『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』 アニメと違う「差分」の正体

THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦 ディレクターズカット特別版 [Blu-ray] 【ネタバレ注意】

 「演出家としてはB級です」押井守監督はみずからこう述べている。「演出という部分で僕よりはるかにうまい監督なんかいっぱいいるんです。僕の演出はどちらかと言ったらゴツゴツしてるし、なめらかじゃない。手つきが硬いというかさ、だから演出家としてはたいしたことないんだよ。役者の扱いもそんなにうまいわけじゃないし。」

 同時に、監督としては特A級を自認している。
 「企画を成立させたりとか、映画を映画として成立させるということに関してはたぶん五指に入ると言ってもいい、と思ってるよ。本当は正直に言えば一番うまいと思ってるんだけどさ。」
 本人がこう云うのだから、押井監督の作品に対して演出がどうの、役者の扱いがどうのと書いても仕方がない。「B級演出家」という本人の言を超える指摘は難しい。
 だから、押井監督作品は、本人が特A級と云う「企画を成立させたり、映画を映画として成立させるということ」を楽しむのが最上だろう。この点については、一番上手いというのだから。

 押井守監督のメインテーマは、映画を撮り続けることだという。
 映画史に名高い監督ジャン=リュック・ゴダールは、百何十本も映画を作っていながら、ちゃんと製作費を回収できたのは処女作の『勝手にしやがれ』だけと云われる。にもかかわらず、ゴダールは今に至るも映画を撮り続けていられる。なぜか?
 これを監督業のメインテーマに据えた押井監督は、一本の傑作、一本のヒット作をつくるよりも、連綿と映画を撮り続けられる状況づくりを重視する。

 一本の傑作、一本のヒット作も重視しないわけではないだろうが、そこを追求するとジョージ・ルーカスや庵野秀明氏のように自分が納得のいく映画を自分の金で作り、確実にヒットさせて注ぎ込んだ金を回収しなければならなくなる。
 押井監督のスタンスは違う。
---
僕は自分の金では絶対映画を撮らない。他人様の金で映画を作って、自分のスタッフにも基本的にやりたい放題やらせる。それでもなお「自分の映画」にするにはどうするのか、ということしか考えてない。自分自身が自分のリスクでなにかしでかそうとは全然思ってないです。
---
 世の中はジョージ・ルーカスや庵野秀明氏のような創業社長ばかりではない。世の多くの雇われ社長やサラリーマン諸氏は、押井監督のスタンスの方が共感し易いだろう。

 二度のオリジナルビデオアニメと三度の劇場版とテレビシリーズ、マンガ、小説、ゲームと息の長い人気を誇る『機動警察パトレイバー』の実写化となれば、新たな伝説を生むに相応しい企画だ。しかも一人の監督がアニメと実写の両方からアプローチするなんて、世界にもちょっと例がない。押井守監督の、映画を撮り続けるというメインテーマに、本作は確実に貢献するだろう。


THE NEXT GENERATION パトレイバー/第1章 [Blu-ray]■わざと映画をダメにした押井守

 では監督として特A級を自認する押井監督が、全7章の短編シリーズ『THE NEXT GENERATION パトレイバー』と長編映画『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』で成立させようとしたものは何だろうか。

 押井監督によれば、最初のオリジナルビデオアニメ『機動警察パトレイバー』のテーマは、ロボット物の「足かせ」だったという。「バッテリーの時間しか動かない、自走できないから現場までトレーラーで運ぶしかない。動けば必ずなにか壊す、自分も壊れる、メンテナンスも大変。ほとんど動かすためだけに存在してるような部隊。」これをテーマにしたのが最初の第一話であったという。
 その後のビデオやテレビは「警察官の日常を描く」ことがテーマだった。

 これらのテーマは『THE NEXT GENERATION パトレイバー』にそっくりそのまま受け継がれている。
 98式イングラムを立たせて礼砲を撃たせるだけのことに特車二課が大騒ぎするエピソード2「98式再起動せよ」は、オリジナルビデオアニメの第一話「第2小隊出動せよ!」のテーマに通じよう。
 待機するだけの毎日を描いたエピソード1「三代目出動せよ!」やアーケードゲームに興じるエピソード3「鉄拳アキラ」等は、「警察官の日常」を描いたものだ。
 すなわち、『THE NEXT GENERATION パトレイバー』はアニメシリーズでやったテーマの繰り返しなのだ。

