『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を惑わせる3つの「原作」

 【ネタバレ注意】

 その惹句を目にしたとき、作り手の並々ならぬ想いを感じた。
 それは、どこまでをヤマトと考えるのか、という大問題だ。

 「必ず、生きて還る。」

 それが、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』の宣伝に採用された惹句である。
 この文言に接して、ヤマトファンは2つのことを連想するだろう。
 1つは、『宇宙戦艦ヤマト』第1テレビシリーズ(1974年)の主題歌における次の一節だ。

  必ずここへ 帰って来ると
  手をふる人に 笑顔で答え

 そうだ、第1テレビシリーズは、帰ってくるためにはどんな困難をも乗り越える物語だった。
 そして2つ目は、続編『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』(1978年)の宣伝で流れた言葉。

  「君は愛する人のために死ねるか」

 この映画は、帰れない覚悟を迫る物語だった。

 方向性がまったく異なるこの2作を、私は同じシリーズだとは思っていない。設定や登場人物に共通点はあるものの、意図するところ、目指すところが相容れないからだ。
 このあとも『宇宙戦艦ヤマト』の設定を引き継いだアニメは続々と作られ、2009年の『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』に至るのだが、それらは『宇宙戦艦ヤマト』ではなく『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』に連なる作品である。物語の直接的な連続性はともかく、後に続くシリーズ作品のいずれも、難局を解決するために、誰かが死ぬ。描かれているのは、愛する人のため、大義のために死んでいく者であり、帰ってくるためにはどんな困難をも乗り越える物語とは一線を画しているのだ。

 なぜ一作目とそれ以降とが違うものになってしまったのか。
 それは、日本人に抜きがたく存在する思想・文化的な背景による。
 二作目以降が変節してしまったのではない。一作目が稀に見る特異な作品であり、二作目以降は普通の日本らしい作品に戻ったにすぎない。
 日本に存在する思想・文化的なもの、それは『宇宙戦艦ヤマト』と同じ1974年に公開された映画『樺太1945年夏 氷雪の門』の記事でも触れた二分法だ。


 ここで、日米の代表的な作品を比較してみよう。
 みなさんは、『ウルトラマン』と『スーパーマン』の違いを考えたことがあるだろうか?『仮面ライダー』と『X-MEN』に置き換えても良い。
 これらヒーローは誕生から数十年を経ても人気を保ち、今も何らかの形で新作を発表している、それぞれの国を代表するヒーローである。そして『ウルトラマン』の敵といえばレッドキングやバルタン星人等の怪獣・宇宙人たちであり、『スーパーマン』の敵は悪の天才レックス・ルーサーたちである。『仮面ライダー』シリーズの敵には、数々の怪人や地獄大使らの幹部たちがおり、『X-MEN』の敵にはマグニートーやストライカーがいる。

 この違い、お気づきだろうか。

 『ウルトラマン』の敵にはベムラーという怪獣がいたが、それはテレビシリーズの第1話でのことである。バルタン星人はシリーズを通じて何度も襲ってくるが、各回の攻撃担当者は毎回始末されている。
 つまり日本の悪役は、その回にしか登場しないのだ。なぜならヒーローに殺されてしまうから。悪の組織の幹部も、そのテレビ番組が最終回を迎えるまでに殺される。
 さすがに『ウルトラマン』や『仮面ライダー』は子供向けの作品だから、血なまぐさい殺し方はしない。派手に爆発したり、光って消滅したりと、映像は工夫されているが、命を奪っていることに変わりはない。

 それに対して、スーパーマンの宿敵レックス・ルーサーは、数十年にわたって宿敵であり続ける。マグニートーやストライカーも、その陰謀はX-MENに叩きつぶされ、ときには監獄に入れられるが、いつまでも悪事を働き続ける。
 アメコミの悪役が、悪事を働きながらも個人としての人生を過ごしているのに対し、日本のヒーロー物の悪役は消耗品だ。『仮面ライダー』の悪役に至っては、組織のために死ぬまでこき使われる(そして必ず死ぬ)。

