『エル・トポ』 美しい傑作

 【ネタバレ注意】

 菊池寛の『恩讐の彼方に』で知られる「青の洞門」を、舞台をメキシコに移して描いた傑作。
 前半、主人公の非道ぶりを描く部分は、エロ・グロ満載の幻想美で、その手触りは菊池寛というより国枝史郎の小説世界に近い。

 『恩讐の彼方に』の主人公市九郎は、真言宗の僧となるが、モデルである実在の僧・禅海は、曹洞宗である。
 しかし、アレハンドロ・ホドロフスキーがインタビューの中で公案禅(こうあんぜん)の影響を強調していることからすると、真言宗でも曹洞宗でもなく、禅問答を繰り返す臨済宗に近い考え方であろう。

 とはいえ、映画の主人公エル・トポは剃髪するのみで、特定の宗教に帰依するわけではない。
 そして映画のラスト、フリークス達が虐殺されるのを防げなかったエル・トポは、焼身供養(焼身自殺)するのである。


 映画公開は1970年だが、その7年前となる1963年、ベトナム政府の弾圧により、子ども7人と女性1人が殺されるという事件が起こる。その追弔会(ついちょうえ)のデモの中で、僧テック・ハン・ドクは焼身供養した。
 彼の遺書には、次のように書かれていたという。

 「私は発願した。自分の幻身を焼いて仏様に捧げる功徳によって、仏教が永続し、ベトナム全国の平和と国民の安楽が実現しますように、南無阿弥陀仏」

 しかし、ベトナム戦争は激しさを増し、1965年にはアメリカ軍による北爆が始まる。1970年、戦火はカンボジアにも広がっていた。


エル・トポエル・トポ』  [あ行]
監督・脚本・音楽・出演/アレハンドロ・ホドロフスキー
日本公開/1987年3月
ジャンル/[アート]

映画ブログ ブログパーツ

【theme : ★おすすめ映画★
【genre : 映画

tag : アレハンドロ・ホドロフスキー

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示