 これが「実写化」という触れ込みの『THE NEXT GENERATION パトレイバー』の興味深いところだ。
 タイトルに「THE NEXT GENERATION」とあるように、警視庁警備部特科車両二課のメンバーは代替わりしており、アニメシリーズで活躍した「栄光の初代」、その後の(劇場版第二作で壊滅した)「無個性の二代目」を経た「無能の三代目」という設定になっている。時系列的にはアニメシリーズの後の時代であり、劇場版第二作『機動警察パトレイバー 2 the Movie』(1993年)の後日談が絡んだりする。
 これだけ見れば、実写化プロジェクトは「アニメシリーズの続きを実写で描いたもの」である。

 ところが、無能の三代目と呼ばれる面々は、初代隊長・後藤の後輩の後藤田隊長や、初代の操縦担当・泉 野明(いずみ のあ)に代わる操縦担当・泉野 明(いずみの あきら)、初代の指揮担当・篠原 遊馬(しのはら あすま)に代わる指揮担当・塩原 佑馬(しおばら ゆうま)等々、初代のメンバーとほぼ1対1で対応する。その上テーマはアニメシリーズの繰り返しときたもんだ。
 まるでアニメシリーズを実写でリメイクしているようにも見える。

THE NEXT GENERATION パトレイバー オリジナル・サウンドトラック 後藤隊長や野明をストレートに実写で描けば、配役がアニメのイメージと違うとか、役者が似てるとか似てないとか髪型が違うだの何だのという声が湧いてくるだろう。三代目という設定は、このようなノイズの発生を抑え、心置きなく実写化するための方便として巧い手だと思う。
 『THE NEXT GENERATION パトレイバー 第1章』の公開に際して、押井監督は次のように語っている。
---
アニメの世界の泉野明は、たくさんのアニメーターが絵を描き、冨永みーなという声優が命を吹き込んだキャラクターだから、いざ実写といっても誰かが取って代われるものじゃない。もうね、最初はキャストに対して違和感があってもいいんですよ。肝心なのは1年という時間を、一緒に過ごせる相手かどうか。見終わる頃には『この子も成長したな。やっぱり明を演じられるのは、真野恵里菜だけだった』と絶対に思ってもらえるはず。そこがシリーズの醍醐味だし、いいキャスティングができたと自負している
---

 このように、かつての『機動警察パトレイバー』と同じで済むところはとことん同じにしつつ、まったく同じものの繰り返しにもしないのは、描きたいことを絞り込むために違いない。
---
なぜ今かって疑問に答えるとしたら、自分がどうこうじゃなくて、やっぱり周りの環境が大きく変わったんだと思う。言ってみれば、一回自分が終わらせたものでもあるから、昔のままを実写化してくれと言われても、それはできない。でも時代や環境に即したアレンジであれば、そこに自分が(総監督を)やる必然も見えてくる。そうでなければ、違う監督がやるべき話だから
---

 第1章の公開時に「時代や環境に即したアレンジ」と述べていた押井監督は、『首都決戦』の際には「差分」という表現で説明している。
---
(『首都決戦』は)『パト2』の続編であって、リメイクでもリニューアルでもないんです。『パト2』で起きたクーデターの16年後の世界。その16年の間に何が変わったのか、どう変わったのか、何が変わっていないのか。16年経っても変えてはいけないものが果たしてあるのか。いわば"差分"です。

最初から言っていますが、今回はその差分そのものを描くことがテーマ。ストーリーも変える必要がないんですよ。だからほとんど変わっていない。それに付き合っている人間たちが変わったんだという部分を中心に描いています。クーデターを起こすプロセスとか、展開のダイナミズムのようなものはやっていません。『パト2』ではそれを丹念に描いた。だから方向性は全く逆なんです。

それはやはり16年経ってテーマが変わったから。同じようなシチュエーションで、アニメでやったことを映画で作り直したものでしかないわけ。(『首都決戦』が)アニメだったとしても同じことをやったと思う。