 すなわち、米国の作品は悪人を懲らしめつつ人命は尊重し、矯正の機会を残すのに、日本の作品は敵を抹殺するまで戦いは終わらないのだ。ときには『星雲仮面マシンマン』のように悪人を改心させる作品もあるものの、この路線はさっぱり定着しない。
 もちろん、日本の作り手が過度に残酷なわけではないだろう。ただ、作り手と受け手双方に、こういう展開でないと納得しない文化・思想があるのだ。米国は昔から暴力表現には厳しい制約を課していたが、それは安易な暴力表現を許さない文化・思想があるからだ。[*1]

 敵を抹殺しないと納得しないということは、自分たちも負ければ抹殺されるしかないと考えているわけだ。
 それに対して、敵でも命までは奪わないということは、自分たちも負ければ投降して生き延びるという考えに通じている。

 以前紹介した竹中正治氏の記事に、こんな記述がある。
---
(略)旧日本軍と米軍の対照的なカルチャーの違いを感じずにはいられない。米軍は様々な逸脱があっても、原則的には可能な限り兵隊を生きて祖国に帰還させることを前提に作戦を進める。負けとなれば撤退し、戦闘不能になれば降伏、投降することは恥ではない。

 一方、日本軍は最初から滅私奉公主義で、命を捨てることが前提とされている。出兵する兵士に「無事に生きて戻って来ておくれ」という家族の本音を人前で語ることさえタブーだった。日本軍の軍律では、銃弾が尽きて戦闘不能になっても降伏は厳禁であり、投降すれば非国民扱いとなる。だから万策尽きると、日本軍は「自決」するか「玉砕」するしかない。
---

 日本軍が投降できないことについては、沖縄戦におけるひめゆり学徒の目撃談もある。
---
六月二十一日正午ごろ、投降しようとして海岸の米軍艦船に近づいた一人の日本兵を、別の日本兵が後ろから射殺したのがきっかけで、米軍の自動小銃の乱射が始まりました。
 ――宮城喜久子さんの証言[*2]
---

 日本兵を日本兵が後ろから射殺する!

 日本における、負ければ抹殺されるしかないという考えは、すなわち勝利しない限り死を選ばなければならないということでもある。そこから生じる悲劇と、死を美しく捉える文化については、『樺太1945年夏 氷雪の門』の記事で述べたのでここでは繰り返さない。
 ただ、戦争における日米両軍の行動と、フィクションにおける日米のヒーローの行動は、時代を超えて共通していると云えるだろう。

 竹中氏は次のようにも書く。
---
原爆は是か非か、戦争は是か非か、軍事力は是か非か──。白か黒かの二分法の論理だけに議論が支配されている。興味深いことに、旧日本軍では戦争の展開までも、勝利か玉砕かの二分法に支配され、「投降」という選択肢が最初から否定されていた。「撤退」という言葉すら否定されて「転進」と言われた。これはけっこう根の深い問題かもしれない。
---

 たしかに根は深い。我々はフィクションにおいてさえ、ショッカー怪人の投降を許さないのだから。
 しかし、ここで竹中氏は日米を比較して日本的二分法について述べているが、はたしてこの二分法は日本に特有のものだろうか。
 あながちそうとは云えないかもしれない。
 「日本軍は最初から滅私奉公主義」だったが、滅私奉公という言葉は、中国の戦国時代の書物をまとめた『戦国策』に由来する。 二千年以上かけて東アジアに広まったものだ。

