『カーズ/クロスロード』 カーズ3でプレーンズ3を楽しもう

カーズ/クロスロード オリジナル・サウンドトラック Soundtrack 【ネタバレ注意】

 楽しみにしていた作品が、未完で終わると残念なものだ。
 マンガ『魔王ダンテ』や『魔獣戦線』のように掲載誌の休刊で未完になった作品や、編集者が原稿を紛失したといわれる小説『妖星伝』のように、後年作者の手で完結できたものもあるが、『サイボーグ009』や『火の鳥』のように完結前に作者が死去してしまった作品も少なくない。
 映画の場合は金と人手がかかるだけに、マンガや小説以上に最後まで作り続けるのが難しい。シリーズ化を意図していたにもかかわらず、一作目の成績が振るわずにシリーズが頓挫するのはよくあることだ。

 『カーズ』(2006年)で4.6億ドル、『カーズ2』(2011年)で5.6億ドルの興行成績を叩き出したディズニー/ピクサーは、カーズファミリーの映画を量産することを計画した。自動車を主人公にした『カーズ』のような形で、ボーツ(船)やトレインズ(列車)を作ろうとしていたのだ。
 先陣を切ったのが、飛行機を主人公にしたプレーンズ三部作だった。第一作『プレーンズ』が2013年に、第二作『プレーンズ2/ファイアー&レスキュー』が2014年に公開され、あまりの傑作ぶりに仰天した私は、完結編となる第三作を心待ちにした。

 だが、待てど暮らせど、『プレーンズ3』は公開されなかった。5000万ドルの制作費に対して2.4億ドルの成績だった『プレーンズ』や、1.5億ドルしか稼げなかった『プレーンズ2』の状況を見て、三部作構想は棚上げになったのかもしれない。
 私は残念でならなかった。このシリーズの結末を是非とも観たかった。

 カーレースを題材にした『カーズ』と同様に、『プレーンズ』は飛行機レースを扱った長編アニメーション映画だ。違うのは、『カーズ』の主人公ライトニング・マックィーンが最初からレーシングカーなのに対し、『プレーンズ』の主人公ダスティが農薬散布用飛行機であることだ。農薬散布用なのに飛行機レースで活躍したいなんてのは、とんでもなく難しい夢だから、『プレーンズ』で描かれる悲哀と勝負の厳しさは半端じゃなかった。

 さらに『プレーンズ2/ファイアー&レスキュー』は、花形レース機として幸せの絶頂にいたダスティが、故障のためにレース人生に終止符を打たれる物語だった。ギアボックスを損傷して出力を上げられない彼は、肩を壊した野球選手や足を失くしたサッカー選手のようなものだ。これまで応援してくれた人々と接することすら辛いダスティが、これからどうやって生きていくのか。子供向けのアニメーション映画とは思えないほど深刻な物語だった。もちろん、飛行機やクルマのキャラクターはどれも可愛らしいし、映画はユーモアたっぷりで面白い。シリアスなテーマと、楽しく可愛い作風の組み合わせの妙に、私はいたく感心した。

 それだけに、完結編たる第三作に期待した。勝負の厳しさや、挫折と再起を描いてきたこのシリーズが、最後に何を語るのかと、興味津々だった。

 残念ながら、プレーンズシリーズの最後のメッセージを知る機会は永遠に失われた。――そう諦めたところに公開されたのが、カーズシリーズの第三作『カーズ/クロスロード』(原題:Cars 3)だ。
 生き甲斐や生き方といったシリアスなテーマを掘り下げ続けたプレーンズシリーズとは違い、カーズシリーズはライトニング・マックィーンと仲間たちの友情を中心に据えつつも、第一作は新人レーサー、マックィーンの成長物語、第二作はレッカー車メーターが主役のスパイアクションと、内容の振幅が激しかった。だから、第三作も新奇性を重視した作品になるのかと思っていた。
 ところが本作は、『プレーンズ3』が作られたらこうなったであろうと思えるような、生き甲斐や生き方を掘り下げた映画だった。