繰り返すけど、何が変わっていないのか、何が変わったのか。変わっていいものと変わっていけないものは何なのか。それが全て。骨はそういうことです。後はみんな、映画としての"お肉"ですね。アクションだったり、キャラクターだったり。
---

機動警察パトレイバー 劇場版 [Blu-ray] 『機動警察パトレイバー 2 the Movie』からストーリーも変えていないという『首都決戦』だが、劇場版第一作『機動警察パトレイバー THE MOVIE』の要素もしっかり混ぜてある。
 劇場版第一作では、クライマックスで野明が自分のレイバーを捨て石にする、その犠牲の大きさでカタルシスを生んだ。そして『首都決戦』でも同じコンセプトのアクションを用意する。

 しかも、劇場版第一作と同じように、わざわざ映画をダメにする要素を付け加えた。
 映画をダメにするもの――押井監督によれば、それは「感動のおまけ」である。感動的な場面を加えることで、映画の哲学は失われる。が、観客は喜んで、商業映画として成功する。
 劇場版第一作のラスト、「やったやった」と抱き合って遊馬が野明を抱いてクルクル回る場面こそ「感動のおまけ」であるという。押井監督は、まるで宮さん(宮崎駿)の映画みたいだなと思って、コンテを切りながら自分で恥ずかしかったそうだ。
 こんなことをしたら映画がダメになると思っていながら、押井監督は『首都決戦』にも同様の場面を付け加えた。この映画を商業的に成功させ、今後も撮り続けていく固い意志がなさせたのだろう。


■大いなる遺産の正体

 『機動警察パトレイバー 2 the Movie』の事件がベイブリッジ爆破ではじまったように、『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』はレインボーブリッジ爆破で開幕する。以降、押井監督が云うようにほぼ同じストーリーが繰り返され、特車二課第二小隊はテロリストの一派と対決する。
 特車二課第二小隊を率いる後藤田隊長が頼みの綱としているのは、初代隊長が残した大いなる遺産だ。その実態はようとして知れないが、その遺産があればこそ特車二課は存続している。一方のテロリストは劇場版第二作の主犯・柘植行人(つげ ゆきひと)の薫陶を受け、戦前の「正義=モラル」を再興しようとする者たちだ。
 はたして、押井監督があえて監督を引き受けてまで描こうとした環境の変化とは、1993年の劇場版第二作から22年(劇中の時間では16年)のあいだに生じた「差分」とは何なのか。

 押井監督は、時代性を取り入れることを考えたと述べている。
---
今回はより一層テロの要素が前面に出ています。一番のポイントは"見えない"ということなんです。その象徴が見えない戦闘ヘリということ。テロの実態が見えない、もっと言えば動機すら分からない。つまり、"敵が見えない"んです。
(略)
日本でもしテロがあり得るとすれば、政治的な要求などではなくて、一人が勝手に戦争を始めることだと思うんですよ。すでに、現実に戦争をやっているヤツが出ている。通りがかりの人を刺しちゃったりね。それは言ってみれば彼らにとっての戦争なんだよ。戦争なんだから、動機なんて必要ない。
---

 本作の社会的、政治的、軍事的な面については多くの人が分析するだろうから、それらの論考を楽しく拝読したいと思う。
 私は別のことを妄想している。

 そもそも『首都決戦』の元となった『機動警察パトレイバー 2 the Movie』のテーマは何だったのだろうか。『首都決戦』のテーマが差分を描くことだとすれば、劇場版第二作がテーマとしたものにその後起きたことがポイントのはずだ。
 OVAやテレビでは「足かせ」や「日常」をテーマとし、劇場版第一作では「レイバーは凶器になる」ことを取り上げた押井監督が劇場版第二作のテーマに据えたもの、それは「隊長」である。
---
機動警察パトレイバー2 the Movie [Blu-ray]隊長を「パト2」のテーマにしたんだよ。その方が僕にとっては面白いと思えたんです。なぜかと言ったら隊長というのは監督と同じだから。隊長と隊員の関係を監督とスタッフと置き換えてもいいんだよ。どうやってこいつらに言うことを聞かせて自分のテーマを実現し得るか、自己実現しようかという、そういう立場という点では隊長と監督は同じなんです。
(略)
そういう「中間管理職の自己実現」というテーマを描いた映画だから、この映画は社会人が見た方が絶対面白いと思ってたんだけど、結局そのとおりになったんです。社会人のほうが反応した。
(略)
「パト2」というのはそういう意味で言えば「隊長論」の映画だよね。中間管理職論と呼んでもいいし、もっとズバリ監督論でもいい。
---

