『彼女が消えた浜辺』 あなたは何を知っているのか?

 面白い映画は、最初から面白い。
 大きな事件が起こったり、派手な見せ場があったりということではない。
 面白い映画では、画面にみなぎる緊張感や、研ぎ澄まされた会話などが、最初から観客を魅了する。

 『彼女が消えた浜辺』は、クルマから身を乗り出し、狂ったように叫ぶ男女の姿で幕を開ける。
 交わされる会話から、同乗者の一人が他のメンバーには内緒で来ているらしいことが知れる。
 目的地に着いても、予約を入れたはずの宿には手違いのために泊まれない。
 映し出される一つひとつはたいしたことではないけれど、少々意外な行動や、予想外の展開が続き、何やら胸騒ぎを覚えて画面から目が離せない。

 本作はオカルトでもミステリーでもない。起こるのは日常的な出来事ばかりだ。
 数組の家族がバカンスを楽しむために旅行する。ただ、それだけのことだ。
 ところが、計算違いのことが少しずつ積み重なっていく。

 そして、一人の女性の姿が見えなくなる。
 彼女の荷物はどこだ?
 彼女の携帯電話は?

 彼らのあいだに疑問が生じる。
 彼女はどこへ行った?
 彼女に何が起こった?
 彼女は何者だったのだ?


 本作は、黒澤明監督の『羅生門』を薄味にしたような味わいである。
 薄味といっても、決して悪い意味ではない。
 映画『羅生門』を、芥川龍之介の原作どおり『藪の中』と『羅生門』に分解し、盗賊や人殺しなどの非日常的な要素を排して、誰の日常にでも起こり得る些細な出来事に置き換えてみたら、この作品のようになるのではないだろうか。

 本作では、普通の人たちが普通のことをしているだけだ。
 ただ、困ったときに、その場しのぎのことを云ってしまう。
 保身のために、本当のことは口にしない。
 とっさにウソでごまかしてしまう。
 それら、小心者たちの悪気のない行動が、事態を謎めいた不可解なものにしてしまう。

 みんなで楽しくゲームに興じた前夜のことが嘘のように、人間関係が変容していく。

 そして、その場にいない人が悪者にされるのも、よくある話だ。
 誰だって、他人のせいにしたいのだ。
 真実は、みるみるうちに藪の中に隠れていく。


 やがて、人々のウソやごまかしの果てに、一つの質問が浮上する。
 それは、イエスかノーかで答えられる、ごく単純な質問だ。
 しかし、その質問でさえも、ほんの少しタイミングが違うだけで、答えが変わってくる。
 人によっては、その答えを一生かみしめることになるというのに。それほど重要なことだというのに。
 イエスになるもノーになるも、偶然の産物でしかない。
 いったい、私たちが真実だと思って掴みとっているものは何なのか。


 『彼女が消えた浜辺』は、そんなやり切れなさを残す映画だ。
 砂に車輪をとられたクルマのように、容易には抜け出せない。


彼女が消えた浜辺 [DVD]彼女が消えた浜辺』  [か行]
監督・脚本/アスガー・ファルハディ
出演/ゴルシフテ・ファラハニ タラネ・アリシュスティ シャハブ・ホセイニ メリッラ・ザレイ
日本公開/2010年9月11日
ジャンル/[ドラマ] [ミステリー]

映画ブログ ブログパーツ

【theme : 洋画
【genre : 映画

tag : アスガー・ファルハディ ゴルシフテ・ファラハニ

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示