 清末四大奇案の一つといわれる怪事件に基づいた中国映画『ウォーロード/男たちの誓い』では、敵の拠点に攻め込み勝利するエピソードがある。主人公たちは、多くの敵兵を武装解除して閉じ込める。そのあと、自軍は何をするか?なんと、捕えた敵兵全員を射殺してしまうのだ。
 もちろん、現代の映画の作り手は、登場人物の一人にそれは酷いと語らせるのだが。
 しかし、戦争を殲滅戦と捉え、生き残りなんてあり得ないとする考え方は、一つ日本に閉じたものとは云えないだろう。
 それが証拠に、ウルトラシリーズはアジア各国でも人気である。海外では、タイのチャイヨー・プロダクションがウルトラシリーズを展開していることは、ご存知の方も多いだろう。

 したがって、日米の比較にとどまらず、洋の東西、少なくとも東アジア周辺と欧米とで比較すべきかもしれない。
 ヨーロッパの歴史、それは戦争の歴史である。国はすなわち軍事国家であり、長年殺し合いを続けてきた
 数千年にわたり中国という超大国が睨みを利かせた東アジアや、ましてや19世紀まで対外戦争をほとんど経験しなかった日本とは大違いである。
 西洋の国々が戦争を勝利と玉砕の二分法だけで考えず、「投降」等のオプションを用意しているのも、それだけ戦争馴れしているからだろう。対外戦争が常態化していた西洋諸国だから、戦争のルールを編み出せた。国際法の元祖たるヴェストファーレン条約も、ヨーロッパでの三十年戦争がもたらしたものである。

               

 さて、話を『宇宙戦艦ヤマト』に戻そう。
 日本のアニメの歴史を変え、映画興行のあり方にさえ大きな影響を与えたこの作品でも、描かれるのは過酷な殲滅戦だ。
 主人公たちは、『宇宙戦艦ヤマト』ではガミラス帝国を滅ぼし、続く『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』では白色彗星帝国を滅ぼしといった具合に、敵の国家を根こそぎ全滅させてきた。それらの国々はあたかも国民皆兵であるかのように描かれ、配慮すべき民間人はいないことになっている。国民皆兵で、地球人を絶滅させに来るのだから、自衛のためには敵国を全滅させるのもやむを得ないということである。
 指導者層を捕えて停戦させたり、降伏させたりというオプションはない。我々は戦争馴れしていないために、全滅の手前の着地点を想像できないのだ。
 まことに日本らしい展開ではないか。

 事実、第二次世界大戦中の日本は国民皆兵も同然になっていた。
 樺太の戦いのころ、まだ15歳だった孫君鉉(ソン・グムヒョン)さんは、ソ連軍から逃げたときの出来事をこう語る。[*3]
---
やがて一つの山を越えて逢坂という村落にたどり着き、そこで日本軍と合流した。
「軍手と手榴弾二個をもらいました」と孫君鉉は語る。「一つは敵を殺すため、もう一つは自決用と言って…」
---

 また、ひめゆり学徒の生存者は次のように語っている。
---
一人の将校に率いられた兵隊や住民の一隊に会い、「これで米兵を刺せ」と銃剣を渡されました。
 ――島袋淑子さん・照屋菊子さんの証言[*2]
---

 このように、軍人ではない少年少女たちも、敵兵を殺すために武器を帯びていたのである。

 映画『キャタピラー』では、主婦たちが竹槍で敵兵を刺し殺す訓練をしている。
 今となっては滑稽な場面だが、戦争当時、彼女たちは本気で敵兵を突き刺すつもりでいただろう。
 これらを考えれば、軍人と民間人の区別などない宇宙戦艦ヤマトシリーズは、戦争とは殲滅戦と考える日本らしい作品なのだ。

 ところが、ヤマトの乗組員はシリーズを通じて情け容赦なく敵を全滅させているのに、ただ1つ最初のテレビシリーズ『宇宙戦艦ヤマト』には、全滅させたことを後悔するシーンがあった。全滅させてから何を云っても手遅れだが、少なくともこのときには殲滅戦に対する疑問を抱いていたのである。
 とはいえ、企画段階の案を基にした石津嵐氏の小説版『宇宙戦艦ヤマト』では、乗組員のほとんどが死んでしまう悲惨な物語であった。
 第1テレビシリーズを日本的な殲滅戦に陥ることから救ったのは、企画途中から参画した松本零士監督によるところが大きいだろう。マンガ家として、逆境でもしぶとく生き抜く人物を描いてきた松本零士氏は、『宇宙戦艦ヤマト』でも「必ずここへ帰って来る」者たちを描こうとした。