 特車二課第二小隊の後藤隊長は、他人に命令も強制もしない。しかし、口では「命令も強制も俺は嫌いだから」と云いながら他人に選択肢を与えず、やらざるを得ないように追い込んでいる。自分のやりたいことをやらせるために、あらゆる手立てを講じる男だ。
 押井監督によれば、後藤のモデルはスタジオジブリのプロデューサー鈴木敏夫氏であるという。
 天才アニメーターの宮崎駿氏に『魔女の宅急便』、天才演出家の高畑勲氏に『ホーホケキョ となりの山田くん』と、両者のそれまでのフィルモグラフィーからは予想もつかない作品をつくらせて、近年も嫌がる宮崎駿氏に『風立ちぬ』をつくらせ、そんなつもりがなかった高畑勲氏に『かぐや姫の物語』の監督をさせた男。

 押井監督は鈴木敏夫氏についてこう語る。
---
「使えない人間は使える人間の言うことを聞くのが当たり前だ」と思ってるだけだから。昔からそうだよ。

「何もテーマを持ってない若いヤツをいいように使うのは当然の権利だ。だってテーマがないんだから」って、そういうオヤジなの。団塊というのは基本的にそういう発想をするんですよ。「自分はテーマを持っている。やるべきことも見えてる。やるべきこともなければテーマすら持ってない若いヤツらを自分がいいように使うのは当たり前だ」って。
(略)
中間管理職は本当のバカじゃ困るけど、バカのふりをしてればいいんだよ。バカのふりをして、うまいこと若い部下をだまして、追い込んで、利用するんです。

どうせ彼らには会社への忠誠心もないんだから、うまく彼らにとっても利益になるように思わせて、誘導しないと。そうしないと部下だって動かない。さっきも話したけど、テーマのない人間を使うにはテーマを与えればいいんです。僕の映画で言えば、「機動警察パトレイバー」はそういう話だもん。
---

 『機動警察パトレイバー 2 the Movie』が発表された1993年といえば、1991年に高畑勲監督の『おもひでぽろぽろ』が配給収入18.7億円の大ヒットを飛ばし、1992年には宮崎駿監督の『紅の豚』が配給収入28億円(興行収入47.6億円)の大々ヒットを達成、『魔女の宅急便』が築いたアニメ映画の興行成績日本記録を早くも更新した頃だ。もちろんすべて鈴木敏夫プロデュース。鈴木プロデューサーの『もののけ姫』(1997年)が日本映画の興行記録を塗り替える前夜のことである。当時の宮崎駿ブランド、ジブリブランドの躍進は目をみはるものだった。
 そのやり方、その業績。なるほど映画の主人公に相応しい人物だろう。

 あれから22年。
 鈴木敏夫氏とその環境はどう変わったか。

THE NEXT GENERATION パトレイバー オリジナル・サウンドトラック2 2012年のインタビューで、押井監督は述べている。
 「鈴木敏夫は最近一所懸命に鬱病の本を読んでるよ。」

 スタジオジブリは2001年の『千と千尋の神隠し』で日本映画史上最高記録となる304億円もの興行収入を上げ、アカデミー賞やベルリン国際映画祭の金熊賞等々、世界の賞を総なめにした。
 これほどの成功を収めたのは、宮崎駿という天才の力もさることながら、鈴木敏夫プロデューサーの尽力によるところも大きい。
 「問題なのは」押井監督は云う。「それが敏ちゃん(鈴木敏夫)の力だったのか、宮さんの力だったのか、本人たちにもわからなくなったんだよ。」
---
問題なのはそれが敏ちゃん(鈴木敏夫)の力だったのか、宮さんの力だったのか、本人たちにもわからなくなったんだよ。おたがいに自分の力だと思ってる。宮さんは敏ちゃんなんかいなくたって俺の映画は当たるんだと思ってるよ。「宣伝なんかするな。必要ない」ってはっきり言い切ったんだから。
(略)
でも「じゃあそのブランドを作ったのは誰よ?」っていう話ですよ。だけど敏ちゃんはそのブランド力を作ったことで、逆に自分の存在意義(=宣伝の必要性)を失って、やさぐれてる。

