『アンチクライスト』 私を泣かせてください

 最初の10分間だけで映画代を払う価値があった、と『カールじいさんの空飛ぶ家』の感想に書いたが、『アンチクライスト』は冒頭の5分を観ただけで大満足だった!

 これまでもたびたび引用している岡田斗司夫氏の言葉「映画の原点っていうのは、『人に、見たことないものを見せるんだ』ということ」が、本作にも見事に当てはまる。
 見たことのないものとは、何も視覚効果を駆使した異星や遠未来の景色や、特殊メイクで生み出した怪物ばかりではない。普段の生活では覗き得ないアングル、他人の体に密着するほどのアップ、極めてゆっくりと再生される動作、そんなものも日常の中では見ることがない。
 ラース・フォン・トリアー監督はそれらの映像を絶妙なセンスで繰り出し、私たちを悲嘆と苦痛と絶望に満ちた映画の世界に取り込んでいく。はたして、次の瞬間に何が映し出されるのか、どんな音を発するのか、想像もつかない観客は片時も目を離すことができない。

 ラース・フォン・トリアー監督のイマジネーションは驚くほど豊かだ。
 「悲嘆」は出産中の鹿が象徴する。
 「苦痛」は腹の裂けた狐だ。
 「絶望」は土に埋められたカラスである。
 そして、「悲嘆」「苦痛」「絶望」の三人の乞食は、動物や人形の姿を借りて私たちの周りに付きまとう。
 そのイマジネーションに接するのは、聖書や神話を読むことにも似ている。


 とりわけ印象深いのは冒頭のプロローグである。
 そこでは、ヘンデル作曲のオペラ『リナルド』に登場するアリア『私を泣かせてください』の歌声に乗せて、男と女の愛し合う姿と、一人息子の死が描かれる。
 モノクロームの映像の中、降りしきる雪と、こぼれおちる水と、宙を舞う縫いぐるみ等がスローモーションで再生され、観客は待ち受ける悲劇を察していながらどうすることもできず、ただ運命の残酷さに魅了される。

 『私を泣かせてください』は、運命の残酷さを嘆き悲しむ曲である。
 十字軍の騎士リナルドと恋人のアルミレーナが愛を確かめ合っているところへ、突如としてイスラームの魔女が現れ、アルミレーナを連れ去ってしまう。魔女に囚われたアルミレーナは、異教徒であるエルサレム国王の求愛を拒んで、この曲を歌うのだ。
 "喜びに満ちた懐かしの天上から、こんな地獄に連れてこられ、いまは苦痛の虜でしかない。主よ、私を泣かせてください"、と。
 騎士リナルドは、恋人を救うために旅立つ。リナルドに惚れた魔女が誘惑してくるものの、リナルドはその誘惑をはねのける。

 ところが『アンチクライスト』では、連れてこられた地獄こそがエデンと呼ばれる緑の地なのである。そして、連れてくるのは他ならぬ恋人自身だ。あろうことか、苦痛に囚われて嘆いている恋人が、彼女を救おうとする男を淫らに誘惑する。
 その誘惑をはねのけては、自分の恋人を拒絶することになるのだ。何たる苦痛。


 オペラ『リナルド』は、18世紀の作品らしく十字軍の勝利に終わる。そしてエルサレム国王も魔女もキリスト教に回心する。
 しかし『アンチクライスト』には回心する先がない。
 男は恋人という苦痛を抱え込むばかりである。
 本作はもともと「地球は神ではなくサタンによって創造された」という内容だったという。

 災厄に見舞われ、苦痛の虜となった私たちは、もう元の暮らしには戻れないのだろうか。


アンチクライスト [Blu-ray]アンチクライスト』  [あ行]
監督・脚本/ラース・フォン・トリアー
出演/シャルロット・ゲンズブール ウィレム・デフォー ストルム・アヘシェ・サルストロ
日本公開/2011年2月26日
ジャンル/[ドラマ] [サスペンス] [ホラー]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : ヨーロッパ映画
【genre : 映画

tag : ラース・フォン・トリアー シャルロット・ゲンズブール ウィレム・デフォー ストルム・アヘシェ・サルストロ

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示