超合金 カーズ(Cars) ライトニング マックイーン(LIGHTNING McQUEEN) 約200mm ダイキャスト&ABS&PVC製 彩色済み完成品フィギュア 『カーズ/クロスロード』の主人公は再びマックィーンに戻る。花形レーサーとして幸せの絶頂にいたマックィーンが、レースで大破して、このままレース人生を続けるか否かの瀬戸際に追い込まれる映画の序盤は、『プレーンズ2』の要約といえる。飛行機ダスティの挫折と再起の物語をマックィーンもなぞるのだが、加えて本作は『プレーンズ2』の後にダスティが直面したであろう事態まで描き出す。
 『プレーンズ2』のダスティは、体の一部が故障したとはいえ、まだ若くて体力も気力も充分だった。だが、本作のマックィーンが迎える危機は、世代交代だ。旧い世代であるマックィーンは、性能に勝る新世代のレーサーたちに手も足も出ない。同じ旧世代のレーサーが次々引退していく中、現役であることにこだわるマックィーンはどんどん立場が悪くなる。自分を凌ぐ新しい世代に追い上げられ、居場所がなくなっていくとき、人はどのように生きていけば良いのか。

 これだ。これこそが、幻の『プレーンズ3』で語られるべき物語だった。栄光も挫折も味わったダスティがさらに直面する事態といったら、旧世代として若い世代にどう接するかという問題だったに違いない。

 私は、ジョン・ラセターをはじめとする作り手に感謝したかった。失われたとばかり思っていた物語を、見ることができた気分だった。
 『カーズ』の原案・脚本・監督と『カーズ2』の原案・監督、そしてプレーンズシリーズの原案とエグゼクティブ・プロデューサーを務めたジョン・ラセターは、本作でもエグゼクティブ・プロデューサーとして関わっている。ラセターは、脚本家たちに「今作も、もちろん子どもたちが楽しめる作品にしたい。それでいて大人も共感出来るものにしたいんだ」と伝えたという。


ディズニー カーズ トミカ C-47 クルーズ・ラミレス (DINOCOレーシングタイプ) 本作は、『モンスターズ・ユニバーシティ』で扱ったテーマも改めて深掘りしている。
 多くの映画が、やればできる、努力すれば望みは叶うと夢を振りまく中で、『モンスターズ・ユニバーシティ』が、努力してもできないものはできないこと、才能や環境に恵まれた連中には敵わないことを描いたのは驚きだった。子供向けの映画として、本当に大切なことを描いていた。
 もちろん、そもそもやらなければできないし、努力すればかなりのことがやれるのは自明の理だ。やりもしないでやれないと思ったらせっかくのチャンスを逃してしまう。
 そのことについて、本作は『モンスターズ・ユニバーシティ』とは違ったアプローチで描いている。

 本作の新キャラクター、クルーズ・ラミレスは、レーサーになりたかったのに、とても自分にはできないと諦めていた。本作では、やりもせずに頭からやれないと思っているクルーズと、新世代に引き離されてもまだ自分はやれると思っているマックィーンの人生が交叉する。
 やればできるかもしれないということと、やってもできないかもしれないということ。一見すると矛盾した二つのことを両立させて描く本作には、舌を巻くしかない。

 性能では挽回できなくても、知識と経験に磨きをかけて有利に立ち回ろうとするマックィーンの姿は、もう若くはない年長者たちへのエールでもあろう。同時に、昔の体験にあぐらをかいて新たなことを学ばなければ、伸び盛りの若者に敵うはずもないのだと反省を促してもいる。
 そして何より、若者にチャンスを譲り、自信をつけさせ、伸ばしてやることが、年長者の務めなのだと諭している。それは自分が栄光を掴むこと以上に、やり甲斐のある、大事なことかもしれないのだ。本作をつくるに当たっては、長いあいだ「カムバック物」として検討されていながら、途中から「師弟物」に発展したのだという。
超合金 カーズ(Cars) ファビュラス ライトニング マックイーン(Fabulous LIGHTNING McQUEEN) 約200mm ダイキャスト&ABS&PVC製 彩色済み完成品フィギュア ブライアン・フィー監督は云う。「たとえ何者でも、その人が得た居場所は、前の世代の助けがあってこそ。最終的には、次の世代にそのお返しができれば、それって人生で最高のことだと思う。」

 師弟物といっても、『姿三四郎』や『クリード チャンプを継ぐ男』のように若者が師匠になってくれと頼みにくるのではない。『ロッキー5/最後のドラマ』や『ハスラー2』のような師弟対決とも違う。本作のクルーズは、マックィーンが引っ張り上げなければ、生涯埋もれたままだった。これはガッツのある若者を称える映画ではなく、自信を持てず、前へ踏み出せない人に優しく手を差し伸べる映画なのだ。

 人を伸ばすには、小さなことでいいから成功体験を積ませることが重要だ。
 まさしくクルーズ・ラミレスは、砂浜で走れるようになったり、場末のデモリション・ダービーで優勝したりして、小さな成功を重ねていく。それこそが大事であったのだと、振り返ってみれば判るようになっている。

