『デイブレイカー』に学ぶ3倍オモシロくする方法

 抜群に面白いSFの一つとして『スラン』を挙げることに反対する人はいないだろう。A・E・ヴァン・ヴォークトが1940年に発表したこの傑作小説に魅入られた人は多い。
 新人類が活躍する『スラン』の後継といえるのが、たとえば石森章太郎氏の『イナズマン』や竹宮恵子氏の『地球(テラ)へ…』であり、その類似が指摘される作品としてはフィリップ・K・ディックの『ユービック』がある。

 これらに共通するのは何か?
 超能力者が登場すること?
 それももちろん共通点だが、物語の構造を決める大きな共通項がある。

 『スラン』は、従来の人類とは異なる新種「スラン」が主人公だ。スランたちの特徴は額から伸びた触毛である。ところが、触毛のない"新スラン"が出現したことから物語は急展開する。
 触毛が伸びた超能力者をそのまま絵にした作品が『イナズマン』であろうが、ここには人類を絶滅させようとする新人類が登場する。その新人類の大人たちに対抗するのが、新人類の子供たち「少年同盟」である。
 『地球(テラ)へ』も従来の人類と新人類「ミュウ」との相克を描くが、ミュウの中でもさらに旧世代と新世代との対立がある。
 そして『ユービック』では、通常の人間とは異なる多数の超能力者がいる時代に、超能力を封じる「不活性者」が活躍する。

 以上を俯瞰すればお気づきだろう。
 これらの作品の持つダイナミズム、それは三つ巴の構図から成っている。
 一般に、多くの作品が追う者(狩る者)と追われる者(狩られる者)の対立を軸にするのに対し、ここに挙げた作品は三つ巴の争いによる意外性と躍動感が魅力なのだ。


 『デイブレイカー』もこの構図をしっかりと踏襲している。
 本作は人間対ヴァンパイアの戦いを描きつつも、ヴァンパイアを襲う「サブサイダー」が登場することで物語の緊張を高めている。
 人間、ヴァンパイア、サブサイダーは、捕食について次の関係にある。

  人間: ヴァンパイアの食糧とされる。サブサイダーには襲われない。
  ヴァンパイア: 人間を食糧とする。サブサイダーの食糧とされる。
  サブサイダー: ヴァンパイアを食糧とする。人間は襲わない。

 そして、その能力も他者と比較すると一長一短である。

  人間: 昼でも行動できる。老いれば死ぬ。
  ヴァンパイア: 老いることがなく、寿命は無限。太陽の下では行動できない。
  サブサイダー: 驚異的な身体能力を持つ。知能、言語能力が劣る。

 お判りのように、『渇き』や『ぼくのエリ 200歳の少女』等でヴァンパイアの特徴とされる「不死性」と「驚異的な身体能力」が、本作ではヴァンパイアとサブサイダーに分けられている。そのため、ヴァンパイアは不死ではあるものの、人間同様に武装しなければ戦えない。丸腰のところをサブサイダーに襲われたらひとたまりもない。
 だから、ヴァンパイアである主人公は、昼は自由に行動できない上、夜はサブサイダーの襲撃を恐れる。不老不死でありながら、スリリングなことこの上ない。

 この三つ巴は、単に三つの勢力が出てくればいいわけではない。多数の勢力がいても、結局ふた手に分かれてしまうなら三つ巴のダイナミズムは味わえない。さりとて、三つを超える多数の勢力が入り乱れては、話が判りにくくなってしまう。
 三つの勢力それぞれが他者とは明確に異なる能力と性癖を持ち、共存することが叶わない中で、いずれが支配するか白黒つけねばならないからこそ面白い。
 そして『デイブレイカー』は、この三つ巴の醍醐味を存分に堪能できる作品である。


 さらに面白いことに、三者の立場は固定ではない。
 通常のヴァンパイア物と同じように、本作では血を吸ったり吸われたりすることで次のように変異する。

  人間 → ヴァンパイア → サブサイダー

 この不安定さがヴァンパイア映画やゾンビ映画の面白さだが、本作を特徴付けているのは、この変異が不可逆性ではないことだ。
 もしも「人間→ヴァンパイア→サブサイダー」という変異が、必ずしも矢印の方向だけではないとしたら……。

 もう、ここまで設定ができたなら、面白くならないはずがない。
 あとは、この設定を生かしきるだけである。


 たとえば、太陽の下では行動できないヴァンパイアが、昼日中にカーチェイスするところなど、なぜいままで映画にしなかったのか不思議なほど愉快なシーンだ。
 これは、これまでヴァンパイアは「不死性」と「驚異的な身体能力」の両方を兼ね備えてると思うからできなかったアクションだ。本作では、ヴァンパイアといえどもクルマで移動し、事故を起こせば死んでしまう設定があるから撮れる。
 これぞコロンブスの卵というやつだろう。

 三つ巴の構図がきちんとできれば、そこから面白いシークエンスが次々に生まれる。
 本作がその好例である。


デイブレイカー [Blu-ray]デイブレイカー』  [た行]
監督・脚本/マイケル・スピエリッグ、ピーター・スピエリッグ
出演/イーサン・ホーク ウィレム・デフォー サム・ニール クローディア・カーヴァン マイケル・ドーマン イザベル・ルーカス
日本公開/2010年11月27日
ジャンル/[SF] [ホラー] [アクション]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : SF
【genre : 映画

tag : マイケル・スピエリッグ ピーター・スピエリッグ イーサン・ホーク ウィレム・デフォー サム・ニール クローディア・カーヴァン マイケル・ドーマン イザベル・ルーカス

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示