僕に言わせれば、黒澤も宮さんも敏ちゃんもあんまり楽しそうじゃない。友達はいないし、孤独だし。楽しくないという時点で僕に言わせると勝利条件を満たしてないよね。人生が全然ハッピーになってない。宮さんは電車なんか乗ってたら大騒ぎになっちゃうから、もう電車にも乗れない。浮気もできない。
(略)
敏ちゃんはもうやることがなくなっちゃった。自分が踊らせないといけない王様がいなくなっちゃった。どれもダメなんですよ。
---

 宮崎氏や鈴木氏が楽しくなくたって、スタジオジブリの破竹の勢いが続いていれば周りはハッピーだったかもしれない。
 だが、押井監督はインタビューに応えてこう語る。
---
そういえば、若いプロデューサーたちや制作たちで鬱病っぽくなってる人が増えているんだよね。(略)出社拒否になっちゃって、会社に出てこないで家でDVD見てるんだって。揃いも揃ってみんな30過ぎてから。ローンで家を買って子供が産まれた途端に。
(略)
たぶん、これから30年間ローンを返さないとって考えたときにやっと気付くんだよ、自分のスタジオはこれから30年存続するんだろうかって。

例えばジブリ。どう考えても宮さん(宮崎駿)があと30年生きるわけがないけど、宮さんが死んだ時点でジブリはおしまいだってことは誰でもわかってる。存続するにしても版権管理会社だよ。じゃあ今あそこで働いてる連中はどうなるのか。
(略)
ジブリのアニメーターには5年10年やってても人間を描いたことないアニメーターもいるんだよ。そうじゃなければ、あれだけクオリティの高い作品なんてできない。キャラクターを描かせてもらえる人間なんて一握りで、それ以外の人たちは延々と動画だったりするんです。

他のスタジオだったらアニメーターは忙しいんだよ。2年に1本なんて悠長なことを言ってられないから、バンバン描かせる。そういう人はそこそこ描けるから、どこへ行っても食えるんです。ジブリは、うまい人はめちゃくちゃうまいけど、下積みの連中はなかなか上に上がれない。
(略)
宮さんが死んだら全員放り出されるって、あるときハタと気がつくわけ。それでもアニメーターは、ある意味手に職があるからまだましで、プロデューサーとか制作の連中は「30年のローンで家買っちゃった。子供産まれちゃった。大学出るまであと20年以上かかるんだ」ってさ。
(略)
愕然とする方がまともかもしれない。「自分たちの未来はどうなるんだろう?」ってさ。とはいえ、そうなる前にどうするかをなんで考えなかったのアンタ、って思うんだけどね。
(略)
飛び出したヤツも何人かはいる。今残ってる連中はジブリという組織、会社員一般で言えば会社の名前に守られてるだけ。外に出てやっていく自信はないんじゃないかな。

僕から見たジブリは、「宮さんの映画を作る」ということに特化したちょっといびつなスタジオだから、みんな守備範囲が狭いわけ。外に出されたらあっと言う間に萎えちゃう。温室なんです。雑草みたいなヤツはほとんどいない。宮さんひとりが獰猛な百獣の王で、その獰猛な百獣の王を飼うために人工的に作ったサバンナなんだよ。
---

THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦 オリジナル・サウンドトラック そしてインタビューは「鈴木敏夫は最近一所懸命に鬱病の本を読んでるよ。」という話に至る。
 私はスタジオジブリの関係者ではないから、実のところがどうかは知らない。
 少なくとも2012年当時の押井監督はスタジオジブリをこう見ていたし、2012年のイベントで当の鈴木敏夫氏から「『パトレイバー』実写で映画化するの?」と水を向けられたことで本プロジェクトの存在が発覚する。
 これは偶然だろうか。

