『ノウイング』に備えよ!

 【ネタバレ注意】

 エゼキエル書に登場した「神」は地球に来訪した宇宙人であるという説は、そのむかしエーリッヒ・フォン・デニケンが著書『未来の記憶』で唱えて有名になった。五島勉が『宇宙人 謎の遺産―彼らこそ地球文明の影の支配者だ』でも紹介している。

 主に1970年代だろうか、宗教的に解釈されている古代の出来事は、実は古代人から見た宇宙人の事跡なのだとする考えがはやり、そこから多くのSF作品も生まれた。

 この流行は、カウンターカルチャーの勃興があったればこそだろう。
 伝統的な宗教観が支配する社会では、神を宇宙人呼ばわりすることはできなかったはずだ。

 しかし、出版物ではできることも、映画となると難しい。

 かろうじて『2001年宇宙の旅』がそれらしき世界を描いたが、『幼年期の終わり』の映画化企画はポシャり、後に続く作品はなかなか生まれなかった。
 『スターゲイト』のようにエジプト神話に材をとるならまだしも、相応の制作費をかけて聖書をSFのネタにするなど、プロテスタントの国アメリカでは難しかったか。


 しかし、『ノウイング』をもって、遂にハリウッドがデニケン的な世界を取り上げた。

 ある意味で本作に良く似ている『サイン』が、プロテスタントと迎合することで成立していたのに対し、本作は同じようにプロテスタントに目配りしながらも、あくまで「神=宇宙人」という主張を貫きとおす。
 エゼキエルが見た「怪物」の登場するクライマックスから、少年と少女がリンゴの木の下で戯れるラストまでは、聖書をなぞるかのような展開だが、聖書に似せれば似せるほど、それが実は宇宙人なのだという本作は挑戦的だ。

 『ノウイング』は典型的な人類家畜テーマの作品といえる。
 同テーマでは、たとえば半村良氏のデビュー作『収穫』が思い浮かぶ。『収穫』では、宇宙人のメッセージを受けた全人類が宇宙船に乗り込むにもかかわらず、主人公はメッセージを受けられずに取り残されてしまう。
 メッセージを受け取るのが多数派か少数派か『ノウイング』との違いはあるものの、メッセージを受け取れる人間の方が宇宙人にとって「出来がいい」のは共通していて面白い。

 将来起こる災厄をテレパシーで伝えようとしてくれる設定も、SF好きにはお馴染みだろう。石ノ森章太郎が描こうとした『2012 009 conclusion GOD’S WAR―サイボーグ009完結編』なんて、そのまんまだ。

 このように『ノウイング』は、SF小説を読む人には決して斬新な内容ではないが、これを映画というビジュアルな媒体で提示し、宣伝費をかけ、全世界で公開するとは、なかなか野心作である。


 そういえば、アレックス・プロヤス監督はエジプトの出身。
 さては『スターゲイト』の意趣返しか
 アンチ宗教SFの代表作であるフィリップ・ホセ・ファーマーの『リバーワールド』も映像化したし!


 ところで…
 急に避難しろと云われてあわてないように、NICTの宇宙天気予報を見て太陽フレアに気をつけよう!


ノウイング [Blu-ray]ノウイング』  [な行]
監督/アレックス・プロヤス
出演/ニコラス・ケイジ ローズ・バーン チャンドラー・カンタベリー ララ・ロビンソン(二役)
日本公開/2009年7月10日
ジャンル/[SF] [サスペンス]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加

【theme : 特撮・SF・ファンタジー映画
【genre : 映画

tag : アレックス・プロヤス ニコラス・ケイジ

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示