 『宇宙戦艦ヤマト』では、後のシリーズと異なり、主要な乗組員が戦闘で命を落とすことはない。唯一、沖田十三艦長が死亡するが、これは病魔に蝕まれて命脈尽きるのである。使命を全うした上での世代交代といえよう。
 沖田十三という人物は開巻当初から象徴的な存在だった。何しろ『宇宙戦艦ヤマト』は沖田艦長が撤退するところから始まるのだ。第二次世界大戦中の日本軍にはできなかった「撤退」を、敢えて決断できる人物を核に物語は進行する。しかも「勝利か玉砕かの二分法」を叫ぶ(いかにも日本の軍人らしい)古代守と激論するシーンまである。

 ここに、『宇宙戦艦ヤマト』という作品の戦争への姿勢が打ち出されている。
 松本零士氏は多くの戦争マンガを書いているが、他のマンガ家が颯爽たるゼロ戦の活躍を描いたりしている中で、ヨーロッパの戦場を舞台にした作品を発表するなど、かねてより戦争の取り上げ方は独特だった。このような松本零士氏の意向もあって、『宇宙戦艦ヤマト』第1テレビシリーズは「勝利か玉砕かの二分法」を脱し得たのではないか。


 しかし、第1テレビシリーズの続編である『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』になると、容赦なく敵を殲滅するのはもとより、味方も次々に戦場に散っていく。石津嵐氏の小説版もかくやと思わせるむごたらしさだ。それはまさしく「勝利か玉砕かの二分法」の典型であり、登場人物の大半が美しい自己犠牲により敵の砲火に身をさらしていく。
 このとき、松本零士氏は共同監督としてクレジットされてはいるものの、すでに第1テレビシリーズの映画化のころからパブリシティーの前面に立つようになっていた西崎義展プロデューサーが、テーマは愛だと語っていた。それが「君は愛する人のために死ねるか」という宣伝文句に繋がるのである。

 松本零士氏は、この結末が特攻を美化するとして良しとしなかった
 だから、『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』をテレビ化した『宇宙戦艦ヤマト2』を監督した際には、登場人物の多くは死なない結末を用意した。

 これ以降、松本零士氏の関与が減っていき、プロデューサーの西崎義展氏が総監督も兼ねるようになると、『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』に見られる「勝利か玉砕かの二分法」が欠かさず描かれるようになる。さすがに、続編の余地を残すためか、登場人物の大半が死ぬような展開は避けているが、主要な人物がここぞというときに犠牲になるのはお約束と化した。
 私が、以降のシリーズを『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』に連なる作品と呼ぶゆえんである。

 かように、36年もの長きにわたって連綿と続いた宇宙戦艦ヤマトシリーズは、「勝利か玉砕かの二分法」を否定し生きて帰ることを重視した第1テレビシリーズと、「勝利か玉砕かの二分法」を念頭に死ぬことを尊ぶ『さらば――』以降とに分裂しているのだ。

               

 そして、2010年に実写版『SPACE BATTLESHIP ヤマト』の公開となる。
 はたして、この新作が、『宇宙戦艦ヤマト』第1テレビシリーズを受け継ぐ作品なのか、『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』に連なる作品なのか、私が興味津々でいたところに目についたのが、「必ず、生きて還る。」という惹句である。
 これは、「君は愛する人のために死ねるか」よりも「必ずここへ帰って来る」に近いようだ。
 私は思った。
 今回の実写版は、私と意を同じくするヤマトファンが作る映画かもしれない。自己犠牲を美しく描くのではなく、戦いの勝敗にかかわらず生きて帰ることを重視したヤマトが、久しぶりに観られるのかもしれない。


