『孔子の教え』 タイトルには騙されないぞ!

 ずいぶん説教くさい邦題を付けたものである。
 孔子が*偉い*教えを広めた人物であることは誰でも知っていよう。それは儒教となって中国のみならず朝鮮や日本にも伝わり、広く東アジアに浸透している。儒教から朱子学、陽明学が発生し、幕末にはこれが倒幕の思想的バックボーンになったことを思えば、日本での孔子の影響も甚大である。
 だから『孔子の教え』という邦題を目にして、さぞかしありがたく退屈な映画だろうと思い込んでも無理はない。

 しかし、そう思う人は、孔子の生きた時代が乱世だったことを忘れている。私は忘れていた。
 易姓革命によって強力な王朝が登場し、数世紀にわたって広大な領土を支配する。中国はその繰り返しを2000年以上続けてきた。
 だが、孔子が生きたのは、周が力を失い諸侯が争うようになってから秦が再統一するまでの間――春秋戦国時代であり、このときばかりは中国も多くの国に分裂し、国の中でも貴族たちが相争っていたのである。兵法で知られる孫子もまたこの時代の人であることからも、動乱の時代だったことが知れよう。
 『孔子の教え』は、そんな春秋戦国時代に知略を駆使して理想の国造りに邁進した男の物語だ。

 乱世を背景とするから、軍が出動するシーンや合戦シーンにはこと欠かない。孔子は必要とあらば軍の動員を厭わない人物であったから、反対勢力とは武力で衝突する。
 2500年も前に、映画に登場するような巨大兵器があったかどうかはともかく、本作はエキストラとCGIを駆使して、大スペクタクルを展開している。
 邦題の説教くささからは想像もつかない派手なシーンに溢れた、スケールの大きな娯楽大作である。


 とはいえ、映画はもちろん孔子の教えにも触れている。監督の意図は戦争映画を作ることではないのだから。

 ここで質問だが、もしもあなたの目の前で2歳の少女がクルマに轢かれたら、あなたはどうするだろうか?

 あなたが通行人だったら、何もせずに通り過ぎることができよう。
 あなたがバイクもしくはクルマで通りかかったなら、少女を避けて走り去ることもできるし、横たわった少女をさらに轢いて行くこともできる。
 2011年10月13日、中国広東省佛山市(ぶつざんし)の道路に設置された監視カメラは、クルマに轢かれた少女をなんと18人もの人々が知らんぷりし、通り過ぎる姿を捉えていた。
 ようやく少女に手を差し伸べたのは、19人目に通りかかったゴミ拾いの老婦人だった。老婦人は周囲の商店に向かって大声で誰の子供かと尋ねたが、誰一人としてこれに応じる者はいない。ようやく子供を探す母親と出会った後、母親は少女を病院に担ぎ込んだが、残念ながら少女は亡くなった。

 それに先立つ2006年11月20日には、江蘇省南京市で転んだ老人を助けた青年が、あろうことか当の老人から訴えられるという事件が起きた。老人は青年に怪我をさせられたと主張したのである。そして裁判所は、青年が老人を病院まで送ったのは後ろめたさの表れであると推定し、青年に損害額の4割を支払うように命じてしまった。
 この事件をレポートした北村豊氏によれば、同様の事件は他にも起こっているそうだ。
 北村豊氏は、高額な医療費を負担できない老人が、他人に怪我の責任を押しつけて医療費を負担させようとしたのだろうと述べている(たとえ助けてくれた相手であっても!)。また、南京市の事件では、転んだ老人の息子が南京市の警察官であり、警察署が証拠となる目撃者からの聞き取り調書を紛失したとして裁判所に提出しなかったことも判明しているという。

 なるほど、このような事件が続けば、倒れている人を助けるのは控えようという考えが広まるのかもしれない。
 しかし、もちろん中国人の全部がそんな考え方でいるわけではない。
 上に紹介した事件はいずれも中国で大きな反響を呼び、議論になったそうだ。とうぜん、多くの人が問題だと感じたのだ。
 困っている人がいたら助けるのは当たり前のはずだ。
 「義を見てせざるは勇なきなり」
 2500年前に孔子が残したこの言葉は、東アジアの人なら誰でも知っていよう。仁や礼に基づく孔子の思想は、暗に陽に私たちの規範となっていたはずだ。

 ところが、それが実践されない。
 中国では、文化大革命の時代に儒教を徹底的に弾圧した。21世紀になってようやく儒教を再評価する動きが出ているそうだ。
 フー・メイ監督が『孔子の教え』を撮ったのも、孔子を通して今の時代に訴えたいことがあるからだろう。実は、孔子ほどよく知られた人物でありながら、本格的な映画化はこの作品が初めてだという。
 フー・メイ監督は本作を撮った理由を次のように語っている。
---
仁、義、礼、智、信。今日の人類の文明にとって、これらはとてつもなく大きな精神的財産、東洋文明の精神的財産です。(略)キリスト教やイスラム教は“神”のものですが、儒学は“共同”のもの。他人と溶け合うこの精神が、素晴らしい未来をつくる道であり、発展の方向性だと思っています。そしてこれが、私が本当に本作『孔子の教え』を撮りたかった理由でもあるのです。(略)私たち、とりわけ若者には精神面での栄養や思想が不足していると思う。信仰がありません。何を信じてよいのか分からず、利己的になる。どの家庭の子どもも一人っ子で、何でも他人が与えてくれると思っています。それでは発展は続かず、将来が危険です
---
 日本でも、人々の無関心をテーマにした瀬々敬久監督の『アントキノイノチ』が、『孔子の教え』と同時期に公開されたのは興味深い。


 もっとも、孔子は道徳ばかりを説いたのではない。その思想の大きな部分が、国の在り方や政治についての考察であったことを、本作は描いている。
 そして君臣の関係を前提としたその思想は、現代にそのまま当てはまるわけではない。
 孔子の教えに学ぶこともあれば、孔子の教えに疑問を感じ、意見を異にすることもあるだろう。
 とうぜんだ。私たちは2500年前の孔子の言葉に触れるだけでなく、新たな思想も展開していかねばならないのだ。
 「温故知新」――それもまた孔子の教えなのだから。


孔子の教え [Blu-ray]孔子の教え』  [か行]
監督/フー・メイ
出演/チョウ・ユンファ ジョウ・シュン チェン・ジェンビン ヤオ・ルー ルー・イー レン・チュアン
日本公開/2011年11月12日
ジャンル/[ドラマ] [伝記] [歴史劇]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : ☆.。.:*・゚中国・香港・台湾映画゚・*:.。.☆
【genre : 映画

tag : フー・メイ チョウ・ユンファ ジョウ・シュン チェン・ジェンビン ヤオ・ルー ルー・イー レン・チュアン

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示