『BIUTIFUL ビューティフル』 石ころの意味

 【ネタバレ注意】

 「成仏」とは仏教用語である。
 カトリック教徒が圧倒的に多いスペインを舞台とした映画を語るのに、あまり適した言葉ではないが、あいにくと日本語には他にこれといった表現がない。『BIUTIFUL ビューティフル』の中では「旅立つ」という云い方をしている。
 主人公ウスバルは、霊能力者である。この世に未練があって成仏できない霊に語りかけ、その理由を明らかにし、霊が旅立つ手伝いをする。テレビドラマ『ゴースト ~天国からのささやき』等でお馴染みの能力である。

 そんな彼がガンのために余命2ヶ月と診断される。妻と別れて二人の子供を育てる彼は、「子供たちを残して死ねない」と苦悩する。決して楽な暮らしではなく、非合法な稼業に手を染める彼には、信頼して後を託せる人もいない。それこそ、死んでも成仏できずにこの世をさまようだろう。
 ところが映画の冒頭では、ウスバルが成仏することが、すでに観客に示されている。映画は過去に遡って、いかにして彼が成仏に至るかが描かれる。

 だが、映画を見る限り、彼のすることはどれも良い結果をもたらさない。
 遺される子供たちのために彼には金が必要なのだが、移民を使った違法なビジネスは失敗し、移民たちが本国へ強制送還されたり、事故が起きてしまったりする。
 別れた妻との関係を修復して子供たちを託そうにも、精神的に不安定な妻にはとても任せられない。
 "beautiful"を"biutiful"と書いてしまうような彼は、子供たちに知識を授けることもできない。
 彼の必死の行動にもかかわらず、事態は悪化し、待ち受けるのは悲劇ばかりなのだ。
 幼いころに父と死に別れ、父の思い出がない彼が、自分の子供に「パパを忘れないでくれ」と懇願する姿が哀れである。

 そんな彼に、同じく霊能力を持つ女性が渡すのが二つの石ころである。
 「お守りよ。」
 そう云って、彼女は子供に渡すように告げるのだが、どう見ても単なる石ころだ。
 結局彼が子供たちのためにしてやれたのは、霊能力者から貰った石ころを渡したことと、形見の指輪を長女に渡したことくらいなのだが、それで彼は成仏できる。

 石ころに特別なご利益があるわけではない。
 単なる石ころを渡すには、子供たちと会話しなくてはならない。自分が彼らを想っていること、深く愛していることを語り、態度で示さなければ、子供は石ころなんて受け取らない。
 ウスバルが子供たちに残せたのは、金でも物でもない。愛情と思い出である。
 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督はタイトルの意味を問われて、「このタイトルは、人のジェスチャーの裏側にある、視覚からの明らかな美だけではなく、表面上に表れない感情的な美を意味している」と説明している。
 ウスバルのすることは、表面的には失敗ばかりだったが、人との交流においては何かを残すことができたのだ。天もそれを認めたから、死せる彼に門戸を開いたのだろう。


 本作には、黒澤明監督の『生きる』へのオマージュが込められているという。
 『生きる』の主人公は、余命いくばくもない中で公園作りに奔走する。しかし『生きる』で重要なのは、公園を作ったことではない。奔走する姿を通じて、人々の心の中に主人公の思い出が深く刻まれたことである。だからこそ、『生きる』は回想シーンで構成されている。
 本作は、ウスバルが公園どころか物質的には何も達成できない姿を描くことで、それでも成仏できたのはなぜかを描くことで、『生きる』で語られたことをより強調しているのである。


BIUTIFUL ビューティフル [DVD]BIUTIFUL ビューティフル』  [は行]
監督・制作・原案・脚本/アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
脚本/アルマンド・ボー、ニコラス・ヒアコボーネ
出演/ハビエル・バルデム マリセル・アルバレス エドゥアルド・フェルナンデス ディアリァトゥ・ダフ チェン・ツァイシェン アナー・ボウチャイブ ギレルモ・エストレヤ ルオ・チン
日本公開/2011年6月25日
ジャンル/[ドラマ]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 洋画
【genre : 映画

tag : アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ ハビエル・バルデム マリセル・アルバレス エドゥアルド・フェルナンデス ディアリァトゥ・ダフ チェン・ツァイシェン アナー・ボウチャイブ ギレルモ・エストレヤ ルオ・チン

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示