000キロの真実 Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)マイウェイ 12,000キロの真実』  [ま行]
監督・制作・脚本/カン・ジェギュ
出演/オダギリジョー チャン・ドンゴン ファン・ビンビン 佐野史郎 鶴見辰吾 夏八木勲 浜田学 キム・イングォン キム・ヒウォン オ・テギョン
日本公開/2012年1月14日
ジャンル/[ドラマ] [戦争]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 韓国映画
【genre : 映画

tag : カン・ジェギュ オダギリジョー チャン・ドンゴン ファン・ビンビン 佐野史郎 鶴見辰吾 夏八木勲 浜田学 キム・イングォン キム・ヒウォン

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示