 ただ、『ALWAYS 三丁目の夕日』で日本中を号泣させた山崎貴氏が監督であると知ったとき、この実写版が『宇宙戦艦ヤマト』を追求した作品にはならないかもしれないと思った。
 山崎貴監督の起用は、人間ドラマを中心にするためだともいわれる。[*4]
 そうであれば思い出されるのは、山崎監督が熱心な『バトルスター・ギャラクティカ』ファンであることだ。『ギャラクティカ』は、宇宙船団を舞台にしたシリアスな人間模様を描いて高い評価を受けている。彼が、宇宙戦艦の中での人間ドラマを描くとすれば、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』は日本版『ギャラクティカ』になるのではないか、私はそう思った。

 しかし、以前の記事でも書いたように、『バトルスター・ギャラクティカ』は日本人にとっては異質の作品である。
 日本でヒットするのは、喜怒哀楽を存分に刺激し、スカッとしたり感動したりする作品だ。だが、『ギャラクティカ』は感情に訴えることを極力排し、論理的思考が行き着く先にある苦さを噛みしめる作品である。前者が、感情をつかさどる古い脳を刺激する作品だとすれば、後者は論理をつかさどる新しい脳を刺激する作品だ。
 映画館を出るときに、まったくカタルシスを感じることなく、どんよりとした重さを背負うような作品が、日本でヒットするだろうか。

 興味深いことに、『宇宙戦艦ヤマト』を米国で放映するに当たっては、日本よりも論理的な味付けがなされている。
 先に触れた撤退命令を出した沖田十三とそれを拒む古代守との会話を、名ゼリフとしてご記憶の方も多いだろう。

 沖田「ここで今全滅してしまっては、地球を守る為に戦う者が居なくなってしまうんだ。明日の為に今日の屈辱に耐えるんだ。それが男だ。」
 古代「男だったら、戦って戦って戦い抜いて、一つでも多くの敵をやっつけて、死ぬべきじゃないんですか!」

 ところが、Norihiko Nakajima氏によれば、『宇宙戦艦ヤマト』を米国で放映した『Star Blazers』では、古代守のセリフが次のように変えられているという。
 「単なる数字の問題です。あなたの旗艦には470名の乗組員がいる。私の船は20名。あなたたちが必ず帰還できるよう守ります。」
 日本では両者の信条を観念的にぶつけ合っているのだが、米国では論理的な交渉になっている。
 これにより、日本での古代守が上官の命令を無視して暴走したように見えるのに対し、米国の古代守は上官と話し合って全体最適を導き出したように見える。古代守も、その上官である沖田十三についても、日米では評価が変わってくるだろう。

 このように日米の文化的差異がある中で、感情重視の日本映画が『ギャラクティカ』のような論理性を目指すことができるだろうか。

 とはいえ、案の定できあがった『SPACE BATTLESHIP ヤマト』は、『ギャラクティカ』の影響が濃厚だった。
 飲んで喧嘩にあけくれる女性パイロット、夢のようなビジョンを提示して人々を引っ張っていく艦長、自軍の兵に連行されて営倉に放り込まれる主人公、大の虫を生かして小の虫を殺さざるを得ない苦渋の決断等々、2時間強の映画の中に『ギャラクティカ』のリメイクかと見紛うエピソードがいっぱいだ。[*5]
 また、注目の沖田十三と古代守の会話は、『宇宙戦艦ヤマト』よりも『Star Blazers』に近くなり、『宇宙戦艦ヤマト』で無謀な攻撃をしていた古代守は、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』では沖田艦の守りに回る。既存のエピソードも米国流のアレンジがなされたわけだ。