 ここまでくれば、「大いなる遺産」と「無能の三代目」の正体を妄想せずにはいられない。
 初代が残した「大いなる遺産」で食いつないでいるものの、手駒は無能な三代目ばかり――。
 この「大いなる遺産」とは、ジブリというブランドだろう。三代目とは宮崎駿引退後のスタジオジブリとしか思えない。イングラムを操縦したり整備する技能なんて他の部署ではまったく役に立たないから、5年10年やってても人間を描いたことのないアニメーターみたいなものだ。
 『首都決戦』の大いなる遺産に実態がなかったように、宮崎駿氏が引退したらジブリブランドに実態はない。それでも鈴木隊長は次世代、次々世代の連中を率いて戦わねばならない。

 これこそ『首都決戦』が直面した「差分」だ。「栄光の初代」(宮崎駿)が引退した後、隊長(プロデューサー)はどう戦うのか、三代目(残った社員)はどうすべきなのか。鈴木敏夫氏をモデルに隊長論を考察した劇場版第二作から22年を経て、隊長は危機的状況に陥っている。
 『首都決戦』の敵であるテロリストたちがやけに影が薄いのもとうぜんだろう。初代テロリスト柘植行人の思想を担いだだけの彼らもまた、無能の二代目三代目なのだ。

 これは単にスタジオジブリやアニメ業界だけの問題ではない。
 創業者世代が退いて変調を来したといわれるソニーのように、多くの企業・団体が直面している。熱気溢れる「栄光の初代」が去った後、残った次世代、次々世代の者たちは、会社の名前に守られる「無能の三代目」に陥っているのではないだろうか。

 本作の特車二課の面々は、大いなる遺産が頼りにならないと認識してから、自分たちの意志と才覚で戦いはじめる。
 本作は「無能の三代目」に甘んじている者たちに喝を入れ、エールを送る物語なのだ。

 もっとも、現実の進行は映画を凌駕している。
 2012年9月に鈴木敏夫氏が実写化を暴露した後、2013年3月の東京国際アニメフェアにおいて実写化プロジェクトの存在が公にされた。そして2013年9月25日に『THE NEXT GENERATION パトレイバー』の製作発表が行われ、主要キャストや実物大イングラムがお披露目されたのだが、この直前の9月1日に宮崎駿監督が引退を表明、「宮崎駿引退後のスタジオジブリ」が早くも現実のものになった。
 それでもスタジオジブリは2014年7月19日に創業メンバーの宮崎駿、高畑勲両氏がかかわらない初の長編映画『思い出のマーニー』を発表し、興行収入35.3億円と健闘するが、翌8月に鈴木プロデューサーが「ジブリの制作部門の休止」を発表、『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』の監督を務め宮崎駿、高畑勲両氏抜きで映画を作れた唯一の人物・米林宏昌氏も退職した。
 2015年5月1日公開の『首都決戦』のエールが届く前に、スタジオジブリはかつての押井監督の言葉どおりに「存続するにしても版権管理会社」になっていった。

 とはいえ、それは必ずしも残念なことではない。
 本作は、組織の存続や活動の継続に意義を求めようとしていない。
 『機動警察パトレイバー』の影響を受けて作られた『踊る大捜査線』は、組織の存続を前提に置いたために行き詰ってしまったが(「『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』 もう続けられない理由」参照)、本作は同じことを繰り返さない。

 『首都決戦』でもっとも活躍し、圧倒的な存在感を示す人物は、ステルス戦闘ヘリ"グレイゴースト"のパイロット灰原零だ。テロリストの一員でありながら、過去の思想や伝統に囚われず自分の腕で勝負する灰原だけが、苦境にあってもしぶとく生き残れる。
 本作で一番カッコよく描かれているのが森カンナ演じる灰原零であることは、誰もが感じるところだろう。
 組織から飛び出すことをためらわない彼女こそ、既存の組織を震撼させる破壊的イノベーターではあるまいか。初代の遺産なんてなくたって、いや遺産なんかないからこそ思い切り活躍できるのだ。

