『義兄弟 SECRET REUNION』 題材は山ほどある?

 「僕は人見知りな性格だけど、ガンホさんには本心をぶつけることが出来る。僕たちも、『義兄弟』になれたと思います」
 そう語るのは、『義兄弟 SECRET REUNION』でソン・ガンホとともに主役を演じたカン・ドンウォンである。
 日本では、「義兄弟」なんて言葉はヤクザ映画でももう聞かないが、韓国では男同士の「義兄弟」の関係はとても強いという。

 たしかに劇中の、親を敬う儀式など日本では見慣れないものもあるが、それを男二人が一緒になってやることに「義兄弟」的な絆の強さが示されているのだろう。


 それにしても、この映画の面白さには驚くばかりである。
 アクション、コメディ、サスペンス、そして社会派ドラマとしての要素が存分に盛り込まれ、どれもこれもが楽しませてくれる。

 なによりも上手いのは、シチュエーションの設定の仕方である。
 自分は相手の正体を見抜いている。しかし相手は自分の正体に気付いてはいまい。そう考えた男同士が、相手の腹を探り合い、付け狙う。
 それはサスペンスを盛り上げるとともに、ときに滑稽に、『フォロー・ミー』のような微笑ましさすら漂わせる。

 サスペンスと微笑ましさを同時に盛り上げるなんて、通常はあり得ないのだが、それを成し遂げてしまうのが本作の凄さである。
 そこには脚本の妙と、監督の腕と、ソン・ガンホとカン・ドンウォンという俳優の類まれなる演技がある。
 そんなことを考えながら本作を観ていると、ソン・ガンホの四角い顔が、なんだか名優トポルに似てくるから不思議である。


 そして本作を、後味の良いものにしている理由の一つは、北朝鮮を決して悪く描いてはいないことだ。
 時代背景として朝鮮半島の南北分断を見据えてはいるものの、カン・ドンウォン演じる北朝鮮出身者の方が、ソン・ガンホ演じる韓国人よりも人格者であるなど、その位置付けは慎重に考慮されている。
 そして過度に社会性を強調するでもなく、悲劇にもっていくでもなく、あくまでエンターテインメントとしてのカタルシスを重視する。

 単なる娯楽作といってしまえばそれまでだが、朝鮮戦争はいまだ休戦状態で終結していないことを鑑みれば、南北分断を娯楽の範囲で扱うことこそ度量の広さを示しているといえよう。


 もっともそこには、日本と韓国との北朝鮮に対する温度差があるかも知れない。
 北朝鮮に関しては、韓国よりも日本の方が敏感で、マスコミで取り上げる量も豊富だという。
 その分、日本は北朝鮮についておっかなびっくりで、娯楽作の対象とするなんてとんでもないと思っているのではないか。

 香川照之さんは、本作について次のようにコメントしている。
---
南北の問題が常に色濃く横たわる韓国。この国には、映画になる題材が山ほどある。
---

 たしかにそうかもしれないが、では日本には映画になる題材がないかといえば、そんなはずはない。
 日本映画が北朝鮮を取り上げてはいけないわけではない。
 そして、日本の隣に広がる樺太という所属未定地も、映画には取り上げられることがない。
 また、日中戦争も娯楽作で取り上げられることは少ない。
 これらの題材は、日本では手が出しにくいと思われているだろうし、もしも取り上げても極めて真面目な、社会性を押し出した作品になるだろう。ましてや娯楽作にするなんて、おそろしく難しいに違いない。

 香港映画では、日本への原爆投下に大喜びする作品なんぞも撮られているが、そんな扱い方ではなく、『義兄弟 SECRET REUNION』のように他国のことを慎重に考慮した娯楽作も作れると思うのだけれど、それは「映画になる題材」ではないのだろうか。


義兄弟~SECRET REUNION~ [DVD]義兄弟 SECRET REUNION』  [か行]
監督・脚本/チャン・フン  脚本/キム・ジュホ、チェ・クァンヨン
原案/チャン・ミンソク
出演/ソン・ガンホ カン・ドンウォン チョン・グクァン
日本公開/2010年10月30日
ジャンル/[サスペンス] [ドラマ]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 韓国映画
【genre : 映画

tag : チャン・フン ソン・ガンホ カン・ドンウォン

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示