 もちろん、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』は『宇宙戦艦ヤマト』の実写版であるから、『宇宙戦艦ヤマト』らしさもたっぷりある。
 ストーリーだけではない。生きて還ることを執拗に説く沖田艦長は、まさしく第1テレビシリーズの松本零士氏が生み出した人物そのものだった。「必ず、生きて還る。」という惹句は伊達じゃない。
 私は、山崎貴監督が『宇宙戦艦ヤマト』の器に『ギャラクティカ』を盛り込んで、どのように締めくくるのか、興味を持って観ていた。

 だが、そのとき、物語は『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』へと大きく舵を切りはじめた。登場人物が自己犠牲に邁進し、次々に死に出したのである。
 それは、『ギャラクティカ』とは相容れないものだ。
 そもそも『さらば――』は、感情を刺激する典型的な作品だ。特攻の是非を論理的に見据えるよりも、特攻する崇高さに涙させる作品だ。
 しかし、論理をそっちのけに感情に流されることこそ、『ギャラクティカ』の脚本家ロナルド・D・ムーアが排除してきたものではなかったろうか。

 なのに『SPACE BATTLESHIP ヤマト』は、「必ず、生きて還る。」というメッセージを雲散霧消させてしまった。

 とまれ、山崎貴監督はかつて『ギャラクティカ』に関するインタビューで、「あなたならどのような結末にするか?」と問われて次のように答えている。
---
僕ならハッピーエンドにしますね。ただし、かなりの苦味を持ったハッピーエンド。ビター・ハッピーエンド。「さまざまな人が犠牲になったことによって、私たちはここにたどり着けました。だから自分の人生を大切にしなければいけないし、この地面に立てたことを大切にしなければいけない」っていう感じのハッピーエンド。だから、もしかしたらメインの登場人物はほぼ全員死ぬかもしれない。いろんなことがあって、でも最後には数人、ほんの“種子”だけでもいいと思うんですよね。(略)希望の種子は残しつつ、メインのキャラクターはみんな死んでくような気がする。すごく苦いけど、それは絶対にハッピーエンドなんです。ロールプレイング(・ゲーム)と一緒で、最後にはキャラクターへの思い入れが強くなっているから、きっともう、号泣に次ぐ、号泣でしょうね。
---

 それは、まさしく『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』のことではないか?
 『SPACE BATTLESHIP ヤマト』でやろうとしたのは、それか?


 こうして『SPACE BATTLESHIP ヤマト』は、『宇宙戦艦ヤマト』と『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』と『ギャラクティカ』の要素を盛り込んで船出した。
 しかし『宇宙戦艦ヤマト』と『さらば――』は方向性の違う作品である。『さらば――』と『ギャラクティカ』も相容れない。
 だから、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』の航跡は蛇行している。

 とはいえ、本作の作り手が『宇宙戦艦ヤマト』と『さらば――』の名場面、名ゼリフを忠実に再現しようと腐心しているのは確かである。
 アニメ版とは異なる部分もあるものの、アニメ版が内包していた不自然な点を解消しつつ、2時間強の尺に収めようとしたら、このような形になるのは理解できるところだ。[*6]
 最も大きな改変はガミラスの設定だろうが、『ギャラクティカ』の敵サイロン(個体として行動しつつ、記憶を共有する)の設定を彷彿とさせつつ、石津嵐版の小説での設定を知っているファンには納得できるところだろう。

 しかし、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』の作り手が、先行する3作品をじっくり分析していたら、そしてその特徴と差異を理解していたら、それらの要素を一つの映画に押し込もうとはしなかったはずだ。
 いくら名場面を再現しようと、まったく方向性の違う作品を繋げるのは無理がある。

 だが、それを作り手だけに云うのは酷だ。
 『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』を『宇宙戦艦ヤマト』の正統な続編として認めるファンも多い。そのメッセージは異なるにもかかわらず、ファンの胸のうちではひと繋がりの作品になっている。
 作り手としては、ヤマトファンが喜びそうなものをすべて盛り込み、さらには『ギャラクティカ』のような現代的な味付けもしたかったのだろう。