 彼女の正体は定かではないが、誰でもないということは誰でもあり得るということだ。
 本作のエールは万人に向けられている。


追記
 2015年10月10日、『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦 ディレクターズカット』が公開された。映画内で映し出されたタイトルは『GRAY GHOST THE NEXT GENERATION PATLAVOR』。
 押井監督が作ったのはこちらで、5月1日公開版は配給する側、お金出す側がハサミを入れたものだそうだ。押井監督版が公開されたのは何よりだ。
 5月1日公開版に比べて27分も増えただけあって(正確には5月1日版が27分も切られていたというべきか)、描写が丁寧で、おちゃらけもちゃんとあって断然いい。ストーリーは変わらないが、充実感が違う。ストーリーの進行には寄与しない場面があることで、緩急のコントラストが鮮明になった。5月1日公開版は「緩」が無く、重苦しい「急」ばかりだったが、「緩」があればこそ心躍る。
 銃の撃ち合いばかりではなく、やっぱり熱海の宴会もなくては。


THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦 ディレクターズカット特別版 [Blu-ray]THE NEXT GENERATION パトレイバー』  [さ行]
総監督/押井守  原作/ヘッドギア
出演/筧利夫 真野恵里菜 福士誠治 太田莉菜 田尻茂一 堀本能礼 しおつかこうへい 藤木義勝 千葉繁
日本公開/第1章:2014年4月5日~第7章:2015年1月10日
ジャンル/[SF] [アクション] [ロボット]

THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』  [さ行]
監督・脚本/押井守  原作/ヘッドギア
出演/筧利夫 真野恵里菜 福士誠治 太田莉菜 田尻茂一 堀本能礼 しおつかこうへい 藤木義勝 千葉繁 森カンナ 吉田鋼太郎 高島礼子 榊原良子
日本公開/2015年5月1日  ディレクターズカット公開/2015年10月10日
ジャンル/[SF] [アクション] [ロボット]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 特撮・SF・ファンタジー映画
【genre : 映画

tag : 押井守 筧利夫 真野恵里菜 福士誠治 太田莉菜 田尻茂一 堀本能礼 しおつかこうへい 藤木義勝 千葉繁

『機動警察パトレイバー THE MOVIE』 20年前の幻想の国

 日本も変わったものだ。
 劇場版パトレイバー全作の一挙上映会に参加して、つくづく感じた。

 『機動警察パトレイバー THE MOVIE』及び『機動警察パトレイバー2 the Movie』は、時代と世代を色濃く反映させた作品である。
 公開時期は、前者が1989年、後者が1993年だ。つまり、前者はバブル景気の真っ最中に作られ、後者はバブル崩壊の影響がようやく深刻になりつつあるころに作られている。
 この作品は、バブル崩壊前の、失われた20年に苦しむ前の日本だから作れたものだ。

 物語の背景には東京の大規模開発がある。レイバー(と呼ばれる搭乗型マシン)を大量投入しての建設工事は、まさしく当時の現実のような景気の良さだが、もちろん私が云うのはそんなことではない。
 タイトルから判るとおり、本作は警察官が主人公である。劇場版らしく事件は派手で大規模で、警察や自衛隊、在日米軍まで巻き込んでいる。そして企業は強く、金儲けに邁進しており、犯罪者たちは理念を抱いて国家に挑む。
 平たくいえば、みんな元気なのである。

 『機動警察パトレイバー2 the Movie』の犯罪者は、警察や自衛隊を混乱させ、国のあり方を揺るがそうとする。見方を変えれば、国家というものが、理念を抱いた者によって挑戦されるほど巨大な存在であるということだ。映画の作り手はそう考えたからこそ、この対立軸を設定したのだろう。
 警察内の対立、あるいは警察と自衛隊との対立も、それぞれが強者であればこそ絵になるのだ。映画は、おそらく無自覚のうちに、前提条件として強く大きな国家を思い描いている。
 押井守監督をはじめとした作り手は、日本という国が強く大きいと思っていた。だからこそ、国が登場すれば戦い甲斐があり、映画としてもスケールが増すと思っていた。


 しかし、失われた20年を経た私たちには、国の違う姿が見える。
 政権は1年程度しか持ちこたえられず、警察は腐敗ぶりをさらしてきた。
 政府は情報管理もままならず、警察から自衛隊からも、重要な情報が漏れ続けている。
 米国の存在感も低下しつつあり、子供が親に反抗するように反米を唱える時代ではなくなった。子供が親に反抗するのは、親が強い庇護者だからである。強くもなく、庇護者でもなかったら、反抗する相手にはならないのだ。

