『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』 前から二列目で観よ!

 濃密な時間であった。
 これほどドロリとした作品を観るのは久しぶりである。

 『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』 で描かれるのは、一つの悲劇であり、遍歴であり、愛の物語である。
 新聞の社会面に取り上げられる事件にも、もしかしたらこんな事情があるのかもしれないし、現実にはありえない夢のようにも思える。


 主人公は、「なんでも代行屋」の紅(くれない)次郎。本名は村木哲郎である。
 「なんでも代行屋」とは、その名のとおり、人の困ったことを肩代わりする商売だ。家の片付けから、ペットの捜索まで、なんでもする。

 まず、この設定がイイ。これは男の理想だ。
 誰に雇われるでもなく、誰を雇うわけでもなく、一人で生きている。
 社会からドロップアウトしたようでいて、ヤクザ者ではない。ぎりぎり堅気に踏みとどまっている。
 倉庫の2階を住まいとし、金があるわけではないが、食うに困っているわけでもない。
 次郎の暮らしは気楽そうで、少々ストイックで、少々スタイリッシュだ。

 そんな次郎が人捜しをするのだが、彼は裏社会に通じているわけでもなく、警察に顔が利くわけでもなく、ただ雨の中を、傘を差してトボトボ歩きながら人の話を聞くだけだ。
 こんな捜し方なら自分にもできるかも、と観客に思わせるところが良い。
 観客は、自分を取り巻くいろいろなものを吹っ切ってしまえば、次郎のように生きられるのではないかと夢想できる。
 現実には、できないけれど。やっぱりこれは、夢の中の男だけれど。


 やがて次郎は一人の女に出会い、凄惨な事件に巻き込まれる。

 女も理想の存在である。
 時に少女、時に悪女、被害者も加害者もないまぜになって、男が抱く女性のイメージのすべてを押し付けられた存在だ。
 そのため女の人物像は破綻しているが、男の夢が詰まっているため、愛さずにはいられない。

 計算しつくした照明は、ヒロインの肢体を美しく浮かび上がらせ、また謎めかして闇に隠す。
 そして徹底したローアングルは、観客が地べたに這いつくばって映画を観ているような気分にさせる。
 ごくまれに高みから見下ろす構図があっても、カメラはいきなり見下ろしたりせずに、低い位置から高みへと動いていくことで、ローアングルとの連続性を保つ。

 このローアングルのカメラと、降りしきる雨と、過剰なまでに美しく差し込む光とが、哀しい男女の物語を、まるで幻想譚のように思わせる。

 天を仰ぐヒロインは、あたかも蜘蛛の糸を待つカンダタである。糸を掴まない限り、地獄の混沌の中にいるしかない。
 そして化け物じみた人間たちの中にあって、ひとり次郎だけが私たちと等身大のままでいるのが、かえって悲しい。


 『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』の上映館は決して大きくはない。
 私は177席しかない銀座シネパトス1の前から二列目で鑑賞した。
 ローアングルの映像は、二列目でスクリーンを見上げる角度が相応しい。
 地べたを這うような視点から次郎や女を見上げるとき、彼らの哀しみが土砂降りになって降り注ぐ。


ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う [DVD]ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』  [な行]
監督・制作・脚本/石井隆
出演/竹中直人 佐藤寛子 東風万智子(旧芸名 真中瞳) 井上晴美 大竹しのぶ 津田寛治
日本公開/2010年10月2日
ジャンル/[ドラマ] [犯罪] [エロティック]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加


【theme : 邦画
【genre : 映画

tag : 石井隆 竹中直人 佐藤寛子 東風万智子 井上晴美 大竹しのぶ 津田寛治

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示