 レースの世界を題材にしながら、本作はありとあらゆる境遇の、あらゆる世代の人にとって普遍的な物語だ。
 映画を観終えたときの感慨は、何物にも代えがたい。


カーズ/クロスロード オリジナル・サウンドトラック Soundtrackカーズ/クロスロード』  [か行]
監督/ブライアン・フィー  制作総指揮/ジョン・ラセター
出演/オーウェン・ウィルソン クリステラ・アロンゾ アーミー・ハマー ラリー・ザ・ケイブル・ガイ ポール・ニューマン クリス・クーパー ネイサン・フィリオン ケリー・ワシントン リー・デラリア ボニー・ハント
日本語吹替版の出演/土田大 松岡茉優 藤森慎吾 山口智充 戸田恵子 赤坂泰彦 福澤朗
日本公開/2017年7月15日
ジャンル/[アクション] [アドベンチャー]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : ☆ディズニー映画「カーズ」☆
【genre : 映画

tag : ブライアン・フィー ジョン・ラセター オーウェン・ウィルソン クリステラ・アロンゾ アーミー・ハマー ポール・ニューマン 土田大 松岡茉優 山口智充 戸田恵子

『カーズ2』 無責任ではない問題提起

 2008年、短編映画『メーターの東京レース』と同時上映された『ボルト』には、一つ残念なところがあった。
 映画は、ミラクルボイスならぬスーパーボイスを放つスーパーヒーロー犬・ボルトの活躍から始まるのだが、このアクションシーンは単に映画の撮影という設定で、映画はすぐにスタジオで飼われている小犬の話になってしまうのだ。
 もちろんそれが物語の中心なのだが、3D画面いっぱいのアクションシーンは、それだけで終わるのがもったいないほど魅力的だった。
 『トイ・ストーリー3』も同様だ。冒頭の手に汗握るアクションは『男はつらいよ』シリーズの夢のシーンのようなもので、本来のストーリーとは関係なくかき消されてしまう。

 それを残念に思っていた人には、『カーズ2』は痛快だろう。
 颯爽たるスパイアクションで幕を開ける本作は、最後の最後までスパイアクションで通すのだ。
 しかも、英国スパイとして陰謀と戦うフィン・マックミサイルは、ボンドカーの中でも特に有名なアストンマーチン・DB5。その声を当てるのが、英国諜報部員ハリー・パーマーシリーズで知られるマイケル・ケイン。やっぱりこうでなくちゃいけない。

 そして世界各国を舞台とするワールド・グランプリと、007シリーズばりに世界中を股に掛けたスパイアクションとが楽しめる本作は、往年の傑作アニメ『マッハGoGoGo』(1967年)をも髣髴とさせる。
 とりわけ、フィン・マックミサイルがベルトタイヤ(マッハ号のBボタン機能)を装着するシーンなど、心躍る人も多いだろう。
 なんといっても、クルマはアニメーションの格好の題材だ。
 最近もカーレース物の『REDLINE』(2010年)が評判になったし、ディズニーには2006年の『カーズ』一作目に先駆けて1952年に『青い自動車』(『小型クーペのスージー』)という作品がある。
 クルマが登場すると気分が高まるのは、昔も今も変わらないのだろう。


 とはいえ、本作は楽しく痛快なばかりではない。
 『ウォーリー』で環境問題を取り上げ、『カールじいさんの空飛ぶ家』ではアメリカ同時多発テロ事件の後遺症を取り上げてきたピクサー・アニメーション・スタジオが、『カーズ2』で描くのはエネルギー問題である。

 クルマ好きには残念なことに、クルマはガソリンを食いまくる代物だ。日本自動車工業会によれば、日本のガソリン乗用車の1リットル当たり平均燃費は1996年の12.4kmから2009年の18.1kmへと大きく改善してはいる。ハイブリッドカーの普及を考えれば、さらなる改善が見込めよう。
 しかし、コンパクトシティ構想にも見られるように、近年はそもそもクルマを必要とする場所に離れて暮らすことの必然性が問われている。クルマの使用は物流業者のトラック輸送等に任せ、各家庭は徒歩や自転車や、せめて公共交通機関で用事を済ませられるところに移り住めば、自家用車を持つ必要はない。燃費向上や低公害車(エコカー)も良いが、クルマを使わないことに勝るものはない。

