『パリ20区、僕たちのクラス』 教育の場に登場したのは?

 上海といえば、黄浦江(こうほこう)に沿って林立する高層ビル群が有名だ。
 日本とは建築基準が異なるためか、東方明珠電視塔(とうほうめいじゅ-でんしとう)のように大胆なデザインの建物が並んでいる。
 黄浦江の対岸で、高層ビルを背景に記念撮影した人も多いだろう。
 上海を訪れた旅行者の多くが撮影するので、ビルの上には企業の看板が大きさを競っている。

 そして、美しい写真を撮るために絶好のポイントを探していると、ひときわ目立つのがNECのマークである。
 上海旅行の写真を見返せば、人物の後ろに「NEC」の文字がくっきりと浮かんでいることに、改めて気づくだろう。


 映画を観ていても、企業名等が目に入ることは多い。
 劇中に商品等を登場させるプロダクト・プレイスメントによって、『ビバリーヒルズ・チワワ』ではホンダ車が疾走し、『グーグーだって猫である』ではわざわざ小泉今日子さんが花王の「ニャンとも清潔トイレ」を片づけるカットが挿入される。

 映画に登場するパソコンといえば、DELLやLenovoの製品が多いように思うが、ソニー・ピクチャーズが制作した007映画でジェームズ・ボンドが使っていたのはVAIOだった。


 そんな中、『パリ20区、僕たちのクラス』では珍しくNECのパソコンが登場した。それも大量に。

 授業シーンで生徒たちの前に並んでいたのは、モニターがAcer製、本体がNEC製のパソコンである。
 本作は、原作者である元教師のフランソワ・ベゴドーがみずから主役を務めたドキュメンタリータッチの映画だ。カメラは手ブレを押さえもせず、生徒たちの生き生きとした表情を写し取る。
 にもかかわらず、生徒たちがどんなに騒いでもおしゃべりしても、AcerとNECのロゴは隠れることなく、肩越しにしっかり見えている。
 この作品がどんなにドキュメンタリーらしく見えても、あくまで監督の演出の下に役者が演じている映画なのだということを思い出させる瞬間だった。
 そして、これほどドキュメンタリーっぽさを前面に出した作品でありながら、ロゴが隠れないように配慮させる各社のしたたかさに恐れ入った。
 教室にはヒューレット・パッカード製のプリンタもあったが、これなどチラリと映るだけである。

 それにしても、NECは良い作品を選んだものだ。
 『パリ20区、僕たちのクラス』はカンヌ国際映画祭で最高のパルム・ドールを受賞しており、永く語り継がれるだろう。
 しかも、題材は子供の教育という、どこの国、いつの時代でも頭を悩ませるものだ。多くの国で上映されるに違いない。

 そして他ならぬ教育のためにNECの製品が使われているのも印象が良い。軍や諜報機関が使うよりも、よほど親しみが持てる。
 劇中、生徒の幾人かが興味のあることに「パソコン」を挙げているが、いまどきの子供がパソコンに興味を持つのは当然だ。
 作品内容とプロダクト・プレイスメントという手法とが、無理なく結びついた例だろう。

 NECは、2012年度に売上高4兆円と海外比率25%を目指すという。
 この映画1本で海外比率が高まるわけではないが、いつもDELLやLenovoの製品を見ていた目には、日本メーカーの登場は新鮮であった。


パリ20区、僕たちのクラス [DVD]パリ20区、僕たちのクラス』  [は行]
監督・脚本/ローラン・カンテ  脚本・編集/ロバン・カンピヨ
出演・原作・脚本/フランソワ・ベゴドー
日本公開/2010年6月12日
ジャンル/[ドラマ]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : ヨーロッパ映画
【genre : 映画

tag : ローラン・カンテ フランソワ・ベゴドー

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示