 かつて書いたように、日本には自殺を一つの選択肢として許容する文化がある。
 日本の自殺者数は『さらば――』の公開された30年前よりはるかに増えて、年間3万人を突破して久しい。日本は世界に冠たる自殺大国なのだ。
 だからこそ、いま「必ず、生きて還る。」というメッセージを発信することに意味がある。
 私は『SPACE BATTLESHIP ヤマト』の公開を前にそう期待していた。

 しかし、私が目の当たりにしたのは、2010年の今も30年前と同じように、いや第二次世界大戦中と同じように、勝利か玉砕かの二分法に支配され、我が身を犠牲にすることを尊ぶ日本人の精神だった。


[*1] ウルトラマンとスーパーマンの誕生には、文化的・歴史的・宗教的な違いがある。これについては稿を改めて触れたいと思う。

[*2] 香川京子 (1992) 『ひめゆりたちの祈り―沖縄のメッセージ』 朝日新聞社

[*3] 角田房子 (1994) 『悲しみの島サハリン――戦後責任の背景』 新潮社

[*4] 2009年、クランクイン前に発売された東京スポーツや週刊大衆では、最初は監督として樋口真嗣氏が予定されていたこと、乗組員の人間ドラマを中心にしたいとの意見があり、人間ドラマに定評のある山崎貴監督に変更になったことを報じているそうだ。

[*5] 『ギャラクティカ』のエピソードをうまく移植できなかったところもある。敵機を艦内に収容したのは安易だったろう。
 『ギャラクティカ』でも敵の戦闘機を艦内に収容するエピソードがあるが、それは敵であるサイロンが人間に開発されたロボットだという前提があるからだ。基本的にサイロンも地球環境を想定して作られており、機体の材料や機内の空気が人間に害を与える可能性は低い。
 ところがガミラスは人類には未知の存在である。劇中の説明からすれば、ガミラスは高濃度の放射性物質を好むと考えられ、機体に近づくことは命取りになる恐れがある。映画を見ている限りは、そのリスクをどのように回避するのか説明がない。

[*6] たとえば、森雪の設定変更は妥当であろう。オリジナルの『宇宙戦艦ヤマト』では、生活班の班長として乗組員の生活全般にかかわるとともに、ナースとして怪我の手当ても行い、艦橋で三次元レーダーの監視も行う。さらには調査活動にも同行するという、ひらたく云えば、どの場面にも登場する何でも屋だった。
 さすがにそれではリアリティがないので、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』では戦闘機のパイロットとなっている。古代進が戦闘班長であることを考えれば、2時間強の映画の中で効率的に古代との接触を増やすためには戦闘班に所属させるのが妥当だろう。また、松本零士氏の原案では古代進の部下でパイロットとされていたそうだから、原点回帰とも云える。
 前述のガミラスの設定といい、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』は明らかに『宇宙戦艦ヤマト』の企画段階の案を意識しており、ファンならニヤリとするところである。
 もちろん、森雪がパイロットという設定には、『ギャラクティカ』の女性パイロット・スターバックの影響もあろう。


SPACE BATTLESHIP ヤマト コレクターズ・エディション 【Blu-ray】 (完全予約限定商品)SPACE BATTLESHIP ヤマト』  [さ行]
監督・VFX/山崎貴  脚本/佐藤嗣麻子  原作/西崎義展
出演/木村拓哉 黒木メイサ 柳葉敏郎 緒形直人 西田敏行 高島礼子 堤真一 橋爪功 池内博之 マイコ 斎藤工 山崎努
日本公開/2010年12月1日
ジャンル/[SF] [アドベンチャー] [戦争]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : SPACE BATTLESHIP ヤマト
【genre : 映画

tag : 山崎貴 西崎義展 木村拓哉 黒木メイサ 柳葉敏郎 堤真一 池内博之 マイコ 斎藤工 山崎努

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示