 まして、カーレースには生活上の必要性がまったくない。ガソリンを食いまくり、大気汚染物質を排出するカーレースは、究極の娯楽であり贅沢である。
 並みのクリエイターならそんなことは気にしないだろうが、思慮深いピクサーの制作陣は、環境保全の対極にあるレーシングカーを、手放しで楽しく描くことができなかったに違いない。
 そのため本作の通奏低音として流れるのは、従来の化石燃料と夢の代替エネルギーとの相克だ。
 本作のキーとなるのは、大気を汚染しない再生可能の新燃料アリノールだ。アリノールを世に広めるため、アリノールを燃料としたマシンによるワールド・グランプリが開催される。本作の主人公ライトニング・マックィーンもアリノールを搭載して参戦するが、アリノールを快く思わない連中がレースを妨害し……というのが本作のストーリーである。


 本作が公開された2011年は、これまで以上にエネルギー問題が注目された年であった。3月11日に東日本を襲った地震と津波は、広範囲な停電や電力不足をもたらし、多くの人がエネルギーについて考えざるを得なかった。
 『カーズ2』の制作は地震の前から進められていたが、奇しくもたいへんタイムリーな問題提起になったのである。
 そこで示されるのは、すぐに飛びつける夢の代替エネルギーなんてないということだ。いささかシニカルかもしれないが、現実に私たちが直面している問題に対して、夢を振りまくことでお茶を濁すほどピクサーは無責任ではないのだ。

 私たちは、これまで利用してきたエネルギー源をまだまだ活用せざるを得ない。
 幸いにして、石油は過去に人類が消費してしまった量の10~15倍はまだ存在するというし、シェールガスも莫大な埋蔵量がある。そして私たちはこれら化石燃料が持つエネルギー量の35%程度しか利用しておらず、残りの65%を無駄に捨てている。その35%の中で節電に励んだり、あらぬ代替エネルギーを探す前に、まず65%も捨てるのを止めるべきなのだろう。
 もちろん本作は、代替エネルギーの可能性を否定しているわけではない。たとえば最近注目されているトリウムなど、研究に取り組むべきものもあろう。


 さて、日本の観客が本作に興味を引かれる点として、主要舞台の一つが東京であることが挙げられる。『メーターの東京レース』がスケールアップしたのだ。
 ワールド・グランプリの開催地として描かれる日本の姿は、いまさらながら外から見た日本の魅力に気づかせてくれる。とりわけ強調されるのは、劇中で実況担当者が紹介するように「古い伝統とテクノロジーの国」という点だ。
 聞くところによれば、日本を訪れた外国人観光客がカメラに収めたがるのが吉野家の看板だそうだ。なるほど、橙色の地に黒い漢字が並ぶところは、歌舞伎座の垂れ幕を思わせなくもない。
 本作でも「古い伝統」の代表として歌舞伎や相撲が登場し、さらには鳥居や提灯のデザイン性にも目が向けられる。いささか誇張はあるものの、どれも日本を特徴づけるものだ。

 一方、「テクノロジー」の代表はコンピューター制御のトイレや電気街のきらびやかな看板だろう。主人公たちが巡る世界のレース場の中で、日本だけが夜のレースなのは、その魅力が夜景にあるからだ。
 七色にライトアップされたレインボーブリッジを、マックィーンたちレースカーが激走する場面は、楽しく美しい。

 ところが実際のレインボーブリッジは、3月11日の東日本大震災から5ヶ月を経ても節電のためにライトを消したままである。
 本作を観た世界中の青少年が、日本に興味を持って訪れたときに、彼らを迎えるのが暗闇に沈んだ街並みだったら、あまりにも寂しい。


カーズ2 [DVD]カーズ2』  [か行]
監督・原案/ジョン・ラセター、ブラッド・ルイス
出演/ラリー・ザ・ケイブル・ガイ オーウェン・ウィルソン ボニー・ハント トニー・シャルーブ グイド・クアローニ マイケル・ケイン エミリー・モーティマー ジェイソン・アイザックス エディ・イザード ジョン・タートゥーロ フランコ・ネロ ヴァネッサ・レッドグレーヴ
日本語吹替版の出演/山口智充 土田大 戸田恵子
日本公開/2011年7月30日
ジャンル/[アドベンチャー]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : ☆ディズニー映画「カーズ」☆
【genre : 映画

tag : ジョン・ラセター ブラッド・ルイス ラリー・ザ・ケイブル・ガイ オーウェン・ウィルソン マイケル・ケイン エミリー・モーティマー ジェイソン・アイザックス 山口智充 土田大

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示