 かつて、国家は強大で、若者は反体制を唱えた時代があった。
 監督の押井守氏は1951年生まれ、脚本の伊藤和典氏は1954年生まれだから、あさま山荘に立てこもった連合赤軍のメンバーと同世代である。1947年から1949年までのベビーブームに生まれた団塊の世代にはちょっと遅れているものの、当時、国家はまだまだ反抗するに足る相手であったろう。
 この映画は、「強く大きな国家」という幻想があった時代、幻想を抱いた世代の産物なのである。


 面白いことに、劇場版第3作『WXIII 機動警察パトレイバー』が封切られたのは2002年3月だ。制作開始よりおよそ9年弱の年月を経ての公開だそうである。
 つまり、1990年代末期から2001年までのITバブルの時代に作られたわけだ。
 1953年生まれの高山文彦監督は、背景画に米帝国主義に反対する立て看板を挿入したりして、押井守監督と同世代であることを強調しつつ、ここでもまた警察や自衛隊や米軍の暗躍を描く。
 やはり国家権力をネタにするには、景気が良くて国が元気でないといけないということか。


 とはいえ、いまだに強く大きな国家を求める人はいるようだ。
 社会・経済への国の介入を求める人たちが前提にしているのは、国には介入する力と満足な結果をもたらす能力があるという想いだ。
 しかし、2010年公開の『東のエデン 劇場版 II Paradise Lost』では、大学生の春日が過去のものを「唾棄すべき団塊の世代の遺物」と云い捨て、学生仲間の起業に加わる。
 「会社も国も守ってくれない。結局頼れるのは、家族と友達しかいないんだ」
 こう語る20~30代の男女にとって、大企業や国家にアプローチする本作は、あまりにも幻想的に見えることだろう。
 彼らは、水戸黄門がいつでも印籠を出せるわけではないことを知っているのだ。


 ただ、事実は小説より奇なりとはよく云ったものだ。
 本作では、日本の混乱に乗じて米軍が干渉してくることを懸念するセリフがしばしば語られる。
 しかし、こんな懸念は無用だった。
 2007年に『CIA秘録』が出版され(邦訳は2008年)、今では与野党の有力者がCIAから資金援助を得て活動していたことが知られている。日本の政財界の大物たちはCIAのエージェントだったのだ。いまさら米国の干渉を懸念するまでもない。
 ここにも、日本はまだ干渉されてないという幻想があったのだ。


機動警察パトレイバー 劇場版 [Blu-ray]機動警察パトレイバー THE MOVIE』  [き行]
監督/押井守  脚本/伊藤和典  原作/ヘッドギア
出演/古川登志夫 冨永みーな 大林隆介 榊原良子 井上瑶 池水通洋 二又一成 郷里大輔 千葉繁 阪脩
日本公開/1989年7月15日
ジャンル/[アクション] [サスペンス] [ロボット]

機動警察パトレイバー2 the Movie』  [き行]
監督/押井守  脚本/伊藤和典  原作/ヘッドギア
出演/古川登志夫 冨永みーな 大林隆介 榊原良子 池水通洋 二又一成 郷里大輔 千葉繁 阪脩 竹中直人 根津甚八
日本公開/1993年8月7日
ジャンル/[SF] [サスペンス] [戦争]

WXIII 機動警察パトレイバー』  [た行]
総監督/高山文彦  監督/遠藤卓司  脚本/とり・みき  原作/ヘッドギア
出演/綿引勝彦 平田広明 田中敦子 穂積隆信 古川登志夫 冨永みーな 大林隆介 池水通洋 二又一成 郷里大輔
日本公開/2002年3月30日
ジャンル/[SF] [犯罪] [ロボット]

ミニパト』全3話  [ま行]
監督/神山健治  脚本/押井守
出演/大林隆介 榊原良子 千葉繁
日本公開/『WXIII 機動警察パトレイバー』と同時上映
ジャンル/[コメディ]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : アニメ
【genre : 映画

tag : 押井守 高山文彦 神山健治 古川登志夫 冨永みーな 大林隆介 榊原良子 千葉繁 竹中直人 根津甚八

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示